• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2010年04月11日 イイね!

TRUSTインフォメータータッチのGPSナビへの影響(誤作動)について・その3

TRUSTインフォメータータッチのGPSナビへの影響(誤作動)について・その3TRUSTのインフォメーター・タッチ装着により、パナソニックHDDナビのGPS受信感度が極端に悪化し、ナビが使い物にならなくなる・・・という現象について考えるの巻(その3)。

これまでの経緯
  ・「その1(ナビGPS誤作動の把握)」は → こちら
  ・「その2(シールドメッシュの効果)」は → こちら

インフォメーター・タッチの配線コードにシールドメッシュを適用することで、ある程度のノイズ対策効果が得られたように思われた。そこで今度はナビ側のGPSアンテナの設置位置について検討してみた。

ナビのGPSアンテナについては、前回の その2 で試した通り、設置場所(インフォメーター・タッチとの相対位置)はあまりシビアにセッティングしなくても良い感じである。念のため、(シールドメッシュを巻き付けてしまってはいるが)インフォメーター・タッチの配線コードをコイル状に重ね巻きした状態で、その円環の中心軸に沿って(コイルの垂直方向に)GPSアンテナを手動で繰り返し反転通過させてみたが、受信状況にはまるで変化なし。・・・まぁ、もともとGPSアンテナ線が受ける(かもしれない)外来ノイズとは周波数帯が異なるかもしれないが。

<↓イメージ図:コイル状に束ねた配線コードの軸方向にGPSアンテナを通過させてみる>
コイル状に束ねた配線コードの軸方向にGPSアンテナを通過させてみる

念のため、結局ナビのGPSアンテナはダッシュボードの助手席側、つまり運転席側のインフォメーター・タッチから一番遠く離して設置することにした。まぁ、インフォメーター・タッチがあっても無くても、ナビのGPSアンテナにとってはこの位置が特等席だろう。そしてインフォメーター・タッチ本体は下の画像のように設置し、配線を本体の後ろ側(車輌で言うとフロントガラス側)に引き回した上で、Aピラーの中に引き込んだ。これでようやく終了かと思われた。

<↓配線をAピラーに引き込んで終わり、と思われたが・・・>
配線をAピラーに引き込んで終わり、と思われたが・・・

ところが何と!上の画像の状態では、ナビのGPS感度が悪化してしまうのだ! 逆にAピラー内に引き込んだ配線を再度取り出すと、今度はちゃんとGPSを受信する。そんなバカな・・・! いろいろ設置状態や配線の引き回しを変化させて情報を整理したところ、次のことが分かった。
  (1)配線を、インフォメーター・タッチの画面に対して垂直方向に引き回すと、GPS受信感度が悪化(下図左)。
  (2)配線を、インフォメーター・タッチ本体と同一面方向(平行)に引き回すと、GPS受信感度は良化(下図右)。

<↓GPS感度が悪い配線引き回し例(BP5Dレガシィ)>  <↓GPS感度が良好な配線引き回し例(BP5Dレガシィ)>
GPS感度が悪い配線引き回し例(BP5Dレガシィ)  GPS感度が良好な配線引き回し例(BP5Dレガシィ)

にわかには信じられないが、何度繰り返しやっても再現性がある。もっとも、当方の組み合わせ環境(クルマ:BP5Dレガシィ、ナビ:パナソニックCN-HD9000WD、インフォメーター・タッチ:Ver.1.04)のみに限られるかもしれないが。
・・・ということで、インフォメーター・タッチによるナビの誤作動(GPS受信感度)は、「インフォメーター・タッチの配線の引き回し方によっても左右される」こと、「シールドメッシュも対策効果はあるが完全ではない」ことが分かった。
・・・なんてこったい。

それじゃぁ・・・ってことで、配線の引き回しがインフォメーター・タッチ本体(の画面)とほぼ同一平面内になるように保った状態で、インフォメーター・タッチ本体をナビ画面のごく近傍に近寄せてみる。するとGPS受信感度は悪化しないではないか。ところがインフォメーター・タッチ本体を元の位置(ダッシュボードの右端手前側)に戻した場合、配線をまっすぐ垂らさずにAピラー方向(本体に垂直方向)に引き込むとGPS受信感度がNGになる。いったい何だこりゃ?

<↓ナビ画面の奥側に仮設置してみる→悪化なし>   <↓ナビ画面の直下に仮設置してみる→悪化なし>
ナビ画面の奥側に仮設置してみる→悪化なし  ナビ画面の直下に仮設置してみる→悪化なし

<↓ナビ画面に現れる「パナ子さん」も、早く原因究明しろと言っているような・・・>
ナビ画面に現れる「パナ子さん」も、早く原因究明しろと言っているような・・・

仕方が無いので、対策は本道でいくことにする。フェライト・コアの設置(今回は増設)だ。
が、その前に興味本位の 「実験君・その2」 をやってみよう。手元にちょうど、インフォメーター・タッチの配線を、コネクタ丸ごと通すことのできる「円筒形のマグネット」があるので、これを試してみるのだ。実はこのマグネット、スバル純正部品だ。部品番号は31392AA030で、ATのオイルパン内部(ドレンボルト周辺)に取り付けられている鉄粉吸着用のものだ。ディーラーで1個220円で入手可能。磁石の内部を電源系の電流が流れるとき、ノイズはどうなるのか?を確認してみたいという 単なる好奇心 からである。しかも10個も用意してしまった私って。。。

<↓円筒形のマグネット(スバル純正品)を10個、用意>  <↓タッチの配線をコネクタごと通過可能>
円筒形のマグネット(スバル純正品)を10個、用意  タッチの配線をコネクタごと通過可能


その4」 に続く。
※長文にてスミマセン。

プロフィール

「子供たちを連れて、トランポランド(トランポリン体験場)に来ました。安全に配慮しながら、子供たちは久しぶりのトランポリン、自分も久しぶりの宙返りの感覚取り戻し、に励みます。」
何シテル?   06/13 13:03
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/4 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.