• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

調布市のKAZのブログ一覧

2021年06月10日 イイね!

[BPレガシィ] サンルーフの故障を再びDIYで修理する・前編

[BPレガシィ] サンルーフの故障を再びDIYで修理する・前編先日、新車で購入してから15年目に突入した現・愛車、BP型レガシィワゴンのサンルーフが作動不調となりました。

実は、サンルーフのDIY修理は今回で3回目。故障の原因が前回までと同様だとすれば、対処法も同様で復調するはず。…ですが、果たして今回はどんな状況だったのでしょうか。前編と後編の2回に分けて、備忘録代わりにブログアップします。


■おさらい
まず始めに、レガシィのサンルーフの故障が発生した時期と、そのときの対処状況(ブログ)を記すと次のようになります。

◎1回目の故障:2020年05月に発生
 [BPレガシィ] サンルーフ動かず(左チルトで右クローズ)を解消する
 ・「その1」 は → こちら(緊急対策 編)
 ・「その2」 は → こちら(詳細観察 編)
 ・「その3」 は → こちら(最終話)

◎2回目の故障:2021年02月に再発
 [BPレガシィ] 続・サンルーフ動かず(開かず/閉じず)をDIYで解消する
 ・「前編」 は → こちら(作業のおさらい)
 ・「後編」 は → こちら(DIYで工夫追加)


■こだわり
クルマに対する私のこだわりは、「4WD」「ターボ」「MT」そして「サンルーフ」。学生の頃、器械体操部の知人が中古だけれどプレリュードを購入、それがサンルーフ付きでした。

天井が開くクルマの魅力を知った私は、中古で買ったシャレード以外は、BC型レガシィセダンRS→BG型レガシィワゴンGT-B→現・BP型レガシィワゴンGT spec Bと、すべて上記4条件を満たすクルマ選びをしてきました。


# あぁ、そう言えば(家族グルマの)ヴィヴィオGX-TはCVTでしたが
# スーパーチャージャーで電動リヤウィンドウのタルガトップでした。

最近知ったのですが、BP型レガシィワゴンでサンルーフ付きの車両は珍しいようですね。中古車販売店の広告で「…希少なサンルーフ付き」と大々的に紹介されていました。だとすれば、私のBPレガシィのサンルーフは、ますますDIYで直したいところです。

■状況の確認
サンルーフが故障(開かず/閉じず)した翌日は雨天の予報でしたので、養生テープで目張りをしておき、時間が取れた週末に確認作業を開始します。

<↓片側半分だけチルトした状態で作動がロックした状態。雨対策で養生テープで目張り>


<↓実際に雨天になったので、目張り対策が役に立ちました。作業開始時にテープは撤去>


<↓室内側からは、左右のトリム(カバー)を外して4ヶ所のナットを緩めるだけの簡単さ>


<↓フロントのチルトガラスルーフが簡単に外れたところ。ここまでの所要時間は約3分間>


さて、不動の原因を確認していきましょう。
果たして、前回・前々回と同じ状況の再発なのでしょうか。


<↓ここまでは前回の症状とまったく同じ>


<↓とすると、見るべきポイントはここです>


<↓結果としてピンが外れていました(=前回とまったく同じ症状、で確定)>


上記画像で、樹脂ローラーピン付近にアルミテープ(の潰れた残骸)があるのは意図的なもので、摩耗で痩せて外径が細くなった分だけピンが外れやすくなってしまったと判断し、ピンを太らせて抜けにくくするための改善措置として、アルミテープを貼った…という経緯があります(→ こちら(DIYで工夫追加) )。

アルミテープで樹脂ローラーピンを太らせましたが、約3~4ヶ月で再発してしまった…ということになります。


<↓樹脂ピンが本来あるべき位置>


■さらに詳細観察
樹脂ピンの周辺をさらに観察してみると、次の点に気づきます。

<↓車両前後方向のレールに対し、樹脂ピンを含む部品が斜めに傾いている?>


何か手がかりは無いか?と思い、ガイド(樹脂ローラーピンを受ける相手部品)を取り外してみます。

<↓試しにガイドを取り外してみた…の図。ねじはメック仕様(嫌気性の抜け止め剤付き)でした>


<↓外から見ればシンプルなガイドは、実は複雑な形状をしていたことが分かります>


ここで再度、樹脂ピンが斜行している?かどうかを確認します。

<↓静的な設置状態では、何だか怪しい感じ。でも実働時もそうなのか?までは検証できず>


<↓部品の相対関係はこんな感じ。ピンが傾くから抜けやすくなってしまうのか?>


再度の観察により、
 ・今回の故障は、これまでに経験した故障と同様であること
 ・摩耗で痩せた樹脂ピンに巻き付けていたアルミテープは、
  対策として完全ではないが、そこそこの効果があったこと。
  (※アルミテープ無しで作動させたところ、すぐにピン抜けしたことから。)
 ・ピンの斜行?など、今回は新しい発見が得られたこと。

が収穫でした。
さて、これをどのように対処していくか(できるのか)? については後編で。



「後編」につづく。
2021年06月02日 イイね!

[エクシーガtS] 部分滅灯LEDへの対応・その3(純正ハイマウントストップランプ)

[エクシーガtS] 部分滅灯LEDへの対応・その3(純正ハイマウントストップランプ)エクシーガに標準装備のLEDハイマウントストップランプの1ヶ所に球切れが発生しましたが、振動などでの接触不良によるものと判断。DIYで暫定処置を施した…という話の続き=今回は「その3」です。

<関連ブログ>
◎その後のブレーキランプ(LED不点灯の認知)→ こちら
◎部分滅灯LEDへの対応・その1(状況把握) → こちら
◎部分滅灯LEDへの対応・その2(暫定対策) → こちら


■事前のリスク管理
チップ内部で接触不良気味のLEDに対し、透明なビニールホースを用いて加圧する(微小荷重を与える)ことによって発光状態を回復させる暫定対策を施した…というところまでが、前回の「その2」のお話でした。

この時点で、同時に次なる恒久対策の検討を始めました。と言うのも、今回暫定対策を施した部分以外にも、光り方が「怪しい」箇所があったからです。


<↓実は左端のLEDの光り方も(他と較べて)弱いことから、このLEDにも滅灯のリスクありと考えました>


光束が同じはずの12個のLEDの光り方に均一性が見られない時点で、機能的な余寿命が怪しいと考えるべき。車検までには まだ2ヶ月強あるので、その間に確実な恒久対策を打つ必要があります。

■サーベイ開始
そこで手始めに、手持ちのLEDの中に代用が利きそうなものが無いかどうか、確認してみます。特に、群馬のIPFファン感謝デーにて入手したジャンク物の転用可否を調べてみます。

<↓LEDなどの灯火類をまとめた保管箱について、その中身を確認していきます>
 

<↓IPFファン感謝デーで入手したジャンク品の例>


※IPFファン感謝デーについては、過去ブログに複数件、
 記事を上げていますので適当にブログ検索してくださいませ。

<↓うーむ。ジャンク品はこれくらいしか手持ちの種類が無かったか…>


いつものバラック通電確認キット(キットと言うほどのモノではありませんが)を使って、ジャンクLEDの点灯状態を確認します。

<↓とりあえず点灯確認するだけの目的ならば、+9V電池でも十分に可能>


<↓最初にこのジャンク品の発色を、改めて確認してみます>


<↓あらら、青色でしたか。足元灯とかカーテシーランプの類ですね>


最初に確認したジャンクLEDは6灯から成り、カバーレンズを介して青色に光るものでした。これを転用するには手間が掛かり過ぎるので却下。次のジャンクLEDの確認に移ります。

<↓このジャンク品は背面発光モデル。両面テープで貼り付けする側が光るタイプ>


<↓とりあえず通電させるとこんな感じ。2灯のLEDが白色に光ります>


筐体の中身は2灯ですが、光源が近接しているので遠目では1灯(シングルポイント)に見えないこともない(かも)。白色の光も、フィルターを通せば赤色にできますね…。

<↓小学校の実験で使うような赤色のフィルター。百円ショップでも赤色の下敷きが売られています>


<↓白色のLEDも、やり方によっては赤色と認識させることは可能>


うーむ。
でも何だかイマイチですね。

これらのジャンクLED(IPFさんのアウトレット製品)を加工して転用する場合は、掛けるであろう工数(労力)の割りには、出来映えとか満足度はいまひとつになるような気がします。

理由としては、エクシーガ純正の12連LEDハイマウントストップに(滅灯LEDを除去しないで、単純に代わりとして)追加した場合、発光位置が手前に来るので他のLEDとのバランスが取れない(均一性が保てない)と思うからです。


■打ち替え用LEDの検討
手持ちのジャンクLEDを転用する案は自己却下しました。ので、LED単体(打ち替え用など)はないか?とAmazonで検索してみたものの…。

格安品は、数量が50個セットとか100個単位で販売されるようなものばかり。そんなに要らんて。かと言って、1個モノは(私にとっては)べらぼうに高すぎる。間を取って10個セットの赤色LEDを探ってみると、今度は送料が高い。


<↓なかなか希望に合うものは無いのう…>


結局、打ち替え用のLEDでなくてもいいや。純正ハイマウントストップランプの筐体へのマウント(内蔵)方法を工夫すればいいや。…ということで、汎用の赤色LEDを注文したのですが…。

注文したのですが、出品地は中国でした…。
China Post で発送される、とな…。
やたら日数がかかるパターンか、これ。


<↓何と! クリックした翌日には、もう商品発送済み…とは(驚)>


しかし、いつまで経っても荷物の把握ができんのよ…。

<↓追跡調査を何度も掛けても、毎回こんな感じ(6月1日時点でもステータスには変化無し)>


<↓ちなみにメッセージの意味はこんな感じ>


# 「気長に待つ」くらいしかできないか…?

ということで、恒久対策用として手配した赤色LED(改修素材)の到着を待っている今日このごろ。

■おまけ(暫定仕様の「その後」)
暫定対策から約半月(2週間強)が経ちましたが、ほぼ有効な状態が保たれています。「ほぼ」と書いた意味は、ほとんどのシーンで部分滅灯が抑制されている(正常に点灯する)のですが、長時間運転したあと、まれに「部分滅灯」が発生する場合がある…ということです。

<↓純正のLEDハイマウントストップランプ内の各LEDは全点灯(暫定対策効果あり)>


<↓暫定対策により、すべてのLEDが同期して点灯(暫定対策から9日目)>


<↓ところが、暫定対策から10日目に滅灯が発現>


<↓さらにその翌日(暫定対策から11日目)、部分滅灯が消えて全灯に復活>


ハイマウントストップランプは、暫定対策後は機能が回復されたままの状態を保っています。が、まれに滅灯が再発することがあります。その場合は長距離(または長時間)走ったあとでした。

こうした事実を元に推定を立てるとすれば、もしかするとランプの積算発熱量が多い(あるいはLEDチップ本体の温度が高い)状態が続いた場合(のみ)に、熱膨張やクリアランスの影響で電源回路内の断線や接触不良が「より」発生しやすくなるからでは? とも考えています。いずれにしても、準備が整えば早めに恒久対策をしておきたいところです。


「その4」に続く。
Posted at 2021/06/02 01:59:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 【エクシーガtS】 | クルマ

プロフィール

「子供たちを連れて、トランポランド(トランポリン体験場)に来ました。安全に配慮しながら、子供たちは久しぶりのトランポリン、自分も久しぶりの宙返りの感覚取り戻し、に励みます。」
何シテル?   06/13 13:03
調布市のKAZ [読み:ちょうふし_の_かず] と申します。 レガシィ(BP5D型)、エクシーガ(YA5E型)、CBR250Four(昭和61年式)に乗ってい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/6 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

[自作] タイヤ空洞共鳴音の低減・ハンコックV12evo2を静音タイヤにする 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/02 20:28:55
 
[近況報告・その1] 長女の初レガシィの巻  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/09 22:23:24
 
「”個体差” について考える」 の巻 
カテゴリ:なぐり書き
2010/08/13 19:26:31
 

愛車一覧

スバル レガシィツーリングワゴン BP5DレガシィGTspecB(6MT) (スバル レガシィツーリングワゴン)
現在所有のファーストカー(家族用のエクシーガtSはセカンドカーです)。 「ハイタッチ!d ...
ホンダ CBR250 FOUR (フォア) CBR250Four SE (ホンダ CBR250 FOUR (フォア))
学生の頃に新車で購入して以来、ずっとワンオーナーで乗り続けているバイク、CBR250FG ...
スバル エクシーガ エクシーガtS (年改区分:Eタイプ) (スバル エクシーガ)
YA5A型エクシーガGT(年改区分:Aタイプのターボ車)からの乗り換えです。2012年8 ...
ホンダ モンキーR モンキーR改(2種登録) (ホンダ モンキーR)
レッドバロンで中古のモンキーRを購入後、エンジン全バラシ。 ◎武川88ccボアアッ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.