• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2010年03月09日 イイね!

TRUSTインフォメータータッチのGPSナビへの影響(誤作動)について・その2

TRUSTインフォメータータッチのGPSナビへの影響(誤作動)について・その2 TRUSTのインフォメーター・タッチ装着により、パナソニックHDDナビのGPS受信感度が極端に悪化し、ナビが使い物にならなくなる・・・という現象について考えるの巻(その2)。

※当初は 前編 と 後編 の2部構成にするつもりだったのだが、
  思いのほか 情報量が多くなってしまったので、
  その1、その2(本ブログ)、その3・・・などのシリーズ構成とします。

巷(ちまた)では、インフォメーター・タッチ装着による地デジやレーダー探知機の誤作動対策として、フェライトコアの増設、防磁スクリーンの追加などが検討されているようだ。当方の場合、適当なフェライトコアが無い代わりにシールドメッシュが手元にあったので、まずはその効果などについて考えていくことにした。

(1)インフォメーター・タッチの「モニタ部分」からの影響について
インフォメーター・タッチ自体は、車輌の自己診断コネクタに接続するためのISOカプラおよび中継コード、中継コードに接続するカプラおよびコード、そしてモニタ本体から構成されている。そこで他機器に影響を与える可能性のある部分を、「モニタ本体部分」と「コード部分」との2つに大きく分けて考えてみた。
まずは実験君である。モニタ本体がパナソニックHDDナビのGPS受信感度に与える影響を お手軽に 調べるため、市販のアルミホイルですっぽりと包み込んでみた。・・・いや、単なる 興味本位 からですが。

<↓市販のキッチン用アルミホイルを用意する>    <↓インフォメーター・タッチのモニタを包んでみる>
市販のキッチン用アルミホイルを用意する  インフォメーター・タッチのモニタを包んでみる

<↓モニタ全体を露出部分なく、しっかりと包む>    <↓GPS捕捉数がゼロから1個に増加したが不十分>
モニタ全体を露出部分なく、しっかりと包む  GPS捕捉数がゼロから1個に増加したが不十分

インフォメーター・タッチのモニタ本体を、膜厚の薄いアルミホイル箔で包み込んだだけの場合、GPS受信感度は多少なりとも向上するようだ。ただし、右上画像に示す通り、現在位置と現在時刻を表示するまでには至らないので改善効果は不十分。現実問題としても、モニタを包み込んでしまうと、インフォメーター・タッチ本来の目的(エンジン情報の把握)を果たせなくなるため現実的ではない。また、改善効果が小さかったことから、モニタ本体からのノイズよりも、モニタ本体からのノイズがコードを経由して増幅?されている可能性も考える必要がありそうだ。

(2)インフォメーター・タッチの「コード部分」からの影響について
興味本位の実験君はそれくらいにして、コード部分に施す対策の一つとして、今回はシールドメッシュの効果を確認してみる。実はシールドメッシュにも汎用タイプやカーボンスリーブなどいろいろな種類がある(※)のだが、当方の手持ちのものはごく一般的な汎用タイプである。
  (※)キーワード:「シールドチューブ」「シールドメッシュ」のほか、「EMC 対策部品」などで検索されたし。

<↓手持ちのシールドメッシュ(内径可変)を用意>   <↓中継カプラや未使用ギボシも被せることが可能>
手持ちのシールドメッシュ(内径可変)を用意  中継カプラや未使用ギボシも被せることが可能

<↓コードも露出部分がないように、全体に被せる>   <↓GPS捕捉数が4個に復活、効果はありそうだが・・・>
コードも露出部分がないように、全体に被せる  GPS捕捉数が4個に復活、効果はありそうだが・・・

インフォメーター・タッチの「コード部分」に被せるシールドメッシュは、途中で露出部分があると効果が半減すると考え、ISOコネクタ側からモニタ側までのすべてを被せることにした(上の画像参照)。なお、モニタ本体から約10cm以内には標準添付のフェライトコアを取り付けているが、今回はこのフェライトコアごと覆い被せている。

まずはシールドメッシュをスタンド・アローンで(アースに接地させずに)改善効果を試してみたところ、GPS捕捉数が4個(全8機中)となり、確かに改善効果が得られた。次にシールドメッシュの端部を車体にボディアースさせてみたが、この場合はスタンド・アローンの場合とほとんど変わらないようだ。

(3)HDDナビの「GPSアンテナ設置位置」の影響について
次に念のため、シールドメッシュでGPS感度が改善した状態で、ナビ側のGPSアンテナの設置位置を変化させてみた。具体的には、インフォメーター・タッチのモニタ本体に対して距離を詰めて置いてみたり、あるいはイジワル試験的に隣接させてみたり、といった具合である。もしもGPSアンテナの設置位置によらず、常に良好な受信感度が得られるならば、シールドメッシュによる改善効果は本物であるハズだ。

<↓ナビのGPSアンテナはメータフードの奥にある>   <↓BP/BL型レガシィの場合、ここが標準設置場所>
ナビのGPSアンテナはメータフードの奥にある  BP/BL型レガシィの場合、ここが標準設置場所

BP/BL型レガシィの場合、メーカー純正ナビもディーラーオプションナビも、GPSアンテナの設置場所は(ユーザー側が特別に指定しない限り)メーターフードの奥(ダッシュボードの真下)になる。実際に、GPSアンテナ設置用の樹脂製の平らな板が存在する。当方はDIY作業でナビをインストールする際、ディーラーの担当セールスマンやメカニックに、この純正設置場所でGPS信号の捕捉には問題がないことを確認済みである。今回、ここからGPSアンテナを取り出して、いろいろな場所に仮置きして受信感度に差が出るかどうかを念押し確認してみるのだ。

<↓GPSアンテナをモニタ本体に近接させてみる>    <↓それでもGPS受信感度は5個と良好な状態>
GPSアンテナをモニタ本体に近接させてみる  それでもGPS受信感度は5個と良好な状態

<↓GPSアンテナをモニタ本体にくっつけてみる!>   <↓やはりGPS受信感度は5個で良好状態を保つ>
GPSアンテナをモニタ本体にくっつけてみる!  やはりGPS受信感度は5個で良好状態を保つ

ふむ。ここまでの結果は順調。
シールドメッシュ作戦で誤作動対策が完了するかのように思われた。

・・・が、いろいろと試しているうちに、「落とし穴」があることに気がついた。
シールドメッシュは決して万能ではなかったのだ。このままではダメだ・・・。

その3」 に続く。

プロフィール

「レガシィのエンジン不調の件。時間取れないので今回はディーラーに調査依頼しに行ってきます。事前に意見陳述書も印刷して準備済み。20年以上の付き合いだった担当セールスさんが異動して新人セールスさんに代わったので、挨拶もして来ます(今までコロナ禍でディーラー行きを控えていたので)。」
何シテル?   06/20 11:18
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/3 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.