• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2012年03月31日 イイね!

[ロンシャンXR-4Z] ホイールで振り返る20年 (その1/4)BCレガシィ編

[ロンシャンXR-4Z] ホイールで振り返る20年 (その1/4)BCレガシィ編手持ちのアルミホイールの中に、使い続けて20年 になるもの
がある。そこで、その時々のシーンをその時代のクルマとともに、
振り返ってみることにした。今回は(その1):BCレガシィ編、である。

 ◎ホイール : ロンシャンXR-4Z(1670、offset 50)、
          鈴鹿産業(スピードスター)
 ◎装着車歴 : BC5A型 レガシィセダンRS ('91年頃~'96年)
           → BG5B型 レガシィワゴンGT-B ('96年~'06年)
            → GDA-C型 インプレッサWRX ('07年~'08年)
             → YA5A型 エクシーガGT ('12年~現在)

(1)BC5A型 レガシィセダンRS (装着期間 : '91年頃~'96年)
新車で買った初めてのクルマは、スバルのBC5A型 レガシィ・セダンRS。しばらくの間は純正アルミホイール(当時のターボ車は15インチが標準)で乗っていたが、STI のダンパーを入れる頃にホイールも16インチにアップ。その時に選んだホイールが、今回のブログタイトルにもなっている、ロンシャンXR-4Zだ。

<↓フロントから>                        <↓リヤから>
フロント側の「若気の至り」。ツインブレードのワンアームワイパー化などが分かる  リヤ側の「若気の至り」。テールランプのレッドフィルム化などが分かる

この頃は私も若かったので、クルマもホイールも外観をいじりまくった。当時の写真があったので、初公開してみよう。あちこちに 「若気の至り」 が感じられる(苦笑)。
  ・ツインブレードのワンアームワイパー化
  ・フロントナンバープレートのオフセット
  ・ヘッドライトガーニッシュ(自作)
  ・フロントバンパー上面ブラックアウト(パンチングシートで自作)
  ・フェンダーミラーのエアロカバー(風圧で鏡面の雨滴が飛ぶ)
  ・フロントグリルの蛍光ストライプ(自作)
  ・タイヤ(ポテンザの文字部分)をピンクで着色
  ・STI マッドフラップ
  ・テールランプのレッドフィルム化(自作)などなど

写真ではまだまだ 改造(※) 途中で、後にホイールのリム部分のみ赤色に自家塗装したり、クルマもフォグランプを潰した跡地に茶こしメッシュフィルタ+蛇腹パイプを入れてエンジンルームに引き込み、レゾネータを取り払った吸気ダクトにつなげる・・・なんてことをやっていた(>遠い目)。

 (※)改造 : 余談であるが、クルマをいじることを、私は当時から 「モディファイ」 や 「カスタマイズ」
         とは呼ばず、あえて 「改造」 と呼んでいる。クルマをいじることには 「責任」 が伴うため、
         仕様変更によるリスクが希薄に感じられてしまう 「カスタマイズ」 という表現ではなく、
         一歩間違えば殺人凶器にもなりかねない・・・いう自覚を持った上で実行や表現したい、
         という当方の主義によるものです。

この頃はまだ自作やDIYばかりで、サーキットには走りに行っていない。その後、BGレガシィに乗り換えてからは、このロンシャン XR-4Z にポテンザRE-01を組み合わせてミニサーキットに出向くようになる。人に歴史あり、ホイールにも履歴あり。この頃は、まさか20年間も同じホイールを使う・・・いや、使える ことになろうとは、夢にも思っていなかった。

(その2):BGレガシィ編 に続く
Posted at 2012/03/31 23:10:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 【YA5AエクシーガGT】 | クルマ
2012年03月29日 イイね!

O次郎 on フィアット・バルケッタ

O次郎 on フィアット・バルケッタある程度の年齢層でないと、元ネタが分かりませんが・・・。

<バルケッタ(フィアット)>
・2ドアオープン/排気量1.8L/駆動方式FF
・イタリア語で「小舟(Barchetta)」を意味する
・デザイン原案  アンドレアス・ザパティナス
・生産国      イタリア
・最高出力 130ps(96kW)/6300rpm
・最大トルク 16.7kgfm(164Nm)/4300rpm:前期型
        16.1kgfm(158Nm)/4300rpm:後期型

<バケラッタ(O次郎)>
・キャラクター/Q太郎の弟/赤ん坊
・オバケ語の赤ちゃん言葉で多様な意味
・デザイン作画  藤子・F・不二雄
・出身国      オバケの国
・最高視聴率 25.8%(1972年3月1日放送)/関東地区:新オバケのQ太郎
・放映回数  135話(1971年9月1日~1972年12月27日):新オバケのQ太郎
         510話(1985年4月1日~1987年3月29日):オバケのQ太郎(新)


似て非なるもの? ですが、特に意味はございません。
(たまには息抜きブログもいいかな?と思って。)
・・・失礼しました。
Posted at 2012/03/29 02:10:00 | コメント(3) | トラックバック(0) | └ クルマ関係(ネタ) | クルマ
2012年03月27日 イイね!

[BPレガシィ] 外気温表示 -2℃固定 → 統合ユニット交換、の巻(その3/3)

[BPレガシィ] 外気温表示 -2℃固定 → 統合ユニット交換、の巻(その3/3)BPレガシィに標準装備されている、マルチインフォメーションメータ
外気温表示が 「-2℃」 固定表示となる症状 に見舞われた際の、
修理顛末記 「その3」 です。
  ◎(その1) : 故障確認編 は → こちら
  ◎(その2) : 影響波及編 は → こちら

私の場合、マルチインフォメーションメータの外気温表示機能の不調により、統合ユニットおよびキー一式(予備キーを含む)を交換することとなった。ただしディーラーによると、実際の修理手順としては、まず富士重工業への申請手続きを行い、修理可の連絡を受けてからの部品手配になるという。

つまり保証による無償交換扱いとするためには、手続き上、販売会社(ディーラー)から自動車製造者(富士重工業)宛てにクレーム申請を行い、確かに該当する案件だと認められてからの着手となるそうだ。・・・とは言っても、審査に何日もかかるというものではなく、基本的には書類上のやりとりで済むもののようだが・・・。

<↓エクシーガの車窓より。工場に入庫したレガシィ>  <↓キッズルームより、かなたのレガシィを臨む>
エクシーガの車窓より。工場に入庫したレガシィ  キッズルームより、かなたのレガシィを臨む

そのため、当方から正式に修理を依頼した1~2日後に、ディーラーから私の携帯電話宛てに 「保証申請が認められたので、部品手配に入ります。云々」 との留守番メッセージが入っていた。なお 「~云々~」 の部分は、セキュリティに関する情報になる。つまり、5ケタのキーNo.およびセキュリティID を教えてください、ということだ(この番号が無いと、キーが発注できない のだ・・・中古車でレガシィを購入された方は、要注意)。

      + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

さて、それから数日後、「無事に修理が完了した」 との連絡が入ったので、すぐにレガシィを引き取りに行った。サービスフロントにて、念のため、疑問に思っていたことを聞いてみた。

私 : 「今回の故障の原因として、何か可能性として挙げられるものはあるでしょうか?
     あるいはユーザー側の使い方で、故障を避けるために気をつけるべきことはありますか?
サ : 「いや、特に原因というのは分かりかねます。
     したがって、ユーザーサイド(の使い方)で気をつけていただくことは、特にはありません。」

私 : 「とすると、今回修理しても、同じようなクルマの使い方をしていれば、また 同じような症状が
     再発する可能性もある・・・ということでしょうか?」
サ : 「いや、それは何とも。。。」
私 : 「もしもユーザー側の使い方次第で故障のリスクを減らせる可能性があるなら、今後は使い方に
     気をつければ良いので、そういった可能性の有無を確認させていただきたかったのですが。。。」
サ : 「そうとばかりは言えないようです。」

そう話す口ぶりからは、統合ユニットの交換事例は、他にもあるような感じであったが、それ以上のことは聞かないでおいた。・・・次に修理明細を見て、プチ驚いた!消費税込みだと 81,690円 もの費用がかかる修理であったか!もちろん、スバルの保証延長(ネクステップ)に加入していたため、今回は無償(当方の費用負担は一切無し)で済んだ。

<↓修理明細の金額を見て驚いた。何と、部品代で71,900円、工賃で5,900円もかかる案件ではないか!>
修理明細の金額を見て驚いた。  何と、部品代で71,900円、工賃で5,900円もかかる案件だったではないか!

当初は 「外気温センサ」 のみの故障・交換を想定しており、「もしも自腹だったら 1,700円の部品代 か、結構かかるなぁ・・・」 などと想像していたのだが、故障範囲が統合ユニットに及んだ時点で修理費が 8万円台に跳ね上がる とは! いやぁ、まさに転ばぬ先の杖、ですな(これ一発で、保証延長加入費用の元が取れたことになる)。

      + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

さて、最後に 新しくなったキーについても少々触れておこう。
ディーラーに手配いただいたキーは、あからさまなコストダウン版ではなかった。外付けキーリングを引っかける筐体部分は安っぽい黒色樹脂製ではなく、またスバルマークも簡易的な樹脂の押し出し型ではなかった。恐らく、ディーラー側で(交換前の当方のキーを見て)同等品をセレクトしてくれていたのであろう。

<↓手配いただいた新しいキーは六連星のエンブレム添付版で、あからさまなコストダウン版ではなかった>
手配いただいた新しいキーは六連星のエンブレム添付版  押しボタン部分のみ、白色の描線が省略されたバージョンであった

ただし押しボタン部分のみ、白色の描線が省略されてしまったバージョンであったが、そんな些細なことで文句は言わないでおこう。・・・というのも、実は、交換するために差し出した3本の手持ちのキーのうち、内蔵のボタン電池が生きていたのは1本だけで、残り2本のキーは電池が消耗していたため、そのままでは使えなくなっていたのダ(苦笑)。そして今回、新しくなった3本のキーはすべて、内蔵のボタン電池まで新しくなって戻ってきてくれたからである。(^^;)

以下、私的なまとめ。
  (1) 外気温モニタの表示が不調になった場合、原因は外気温センサの故障だけに限らない。
  (2) 外気温センサだけが故障した場合、部品代は1,700円程度(税別、現時点)だが、
    統合ユニットが故障した場合はキー一式も交換となるため、修理費用は8万円強となる恐れあり。
  (3) プッシュスタート車以外の場合、交換となるキーにも(デザイン上の)いくつかの種類がある。
  (4) 万が一の際に備え、自車のキーNo.およびセキュリティID を控えておいた方が良い。

以上、長文ですが お読みいただきありがとうございました。
皆さんの 何かの参考になれば幸いです。
Posted at 2012/03/27 00:57:42 | コメント(3) | トラックバック(0) | 【BP5Dレガシィ】 | クルマ
2012年03月23日 イイね!

[BPレガシィ] 外気温表示 -2℃固定 → 統合ユニット交換、の巻(その2/3)

[BPレガシィ] 外気温表示 -2℃固定 → 統合ユニット交換、の巻(その2/3)BPレガシィに標準装備されている、マルチインフォメーションメータの 外気温表示が 「-2℃」 固定表示となる症状 に見舞われた際の、修理顛末記 「その2」 です。
  ◎(その1) : 故障確認編 は → こちら

ディーラーに行き、サービスフロントで整理券の自動発券機のボタンを押す。行きつけのディーラーでは、銀行や郵便局の窓口と同様、用件のある場合は(順番待ちのユーザー同士、あるいは受付担当者との用件伺い漏れのトラブルを防ぐため)順番待ちの発券機が導入されているのだ。この日は他のお客様が少なく、すぐに私の番号が呼ばれた。

私は対応いただいた係員に
 (1)BP型レガシィで、外気温表示が-2℃の固定表示になってしまう症状が出ていること。
 (2)試しに外気温センサにドライヤーで温風を当てても、表示温度に変化がないこと。
 (3)同じ測温条件で、エクシーガでは7℃などの正常表示となっていること。
を告げた上で、

 (4)外気温表示が故障している症状を、ディーラーでも現状確認いただきたいこと。
 (5)症状が確認できたら、必要な交換部品を発注してほしいこと。
 (6)本日の来店目的は、現状確認および必要部品の発注手続き(のみ)であること。
 (7)部品が入荷した段階で連絡をいただき、その上で、後日改めて車輌を入庫させること。
 (8)車輌入庫の際、(他車輌の整備の立て込み具合により)工数的に即日仕上げが困難な場合は、
   当日は車輌を置いて帰り、翌日以降の引き取り・・・としても構わないこと。
を申し出た。

ポイントが明確になっているので、ディーラーでもすぐに症状の確認作業に入ってくれた。
ディーラーが行った作業は
 (A)現車確認 → 故障を確認(ユーザーの訴え通りの症状)
 (B)正常な車輌の外気温センサを取り外し、私のレガシィに取り付けてみる → 症状変わらず!

この時点で、外気温センサの故障ではないことが判明。とすると、センサ(上流側)からの入力信号の演算部、またはそれ以降(下流側)に故障原因があることになる。ディーラーによると、「統合ユニット」 の故障が怪しい・・・とのこと。まてよ、統合ユニットの交換、となると?!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
◎サービスフロント: 「統合ユニットを交換する場合、イモビライザも同時に変更となってしまうため、
             お手持ちのキーもすべて交換する必要がございます。」
◎私         : (あぁ、やっぱり・・・。)
◎私         : 「実は新車購入した際、純正オプションで予備キーも追加購入しているため、
             手持ちのキーは全部で3本あるのです。これらについても、”登録設定変更”
             ではなく、すべて ”丸ごと交換” となるのでしょうか?」
◎サービスフロント: 「キー(=溝部分)そのままでチップのみ交換、ではなく、キー丸ごとの交換となります。」
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

レガシィのキーについては、非常に些細なことだが、実は私には こだわり があった。
年改区分D型以降、コストダウンのためか、外部リングを引っかける部分が 金属→樹脂 に、本体のスバルマーク(六連星)が エンブレム→樹脂型抜き、に変更されてしまっているのだ。さらに言うと、「ロック」「アンロック」の操作ボタン部分についても、表示図柄部分で ホワイトの描線が省略 されてしまっているのだ。
その例外が、当時 オプション設定されていた予備キー だったのだ(イモビは予備を含めて3本まで登録可能)。

<↓年改区分D型以降でも、当時オプション設定されていた予備キーは、コストダウン版ではないものだった>
年改区分D型以降でオプション設定されていた予備キー  予備キーは、コストダウン版ではないものだった

修理は、当初は外気温センサのみの交換で済むと思っていたら、実は統合ユニットの交換となり、イモビの関係からスペアを含めたすべてのキーまで交換となってしまうとは・・・。さらに交換後のキーはコストダウン版となってしまうのか? まぁ、些細なこだわりのために外気温表示機能を捨てるワケにはいかないだろう。

・・・ということで、正式に修理(キー交換も含めて)をその場で依頼したのであった。

<↓おまけ画像:ディーラーに展示されていたインプレッサの競技車両。リヤウィンドウの換気構造はマネできそう>
  
<↓R4仕様のインフォメーション(パネル展示)もあった>
R4仕様のインフォメーション(パネル展示)もあった  R4仕様のインフォメーション(パネル展示)もあった

(その3) に続く
Posted at 2012/03/23 02:19:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | 【BP5Dレガシィ】 | クルマ
2012年03月18日 イイね!

[BPレガシィ] 外気温表示 -2℃固定 → 統合ユニット交換、の巻(その1/3)

[BPレガシィ] 外気温表示 -2℃固定 → 統合ユニット交換、の巻(その1/3)BPレガシィに標準装備されている、マルチインフォメーションメータの 外気温表示が 「-2℃」 固定表示となる症状 に見舞われた際の、修理顛末記 「その1」 です。

今年の冬は、関東での積雪はほとんど無かった。とは言っても、年に何日間かは東京でも降雪がある。札幌出身の私としては、「雪で転ぶ人が続出」 などということ自体がニュースとして報道される状況に、「何だかなぁ~」 と思ってしまうのだが、環境的に不慣れな人にとっては、まぁ仕方がないだろう。

我が家では、私が使うレガシィにも家族が使うエクシーガにもスタッドレスタイヤの用意があるが、東京で過ごす人々のほとんどが 雪の怖さを知らない と見えて、多少の積雪でも夏タイヤのままクルマで外出する人々の多さに毎年驚かされる。東京の雪はシャーベット状なので降雪中も滑りやすい雪質だし、翌朝には見かけと違って氷膜が張るのでこれまた滑りやすいのにね。「もらい事故」 を防ぐため、降雪時には 「外出しない」 ことが一番の自衛策 ですな。

さて、夏冬問わず、これまで札幌←→東京をクルマで往復する機会の多かった私としては、目視以外で路面状況を把握する手段の一つとして、外気温度モニターの活用がある。特に(深夜の)長距離を移動する際には、時々刻々と変わる外気温度を参考に運転ペースを配分することもある。

レガシィに標準装備の、そのような 「外気温表示計」。ところがここ数日来、昼夜問わず、いつクルマに乗っても(エンジンを再始動させても) 「-2℃」 としか表示されない症状に見舞われてしまった(※通常は 「平均燃費」 と 「瞬間燃費」 を表示させているのだが、時々 「外気温度」 を表示させるので、すぐに症状を認知できた)。

<↓マルチインフォメーションディスプレイの外気温表示が、なぜか常に 「-2℃」 固定表示となってしまった>
マルチインフォメーションディスプレイの外気温表示  なぜか常に 「-2℃」 固定表示となってしまった

もちろん、実際の外気温度は-2℃ではない。外気温センサの故障なのだろうか?
そこで試しに、外気温センサに温風を当ててみることにした。
レガシィの場合、外気温センサはフロントバンパの後ろ、ラジエータの前方に位置している。

<↓レガシィの場合、外気温センサはフロントバンパのすぐ後ろ(開口部からすぐに手が届く位置)にある>
レガシィの場合、外気温センサはフロントバンパのすぐ後ろ  開口部からすぐに手が届く位置にある

フロントパンパの開口部から手を伸ばし、外気温センサ固定用の樹脂クリップをステーから外して前方に引っ張り出す(配線はつながったまま)。その状態で、家庭用ドライヤー(AC100V、イオン式、ターボモードあり)で外気温センサをスポット的に暖めてみた。

<↓外気温センサを家庭用ドライヤーでスポット的に暖めて、温度表示に変化が生じるかどうかを確認してみる>
家庭用ドライヤー(AC100V、イオン式、ターボモードあり)を用意する  外気温センサをスポット的に暖めてみた

結果は、外気温表示の 「-2℃」 に変化なし。
今度は念のため、エクシーガの外気温表示が 「-2℃」 ではないことを確認してみた。

<↓念のため、エクシーガの外気温表示を確認してみた。7℃の表示だ(もちろん-2℃とはなっていない)>
念のため、エクシーガの外気温度表示を確認してみた。  もちろん-2℃とはなっていない。

簡易的な手法ながら 「外気温表示に異常あり」 の確認が確実に取れたので、スバルディーラーに向かうことにした。この時点では、「外気温センサ」 の故障の可能性が高いと思われた。ちなみに、手元のパーツリストで外気温センサを検索してみると、[センサ,アウタ テンパラチュア フロント : \1,700] と出た。そこそこの値段がするんだな・・・でも、レガシィは保証延長プランに加入しているので、基本的にユーザーの費用負担無しでセンサを交換してもらえるハズだ。

ところがディーラーに着いてみると。
外気温センサの交換だけで済むような、単純な話ではなかった。


(その2) へ続く。
Posted at 2012/03/18 23:28:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 【BP5Dレガシィ】 | クルマ

プロフィール

「子供たちを連れて、トランポランド(トランポリン体験場)に来ました。安全に配慮しながら、子供たちは久しぶりのトランポリン、自分も久しぶりの宙返りの感覚取り戻し、に励みます。」
何シテル?   06/13 13:03
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.