• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2013年08月30日 イイね!

[BPレガシィ] 東京→札幌 帰省Vol.7 (クラブ・レガシィ、サザエさん、のらくろ 編/2013年・夏)

[BPレガシィ] 東京→札幌 帰省Vol.7 (クラブ・レガシィ、サザエさん、のらくろ 編/2013年・夏)東京→青森→(フェリー)→函館→札幌」 の 往復2279km を、BPレガシィの自走で帰省した際の出来事や雑感をつづるシリーズです。今回は 「その7・実家にて(クラブ・レガシィ、サザエさん、のらくろ 編)」 です。

◎「その1」 は こちら → [青森~函館 編]
◎「その2」 は こちら → [お墓参り&ジンギスカン 編]
◎「その3」 は こちら → [小樽・とんぼ玉製作 編]
◎「その4」 は こちら → [小樽・食事&おみやげ 編]
◎「その5」 は こちら → [ジョイフルエーケー 編]
◎「その6」 は こちら → [イエローハット&J'ms 編]


■札幌5日目(帰省 最終日の朝)

実家に帰省中、ふと本棚に目をやると、クラブ・レガシィ誌が置いてありました。「実家にクルマ関係の本が置いてある」 ということは、「私に関係した記事が載っている(→ 母に見せたあと、記念に置いていった)」 ということになります。

「果たしてどんな記事だったかな~?」 と、チラッと読み返してみました。
(※以下、画像のクリックで、各々適度に拡大します。)

<↓クラブ・レガシィ誌。2001年・春号(Vol.002)ということは、発売がまだ隔月だったころか>
  

<↓BGレガシィで 筑波1000(ショートコース) を攻めていたときの走行会の記事でした>



ちなみに、現在の私の 「みんカラ」 のヘッダー画像(一部)は、当時のものを使っています。
(・・・と考えると、かなり古い画像を使ってしまっていますね・・・(汗)。)

<↓PROVA主催の「ドライビング・レッスン」形式の走行会、参加者の集合写真には私も>
  

BGレガシィでは、ブレーキを換えて脚周りを換えて排気系を換えて(※エンジン本体はノーマル)、しかしタイヤはラジアル(Sタイヤではない)にこだわって、ミニサーキットに走りに行っていました。那須や筑波ややまなしに行きましたが、一番走ったのはスポーツランドやまなし(SLy)でした。4輪アライメント調整以外は、すべてDIYで作業していましたね。「人に歴史あり」 でしょうか・・・(>自分で言うなって)。

ところで実家に寄ると、子供の頃に見た本なども まだ置いてあります。
たとえば 「サザエさん」 の単行本(今はなき 「姉妹社」 版のコミックス)。
物心ついたころには、すでに家にありました。

<↓本棚からの一部抜粋。他にも、同じ長谷川町子先生の 「いじわるばあさん」 などもある>
  

<↓1冊180~280円。当時の物価はカツオのセリフによると 「大根2本120円也」?だったらしい>
  

<↓時代とともに登場人物のデッサンが変わるのは、現在の長期連載物と同様ですね>



さて、「サザエさん」 の作者・長谷川町子先生は、田河水泡先生に師事していました。
その田河水泡先生の代表作は 「のらくろ」 です(主人公: 「のらくろ」 の名前の由来は、「野良犬の黒」)。
「のらくろ」 は、病気で亡くなった父が特に愛読していた作品でした。

<↓「のらくろ漫画全集」。原稿の一部は、カラー化されたうえで収録されています>
  

<↓収納ケース付きで装丁も豪華。特別頒布価格は、昭和44年当時で何と3300円!!>
  

昭和44年当時で3300円もの価格だった 「のらくろ漫画全集」。
自慢ではありませんが、当時の実家は大変貧しく(>両親、ゴメン!)、父は、買おうか買うまいか悩みに悩み抜いて、最終的に母に相談。「そんなに欲しいなら、後悔しないようにお買いなさい」 との返答を得て、購入に至ったそうです(反動でしばらくの間、さらに貧乏暮らしになったそうな)。

<↓父が貧しい幼少時代に慣れ親しんだ漫画を、大人になってやっと入手できたのだと思う>


<↓一部抜粋。少年倶楽部に連載。「昭和6年」というと、父もまだ生まれていない頃の連載>



私は、実家に帰省するたびに、仏壇に手を合わせて 「東京←→札幌」 間(片道1000km超)の自走で事故もケガもなく無事に到着できたことを、感謝の意を込めて報告しています。「肺繊維症」 により、父が若くして世を去ってから20年ほどが経ちますが、「のらくろ」 や 「サザエさん」 のように、父が愛したものに接するたびに、天国と会話ができるような気がしています。

その父の最終年齢に、だんだんと私も近づいてきました。
将来、私が召されたとき、私の子どもたちは私が載っている 「クラブ・レガシィ」 や 「aV誌」、「Option誌」 などを見て、私を思い起こすことはあるかな? その頃にも、まだ 「みんカラ」 が継続しており、私がブログアップした記事が読み返されることはあるかな・・・? 私は子供たちに、何を残せるかな。

札幌の実家に帰省すると、時間がゆっくりと流れるような気がします。



「その8(最終話)」 に続く。
番外編(街で見かけた変なもの or 希少品? etc.)
を予定しています。
   ↓
   ↓
   ↓
2013-09-02(Mon.) : 追記
その8・番外編(街でみかけた変なもの or 希少品? 編) をアップロードしました。
2013年08月28日 イイね!

[BPレガシィ] 東京→札幌 帰省Vol.6 (イエローハット&J'ms 編、2013年・夏)

[BPレガシィ] 東京→札幌 帰省Vol.6 (イエローハット&J'ms 編、2013年・夏)2013年の夏も、BPレガシィの自走で帰省しました。
 「東京→青森→(フェリー)→函館→札幌」 の片道1000km超(往復2279km) の旅の間の出来事や雑感を ブログで つづることにします。

今回は 「その6・イエローハット&J'ms(ジェームス)編」 です。

◎「その1」 は こちら → [青森~函館 編]
◎「その2」 は こちら → [お墓参り&ジンギスカン 編]
◎「その3」 は こちら → [小樽・とんぼ玉製作 編]
◎「その4」 は こちら → [小樽・食事&おみやげ 編]
◎「その5」 は こちら → [ジョイフルエーケー 編]


■札幌4日目(Part 2 of 2)

お盆期間中、イエローハットへは東京都内の店舗(帰省前)と札幌市内の店舗(帰省中)、の2店舗に訪れています。新聞の織り込み広告について、都内三多摩版と札幌版で比較してみましょう。

(※以下、各画像はクリックで800×600に拡大します。)

<↓左:(少々シワが付いてしまったが)都内三多摩版、 右:札幌市内版。 内容が微妙に異なる>
  

都内の三多摩版では、「お子様連れのお客様 先着50名に、花火プレゼント」 となっているのに対し、札幌版では 「3000円以上お買い上げのお客様 先着30名に、トモエの鮭香る醤油プレゼント」 となっています。

ここで 「トモエ」 とは [福山醸造(本社は札幌)] のブランド名で、道内では知名度があると思います。このように、同じイエローハットの屋号を掲げていても、札幌市内の店舗では、北海道に根ざした企業の製品(この場合は醤油)がプレゼントとして選定されていました。他の都道府県でも、その土地にゆかりのある製品 がプレゼントに選ばれているのでしょうか・・・。

さて、そのイエローハットですが、結局特売品しか買いませんでした。
都内のイエローハットでは、先着20名様までの 「12枚入りフクピカ(通常価格の58%OFF=198円)」 を事前購入していたのですが(こちら → [帰省準備 編(2013年08月11日付けブログ)] )、札幌のイエローハットでも同様に、先着20名様までの 「12枚入りフクピカ」 を 「通常価格の58%OFF=198円」 に釣られて買ってしまいました・・・。別にフクピカのファンでも何でもないのですが。

<↓札幌のイエローハットでの買い物。パープルマジックはスポンジ付き、ということもあり購入>

  

次は、何か良いことがあるか?とばかりに J'ms へ。
実は前日の閉店間際に ”様子見で” 訪れたときに、「レクサスLFA(NBRパッケージ仕様)」 の実車が展示されていることを知りました。しかしながら閉店間際だったため、チラ見しているうちに営業終了を知らせる店内放送が流れ、とうとう私が最後のお客様になり、実車を良くみることができなかったのでした。

<↓何ナニ? レクサスLFAのNBRパッケージ仕様を展示中とな? ・・・しかし、すぐに閉店に>

    

そこで この日の再訪は、夕刻としました。

<↓あまり人がおらず、じっくり見ることができる状況だったのですが、なぜかあまり見る気にならず>

  

ちなみに J'ms の広告(新聞織り込みチラシ)は次の通り。
イエローハットとは異なり、地域によって景品の中身が異なることは無さそうな雰囲気ですね。

<↓ゆるキャラ系を用いた集客企画。トヨタ系の J'ms では、恐らく全国的な統一企画?なのかも>
  

結局、J'ms では 超特価品(税込み100円ね!) の 「車内用ダストワイパー(使い捨て)」 を購入。「会員価格で5%引き」 後の総額がギリギリ1000円を超えるような買い物をして、くじ引きに参加(お店のスタッフさんの計らいにより、子供向けに2回、引かせていただきました)。

<↓今回は特に ”運” があるワケでもなく・・・2回とも、参加賞のポップコーンをいただきました>
  
  

こうして大きな散財をすることもなく、しかし、小さな特売品を 東日本規模(東京&札幌を含むエリア)で買い倒した のでした。


以下、おまけ。

<↓今回も、実家近くのラーメン店に立ち寄り。醤油味にバター&コーンのトッピング付きで>



「その7」 に続く。

以降は
   ・実家にて(のらくろ、サザエさん、CLUBレガシィ)編
   ・番外編(街で見かけた変なもの or 希少品? etc.)
を予定しています。
   ↓
   ↓
   ↓
(2013-08-30 : 追記)
その7 [実家にて(クラブ・レガシィ、サザエさん、のらくろ 編)] をアップロードしました。
2013年08月27日 イイね!

[BPレガシィ] 東京→札幌 帰省Vol.5 (ジョイフルエーケー編、2013年・夏)

[BPレガシィ] 東京→札幌 帰省Vol.5 (ジョイフルエーケー編、2013年・夏)2013年の夏も、BPレガシィの自走で帰省しました。
 「東京→青森→(フェリー)→函館→札幌」 の
片道1000km超(往復2279km) の旅の間の
出来事や雑感を ブログで つづることにします。

今回は 「その5・ジョイフルエーケー編(地元のホームセンター)」 です。

◎「その1」 は こちら → [青森~函館 編]
◎「その2」 は こちら → [お墓参り&ジンギスカン 編]
◎「その3」 は こちら → [小樽・とんぼ玉製作 編]
◎「その4」 は こちら → [小樽・食事&おみやげ 編]

■札幌4日目(Part 1 of 2)

札幌滞在4日目(東京に戻る前日)は、帰省時に いつも立ち寄る地元のホームセンター(ジョイフルエーケー)のほか、カー用品店(イエローハットとJ'ms)に行ってみました。

 ◎ご参考 : 今年(2013年)の正月にジョイフルエーケーに訪れたときの様子は
         → [こちら(1月14日付け ブログ)]

ジョイフルエーケー(屯田店) は 売り場面積が広い(→ 取扱商品が多い)だけでなく、恐らく一般のカー用品店とは異なる仕入れルートがあるためか、オートバックスやイエローハット、J'ms(ジェームス)などとは異なる商品を置いていることが特徴の一つです。例えば、ここではトラックドライバー向けの商品も取り扱っています。

<↓トラックの荷台に装着するような灯火類(ポイントマーカーなど)も売っている>


また、ひとつの商品の 「小売り量」 にも驚かされます。
個人ユーザーというよりも、業販向けと思われるような取扱商品もあるのです。
その一例を紹介すると・・・。

<↓ウィンドウ・ウォッシャー液が ”18 リットル入りのポリタンクごと” で 1580円の特価!>


<↓油汚れやクルマの洗車用に ”石けん 9 kg 入りがバケツ丸ごと” で 2980円の特価!>


<↓クルマの芳香剤 ”ファブリーズが 1ケース=約1年分丸ごと” で 4140円のお買い得!>


どうです?

少なくとも、私は東京都内で 「ウィンドウ・ウォッシャー液の18リットル売り(>灯油ではない)」 とか 「バケツ石けん9kg」 とか 「ファブリーズ1年分」 などといった売り方を見たことがありません。都内の敷地の狭いカー用品店に慣れてしまった者からすると、ここ札幌のホームセンターでの商品の売り方は、まさに 「ほっかいどう、でっかいどう」 を地でいくような感じがします。

業販対象?と思われる商品ばかりかと言うと、決してそのようなこともありません。
個人向けには、「小口×複数個パック」 の商品もあります。

<↓こちらは ”詰め替え用のウィンドウ・ウォッシャー液” の複数セットの販売例>


<↓”シャシ ブラック” の3本セット売りの例・・・「微妙~」 に安くなっては いる>


そんな中、個人的には 今まで見たことのない製品に目が向きました。
それは何か、というと。

<↓インバーター、USB電源、DC電源、AM/AMラジオ、LED照明灯、で1台5役の ”パワエコくん”>



一瞬、店頭価格の 「8800円(非常用のインバーターと考えると安い)」 に釣られそうになりましたが、「今ここで買っても仕方がない」 と思い直し、結局、買いませんでした。では、ここジョイフルエーケーで買ったものは・・・と言うと。

<↓いつものように、DIYでオイル交換する者にとってありがたい、廃油処理パックを3箱購入>



参考までに、ここジョイフルエーケーでは、スミックスのオイルハンターは、4リットル用が298円、5リットル用が348円、そして何と 8リットル用が468円、となっています。

私の場合(BPレガシィGT spec B と エクシーガtS、どちらもEJ20型ターボ)、廃油処理パックは4リットル用で足りています。セコイ話をすると、8リットル用(468円)を買って2台同時にオイル交換すれば、4リットル用(298円)を2箱 買うよりも安上がりになりますが、そういったコトは考えたことがありません(交換タイミングが合わないし・・・)。

      + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

・・・と、まぁ、今回は都合により 在店時間が30分間ほどしか取れなかったので、特に 「掘り出し物」 は見つけることができませんでした。時間があれば、2Fの家具コーナーなども見て回りたいところでしたが、立ち寄るときにはいつも買っている廃油処理パックを今回も調達できたので、これで良しとします(← 心理学上の 「甘いレモンの法則」、広義の 「防衛機制」 )。


「その6」 に続く。

以降は
   ・イエローハット&J'ms 編
   ・実家にて(のらくろ、サザエさん、CLUBレガシィ)編
   ・番外編(街で見かけた変なもの or 希少品?)
を予定しています。
いましばらく お付き合いいただけますと幸いです。
    ↓
    ↓
    ↓
2013-08-28(Wed.)
[その6・イエローハット&J'ms(ジェームス) 編] をアップロードしました。
2013年08月22日 イイね!

[BPレガシィ] 東京→札幌 帰省Vol.4 (小樽・食事&おみやげ編、2013年・夏)

[BPレガシィ] 東京→札幌 帰省Vol.4 (小樽・食事&おみやげ編、2013年・夏)2013年の夏も、BPレガシィの自走で帰省しました。
 「東京→青森→(フェリー)→函館→札幌」 の
片道1000km超(往復2279km) の旅の間の
出来事や雑感を ブログで つづることにします。

今回は 「その4・小樽観光 後編(=食事&おみやげ)」 です。

◎「その1」 は こちら → [青森~函館 編]
◎「その2」 は こちら → [お墓参り&ジンギスカン 編]
◎「その3」 は こちら → [小樽・とんぼ玉製作 編]


■札幌3日目・後半(小樽観光の続き)

子供たちのリクエストにより訪れた 「大正硝子館」 では、今夏はスタンプラリーを開催していました。関連10店舗を回り、最終の10店舗めでスタッフとじゃんけんして勝てば、景品がもらえる・・・という趣向です。

各店舗は歩いて回ることができる程度の範囲内にあり、実際にはスタッフとのじゃんけんに負けても、参加賞としての景品をいただくことができました。ちなみに、勝った場合の景品は、右下画像に示すジュエリー・ケースをいただきました(※店舗によって景品は異なる可能性があります)。

(※以下、各画像はクリックで800×600に拡大します。)

<↓スタンプラリーは徒歩で巡れるエリア内にあり、右下画像はじゃんけんで勝った際の景品の例>
  

各店舗を歩いて回る途中で、普段は会う機会のない母と姉(ともに札幌在住)向けに、次のアクセサリーを購入しました。どちらもストラップ付きですので、サイフやケータイなど身近なアイテムにくくりつけることができます(身につけるものは、あえて選択肢から外しました)。今月8月が 誕生月 の母へは、誕生日プレゼントを兼ねています。姉へは、いつも身近で母を 介護サポート してくれている感謝の気持ちを込めて贈りました。

<↓(左)母には、少々きらびやかな金色が入ったものを。(右)姉には、少々落ち着いた色調のものを>
  

さて、今回の小樽での食事について。
結論から言うと、また海鮮丼系を食べました。

<↓店内の有名人のサイン。あらかじめ店員さんに許可をいただいてから、撮影しています>


<↓子どもたちのリクエストで、「じゃがバター」と「焼きとうきび(とうもろこしのコトね)」も注文>


<↓私のメイン。「うに&いくら」丼。夏場なので海鮮モノは不利ですが、それでもおいしい!>


函館も小樽も港町ですので、海の食材を活かしたメニューはおいしいです。
(北海道自体が、四方は海で囲まれています。)

食後に再度、硝子館周辺を散策します。
今度は東京に残っている(=留守番をしてくれている)家族用のおみやげを選びます。

<↓(左)テディベア調のアクセサリー、(中央)パロディ調の熊警察、(右)勾玉風のストラップ>


パロディ調の 「熊警察」 は、恐らく北海道のひぐま(ツキノワグマではない)がパトカーの窓から”箱乗り”しているものです。北海道で 「パトカー+ひぐま」。道内をツーリングしたことのある方なら実感として分かると思いますが、これは 「最強のコラボ」 ではなかろうか・・・。

<↓パロディのおもちゃとはいえ、熊(恐らく ひぐま)の迫力ある顔、開いたクチに注目>
  

さて。
その 「熊警察」 を売っているおみやげ店で、「熊(くま)」 に関連した ”とあるTシャツ” を買ってしまいました。

実は、それと同じものを 函館のおみやげ店( 「キレートレモン×GLAY」 のコラボ・ドリンクを売っていたお店ね )でも確認していたのですが、そのときは買うのを止めていました。しかし今、ここ小樽でも売っているのを見かけると・・・。結局、買ってしまった次第。

<↓「ももくまクローバーZ」 のTシャツ。赤(夏菜子)モデルもあるが、ここは紫(れに)モデルで>




<↓大人の男性でも着用可能なXLサイズまで ある>


このTシャツ、北海道限定品だそうで(念のため・・・「ももいろ~」 ではなく、「ももくま~」)。

え? 誰が着るかって?
もちろん私本人です(ばく)。


「その5」 に続く。
以降は
   ・ジョイフルAK 編
   ・イエローハット&J'ms 編
   ・実家にて(のらくろ、サザエさん、CLUBレガシィ)編
   ・番外編(街で見かけた変なもの or 希少品?)
を予定しています。
   ↓
   ↓
   ↓
2013-08-27(Tue.)追記
「その5・ジョイフルエーケー編」 をアップロードしました。
ご覧いただけましたら幸いです。
2013年08月21日 イイね!

[iPad mini] SUBARU オンラインショップでカーボンレザーケース購入

[iPad mini] SUBARU オンラインショップでカーボンレザーケース購入ブログでは現在、東京から札幌への帰省報告シリーズ
(レガシィの自走で往復2279kmの旅)の途中ですが、

このたび SUBARU オンラインショップで
  iPad mini 専用の 「カーボン・レザーケース」
を購入しましたので、その特徴などを速報します。






<↓お盆期間中の8/16(金)に購入手続きし、8/19(月)から発送業務開始、翌8/20(火)に到着>




<↓早速開封して中身(質感)を確認してみます>





<↓ケースの内側で、「iPad mini 本体の背面と接する部分」 は、バックスキン調になっている>



<↓画面を立てるときのチルト角度は3段階で調整可能>




<ケース外側の表面には、「SUBARU」 のエンブレム付き>


「SUBARU仕様の、特別なカーボンレザーケース for iPad mini」 です。実際に手に取ってみると、思った以上に質感が高いです(※感想には個人差があります)。現在のところ、SUBARU・オンラインショップでのみ入手可能、となっているようです。この手の製品は、予定製造個数に達した段階で販売が打ち切られる可能性もありますので、今回、早めに手を打った次第。

欲しい方は、早めに決断された方が良いかも。
ということで、購入を検討されている方々に対する私からの言葉は;
「ヘイ!YOU~!ポチっちゃいなよ!(ジャニー喜多川さん風に)」

・・・と言っても、今回入手したカーボンレザーケースに装填した直後から、iPad mini 本体を家族に専有使用され、
まだ私自身が実際に使ってのインプレッションをお伝えできる状態に達していない・・・のが唯一の難点です(苦笑)。

以上、
  「KAZさん、SUBARU オンラインショップで iPad mini 用 カーボン・レザーケースを購入するの巻」
  「ケースを購入したは良いが、iPad mini 本体 を家族に使われてしまい、本人が未だ試せていないの巻」
の速報でした。
Posted at 2013/08/21 21:32:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | └ 超マニアックなスバル話 | パソコン/インターネット

プロフィール

「子供たちを連れて、トランポランド(トランポリン体験場)に来ました。安全に配慮しながら、子供たちは久しぶりのトランポリン、自分も久しぶりの宙返りの感覚取り戻し、に励みます。」
何シテル?   06/13 13:03
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/8 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.