• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2019年09月29日 イイね!

みんカラ:週末モニターキャンペーン【アルパイン新型スリムリアビジョン】

みんカラ:週末モニターキャンペーン【アルパイン新型スリムリアビジョン】アルパイン 新型スリムリアビジョン
~体験モニター応募ブログ~

Q1. 車種名・型式を教えてください。
回答: スバル・レガシィワゴンGT spec B(BP5D型)

Q2. 希望するモニター商品を教えてください。(例:〈1〉天井取付け型・ブラック)
回答: ヘッドレスト取付け型 WVGAスリムリアビジョン
    〈3〉PKG-SB1100(11型)を希望します。


この記事は みんカラ:週末モニターキャンペーン【アルパイン新型スリムリアビジョン】 について書いています。

※質問項目を変更、削除した場合、応募が無効となる可能性があります。
Posted at 2019/09/29 00:18:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | carview タイアップ企画 | タイアップ企画用
2019年09月26日 イイね!

【fcl.モニター応募】カラーチェンジLED&LEDヘッドライト(2色切替フォグHB4希望)

【fcl.モニター応募】カラーチェンジLED&LEDヘッドライト(2色切替フォグHB4希望)fcl.さんの「カラーチェンジLED&LEDヘッドライト」
モニター応募ブログ(トラックバックとして)

【参加条件】
1 )みんカラでfcl.(エフシーエル)をフォローしている方
  → はい。以前から相互フォローさせていただいております。
2 )みんカラパーツレビューを記入していただける方。
  → はい。
3 )使用方法を整備手帳にレポートできること
※パーツレビュー・整備手帳への投稿期限は【10月22日(日)】です。
  → はい。

【希望製品】
モニター製品は「カラーチェンジLEDバルブ HB4」を希望いたします。
(その他の情報は、アンケートフォームを介して送信いたします。)
よろしくお願いいたします。

この記事は、【9/26(木)まで】20名様にモニタープレゼント★話題のカラーチェンジLED&LEDヘッドライトについて書いています。
Posted at 2019/09/26 21:03:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 【エクシーガtS】 | クルマ
2019年09月25日 イイね!

みんカラ15周年企画:わたしの愛車愛

みんカラ15周年企画:わたしの愛車愛~「愛車愛」のプレゼント応募ブログ~

Q1.あなたの愛車を教えてください。

 (1)スバル・BP5D型レガシィワゴンGT spec B
 (2)スバル・YA5E型エクシーガtS(限定車)
 (3)ホンダ・MC14型CBR250Four(限定車)


Q2.愛車のお気に入りポイントやこだわりポイントなど愛車愛をどうぞ♪

(1)スバル・BP5D型レガシィワゴンGT spec B
お気に入りのポイントは、車両の仕様として「四駆+ターボ+6速MT+サンルーフ」であることです。

北国出身者としては四駆(スバルの呼称はAWD)は必須。次に「クルマを操っている」醍醐味が得られるMT。それもインプレッサWRXと同形式(TY85型)のメーカー純正6速MTをベースにショートストローク化しています。ターボシステムは余力のある走りに貢献。サンルーフの装備は個人的な嗜好です。

こだわりのポイントは、社外品と純正品(他車種の流用)を使い分けて、純正比で車高をアップさせていることです。ターボ車なのに車高はアウトバックと同等。この仕様で雪道もガンガン走れます。

<↓総評:スポーツもゆったり走行も雪道も、意のままに操縦できる自分仕様


(2)スバル・YA5E型エクシーガtS(限定車)
お気に入りのポイントは、車両の仕様として「四駆+ターボ+5速AT+7人乗り」と「メーカー限定仕様車(tS)」であることです。

北国出身者としては四駆(スバルの呼称はAWD)は必須。次に(私以外の)家族も楽に運転できるオートマであること(スバルCVTではなくDENSO制御のステップ式5速ATですが、気にしていません)。ターボシステムは7人乗っても登坂時に余力のある走りに貢献。そして我が家では7人乗車の機会が多いため、3列シートの7人乗り車が必要。

こだわりのポイントは、純正品(他メーカーを含む他車種の流用)のDIY加工により、ノーマルに対して機能アップを図った装備群です。例えばインタークーラー・ウォータースプレー。これはスズキのカプチーノやスバル各社のパーツを独自に組み合わせて実現しています。そのほか、86/BRZのサウンドクリエーターもDIYで移植。

そのほかもDIY工作を多々施しており、恐らくサウンドクリエーターとI/Cウォーター・スプレーを同時装着している日本で(世界でも?)唯一のEJ20型ターボエンジンだと思います。

<↓サウンドクリエーターで吸気サウンドを室内にいても体感することが可能>


<↓総評:7人フル乗車で片道1000km超のロングツーリングをこなせる家族仕様


(3)ホンダ・MC14型CBR250Four(限定車)
お気に入りのポイントは、車両の仕様として「250ccで4気筒16バルブDOHC、最大出力45ps、(登場時点でネイキッドではなく)カウリングが標準装備」であることです。そのほか、2人乗車が楽な形状のタンデムシートも密かな美点(ソロツーリング時にも荷物を固定しやすい)です。耐久信頼性の高い造りもありがたいです。

こだわりのポイントは、DIYメンテにより、可能な限り新車当時の性能を保てるように心がけている点です。「250ccで4気筒」「自主規制前の45ps」というエンジンは、この先は恐らく開発されないように思います。直接の後継機種が現代の世に存在しないため、現車は貴重なバイクです。

現実としては、経年劣化との戦いになりつつあります。1986年式ですから、現在(2019年)で経年33年になります。新車で購入してから、私がワンオーナーで乗り続けていますので、車両の特性(挙動やクセ)は身に染みついています。他車種用の純正部品流用などにより、現状維持を図っています。

<↓パーツ在庫もメーカー欠品が多いため、創意工夫でDIYメンテ。そのたびにスキルもアップ>


<↓総評:トラブルも克服すれば糧となる。CBRは人生を豊かにしてくれる相棒


※備考
この「愛車愛の投稿」のプレゼント応募要項には
  > ご応募はお1人様につき1回とさせていただきます。
と明記されているため、3つの愛車それぞれについての投稿ができないと判断し、この1回の投稿で3つの愛車の「愛」を網羅させていただきました。

この記事は みんカラ15周年企画:わたしの愛車愛 について書いています。


※質問を編集、削除しないでください。
Posted at 2019/09/25 21:07:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | carview タイアップ企画 | タイアップ企画用
2019年09月23日 イイね!

[BPレガシィ] 2019全日本マスターズ体操競技選手権大会in福井_参戦記(後編)

[BPレガシィ] 2019全日本マスターズ体操競技選手権大会in福井_参戦記(後編)全国の社会人ジムナストが器械体操の技を競い合うイベントに、今年も参加してきました。全日本マスターズ体操競技選手権大会です。
(※これは社会人が対象。学生の場合は全日本インカレがあります。)

東京から開催地の福井までレガシィに乗って往復し、競技会に参加しつつ帰路で観光した様子を2回に分けて記しています。今回はその後編です。


<関連ブログ>◎前編は → こちら

■会場の様子を選手目線から
裏話・・・というほどではありませんが、出場選手でしか分からないことがありますので、このブログでも簡単に紹介します。

<↓開催地は年度ごとに異なります。昨年2018年は北九州、今年は福井、来年2020年は群馬県>


開催地が九州だったり関東だったりしますので(かつては北海道も)、出場選手も審判員も毎年遠征する形となります。観光地で開催される場合は、ホテルの空きがすぐ埋まるので、早めの予約が必要です(※マスターズ=2部の選手だけで今年は男子約260名、女子選手で約80人がエントリー。さらに審判団もいらっしゃるため)。

<↓競技会場の全景。各種目が同時進行で採点されていきます(空調は効いています)>


さて、ここで床運動の床を見てみましょう。

<↓床の全景。演技(タンブリング)の際には、4つのコーナーを使う必要があります>


床の表面は毛足の長めのカーペットとなっており、肌触りは柔らかいです。また、カーペットの下のボード裏にはコイルスプリングが内蔵されており、蹴った際の反発力で身体が浮きやすいような仕掛けになっています。

<↓カーペットは意外にフカフカ>


■協賛品の一例
シニア&マスターズの全日本体操競技選手権大会には協賛スポンサーが付いており、会場では選手向けのフリードリンクが配布されることがほとんどです。かつてはエネルゲンなどのスポーツドリンクが多かったですが、近年はミネラルウォーターやブラックコーヒーが無料配布される例が多いです。

<↓出場選手は、自分の演技前であっても演技後であっても、基本的に自由に受け取りが可能>


<↓今年(2019年@福井)の無料ドリンクは、サプリメントinウォーター「火の鳥」でした>


<↓当たり前ですが、まさに手塚治虫先生の「火の鳥」。このようなサプリがあったとは>


# 前編ブログでは、他の協賛品として
# 「吸収型カルシウム」の画像も写っています。

■大会記念グッズの例
毎年、各地を転戦して競われる大会ですので、その大会での記念グッズ(Tシャツなど)も販売されています。出場選手には自動的に出場記念Tシャツ(前編で既報)も配布されるのですが、好みのTシャツを求めて大会限定品を買うこともあります。

<↓これ以外にも、くだけた感じの(≒脱力系イラストの)Tシャツも各種ありました>


<↓大会に合わせて限定数しか作成されていないので、売り切れたらそれでおしまい>


# 私は上記(後者の画像、ALL JAPAN GYM版)の
# ネイビーを購入。年号と開催地が記されています。

■永平寺へ
競技会場で無事に団体チームとしての演技を終了し、その夜の合同宴会での親睦も終えた翌日は、周辺の観光に向かいました。(東京への復路の所要時間を考慮して)立ち寄り先は、永平寺1本に絞りました。

<↓観光ガイドに「ゆっくり見ると2時間はかかる」と書いてあった通り、広い敷地で見所も多い>


<↓このように順路にはアップダウンの階段があります。それに合わせて窓枠も平行四辺形です>


<↓中庭?を覗く風景の例>


<↓建築様式的(あるいは彫飾的)にも興味ある作りが随所に見られました>


当日も多数の修行僧の方々がいらっしゃって、お勤めをなさっておりました。
広く荘厳な空間に一人で身を置くと、「自分は(世の中に)生かされているな」と感じます。そう思って退路に就くと、次のパネルが。


<↓ふむふむ。「人生に定年はない」ですか。私のカーライフと体操競技人生にも終わりなし>


永平寺には2時間強、滞在しました。
来る途中で目星を付けていたお店で、遅めの昼食を取ります。


■ソースかつ丼
福井に来たのでヨーロッパ軒の「ソースかつ丼」を食べようと思っていたのですが、開店時間が遅めだったため先に永平寺を訪れていました。ここで市内に引き返すと時間のロスになると思っていたところに、永平寺周辺にもソースかつ丼を提供しているお店を発見。そのお店で昼食を取ることにしていました。

<↓入ったお店は「雲粋(うんすい)」さん。駐車場には観光バスも停まっていました>


<↓「ソースかつとおろしそばのセット」で1350円、美味しかったです。これはお値打ち価格>


■復路(福井→東京)編
競技会場入りできず、家で留守番(@東京)をしてくれている家族へのおみやげは、都度、途中のサービスエリアに立ち寄って調達します。また、言葉には出さないけど心配してくれていた実家の姉(@札幌)にも、宅配便で送ることのできるおみやげを買います。

子供たちが食べ分けする際にケンカとならないよう、おみやげの数にも配慮しつつ、姉には日持ちが効くおみやげをセレクトします。


<↓左:ふと見ると、青柳ういろうが・・・  右:「みちまる」くんにもファミリーがあった>
 

なぜ「青柳ういろう」の画像を載せたか?というと、実は私の幼少期(もちろん札幌住まい)には北海道で「青柳ういろう」のTV-CMが頻繁に放映されていたからです。

♪ 悔しかったら言ってみな。
♪ 白・黒・抹茶、小豆・コーヒー・柚津・桜・・・。

この(↑)CMソングが北海道(あるいは札幌ローカル?)でヘビーローテーションで流れていました。名古屋の名物がなぜ北海道のTV-CMで?という疑問は、今なお残っていますが。

少々話が脱線しますが、札幌ではそのほかにも「富山の薬売り」のTV-CMが良く流れていましたね。富山の薬がなぜ札幌ローカルで?という疑問は、今なお残っていますが。


♪ 何よりも~何より~も~、燃える命ぃい~ 君のもの~
♪ (~中略~) すこやかな~ 富山のク・ス・リっ!

<↓話を元に戻します。以下は復路のルート。往路の逆順(高速優先を選択)です>


さて、名神自動車道から中央道に分岐して少々進んだ時点で、ハイタッチ!ドライブの画面に、お友達登録させていただいている方のアイコンを認識しました。が、こちらは高速道をほぼ一定速で巡航中で、かつみん友さんは一般道(しかもご友人の車に同乗のよう)でした。

しかし偶然なのか、あるいは意図してハイタッチを狙っていただいたのか、結果として高速道路(当方)と高架下(みん友さん)で交差するタイミングでハイタッチ完了。ありがとうございました。


<↓縁とタイミングがバッチリ合って、ハイタッチ成立を得ました(左:ハイタッチ前、右:後)>
 
(※スマホは安全な場所にて操作>念のため)

談合坂から八王子まで断続的な渋滞に遭い、その区間だけで通過に3時間ほどを要しましたが、トラブルもなく無事にその日のうちに自宅に到着できました。

<↓往路・復路を含めた総走行距離は1089km。平均燃費は12.4km/Lと、まずまずの成績(@外気温28℃)>
 

翌日、おみやげを家族みんなに配分し、実家(札幌)の姉にも宅配便で送付。競技会場での演技を撮影した画像記録などを見ながら一人で反省し、翌年の全日本マスターズへの参戦準備(今よりも、少しでも良い演技ができるように)を決意した次第です。

長文にも関わらず、お読みいただきありがとうございました。
Posted at 2019/09/23 20:54:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | 【BP5Dレガシィ】 | クルマ
2019年09月22日 イイね!

[BPレガシィ] 2019全日本マスターズ体操競技選手権大会in福井_参戦記(前編)

[BPレガシィ] 2019全日本マスターズ体操競技選手権大会in福井_参戦記(前編)器械体操を愛する全国の社会人ジムナストが技を競い合うイベントに、今年も参加してきました。
全日本マスターズ体操競技選手権大会(※学生の場合は全日本インカレ)で、今年の開催地は福井県です。

東京から福井までレガシィに乗って往復し、競技会に参加しつつ帰路で観光した様子を、前編と後編の2回に分けて記します。


■片道500km強
今年の体操競技選手権大会の開催地は福井県の福井市。東京の自宅からは片道500km強の距離ですが、実家の札幌に帰省する場合(約1100km)の半分で済みます。競技会に参加する際の荷物(練習着、試合着、プロテクター、テーピングetc.)もあることから、私にとっては電車などで移動するよりも、自分で運転することになってもクルマで競技会場入りする方が楽だと判断。

今年は家族(@応援者)の都合が付かなかったため、私が単独で福井に向かうこととなり、必然的にエクシーガではなくレガシィで出動します。例によって、出発前までにタイヤの空気圧や車載バッテリーなどの事前点検を済ませておきます。


■中央自動車道
ルートは中央道を選択しました。Yahoo!カーナビ(スマホアプリ)によると、一般道(=山岳路)も勧めてきましたが、大会前につづら折りのコーナリングルートの連続で体力を消耗したくなかったため、素直に走り慣れた中央道に決定。

私のチーム(同じ大学の体操部出身者同士で団体を組んでいます)の競技日程は8/31(土)の第1班に割り当てられたため、AM8:30からフリー練習開始、AM9:30から競技開始です。つまり、前泊が必要です。8/30(金)のお昼過ぎに東京を出発しました。


<↓あいにくの雨。左:談合坂SAにてトミカの販促、右:諏訪湖SAにて恋人の聖地の碑>
 

# それにしても「恋人の聖地」って、
# 全国各地にたくさんありそうですね。

<↓左:NEXCO中日本キャラの「みちまるくん」 右:名神と北陸道のエリアガイドもゲット>
 

# 中部以西では無料配布の地図付き情報誌
# 「ハイウェイウォーカー」は無いのかな?

中央道では特に省燃費運転を意識したワケではありませんが、レガシィのインパネに内蔵された燃費計によると12km/L台をキープ。が、愛知県に入ったあたりで渋滞。平均燃費が下がっていきます。

<↓走行ルートはこんな感じ。東京を出てから半分を過ぎたあたりで渋滞に捕まった>


<↓小牧付近でノロノロ渋滞しましたが、往路全体での燃費は12.3km/L(@雨天)でした>
 

往路の走行距離は約525km。雨天で渋滞込みで12.3km/Lは、13年落ちのBP5Dレガシィ(280PSのAWDターボ)としてはまずまずかな。この時点で、燃料系の針は残り約1/4を示し、走行可能な継続距離は約200kmと表示されています。アクセルをなるべく一定に保ち、ムダなブレーキングをしない(=ムダな加速をしない)だけでも、案外燃費を稼げますね。

ホテルにチェックインしてニュースを見ると、さっそくこの日に行われたシニア体操競技選手権大会の結果がTV放映されていました(※注:シニア=1部、マスターズ:2部。1部の主なチームは朝日生命やコナミスポーツ、徳洲会など。2部は大学の器械体操部のOBチームが多い)。


<↓プロ選手のため、肖像権に配慮して(?)一応ボカシを入れました、悪しからず>


私は、競技会の前日なので夕食に摂取する食物に注意を払いつつ、就寝前のお風呂で汗を出してから身体を休めて翌日に備えます。男子第1班なので、少なくとも朝8時には会場入りする必要があります。

■競技会場入り
内村航平選手を始めとする1部の有名選手たちが、前日8/30(金)に演技を行ったのと同じ会場、同じ器具を使って、我々2部選手も8/31(土)当日に演技を行います。会場は、ブログのトップ画像にもある福井県営体育館で、最近できた新しい施設です。

<↓セキュリティが厳重で、我々出場選手と言えども、受付でIDカードを受領しないと入れない>


<↓選手への配布物の一覧。IDカードやプログラムのほか、参加記念Tシャツや協賛品も含まれる>


掲示コーナーには、前日(1部)の結果速報が張り出されています。

<↓内村選手は総合5位。吊り輪2位の長野選手は、私の長男が通う体操教室の先生でもあります>
 

■演技(体操競技)開始
観客席は2階ですが、我々選手は1階の選手用の通路を通ってフロアに入ります。

<↓受付で配布されたICカード(会期中の身分証明)を首から提げて通路を進む>


<↓通路を進んでいくと、「男子選手入場口」が現れる。この扉の奥が競技会場>


<↓重い扉を開けると、まばゆいばかりの床(Floor Exercize)が待ち構えていた>


<↓とうとうやってきた。この日のために1年間練習を重ねた。まずは万物に感謝>


荷物を席に置き、早速アップ(準備運動)の開始です。過去の経験則から、会場練習で張り切り過ぎると本番の演技のときに(疲れて)うまくいかないことが多いので、ほどほどで切り上げます(>20代の若者とは異なりますので)。自分の体調や体力管理は自分で行い、試技ではなく本番でピークの力が発揮できるよう、その日の体調も加味して調整します。

そしていよいよ入場行進。

団体を組んでいるチームメイトと「全力を出して楽しもう!」と声がけ。今年の競技ローテーションは「鉄棒」→「床」→「鞍馬」→「吊り輪」→「跳馬」→「平行棒」の順に器具を回ります。審判員に挨拶して3分間アップ、そして演技の開始です。

世界と戦う1部(シニア)とは異なり、我々2部(マスターズ)の採点は10点満点方式で採点されます。つまり6種目合計で60点満点。この総合得点のほか、年代別(40代とか50代とか60代とか)でも上位入賞すると表彰されます。


<↓各種目には、演技する選手名や団体名、その採点結果を示すモニターボードが設置される>
 

<↓鉄棒の演技中の「調布市のKAZ」>


<↓吊り輪の演技中の「調布市のKAZ」>


私もチームメイトも、6種目を通じてケガも無く、無事に演技を終えることができました。普段の練習通りにできた技もあれば、姿勢欠点で減点されたであろう技もあります(※同じ技をしても、身体の線が崩れたり空中での姿勢が不完全だと減点の対象となります。もちろん着地で足が動いても減点)。このへんの「来年こそはもっと上手に」という気持ちが、毎年の競技会への参加動機にもつながっています。

<↓大会が終われば、同じ2部の各出場チーム(主に国立7大学OB)と合同で大宴会>


宴会では、いっしょに練習をしている男子選手と女子選手同士(共に若いOBですね)の結婚報告もあるなど、和やかな雰囲気で時間を共有します。どうやら来年2020年のシニア&マスターズの全日本体操競技選手権大会は、群馬県で開催される模様。早速、大会翌週から1年後の大会に向けての準備を始めることを誓いました。


後編に続く。
 ↓
 ↓
 ↓
2019-09-23(Mon.) : 更新
[BPレガシィ] 2019全日本マスターズ体操競技選手権大会in福井_参戦記(後編) をアップロードしました。
Posted at 2019/09/22 00:02:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 【BP5Dレガシィ】 | クルマ

プロフィール

「子供たちを連れて、トランポランド(トランポリン体験場)に来ました。安全に配慮しながら、子供たちは久しぶりのトランポリン、自分も久しぶりの宙返りの感覚取り戻し、に励みます。」
何シテル?   06/13 13:03
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/9 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.