• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2011年05月07日 イイね!

[クハ205-14] に乗ってみた・・・クルマとの比較記

[クハ205-14] に乗ってみた・・・クルマとの比較記私は鉄道ファンではないが、先日、[クハ205-14] なる車輌に乗る機会があったので、雑感を述べてみる。

世の中のクルマ好きは、クルマのことを通称名ではなく型式で呼び合うことがある。たとえば、マツダの3代目RX-7をFD3Sとか、スバルの2代目レガシィワゴンの後期型(マイナーチェンジ後モデル)のうち最終型をBG5C、などという具合に、だ。

てちゃ~ん、もとい、いわゆる 「鉄ちゃん」 も、各車輌をキハE200形とかキハ110系・・・などという型式?区分?記号で呼び合うのだろうか。

さて、めったに電車に乗らない鉄道素人の当方(※北海道育ちなんで、電車とは言わずに、線路を走るものはすべて ”汽車” って言ってしまいがちな私ですが)は、まず試乗車の記号の意味を調べてみた。すると 「ク」=制御付随車、「ハ」=普通車、であること、また205系は国鉄時代に投入された型番であることが分かった。

<↓試乗車のボディサイドには、確かにJRのマークがある>
試乗車のボディサイドには、確かにJRのマークがある

制御付随車とは、要するにモーターは無いが運転台が付いている車輌のことを指すようだ。では早速、当方が乗る機会を得た [クハ205-14] なる車輌の運転台を見てみよう。無線機も備えられているようだが、運転士の方々はみんな無線免許保持者で構成され、無線に関するOJT教育や勤務シフトも組まれているのだろうか?

<↓整然と計器類が並べられた運転台>           <↓連絡用の無線機も備えられている>
整然と計器類が並べられた運転台   連絡用の無線機も備えられている

インパネは何やら、いわゆる ”プラスチッキーな” 感じがしないでもないが、クルマの世界でも、インパネ周りの質感に乏しくプラスチックな感じのするモデルは存在する。たとえば、現行インプレッサがハッチバックでデビューしたときの評判などが、それだ。

<↓GD/GG型からフルモデルチェンジした直後のインプレッサは、インパネデザインが酷評された一例だ>  
GD/GG型からフルモデルチェンジした直後のインプレッサは、インパネデザインが酷評された一例だ

次に試乗車は 「ハ」=普通車、であることから、早速シートに座ってみることにしよう。クルマの世界では、排気量2000cc未満で全幅1.7m未満が 「小型車」、それ以上が 「普通車」 と区分されたことから、鉄道素人の当方は 「普通車」 のシートと聞くと幅広なシートをイメージしてしまうのだが、実際の感触はかなり異なっていた。

<↓現代的な省エネ・省スペース設計なのか?>
現代的な省エネ・省スペース設計なのか?

<↓大人の当方が着座する前と、着座した後の様子の比較・・・バケットシートも顔負けのタイトさである>
着座する前の状態   着座した後の状態

いやいや、クルマの世界でも 「普通車」 でありながら、シートの幅が狭いモデルは存在する。たとえばマツダの3代目NC型ロードスターなどが、それだ。全幅が1720mmの3ナンバー・オープンカーであるが、強度確保のためサイドシルに厚みがある。加えて、センターコンソールも幅広(これは、その下にあるフロアトンネル自体も強度部材としているため)なので、必然的に1脚あたりのシート幅が狭くなってしまうのである。

<↓NC型ロードスターは3ナンバーサイズの車幅であるが、補強対応の影響でシート幅は比較的狭い>
NC型ロードスターは3ナンバーサイズの車幅であるが、補強対応の影響でシート幅は比較的狭い

ところでこの [クハ205-14] なる車輌は、国鉄時代に投入された型番、とのことだ。では営業路線はどこなのか?
・・・答えは車輌の表示灯を見れば分かるので、確認してみた。

<↓205系の営業路線は ”わんぱく線” というらしい>   <↓サブ表示は WANPAKU LINE とのこと>
205系の営業路線は、”わんぱく線” というらしい   サブ表示は WANPAKU LINE とのこと

果たして ”わんぱく線” という路線は実在するのか?
・・・クルマの世界では、「わんぱく号」 なる車輌が存在する。説明すると長くなるので、画像は各自でググってほしい。

そういえば、ここまで [クハ205-14] なる試乗車の各部スペックを見てきたが、その全体像について触れていなかった。そこで最後になるが、車輌の全景、および試乗場所を載せて終わりにしよう。・・・何と、この車輌は運転台車のみの1両編成であった! なお当方が試乗した場所以外では、どうやらダイエー系列(各地のスーパー)のキッズコーナーなどでも試乗できるらしいので、ご参考まで。

<↓フロントリップスカート?とイエローバルブ?を装備> <↓ここに入場すれば試乗が可能であった>
フロントリップスカート?とイエローバルブ?を装備   ここに入場すれば試乗が可能であった
Posted at 2011/05/07 23:31:10 | コメント(3) | トラックバック(0) | └ クルマ関係(ネタ) | クルマ
2011年05月06日 イイね!

[KENWOOD] サテライトスピーカーの設置例と「落とし穴」(後編・対応 編)

[KENWOOD] サテライトスピーカーの設置例と「落とし穴」(後編・対応 編)KENWOOD の サテライトスピーカー KSC-SS10 にまつわるトラブル事例の報告(後編)。
上記サテライトスピーカーをYA型エクシーガに設置して約2年が経過したが、予想外の原因で脱落したので、その状況と復旧の様子をメモ代わりに記載するシリーズの「その3」です。
    (前編:その1(設置事例 編) は → こちら。)
    (中編:その2(脱落原因 編) は → こちら。)

サテライトスピーカー脱落の原因は、取付説明書には記載のない 「イモねじ」 が経年変化(車体振動など)で緩んだためである と判断した。

そこで当面の対処法は、この 「イモねじ」 を、注意深く円筒形のホルダーにねじ込んでいくことになる。

<↓手持ちの六角レンチではミニマムサイズが適合>   <↓イモねじの位置は角度調整ねじの対角部>
手持ちの六角レンチではミニマムサイズが適合   イモねじの位置は角度調整ねじの対角部

<↓イモねじを、角度調整ねじとバランスさせながら締める>
イモねじを、角度調整ねじとバランスさせながら締める   

「イモねじ」 の存在自体が取付説明書に記載されていないため、締付トルクも不明であるが、もともと高トルクに対応したものではないので、オーバートルクに注意しつつ、角度調整ねじとバランスさせながら締めていく。当面の対応はこれで良いが、今後のことを考えると、やはり見かけ上の異常が感じられなくても、「イモねじ」 は 「角度調整ねじ」 ともども、定期的・継続的に締め付け状態をチェック していくべきだろう。

たかが 「イモねじ」 一個、されど 「イモねじ」・・・。
すでにサテライトスピーカーを使用中の方々も、これから導入を考えていらっしゃる方々も、この一連のブログが脱落防止のための情報を含め、何らかの参考になれば幸いです。

最後に点検後の設置状態を以下に載せておきます。

<↓今回、脱落しなかった方も、イモねじを含めて点検>  <↓脱落後に再設置した様子>
今回、脱落しなかった方も、イモねじを含めて点検   再設置後の様子

<↓LH側の設置状態を横から見た図>             <↓RH側の設置状態を横から見た図>
LH側の設置状態を横から見た図   RH側の設置状態を横から見た図
2011年05月03日 イイね!

[KENWOOD] サテライトスピーカーの設置例と「落とし穴」(中編・脱落原因 編)

[KENWOOD] サテライトスピーカーの設置例と「落とし穴」(中編・脱落原因 編)KENWOOD の サテライトスピーカー KSC-SS10 にまつわるトラブル事例の報告(中編)。
上記サテライトスピーカーをYA型エクシーガに設置して約2年が経過したが、予想外の原因で脱落したので、その状況と復旧の様子をメモ代わりに記載するシリーズの「その2」です。
   (前編:その1 は → こちら。)

走行中、右後方室内でガタガタと音がしたため確認したところ、左画像に示すようにサテライトスピーカーがブラケットから脱落していた。「脱落」 とは言っても、スピーカー本体は 「脱落防止ワイヤー」 により引っかかったまま保持された状態となっており、配線ケーブルが裂けて本体が床に転げ落ちる・・・といったダメージは避けられている。

<↓角度によってはワイヤに張りが無いように見えるが、実際には配線ケーブルよりもテンションがかかっている>
スピーカ本体の脱落の様子   脱落防止ワイヤは機能していた

スピーカーの装着作業は、当方が取付説明書に則って実施したのだが、万一の際の 「脱落防止ワイヤー」 そのものは、今回ちゃんと機能をその果たしている。しかし今回の現象をよく観察すると、

  ・固定用のブラケットもろとも車両側の樹脂ピラーカバーから脱落したワケではない
   → 固定ブラケットの内装材への固定状態には異常はないと判断できる
  ・スピーカー本体が固定用のブラケットから分離する可能性として、「角度調整ねじ」 の緩みが挙げられる
   → しかし実際には、「角度調整ねじ」 には 緩んだ痕跡が認められなかった

<↓取付説明書に記載の 「角度調整ねじ」>        <↓今回の分離部位を特定すると・・・>
取付説明書に記載の「角度調整ねじ」   分離部位を特定すると・・・

スピーカーの向きをセッティングする際の 「角度調整ねじ」 が緩んでいないのに、スピーカー本体がブラケットではなくホルダー(円筒形の金具、前述の画像参照)から分離する・・・とは、一体、どういうことなのだろうか? そこで改めて現物を観察してみると、取付説明書には一切言及されていない 「イモねじ」 がある ことが確認できた。

<↓取付説明書に記載のない 「イモねじ」 がある>
取付説明書に記載のない 「イモねじ」

この 「イモねじ」 (注: 「イモねじ」 の意味が不明な場合は、ググってください) は貫通タイプで、スピーカー本体と前述の円筒形ホルダーとを接続させる役割を持っており、「角度調整ねじ」 の対角に位置している。つまり通常では見えにくい(または目に入りにくい)位置にある。当方は製品開梱時に目視確認したハズであるが、取付説明書にも一切記述が無い(もちろん調整部品にも指定されていないため、メーカー出荷状態のままである)ことから、車両装着後はその存在を失念していたワケだ。

<↓「イモねじ」 が振動で緩むと隙間が空いて・・・>    <↓「角度調整ねじ」が締まっていても脱落に至る>
「イモねじ」 が振動で緩むと隙間が空く   「角度調整ねじ」が締まっていても脱落に至る

今回のスピーカー脱落は、この「イモねじ」 が経年変化(車体振動など)で緩んだことが原因であると推定されることになる。この様子を図解したのが、直前の画像である。もしも最初から緩んでいたとすれば、車両装着時に気がつくし、また装着直後に脱落しただろう。

  ・今回は、エクシーガへの装着後から約2年間が経過しての脱落であること、
  ・同型品(KSC-SS10)を装着しているレガシィでは、約3年間が経過して異常ないこと、

から判断すれば、

  ・サテライトスピーカーの 「イモねじ」 は、工場出荷時の 「ねじ込み量」 にバラツキがある

と推測できるのではないか? もちろん、車両側の振動入力環境(の差)の影響も受けるが・・・。
ちなみにエクシーガは脚周り(サスペンション)もタイヤもノーマル、レガシィはフロントに圭オフィスの車高調、リヤにアウトバックのセルフレベライザー付きダンパーを組んでいる。車体振動は、レガシィの方がエクシーガよりも厳しいハズだ。
ユーザーとしては、仮に取付説明書に記載がなくても、その 構成部品の役割を理解し、危険につながる恐れのある因子はなるべく排除するように気を配る ことが求められそうだ。


(後編): その3・対処編・・・に続く
2011年05月01日 イイね!

[KENWOOD] サテライトスピーカーの設置例と「落とし穴」(前編・設置事例 編)

[KENWOOD] サテライトスピーカーの設置例と「落とし穴」(前編・設置事例 編)KENWOOD の サテライトスピーカー KSC-SS10 にまつわるトラブル事例の報告(前編)。

上記サテライトスピーカーをBP型レガシィに設置して約3年、YA型エクシーガに設置して約2年が経過した(同じモデル KSC-SS10 を両車にそれぞれ設置している)。
今回、エクシーガに設置したサテライトスピーカーが、予想外の原因で脱落したので、その状況と復旧の様子をメモ代わりに記載する。

それに先立ち、まずは両車での設置方法に明確な違いを持たせているので、そちらから先に紹介する。
BP型レガシィには、サテライトスピーカーをごく一般的な取り付け方法で設置している。ワゴンボディのDピラートリムに、前方を向けてマウントする設置法だ。レガシィは乗車人数が1~3人で使用することが多く、後方からの音場改善が目的なので、この手法に則っている。

<↓KENWOOD の サテライトスピーカー KSC-SS10>
KENWOOD の サテライトスピーカー KSC-SS10

その一方、YA型エクシーガは7人フル乗車(!)で使うことが多い。当方のエクシーガはGTグレートであるが、純正では前後のドアマウントの4スピーカーが標準状態だ。「3列シートの7人乗り」なのに4スピーカーとは、あまりにショボい。ショボすぎるぞ富士重工業! 純正で12スピーカーシステム(マッキントッシュ、D型)を組む レガシィから乗り換えると、オーディ系の貧弱さが目立つエクシーガ なのであった。

そこでエクシーガにもサテライトスピーカーの登場となるのだが、3列シートは恒常的に乗員ありの状態となるため、
  ・Dピラーに設置してしまうと、3列シートのリクライニングの際に乗員の頭が干渉してしまう恐れがある。
  ・干渉しなくても、スピーカーと乗員の距離があまりに接近してしまうため、1~2列めの乗員向けに
   ボリュームを設定すると、3列目の乗員にとっては「うるさすぎる」ことになってしまう恐れがある。

これらの懸念を解消し、かつ、リヤドアからサードシートへの乗り降りの際にジャマにならない(肩にぶつからない)、さらにオプションで装着した 「昇降グリップ」 も容易につかめるようなサテライトスピーカーの設置位置を検討した結果、Cピラー後方がベストであると判断した次第(注:当方の使用環境下では)。

<↓エクシーガでCピラーのやや後方に設置した例。ツイーターが両サイド(ウィンドウ側)に来るようにマウント>
Cピラー後方への設置例   Cピラー後方への設置例

参考として、このブログのトップに、BP型レガシィとYA型エクシーガでの設置方法の比較画像を載せておく。
このように 「あえて」 サテライトスピーカーを 「後方向き」 に設置しているが、スピーカーからの音はテールゲートのウィンドウで反射して(半間接音となって)フロント方向へも飛ぶので、1~2列目でも恩恵は感じられていることを付け加えておこう。


(中編):予期せぬ脱落編・・・に続く

プロフィール

「レガシィのエンジン不調の件。時間取れないので今回はディーラーに調査依頼しに行ってきます。事前に意見陳述書も印刷して準備済み。20年以上の付き合いだった担当セールスさんが異動して新人セールスさんに代わったので、挨拶もして来ます(今までコロナ禍でディーラー行きを控えていたので)。」
何シテル?   06/20 11:18
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.