• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

タケ2のブログ一覧

2012年04月23日 イイね!

工房にて

工房にて2週間前の4月8日、土佐に花見ついでに飛びに行った時、グライダーのセットアップ中に風に倒され、愛機を壊してしまった。トライアングルの頂点を支持するアルミの鋳造だ。




当初パーツは、国内で調達できそうだと安心していたが、在庫なし。本国ドイツに慌てて発注。GWを1週間後に控えて、まだパーツは届いていない。
このまま飛ぶことのできないGWなんか、迎えたくない。と、なるとなんとか自分で直すしかない。


夏の鈴鹿でシェイクダウンする予定のソーラーカー製作中の工房では、仲間と毎晩、遅くまで作業している。その車両のトラニオン製作中のフライス盤を奪い取ると、ヒンシュクを買いながらも、グライダーパーツ製作に集中する。
命を預けるパーツだ。強度不足は、致命傷にもなる。以下、防備録。
パーツの壊れた部分から、引張強度を概算。
260N/mm2×6×10×2=31200N
取り付けられていた4mmステンレスリベット6本から、引張強度とせん断強度を概算。
引張強度4950N×6=29700N  せん断強度3950N×6=23700N
アルミ部材強度とリベット強度がほぼ一致している。さすがドイツ製品。
折れた部分を超ジュラルミン(2024)から削り出す。元材料のデータが無いので、とにかく丈夫なアルミ合金を使っておくことにしたのだ。さらにボルトによる断面欠損を考慮して、5mm厚くする。
母材への取り付けは、M6ボルト3本。
短期引張強度4.1kN×3=12300N 最大引張強度10.4kN×6=31200N
短期せん断強度2.8kN×3=8400N 最大せん断強度7.3kN×3=21900N
母材強度を基準に検証すると、ギリギリクリア。
ダウンチューブを持たせているM8ボルトから強度確認すると、
荷重方向36×3×60%>64(引張せん断比60%不利側数値)
水平方向36×3>64×2×80%(引張せん断比80%不利側数値)
ダウンチューブトップのアルミ金物固定ピン5mmから強度確認すると、
荷重方向36×3>25×2×2×80%(引張せん断比80%不利側数値)
水平方向36×3>25×2×2
固定部分の材料から計算しても、強度は達している。
さらにアラルタイトも併用し、面圧とネジ山せん断荷重にも保険を掛けておく。


週末までに純正パーツが届かなければ、これを使ってGW中、飛ぶことができる。だけどできることなら、不安を感じさせない純正品で飛びたい。


    
Posted at 2012/04/23 13:39:36 | コメント(3) | トラックバック(0) | A・I・R | 日記
2012年04月20日 イイね!

工場

工場オイルとグリスアップ。 下回りやフロアトンネルカバーを外さなければならないプロペラシャフトのグリスアップは、めんどくさい。デフやミッションオイルも替えておきたいので、工場のリフトを使わせてもらいに行く。
こういう時に、徒歩圏内に仲の良い工場があることは、ホントに恵まれている。
ついでにアライメントの調整。トゥゼロにしておく。


それにしても、濃い車体ばっかり。


先日、
rabitto-g1さんにX1/9が気になってるって、言ったら、Y!オークションに出てる物件を紹介してくれた。
写真で見るときれいだったが、コメントに錆有りって書かれている。
それと同じ色のX1/9が、ジネッタG12とエリーゼに囲まれていた。このクルマも日中に見るとキレイなんだけど、スカートなどのエッジが錆でザラザラしている。


G12は、程度抜群。着座位置は、低いと言ってもセブンと変わらない。だけど屋根がある。車高1m以下の車でクローズドだと、コクピットから見る景色は、ホントに低く感じる。G4を運転した時に、驚いたことをよく覚えている。
こればかりは、乗ってみないと分からない世界だった。
よく言われることだが、普通の交差点を曲がるだけでも、違う世界を感じられるクルマだ。どうしても女子高生のスカートに目が行ってしまうからだ。


G12と較べてしまうと、車高の低いはずのX1/9が、随分高く見えてしまう。


フォードも、入っていた。さすがにここまで古い車だと、最高速も70キロ程度。頑張っても現在の交通についていけないそうだ。


ついでに友人のminiも仕上がり順調のようだ。その後ろに見えるホンダバモスのヤレ加減が、良い感じだった。


    
Posted at 2012/04/20 13:05:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | セヴン | 日記
2012年04月19日 イイね!

ステアリング

ステアリングP1800のステアリングボスを探したが、全く見つからない。
原寸を当って、
スプラインの適合表http://www.daikei-s.co.jp/67pg.htm
から見ると、mini用が使えそうなことが分かり、実際に取り付けてみた。残念ながら、mini用の方がスプライン部分の奥行きが長く、ナットを締め込めない。






そこでフライス盤で加工。オリジナルのボスに合わせて、約8mm短くした。
ウインカーのオートキャンセラー用のピンも、現物と同じ位置になるように穴開けて取り付けた。 これでボスが、完成。


劣化していた表面をペーパーで削ぎ落し、数週間前から、気長~にオイルステイン塗ってきたモトリタステアリング。
ステアリング本体は、ダッシュボードに貼られた木目の色に近付けるため、ローズウッド系のオイルステインに赤、青、黒を適量配合して、素地の黄色を抑える。
アルミ部分は、マスキングしておく。のピン形状の部分は、マスキングテープを革用の穴あけパンチで丸くくり抜いたものを貼っておく。その上から、オイルステインを吸わせたウエスで何度も拭きあげていく。乾く度にダッシュボードの色と較べて、違和感ないように色を近付けていく。
木目が落ち着き、色にも満足(妥協)できたら、マスキングを剥がし、オイルステイン塗布した場所の段差をなくすために、2液製ウレタンクリアを吹いて、コンパウンドで仕上げる。


これで取り付けてみたら、やっぱり何処となくminiなど英国車のような感じになってしまった。 ホーン周りのデザインが、いかにもモトリタだからだ。


この時代の欧州車は、ボスに窪みが無いため、ステアリング面に取り付けボルトが出っ張り、それを隠すためにホーンパッドが付いているのが、特徴。
ちょっとそれを真似てみる。
モデルにした型は、モモとモトリタ変換用のホーンボタン取り付けアダプター。 これを10mmアルミ板から旋盤で削り出して作成し、パッド代わりに取り付けた。


少しは、古い欧州車っぽくなったかと思うけど、う~ん、もう少し厚い板で作った方が、クラシカルだったかな。
次回は、20mmぐらいの厚板で作って、革を貼ってみよう。
Posted at 2012/04/19 15:31:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | P1800 | 日記
2012年04月17日 イイね!

TIサーキット

TIサーキット夏の本格的なレースシーズンの前に、ちょっとお遊びに行くこと決定。
5月中頃。暇な方、TIサーキットに来ませんか?  岡山国際サーキットと改名されてたっけ。





セヴンで思いっきり走るのは、久しぶり。エンジンのセッティング変えてからは、初めて。
公道仕様のタイヤは、Sタイヤに替えておかなくちゃ。フロントサスのキャンバーも、もう0.5度ネガティブにセットしておこう。
なんてクルマ眺めてたら、ミラーの視界が悪いのが気になってしまった。
ホームセンターで売っている車庫前などに取り付けるミラーは、SUS製と樹脂製がある。樹脂製の方が、加工が簡単なので、これを入手し、円形に切り取り、砲弾型ボディに埋め込んで完了。簡単だけど、効果は抜群だね。


そうそう、大切なものを貼り忘れてた。http://www.facebook.com/media/set/?set=a.336272856422372.72064.156148977768095&type=1
Posted at 2012/04/17 14:08:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | セヴン | 日記
2012年04月16日 イイね!

シフトブーツ

シフトブーツP1800のシフト感触が、今一つシックリこない。
そもそもリンケージを持たないダイレクトシフトだから、もっと感触が良くても良いはずなんだけど、なぜか反力を感じていた。





ミッションオイル替えたりしたけど、改善されない。
で、気付いたのが、シフトブーツ。P1800は、あまり見栄えのしないゴムブーツが付いているが、この材質が分厚い上に、少しばかり硬化している。ブーツを外すと、想像以上にスコスコした感触になる。


だったらブーツ、交換しよう。
まずは、使っていない革製の古い工具入れを犠牲にして、ブーツの製作。革の縫い合わせは、事前に穴を開けておき、そこに糸を通していく。いきなり針で縫おうとすれば、相当な抵抗に合う。


土台は、3mmアルミを加工して表面に同じ革を貼り付けていく。革に不自然な凹凸が生じないように、接着剤を薄く延ばして貼り、乾燥するまで両側から合板で挟んで、万力で固定。熱い車内に置いておけば、半日で硬化する。


ブーツの付け根は、モトリタステアリングのホーンリングが丁度良い大きさだったので、代用。ブーツの革にポンチで4mm穴を開けていき、土台とホーンリングで挟みこんで4mmビス固定。


見栄えも、ちょっとは良くなったか。
それ以上にシフトフィールが、凄く良くなった。



    
Posted at 2012/04/16 10:17:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | P1800 | 日記

プロフィール

「[整備] #TTクーペ ミッション&クラッチ、フライホイール https://minkara.carview.co.jp/userid/1325175/car/3051504/6634194/note.aspx
何シテル?   11/19 12:15
次世代エネルギーによる自動車レース参戦。その対極にある旧車レース参戦。 次世代エネルギーレーシングカー製作。 本業、某業種デザイナー。 日本及びア...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/4 >>

1 2 3 4567
89101112 1314
15 16 1718 19 2021
22 232425262728
2930     

リンク・クリップ

ESP警告点灯 プレッシャーセンサー交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/11/18 22:40:33
冬タイヤホイールを塗装(後編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/11/09 22:21:32
[三菱 パジェロミニ]PIAA ルーフラック スタンダード 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/09/14 12:03:07

愛車一覧

ドイツその他 その他 プラス (ドイツその他 その他)
VRにプラス用キールを付けてチューニングした機体。 主翼の剥離流の影響を受けにくい位置に ...
ケータハム スーパースプリント1700 ケータハム スーパースプリント1700
いつの間にか、長い付き合いとなってしまったセヴン。最近は、この車で「アガリ」で良いな。と ...
ドイツその他 その他 ドイツその他 その他
ひょんなことから乗ることになったVQのニューモデル。 軽量化されたリーディングエッジのC ...
その他 モータースポーツ関連 夢創心2019 (その他 モータースポーツ関連)
2019BWSCオーストラリア縦断レースに向けて設計製作した新車。 2017年のレースで ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.