• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2016年06月27日 イイね!

[CBR250Four] 夏場の油圧低下対策(エンジンオイルの追加補充の巻)

[CBR250Four] 夏場の油圧低下対策(エンジンオイルの追加補充の巻)昭和61(1986)年に、アルバイトをして新車で購入した愛車・ホンダCBR250Four。以来、私の分身として一緒に時を過ごし、いよいよ今年で30回目の夏を迎えます。

今回のブログは、「夏場の油圧低下によるインパネ警告灯の点灯」 について、その対応を記した備忘録になります。


■ごく普通のメンテナンス
愛車のCBR250Fは飾り置きするのではなく、日常のアシとして使っていますので、DIYで最低限のメンテナンスはするものの、今まで特別なことをしてきた意識はありません(※他人から見れば、DIYで燃料タンクに板金はんだを施したり、デントリペアをすることがすでに特別に見えるかもしれませんが、オーナーの私からすればフツーに接しているつもりです)。

30年間もいっしょに過ごしていると、CBRの「クセ」のようなものも分かります。例えば、夏場の油圧低下による警告灯の点滅現象も、その一つ。今回のブログは、その対策(というほど大げさなものではありませんが)について、備忘録として記します。


■夏場の油圧警告灯の点灯
私のCBRは、外気温度が高くなるとエンジン水温も上昇します。水冷式とはいえ、もともと250ccで4気筒、最高出力45ps(レッドゾーンは1万7000rpm~から)というシロモノですから、エンジンの放熱量は大きいと思います。おまけに、ノーマルではセミカウル仕様のところ、マーレーのフルカウルキットを装着していることもあり、ラジエーター周りの熱こもりは純正比で悪化しているように感じます(ライダーへの風当たりは低減していると思いますが)。

水温が上昇すると、エンジン回転速度がアイドリング(CBRでは1500rpm付近)まで低下すると、油圧不足でインパネ警告灯が点灯するようになるのです。外気温度が低い(水温が低い)ときには、その症状は出ません。


<↓つい先日、都内を走行中、赤信号待ちのアイドリングで油圧警告灯が点滅する兆候を確認>


<↓路肩に待避して、アイドリングで放置(=ラジエータに走行風が当たらなくなる)すると点灯に>


<↓そのときの水温計の目盛り(指針)の位置は、Highに近い>


都内で所用を終え、夜に帰宅した際にも、同様の症状を確認。
(夜になっても外気温度がなかなか下がらない場合は、症状も改善しません。)


<↓高水温時、アイドリング放置で油圧警告灯(赤色インジケータ)が点滅から点灯に変わっていきます>


■ろうと(じょうご)の準備
経験上、油量を少し継ぎ足しすれば警告灯が消灯することが分かっています。オイルパンの底面からストレーナー入口までの距離に対し、油面高さを十分に確保してやると良い、という感じになります。

ちなみに、CBR250Fourのホンダ純正指定オイル粘度は「10W-40」または「20W-50」です。純正指定で「20W-50」でっせ!今どき、そんな粘度のホンダ純正油は あらへんがな!

いま入っているオイルは、ホンダ純正・ウルトラG2(10W-40、SL規格)なのですが、経年30年のバイクは、恐らくメタルクリアランスも広がっているでしょうし、カムシャフトなど各部摺動部のクリアランスも広がっており、オイルポンプ直後のメインギャラリー油圧も(新車比で)低下傾向なのでしょう。したがって、このバイクは現状、本来は夏場と冬場でエンジンオイルの粘度を変えなければならないものかもしれません。


<↓そこでとりあえず、空のペットボトルを複数用意します。細身の方が作業性に優れるだろうと判断>
 

<↓カッターナイフで切断します。アクエリアスよりもCCレモンの方が、容器の板厚が厚くて固いです>
 

勝手な想像ですが、無炭酸のアクエリアスよりも炭酸のCCレモンの方が、高内圧に耐える必要性があるため、容器の厚みがより厚くできているのかもしれません。

<↓簡易ろうと(じょうご)の出来上がり。容器の内側にゴミや異物などの付着がないように注意します>


■実践投入?の巻
ペットボトルの廃品を利用して作った 「ろうと(じょうご)」 を、早速使用してみます。CBRを玄関前のスペースまで持って来て、さっそくメンテナンスの開始です。

<↓CBRを玄関前の整備スペースに移動。追加投入オイルは大手バイクショップで量り売りしています>


<↓まずは現状のオイルレベルを確認。冷間でLow~Fullのちょうど中央あたりの油量でした>
 

次はいよいよ 「ろうと(じょうご)」 の出番です。
CBR250Fのエンジンオイル給油口に、その先端を当ててみます。


<↓おーマイガー! まるで使えへんやんけ。理由は画像の中の説明文をご参照(ばく)>




KAZさん、一体どうした?!
梅雨(つゆ)の湿気でボケるには、まだ早いよ・・・。


<↓結局、ペットボトルを切り出しした「ろうと(じょうご)」は役立たず。手持ちの代替品での活用を検討>


<↓左:オイルジョッキは残油量が少なくなったら90°~180°反転させるとOK。右:こちらは注油が楽>
 

いやいやいや。
どうして最初から、手持ちのこれらの品物(左:オイルジョッキ、右:給油ツール)を使わなかったのか、って? それは、使ったあとに内壁面のオイルを拭き取って十分にキレイにしてから、再保管するのが面倒だと感じたからです。単にそれだけの理由です。

では、使用後のオイル拭きの作業が楽なツールは他にないか? というと。
そうそう、あったあった、ありました。蛇腹の注油ノズルです。


<↓こちらは使い捨て?の品?ですが、私は前回、使用後にキレイに保管してあったのでした(ばく)>
 

KAZさん、一体どうした?!
最初からこちらを用意しておけば良かっただけじゃ?
(そうすれば、ペットボトル転用の 「ろうと(じょうご)」 を有効活用できたハズ。)
夏の暑さでボケるには、まだ早いよ・・・。

いやいや、ちょっと待てよ。


<↓「蛇腹の給油ノズル」 がある時点で、ペットボトル製「ろうと(じょうご)」自体が不要だったんじゃ?>


KAZさん、一体どうした?!
最初から、ペットボトルの 「ろうと(じょうご)」 なんて、要らなかったんじゃ?
加齢でボケるには、まだ早いよ・・・。

・・・という1人ツッコミ1人ボケをかましたところで、CBRへのエンジンオイル追加充填(約160cc)が無事に終了。念のため、オイルレベルを確認してみます。


<↓冷間時で、ちょうどFullレベルの油量になりました。過度な入れ過ぎ(エアレーション)となることもなし>


結局、ペットボトルを切り出しした 「ろうと(じょうご)」 は、数日後のクーラント補充の際にめでたく活用することになった、ということだそうじゃ。

■余談
前述のペットボトル。アクエリアスの容器は、飲み干して空になったあと、簡単に素手で潰せます。その一方、CCレモンの容器は、取り扱い製品が炭酸系のためか、容器が厚く(樹脂としては)そこそこ強度もありました。

それでは、最初からアクエリアスの容器を選んで強制蛇腹構造で活用する、という手もあったんじゃないの?という気がしました。


<↓こうした使い方も、許容されるであろうアクエリアスの容器(実際にこのように使う人がいるか不明)>




自由に潰せるアクエリアスの容器を用いて、最初から曲げRで成型した容器を作れば良かっただけだったのでは?という疑問がぬぐい切れなくもない。
KAZさん、実は最後までボケが直らなかったんじゃ?

で、肝心の対策効果について。
今のところ、CBRの油圧警告灯の点灯は再発していません(って、経過期間がまだ短いので、単に改善効果が確認できていないだけの話かも)。どこまでがブログネタなのか本当なのか、境界線を怪しくさせておいたところで今回の備忘録を終わりにします。
2016年06月10日 イイね!

[近況報告] 1リットル紙パックで作るスバルちょうちん(保育園の夏祭り用)

[近況報告] 1リットル紙パックで作るスバルちょうちん(保育園の夏祭り用)飲料用の1リットル紙パックを利用して、「スバルちょうちん」 を作ってみました。
「スバルちょうちん」・・・と言いながら、実は 「キャラクターちょうちん」 でもあります。保育園の夏祭り用に作ったもので、製作過程を紹介します。


<過去の関連ブログ>
◎妖怪ウォッチ、ハローキティ、アンパンマンなどの 「ちょうちん」
  製作過程は → こちら(2015年06月08日付けブログ)

■リサーチの巻
今年も保育園の夏祭りの季節がやって来ました。年長組は、親が1リットルの牛乳パックをくり抜いて作った 「ちょうちん」 を子供に持たせて、園内を行進する予定になっています。

<「ちょうちん」 の作り方>
(1)牛乳パックを長さ10cmでカットする。
(2)4つの側面に、「○」とか「△」とか「☆ミ」などといった模様を刻む。
(3)割りばしを持ち手として、針金で 「模様を刻んだ牛乳パック」 を吊る。
(4)牛乳パックの内側中心にろうそくを立てて火を灯す。
(5)夜になると、刻んだ模様(○、△、☆ミなど)に応じた光りが現れる。

・・・ザッと こんな感じで、各家庭の親たちは 「お手製のちょうちん」 を子供に持たせるのですが、どうせなら子供自身が喜ぶようなものにしたい。そこで、「ちょうちんの模様として何か良いかな?」 と本人に聞くと、「今年はおそまつさんが良い!」 とのことで、おそまつさんを彫ることにします。

せっかくなので、スバルマークも刻むことにします(ばく)。


■フリーハンドデッサンの巻
知識として知っていましたが、「おそまつさん」 をマジマジと見たことが無かったので、手持ちの資料を横において1リットルの紙パック(ティーパックなど、牛乳パックでなくてもOK)に 「ラフ入れ(簡易デッサン)」 します。

以下、ダイジェスト風に画像で説明します。


<↓とりあえず参考となるキャラクターの資料を基に、多少のデフォルメを加えて 「ラフ入れ」 します>


<↓スバルユーザーですから、ここはひとつ、保育園の夏祭りにもスバルマークをお披露目しましょう>


<↓フリーハンドで非常にラフではありますが、まぁ、雰囲気が出ていれば良いかな、ということで…>


■カッターナイフで輪郭彫りの巻
「ラフ入れ(簡易デッサン)」 が出来たら、次はカッターナイフで輪郭を切り取っていく作業に入ります。「影絵」 をイメージすると、カットすべき線、残すべき線の区別が頭の中に浮かびやすいです。

<↓まず最初に、時間のかからないスバルマーク(CI)から先に彫りました・・・練習の意味も込めて>


<↓肩慣らしが済んだら、次に子供からのリクエストの 「おそまつさん」 に取りかかることにしました>


<↓切れ味で仕上がりが左右されるので、良く切れるカッターナイフ(or デザインナイフ)が好ましい>


<↓とりあえず中間チェック。部屋の天井の蛍光灯を背景に、彫り込み具合に不都合がないか確認>


<↓彫り込んだ4つの側面の仕上がりに不都合がなければ、底面から約10cmの長さでカットします>
 

<↓ちなみに、4つあるうちの他の2つの側面のデザインはこんな感じです(キャ~、世代がバレるぅ)>
 

■ブラックアウトの巻
次の工程は、「黒く塗りつぶせ」 です。何かの楽曲のタイトルのような感じですが、子供のリクエストによるキャラクター(と、親の感性)が彫り込まれた4つの側面を、マジックインキで黒くするのです。

その理由は、内側にろうそくを入れて火を灯(とも)したとき、もともとの紙パックのデザインや印刷色によって、光が透けてしまったり(側面が)まだらに見えてしまうからです。特に、画像と商品名の印刷部分の境目や、バーコード印刷の部分は、ろうそくの光が不均一に透過しがちなので要注意です。それを避けるため、「黒く塗りつぶせ」 なのです。


<↓光を通す部分と遮りたい部分のメリハリをつけるため、彫った輪郭以外の背景は、黒く塗ります>
 

<↓特にキャラクター部分は、背景を黒くしておくことでコントラスト(メリハリ)が付きやすくなります>






■仕上がりの確認の巻
今回の 「ちょうちん」 製作は、短納期(日曜日の夜に作業着手して、翌・月曜日の朝に保育園に提出)だったため、あまり凝ったデザインとはせずに、簡単に作れるものにしました。夜21時くらいから4つの側面を彫り始め、黒塗り化が終わったのが夜0時くらい。・・・あぁ、それでも3時間くらいはかかっていますねぇ・・・。作業工数全体では約4Hくらいでしょうか。

<↓カットした飲料用1リットル紙パックの内側が見えるショットにて。この中心にろうそくを立てます>


<↓内側から外側方向に撮影した図。左側がスバルマーク、正面が仮面ライダーV3(のつもり・・・)>


<↓別アングルから。もともと飲料用なので、内側は防水処理済みのため、ろうそくの火も移りにくい>


自宅での作業はここまでです(この状態で保育園に提出します)。
ここから先の 「割りばしの取っ手」 を付ける作業は、保育士さんが行います。

今年は短納期につき、作業に多少の 「やっつけ」 が入ってしまった点が残念ではありますが、まぁ、「我が家」 らしさは保てたかな。自分の子供だけでなく、夏祭りに参加する予定の他の園児たち、そして保育園の保育士さんやスタッフさんにも喜んでもらえると良いな、と思っています。

このブログをご覧の皆さまにおかれましても、「牛乳パックを利用した ちょうちん」 作りを検討されてみてはいかがでしょうか。仕上げの際に、内側にカラーセロハン紙を貼り付けると、可搬式の立体ステンドグラスとすることもできると思います。これからの季節、子供とのふれあいを強めるツールになるかもしれませんね。


<↓デザインは、子供の年齢や性別、趣味や好みに合わせてアレンジ可能(ステンドグラス風もOK)>


保育園の夏祭りは、まだ数日後です。最終的な完成形や、園児たちが一列に並んで各自が世界で一つだけの 「ちょうちん」 を手に持って行進する様子を、今から楽しみに待ちながら、当日(子供にとっての本番)を迎えたいと思います。

以上、ご参考まで。
Posted at 2016/06/10 01:28:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | └ マニアックなスバル話 | クルマ
2016年06月08日 イイね!

[エクシーガtS] ブレーキランプ&ナンバー灯の交換(球切れバルブのメンテ)

[エクシーガtS] ブレーキランプ&ナンバー灯の交換(球切れバルブのメンテ)我が家のエクシーガtSは、納車から約3年9ヶ月が経過したところですが、ここ最近、ブレーキランプとナンバー灯の球切れが立て続けに起こりました。
今回のブログは、一連のバルブ交換作業風景を備忘録として残すものです。


<今回 行った措置>
※ブレーキランプ:純正同等品に交換
  ナンバー灯:手持ちのLED灯に交換

■ナンバー灯の交換
ナンバー灯(ライセンスランプ)を純正バルブのまま過ごして約3年と9ヶ月が経過したころ、2つあるうちの片方が球切れしました。

あくまで個人的なイメージですが、寿命として3年以上もてば、まぁ良い方なのでは・・・と思っています。というのも、これまた私的な 「車検あるある」 事例なのですが、ナンバー灯については、「車検前までは問題なく点灯していたのに、車検直前の点検時には球切れしている」 というイメージがあるからです(純正バルブは約2年で寿命が来るという個人的なイメージ)。

そこで早速、手持ちのLED灯に交換することにします。

実は、去年参加した 「[IPF] 第14回 IPFファン感謝デー2015(@群馬県高崎市) 参加記録・前編」 で入手した 「12V-T10/16」 タイプのLEDバルブを、使わずに寝かせていたのです。純正バルブが寿命を迎えたため、ついに出番が来た、というわけです。


<↓IPFファン感謝際で入手したT10のLEDランプは2種類あります。さて、どちらを使いましょうか・・・>


上の画像に示す通り、照射角の異なるT10タイプのLED灯が2種類、手持ちとして保管してあったのですが、今回はまず照射角がより狭い(>それでも180°と謳われています)が、照度がありそうな(>60lmと謳われています)方を選択します。これで不都合があれば、他方に交換するつもりです。

ちなみに、パッケージの値札を見ると、元値は6980円(!)もの販売価格。これが値下げされて
3000円に。でも結局、イベント(こども輪投げ大会)の景品としてゲットした品でした。LED製品全般は売価変動が大きいので、購入時は適正価格かどうか要注意ですね。


<↓今回、使用するのは、IPFのXP-53(型番)という日亜製ハイパワー・モノ(=1個使い)LEDタイプ>


さて、実際の作業開始段階で、試しに純正ナンバー灯の球切れ具合を再確認してみたところ、何と両方とも球切れしていることが発覚。昨夜(?)までは、球切れは片方だけのバルブだったのに・・・。まぁ、左右で寿命が同等ということですから、工業製品としてバラツキが少ない均一な品質と言えるのでしょう。

<↓ナンバー灯の交換方法は、みん友さんの整備手帳だけでなく、取扱説明書にも載っているぜよ>
 

<↓取り外す時には「このやり方で良いのか?」と思い、外してみれば「こんなに簡単なのか」と思う>
 

<↓左:球切れした純正バルブ  右:置換するLED灯は、プラスとマイナスの方向に注意して装填>
 

<↓ソケットに装填して、スモールライトスイッチのONでLEDの点灯を確認してから、戻し組みします>
 

なお、この時点では昼間なので、照射角度や照度が足りているかどうかの確認作業は、夜に持ち越しとなります。

■ブレーキランプの交換
近年のトレンドとして、新型車としてデビューした多くの車種に、LEDテールランプが採用される傾向があると思います。その理由として、デザインの自由度の高さもさることながら、省燃費効果も狙ってのことだと思っています。

通常の電球と較べて、通電(ブレーキペダルON)してから点灯に至るまでのタイムラグが改善される利点もありますが、AT車(広義。CVT車を含む)ではクリープ現象発生時にブレーキを制動させる頻度が高いことから、消費電力の抑制効果も高いと考えます。

・・・と思っているにも関わらず、今回は純正同等品の 「電球」 に交換することにします。
なぜかって? 単に 「コスト」 重視のためです。


<↓左:12V-21W/5Wの電球は2個入りで410円  右:明るさアップのハイパワータイプは1個345円>
 

迷わず 「2個で410円」 のパッケージの方を選びます。
(また球切れしたら再度交換すれば良い、という割り切った考え。)
ちなみに、純正ブレーキランプは市光製でした。


<↓スーパーオートバックスで購入した12V-21W/5W電球(2個で410円)のメーカーは小糸製でした>
 

ここで助手が登場です。ブレーキペダルON時の点灯確認作業は、1人よりも2人の方がはるかに楽で早いですね。

<↓10mmサイズの固定ボルトを水平状態に保ちつつ、上下2ヵ所で緩めます(球切れは左側です)>
 

<↓ブレーキランプAssyを後方に引き抜くときは当方がアシストしました(取っ手があれば良いのに)>
 

それにしても、実感としてAT車の純正ブレーキランプの寿命は短いと感じます。家族がエクシーガの前に乗っていたGDA-C型インプレッサWRX(セダンのターボAT)も、純正ブレーキランプの球切れによる交換を経験しています(こちら → GDA-C 「ブレーキランプ交換の巻」 )。その一方、当方の前愛車・BG5B型レガシィも、現愛車・BP5D型レガシィも、ともに10年間は乗り続けていますが、どちらもMT車のためか、ブレーキランプの球切れは起きていません。

「車検ごとに球切れする」 かつ 「10年以上乗る」 場合には、むしろLEDブレーキランプの方が安上がりになるのかな・・・。どなたか、LEDブレーキランプを10年間以上ノントラブルで使用されている方はいらっしゃいますか?


<↓球切れしたバルブの外観は黒ずんでいました。点灯頻度が高く、表面温度が高温になると推定>
 

球切れしたバルブの交換作業は、上記の通り、ナンバー灯もブレーキランプも問題無く終わりました。あとは夜になってから視認性を確認します。

<↓まずはナンバー灯から。さすがハイパワータイプのLED、当方の懸念をよそに、十分明るいです>


<↓ちょっと引いて撮影。制動灯の確認でブレーキON-OFFを繰り返しましたが、問題はありません>


・・・と、こんな感じでナンバー灯とブレーキランプの球切れの措置(メンテナンス)を行いました。ブレーキランプについては、球切れしていない方は、今回あえて予防交換はしていません。左右で同じようなタイミングで球切れする可能性が高いハズですが、そのバラツキがあるのかないのか、実際に球切れが起きるまで様子見しようと思っています(ので、使わなかった1個はイザというとき用に取り置きしています)。

<余談>
昔は知人の車両の 「AT→MT載せ替え」 とか、知人のエンジンの 「シリンダヘッドにバルブスプリング&コッタを組み込む作業」 などの応援をしていましたが、最近はめっきり軽作業ばかりとなりました。まぁ、「壊れない→イジらない」、「純正スペックで不満が少ない→イジる必然性が低い」・・・といった感じになったのでしょうね(※それでも他人から見れば、私はまだ理屈的な変態イジリをしている部類かもしれませんが)。

以上、純正灯火類の交換備忘録でした。
 ↓
 ↓
 ↓
2020-07-08(Wed.) : 更新
[エクシーガtS] 続・ブレーキランプ(球切れバルブ)の交換や寿命推定について をアップロードしました。
Posted at 2016/06/08 02:24:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | 【エクシーガtS】 | クルマ

プロフィール

「レガシィのエンジン不調の件。時間取れないので今回はディーラーに調査依頼しに行ってきます。事前に意見陳述書も印刷して準備済み。20年以上の付き合いだった担当セールスさんが異動して新人セールスさんに代わったので、挨拶もして来ます(今までコロナ禍でディーラー行きを控えていたので)。」
何シテル?   06/20 11:18
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/6 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.