• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2016年02月24日 イイね!

みんカラ早春のDIYモニター大募集!【パナソニック】

みんカラ早春のDIYモニター大募集!【パナソニック】■Q1. お車の車種、型式、年式と搭載されているバッテリーの品番をお教えください。

A1. → 車種 : エクシーガtS
     型式 : スバル DBA-YA5(年改区分Eタイプ)
     年式 : 2012(平成24)年式
     バッテリー品番 : 65D23L(ライン純正装着サイズ)

■Q2. 「音質」についてレビューに記入いただけますでしょうか?

A2. → 当選時は 「音質」 に関するレビューを記入いたします。

 ・モニター予定車のオーディオ(ヘッドユニット)は、パナソニック製のHDDナビ
  CN-HW1000D であり、同じパナソニック製品同士の相性的なものも含めて
  レビューする予定です。

 ・まずはスバル純正のライン装着スピーカーにて音質の体感差の有無を、
  次に(準備が間に合えば)パナソニック製を含む社外スピーカーに交換
  した際の相乗効果について、私見を述べさせていただこうと思っています。

   
  
※この記事は【みんカラ】早春のDIYモニター大募集! について書いています。
Posted at 2016/02/24 20:34:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | carview タイアップ企画 | タイアップ企画用
2016年02月23日 イイね!

みんカラ早春のDIYモニター大募集!【fcl】

みんカラ早春のDIYモニター大募集!【fcl】■Q1. ご希望のバルブ形状は?

A1.→ 「H4 Hi/Lo」 を希望します。
     (※可能でしたら、バイク用を希望します。)

■Q2. fcl.モニターのHIDは、どの車種に取付け予定ですか?

A2.→ ホンダCBR250Four (型式:MC14、CBR250FG-YA)
    
 ・昭和61年式の250ccバイクです。


 ・先日、納車直後から継続使用していたH4イエローバルブが
  30年目にして初めて球切れしました。
  今回、安全性向上(視界確保と被視認性)を目的として
  fcl.モニターのHIDを使用してみたいと思い、応募いたします。

※この記事は【みんカラ】早春のDIYモニター大募集! について書いています。
Posted at 2016/02/23 21:31:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | carview タイアップ企画 | タイアップ企画用
2016年02月22日 イイね!

みんカラ早春のDIYモニター大募集!【ドライブマン】

みんカラ早春のDIYモニター大募集!【ドライブマン】■Q1. 駐車監視は何時間できれば理想ですか?

 A1. → 理想は10時間程度です。具体的には、
      「(1).3時間程度」・「(2).6時間程度」・「(3).10時間程度」
      の3段階から状況に応じて選択できれば良いと考えます。

 根拠は、それぞれ次の通りです。
 (1). 3時間:日常の買い物をカバーできる監視時間
 (2). 6時間:観光などレジャーでの駐車をカバーできる監視時間
 (3).10時間:出張先のホテルやコインパーキングなどでの
        宿泊時の駐車時間をカバーできる監視時間

 特に(3).は、例えば夜22時に駐めて翌朝8時に出庫する場合に
 「22時→翌8時」 で計10時間、となる計算です。

■Q2. 2カメラモデルを欲しいですか、その価格はいくらまでなら買いたいですか?

 A2. → 欲しいとは思いません。
      思いませんが、「もしも」 発売される場合に検討候補に乗る価格は、
      個人的には税込みで12,000円以内・・・というイメージです。
      (ただし10,000円を大きく切ると、チープなイメージが湧いてしまいます。)

※この記事は【みんカラ】早春のDIYモニター大募集! について書いています。
Posted at 2016/02/22 23:58:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | carview タイアップ企画 | タイアップ企画用
2016年02月21日 イイね!

グッドイヤーの最新タイヤは実際どうなのか?

グッドイヤーの最新タイヤは実際どうなのか?■Q1.今回希望されるタイヤを下記の4種類から1つお選びください。
1:EAGLE F1 ASYMMETRIC 2
2:EAGLE RS Sport S-SPEC
3:EfficientGrip Performance
4:EfficientGrip SUV HP01

 A1. → 1番:「EAGLE F1 ASYMMETRIC 2」 を希望します。

■Q2.装着予定車種とタイヤサイズをご記入ください(※応募後のサイズ変更は出来ません)
メーカー/車名/年式: タイヤサイズ(前): タイヤサイズ(後):

 A2. → メーカー: 富士重工業(株)
      車名  : スバル・エクシーガtS(AWDターボ)
      年式  : 2012(平成24)年式

      タイヤサイズ(前): 215/45R18 93Y XL
      タイヤサイズ(後): 215/45R18 93Y XL
      (※前後とも同サイズを希望します。)

■Q3.現在装着しているサマータイヤブランド/製品名をご記入ください。

 A3. → ブリジストン・ポテンザRE050ADZ (富士重工業(株)向け、純正ライン装着タイヤ)
      215/45R18 89W(前後とも)

■Q4.希望タイヤを履かせたい愛車の使用用途を教えてください。 (ex.通勤、通学、帰省、レジャー)

 A4. → (1).保育園送迎、買い物(以上、日常ユース)、
      (2).レジャー(高速道路での移動を含む)、
      (3).帰省旅行(一般、渋滞、高速、登坂を含む片道1000km超レベル)

■Q5.年間の走行距離をお答えください。

 A5. → 約10,000km弱/年

■Q6.これまでにGOODYEARのサマータイヤを履いたことがありますか?

 A6. → 残念ながら、まだありません。

■Q7.GOODYEARのタイヤの印象はどのようなものでしたか? (ドライブでのエピソード等がありましたら、併せてお答えください)

 A7. → ・実際に使用しての経験は無いため、使用感は分かりません。
      ただし、資本規模の大きな開発に支えられたタイヤ、というイメージはあります。

      ・特に近年、日本国内では東京モーターショーやオートサロンなどのイベントで
      大規模なブランドイメージの浸透に力を注いでいることが感じられました。 
       

      ・ブランドイメージとしては、あくまで私見ですが、住友ゴム工業(株)との提携解消
      から日が浅いため、現時点で「ダンロップ」「ファイルケン」などの銘柄との区別化
      において、印象が希薄になってしまっている感じがします。
       

      ・ただし、モータースポーツとして「イーグル」のイメージは確立されていると思います。

■Q8.今回のモニター企画に対する意気込み等、自由にお答えください。

 A8. → ・これまで国産タイヤのブリジストン、ヨコハマのほか、ハンコックを選択して
      使用してきた経験を踏まえ、グッドイヤータイヤの優れた点、あるいは
      さらに改善されると良いなという点(あれば)について、「私自身の言葉で」
      素直にレポートさせていただきたいと思います。

      ・今回希望する 「イーグルF1」 は、グッドイヤーのフラッグシップ的なポジショニング
      のタイヤですが、「エクシーガtS」 という3列シート7人乗りのターボAWD車において、

       (1)1列目~3列目の乗員それぞれにとって快適か(含:静粛性)。
       (2)リヤタイヤの荷重が大きめとなる7人乗りでの接地性。
       (3)「1人乗り~7人乗り」まで、車重が大きく変わるシーンで、
         タイヤの挙動がどのように変化するか、 あるいは
         安定しているのか? の差の有無。

      などについて、具体的にユーザー視点で確かめたいと思います。

■Q9.その他

 A9. → モニター応募される方々の中には、自動車メーカーの指定タイヤサイズ以外
      (自動車メーカーが、国土交通省での型式認定試験を受審したときの申請・
      認可サイズ範囲に含まれないサイズ)で応募される例が散見されます。
      そのような方々は、車検の際にはいったいどうするのでしょうね?

■個人情報の取り扱いに関して
1.当選賞品の発送は日本グッドイヤー株式会社が行います
2.発送先の情報はお客様からグッドイヤーにお伝え願います
3.発送先の情報は本企画の当選賞品の発送及び発送に関するご連絡のみに利用します
4.商品の発送後、お客様情報は削除いたします

応募ブログの投稿をもって個人情報の提供に同意したとみなします

※この記事はグッドイヤー 体感モニター募集 について書いています。

 ↓
 ↓
 ↓
2016-03-22(Tue.) : 更新
【グッドイヤーの最新タイヤを実際試してみた】 その1・受け取り報告の巻 をアップロードしました。
運良くモニターに当選しましたので、受け取り報告からモニターレポートを開始しています(~2016年5月8日までの間に、複数回のブログレポートを上げる予定です)。
Posted at 2016/02/21 19:58:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | carview タイアップ企画 | タイアップ企画用
2016年02月15日 イイね!

[エクシーガtS] IPFアウトレットLEDを室内灯に適用する(モデル303Rを2連装)

[エクシーガtS] IPFアウトレットLEDを室内灯に適用する(モデル303Rを2連装)IPFのファン感謝デー2015(@群馬県高崎市)で入手したアウトレット品のLED室内灯を、エクシーガtSに適用しました。
今回のブログは、その作業状況の備忘録です。


<ご参考 : IPFファン感謝デー2015 参加記録>
◎前編は → ジャンク、アウトレット、ビンゴ大会など
◎後編は → 製造ライン、安全や品質への取り組み


■アウトレット品のLED室内灯
IPFのファン感謝デー2015に参加したのは、昨年の11月22日(日)。ジャンク品とアウトレット品、そしてゲームの参加賞として各種LEDを入手してから、約2ヶ月半が過ぎていました。活用するつもりで購入したLEDを、いつまでも使わずに取り置きするのももったいない。

<↓こちらがアウトレットコーナーで入手した、型番303RなるLED室内灯(ただし電球色)>


・型番 : 303R(電球色)
・品名 : プレートルーム3 (ウォームホワイト32K M)
・仕様 : 12V/1.5W (T10、G14、T10×31 用ハーネス付き)
・備考 : 3200K、全光束150lm、アイドリングストップ車対応、HV車対応

・・・ということで、あまり気乗りしなかった腰を上げて、いよいよ作業することにしました。作業とはいっても、純正の室内灯(フィラメント式)をIPFのLED室内灯に置換するだけなのですが。なぜ今まで作業していなかったかというと、LEDの色合いが白色ではなく電球色だったからです。

IPFのファン感謝デーでは、格安品のジャンクコーナーには電球色しか置いていなかったのです。もともと白色希望でしたが、この仕様で1000円はお買い得には違いないので、自分に言い聞かせて買うことにしていた次第(※あくまで白色が好みという意味であって、IPFの電球色のLEDに問題があるワケではありません)。


<↓パッケージの部分拡大。マスコットの「ぐんまちゃん」については、許諾26-120869となっている>
 

<↓早速パッケージを開封します。私見ですが、銀色紙は不要。こんなところにコスト掛けなくても>
 

<↓主な構成部品。この手の製品を見るたびに思いますが、変換コネクタは必ずどれかがムダに>
 

<↓手持ちの簡易通電確認器具で点灯を確認。LEDは日亜製で、基板に made in Japan の表示>
 

格安のアウトレット品ですが、機能上の問題がないことの確認が取れましたので、エクシーガの室内灯として装着する準備を進めます。

■純正の室内灯との置換
作業内容としては、冒頭に記した通り、単に純正の室内灯をLEDルームランプに交換するだけですので、+-の極性を確認すればほぼ終わりです。

<↓エクシーガtS(年改区分Eタイプ)の純正室内灯。バルブ(フィラメント式)の光量はショボイ>
 

<↓純正の室内灯とIPFのLEDルームランプ用 変換ソケットとの比較。後者がやや大きめ>
 

<↓左:車体後方の端子ブラケットが「+」だと分かる  右:端子ブラケットをやや開き気味で装填>
 

ここまで来たら、ほぼ作業も終了。
あとは最終チェックを残す程度です。


<↓基板をルームランプレンズの中央にセットして完成・・・ですが、何だか物足りない 気が・・・>
 

う~ん・・・。
何だか 「バランスが良くない」 気がします。
・・・ということで、作業を続けることに。


■IPFのLED室内灯を2連装する
せっかく手持ちとしてアウトレット品(同型番)が2つありますので、これを2つともエクシーガの室内灯として投入してみることにします。作業しながら、その場でそのように即決しました。・・・とすると、二股(ふたまた)ソケットが要るな・・・。

<↓型番303Rを2つ並べると、ソケット全長が異なっている。このあたりがアウトレットの由来か?>
 

変換ソケットを観察すると、中央の白い筐体(絶縁体)の両端にハメ込まれている金属キャップ(端子)の圧入代(挿入深サ)にバラツキがあるようです。どうせこのあたりはニコイチ(二股)に改修しなければなりませんので、お試しとして一方を分解してみることに。

<↓金属キャップ(端子)を取り外したところ。素線の先端とは半田付けされたあと、接着剤で固定>
 

<↓ついでなので全バラに。何だか分解というよりも、ハカイダー的な処置となったような気が・・・>


構造が分かったので、ニコイチハーネスをその場で繕います。本来は、セオリー通りに素線を切断してから半田付け・・・する手もありますが、今回はわざわざそのような時間を掛けず、「なるべく簡単に(作業の省力化)、かつ確実に(接触不良させない)」 を目指すことにします。

<↓ニコイチ(二股)変換ソケットの出来上がり。キャップの圧入部分に素線を潜り込ませています>
 

構造が分かれば、上記ダブルソケット(二股)は数分間でできました(※金属キャップをプライヤーで挟むと潰れるので、端部から先端方向に引っかけて、こじるように緩めるようにします)。

■サンライズ・ビームの巻
その場でニコイチ(二股)変換ソケットが出来たので、あとはLED基板を左右バランス良く2連装化するだけです。

<↓まずはお試しで通電を確認。問題無し。純正の光の弱さに慣れた目からすると、大光量です>
 

ここで、基板の裏側には両面テープが備わっているのですが、「何となく」 その全面を使うのを控えることにします。剥離紙を一部分のみ剥がして、必要最小限の接着力を得るに留めておくことにします(車体振動で剥がれ落ちない程度の接着力としておき、もしも後から剥がしたいときに強固にくっついて剥がれない・・・ということを避けるため)。

<↓剥離紙は基板の両端のみ剥がして、ルームランプハウジングに粘着固定させることにします>
 

<↓IPFの303Rを2連装したところ。ハーネスコネクタは、スキマ(空間)のある裏側に集約させます>


<↓スイッチON。これで、左右・前後方向にもバランスが取れた光り方が得られたように思います>


最後にルームランプレンズ(カバー)を取り付けて、作業終了です。

<↓レンズ(カバー)を取り付けたあとの、消灯・点灯状態の比較(ただし撮影時は昼間)>
 

<↓今回の完成形。冒頭の純正球に対し、比較にならないほどの光量アップが実感できます>


さて。

今回、ルームランプとして適用したIPFの303Rは、そのパッケージに 「明るい電球色」 と書いてあります。電球色ですが、白色光ではない分、日中の太陽光とも色合いが似ています。2連装することで太陽光のような大光量を得たのですが、上記画像(完成形)を見たとき、私は思わず 「これはサンライズ・ビーム(Sunrise Beam)だ!」 という印象を持ちました。

サンライズ・ビームとは、「キカイダー01 THE ANIMATION」 (原作:石ノ森章太郎 先生、2001年の製作) で出てくる、キカイダー01の強力なエネルギービーム砲です。


<↓キカイダー01(OVA・アニメ版)のサンライズ・ビーム(発動直前) (C)2003 石森プロ/アニプレックス
 

<↓サンライズ・ビームの発動直後(ガッタイダーを駆逐するシーン) (C)2003 石森プロ/アニプレックス
 

念のため、仕上げとして(作業を行った昼間ではなく)夜になってから、LEDルームランプの恩恵を再確認してみます。

<↓夜になっても、LEDルームランプ2連装はゼロワンのサンライズ・ビーム並み(?)の光量を確保>
 

決して 「まぶしい」 というほどのことはありませんが、3列目までもが煌々(こうこう)と 均質に 照らし出される様は、アウトレット価格を考慮すれば素晴らしい成果であったと感じます。

惜しむ点は、前席(フロントシートの左右マップランプ)にはSAA(スバル純正オプション)の白色LEDを入れているので、1列目と2列目以降で夜間の色合いが異なることです。が、実用上は問題ありません。今回、重い腰を上げてみましたが、もっと早くに上げておけば良かったかな、といったところです(白色光でなくても、光量が確保されて均質な照らし方であれば、好みは別として、実用上はまったく問題ありません)。

以上、LEDルームランプ(IPFのアウトレット品:303R)への交換作業の備忘録でした。
Posted at 2016/02/15 02:52:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | 【エクシーガtS】 | クルマ

プロフィール

「子供たちを連れて、トランポランド(トランポリン体験場)に来ました。安全に配慮しながら、子供たちは久しぶりのトランポリン、自分も久しぶりの宙返りの感覚取り戻し、に励みます。」
何シテル?   06/13 13:03
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/2 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.