• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2018年07月31日 イイね!

[CBR250Four] その3・部品取り用エンジンで確認の巻(水パイプからのクーラント漏れ)

[CBR250Four] その3・部品取り用エンジンで確認の巻(水パイプからのクーラント漏れ)新車で購入以来、ワンオーナーで32 年間、現役で走り続けてきた愛車のホンダCBR250Four(MC14型、昭和61年式)のトラブル克服記です。

クーラント漏れを発見し、起点がエンジンとウォーターパイプの接続部からであることを確認したところまでが、前回ブログ(その2)までのあらすじです。


◎「その1」 は こちら → 緊急点検の巻
◎「その2」 は こちら → 漏れ起点の再確認の巻

■パーツリストで確認
エンジン実機の目視確認により、クーラント漏れの起点は 「シリンダブロック後方(のボス)と、ウォーターパイプとの接続部」 であることが確認できました。早速、当該部分の部品構成について、手持ちのパーツリストで調べてみます。

<↓ホンダCBR250系(250F:MC14、250R:MC17&MC19)のパーツリストでウォーターパイプを確認>


<↓上記画像の拡大>


確認した結果、次のことが分かりました。

(1).ウォーターパイプBの部番は19065-KT7-000、価格は1200円(※平成1年当時)である。
(2).ウォーターパイプの接続部には、O-リング(13×3)がある。
(3).そのO-リングの部品番号は91314-KE8-003 、価格は70円(※平成1年当時)である。
(4).ウォーターパイプ、O-リングとも、CBR250F(MC14)とCBR250R(MC17)で共通部番。

この時点では、私はてっきり、「ウォーターパイプ自体」 が 「サビによる腐食→板厚を貫通する穴あき→クーラント漏れ」 という図式を描いていました。その理由は、過去に実際に水回路のニップルがサビにより朽ち果てていたことがあり(こちら → サビで朽ちた冷却水回路をワンオフでレストアする・(3)把握編 )、新たにワンオフでニップルを圧入し直したことがあったからです。

とすると、恐らくウォーターパイプB(パーツリストから、当該部位は “パイプB” と呼称されることが判明)は、すでにパーツセンターに在庫無しの欠品だろうと推測(∵かつて水回路のホース一式を交換した際、鈴鹿の部品センターに周辺部品が欠品であると伝えられていたため)。O-リングの在庫は問い合わせてみなければ分からないが、仮に在庫があったとしても、入庫までしばらく時間がかかるかもしれない。

ということで、「困ったなー、部品が出ないと修理に時間がかかるなー(現物合わせのワンオフ修理になるから)」 と覚悟しました。


■部品取りエンジンの巻
ところが、ここでふと思い出しました。「そういえば昔、いざというときのために、部品取り用のエンジンを丸ごと落札したっけなー」 と。「あれはCBR250RRだったかな?」

早速、現物を見てみます。


<↓かつて落札して取り置き保管していた、CBR250(RR?)のエンジン>


<↓別アングルから(エンジン内部の部品を取るつもりだったので、保管状態はあまり良くないが)>


<↓シリンダブロック後方を眺める>


<↓当該部分を観察してみる>


あれ?
オレのエンジンと部品構成が少々違うぞ?!
(※ウォーターパイプブラケットが、センサーハーネスブラケットと共締めになっています。)

改めてパーツリストを見ると、部品取り用のエンジンは-250RR(MC22)ではなくて、-250R(MC17)だったようです。あまり重要事項ではなかった場合、記憶も次第に曖昧になってしまうものですね(苦笑)。

気を取り直して、慎重にウォーターパイプBを取り外してみます。
コトと次第によっちゃぁ、この検体エンジンからのパイプを本当に使うことになるかも・・・。


<↓部品取り用のエンジンから取り出しした、ウォーターパイプB>


<↓パイプは固着もなく、案外、すんなりと取り外しできましたが・・・何だか違和感あり>


■O-リングはどこに?の巻
部品取り用のエンジンからあっさりとパイプを取り出したものの、違和感の正体は、その取り外したパイプの先端にあるはずのO-リングが付いていないことでした。

「あれ? 最初から付いていなかった?」 「いやいや、そんなことはないだろう。付いていなけりゃ、このエンジンもクーラント漏れが生じていたことになるはず」 「それじゃ、消えたO-リングはいずこ?」・・・とか一瞬、思いましたが、「すぐにシリンダヘッド側を探してみよう!」 となるわけです。


<↓シリンダヘッドからO-リングを発見するまでのダイジェストを、まとめ画像にて>


<↓こうして、O-リングがパイプ側ではなく、シリンダヘッド側に残ることがあることを学習しました>


こうして、「エンジン本体からウォーターパイプBを引く抜くと、O-リングはシリンダブロック側に残ることがある」 ということを 事前に学習できた ことは、後のDIY修理作業に生かされることになります。

■互換性の現物確認の巻
-250RR(MC22)だと思っていた部品取り用のエンジンは、実は-250R(MC17)らしかった・・・ということで、取り出したパイプを私のCBRのパイプと比較してみます(※パーツリスト上では共通部番)。

<↓取り出した このパイプとO-リングは、果たして私のCBRと互換性がありそうか?>


<↓念のため目視確認します。見た目は似ていますが、さらに詳しく外観観察することに>


とりあえず、サイドカウルも取り外してネイキッドにします。新品のパイプとO-リングが手に入らないとするならば、いずれにせよ、クーラント漏れを起こした私のCBRからも、パイプ&O-リングは(現状確認のため)取り外しが必要となります。

<↓まずは作業性の確保(ターゲット部品に到達する前に、取り外しが必要な周辺部品を処置)>



「その4」 に続く。
 ↓
 ↓
 ↓
2018-08-02(Thu.) : 更新
[CBR250Four] その4・原因究明の巻(水パイプからのクーラント漏れ) をアップロードしました。
2018年07月29日 イイね!

[CBR250Four] その2・漏れ起点の再確認の巻(ウォーターパイプからのクーラント漏れ)

[CBR250Four] その2・漏れ起点の再確認の巻(ウォーターパイプからのクーラント漏れ)新車で購入してから、私のワンオーナーで現役32年目を迎えた、ホンダのCBR250Four(MC14型、昭和61年式)。
つい先日、運行前点検で 「エンジンからの液漏れ」 を発見して緊急点検した・・・というのが、前回のブログのあらすじでした。今回は、その 「漏れ起点」 を念押し確認する話です。


◎「その1」 は こちら → 緊急点検の巻

■再度の確認
緊急点検の結果、「シリンダヘッド後方のウォーターパイプ接続口からのクーラント漏れ」 であることを突き止めたが、日没となって作業中断したところまでは、前回のブログの通りです。

この年式になると、クーラント漏れの原因は 「1カ所だけとは限らない」 ことも考えられます。そこで、当該部分以外にも漏れ箇所が無いかどうかを、翌日に念押し確認しました。


<↓車両左側面、漏れ箇所の全景>


<↓上記の囲い部分の近接画像>


<↓左側面・リヤ側の漏れ痕跡(左画像:近接、右画像:引いて撮影)>
 

<↓左側面・フロント側の漏れ痕跡(左画像:近接、右画像:引いて撮影)>
 

車両の床下に垂れていくリーク経路は、(茶色い液体の付着痕を見ることで)左側面のリヤ側とフロント側に分岐していたのですが、目視上、その周辺に漏れが懸念される 「見逃し部位」 はありませんでした。

■エンジン始動で念押し確認の巻
さて、これまでの外観観察は、エンジンを始動させない 静的なもの でした。当初は ダメージ拡大のリスクを避けるため に、あえてエンジンを始動させていなかったのですが、実際にウォーターポンプを駆動させて冷却水回路が 加圧されないと漏れが分からない 場合もあり得るので、ここでエンジンを始動させます。

いったん当該部分の漏れをウエスで拭き取り、エンジンを始動。アイドリングをキープさせます。

<↓拭き取ったはずの箇所から、漏れが再発している様子>


<↓ブリッピングしてウォーターポンプの回転速度を上げると、漏れ量も微増>


厳密に言うと、この時点ではまだ 油温・水温が低く、せいぜい40~50℃程度(外気温度+20℃くらい)と推定されます。したがって、水圧もそれほど上昇していない状態なのですが、漏れ経路の痕跡など状況証拠を総合的に判断して、他の水回路からの漏れは(現時点では)無いと判断。この部分の処置に注力することにします。

<↓アイドリングで水温を上げてブリッピングすると、クーラントの漏れ量もそれに応じて微増する>
 

とりあえず、部屋に戻って手持ちのパーツリストで当該部分の部品構成を確認することにしました。


「その3」 に続く。
 ↓
 ↓
 ↓
2018ー07-31 : 更新
[CBR250Four] その3・部品取り用エンジンで確認の巻(水パイプからのクーラント漏れ) をアップロードしました。
2018年07月24日 イイね!

[CBR250Four] その1・緊急点検の巻(ウォーターパイプからのクーラント漏れ)

[CBR250Four] その1・緊急点検の巻(ウォーターパイプからのクーラント漏れ)昭和61年に、新聞配達や家庭教師のアルバイトをして購入したホンダのCBR250Four(MC14型)。ワンオーナーで使用し続けて、今年で32年目となりました。

つい先日、運行前点検で 「エンジンからの液漏れ」 を発見! 緊急点検をしました。現時点(2018-07-24時点)では、まだ部品入荷していないなどの理由で対策完治しておりませんが、DIY修理の様子を備忘録として順に記していきます。


■異変の巻
7/19(木)、バイクを使おうとしたところ、定位置の床に何やら液漏れらしき滴下痕を発見。場所を移動して確認したところ、やはりエンジンのどこからか液漏れしているようでした。

<↓エンジンを始動させずに放置しておいても、たまった液体が徐々に滴下してきました>


マーレーのアンダーカウルをのぞき込むと、茶色い液体が底にたまっており、車両駐車時の傾斜角度が多少変わったせいで、少しずつ垂れ落ちているようです。

<↓オイルだと思って手に触ってみると、思いのほかサラサラして粘度があまりない状態>
 

<↓オイルが吹いた?漏れた? としたなら一大事。早急に漏れ箇所を突き止めなければ>
 

■現状確認の巻
CBRは前日も普段通りに乗っており、そのときには何も異変の兆候は感じられませんでした。こんなときは、うかつにエンジンを始動させてさらにダメージを与えてしまうリスクも考えられるので、まずはカウルを取り外し、静的な点検(=目視確認)による現状把握をすることにします。

<↓レガシィの荷台から、DIY整備用の工具箱を取り出します>


<↓マーレーのフルカウルキットを落下破損させないよう、スコップを仮の台座代わりにします>
 

<↓フルカウルキットが外れたところ(すでに痛んでいますが)>


<↓これでエンジンの主要部分は目視確認可能な状態に>


■漏れ箇所の特定の巻
エンジンの濡れた部分(表面を滴下している部分)を下から上にさかのぼっていくと、あっさり漏れ箇所の特定ができました。オイルラインではなく、冷却水回路=クーラントでした。漏れた液体が茶色に見えたのは、経年によるサビが原因のようでした。

つい先日、青色をしたクーラントを補充したばかり でしたのに、もう茶色に変色しているだなんて。。。

<↓漏れ跡を下から上方向に、複数のスジをたどっていくと、漏れ部位にたどりつく>


<↓シリンダヘッドの後方にウォーターパイプが接続している部分の根元からの漏れ>


<↓オイルではなくクーラント漏れと判明。日没となるので、続きは後日へ持ち越し>


オイルが噴いた場合は致命傷になることが多いように思いますので、クーラント漏れである、と原因が分かった段階で、まずは一息つけました。が、上記画像に示す通り、サビの浸食は(予想していたとはいえ)かなり深刻な状況です。ここで日没サスペンデッド。

エキマニや他のニップル類、ホース類も一気に新品化したいところ。
でも純正部品はすでに欠品が確定。
やるなら他車流用か、DIYでワンオフか。
といった感じで、根本対策にはまとまった時間や労力が必要。

CBRは「予防交換する」 というよりも、「部品に寿命が来てダメになるまで使い倒し、その時点で代替措置を取る」 という手法で来たからなー。エコかもしれないが、トラブル発生時はそれなりの対応が求められる今日この頃。



その2 に続く。
 ↓
 ↓
 ↓
2018-07-29(Sun.) : 更新
[CBR250Four] その2・漏れ起点の再確認の巻(ウォーターパイプからのクーラント漏れ) をアップロードしました。
2018年07月01日 イイね!

[津軽海峡フェリー] 海割ドライブキャンペーン当選(B賞:ガソリンカード3000円分)

[津軽海峡フェリー] 海割ドライブキャンペーン当選(B賞:ガソリンカード3000円分)東京から札幌にクルマで帰省するとき、「青森~函館」 間の交通手段として津軽海峡フェリーを利用しています。

今年の5月連休にも 津軽海峡フェリーを利用した のですが、利用後に同社のWEBキャンペーンに応募したところ、運良くB賞(ガソリンカード3000円分)が当たりました。その状況を備忘録として残します。



■そもそも海割とは
津軽海峡フェリー(>青函連絡船、と言った方が分かりやすいかも)では、「海割」 という太っ腹な料金体系を設定しています。普通車であれば、クルマ1台あたり何人乗ってもフェリー料金が定額のまま、というものです。

<↓津軽海峡フェリーの 「海割」。クルマに多人数で同乗する場合は、大変お得な料金設定>


例えば、スバル・エクシーガ(3列シート車)に定員の7名がフル乗車しても、「青森~函館」 間は車両の航送料金を含めて定額の14800円で済む、というもの。イメージとしては、車両+ドライバー1名の料金から、同乗者が何人増えても追加料金がかからない・・・といった感じです。

車両の定員までですので、5人乗りの乗用車ならば5人まで、8人乗りでしたら8人まで定額の14800円です(一人で乗っても同額)。「函館~大間」 間や、軽自動車の場合はさらに格安に設定されています。ちなみに我が家の場合、「海割」 ではない通常料金(@C期間)の場合は、車両=23660円、人員=19140円、合計42800円が見込まれますので、片道Δ28000円もの節約になります。


■海割ドライブキャンペーンに応募
その 「海割」 利用者に対し、今年はさらに促進キャンペーンが打たれていました。総勢100名にガソリンカードが当たる、というものです。応募方法は簡単で、専用のページから所定の項目を記入します。その際、「予約番号」 または 「申込み番号」、乗船券右上に記載の 「発券番号」 のいずれかの記入が必要となります。

<↓同社のWEBサイトからのキャプチャ>


<↓応募が成立すると、登録アドレス宛てに確認メールが来る>


■忘れた頃にやってくる
6月下旬、津軽海峡フェリーから封書が届きました。見ると、「特定記録」 というステッカーが貼られているではありませんか。一瞬、何のことか分かりませんでしたが、開封してびっくり。何と、例のキャンペーンのB賞(ガソリンカード3000円分を30名様)に当選した、とのこと。

<↓6月下旬、「特定記録」 付きの封書が届けられる。「何だべ?」 と思って開けてみることに>


<↓うを! 海割ドライブキャンペーンのB賞に当たったとのこと。これは本当にラッキー!>


我が家では、「東京~札幌」 間(片道1000km超) では途中でガソリンを1回給油する(満タンを2回分弱の消費)ので、片道のガソリン代で約1万6千円相当(概算)を消費しています。そのうち、今回の当選で3000円分が補填されることになるので、その効果は十分に大きいと思っています。

そもそも 「海割」 で家族7人フル乗車して、車両込みで定額の14800円。さらにガソリンカード3000円分をいただいた。応募してみるものですね。本当に当たるとは思いませんでした。これで、今年の5月連休の帰省旅行(実母の法要目的でしたが)は、本当にコストパフォーマンスが高い帰省となりました。大変ありがたいものです。

プロフィール

「子供たちを連れて、トランポランド(トランポリン体験場)に来ました。安全に配慮しながら、子供たちは久しぶりのトランポリン、自分も久しぶりの宙返りの感覚取り戻し、に励みます。」
何シテル?   06/13 13:03
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.