• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

タケ2のブログ一覧

2012年08月29日 イイね!

結果

結果遅ればせながら、報告。結果は、自分としては惨敗か。
さすがに10年昔のクルマでは、勝てなくなってきていると実感させられた。戦略的には、思い通りにレース運びができたにもかかわらず、この順位だったのだから。




2011年夏。この年から鈴鹿耐久が8時間から5時間になった。
天気は、サーキット周辺は快晴。8耐だった頃、前半4時間で44~45周がシリコンの上限だと感じており、5時間では精々50周だと考えていたが、結果は53ラップ。
ラップタイムは5分30秒程度を守ろうとしたが、中盤6分に落としてしまっていた。結果は、セル電圧は3.7V以上残してしまう。エネルギーを使いきれずに9位に甘んじてしまったことから、次回は更にラップタイムを詰めていけば、簡単に総合3位以内に入れると思っていた。

そして1年後の2012年。天気予報は晴れ。レーススタートの12時も、きれいに晴れ上がっていた。グリッド№6からスタートし、30分位を5分10秒程度でラップする。しかしライバル、特にチャレンジクラスも同タイムで付いてくる。ドリームのガル砒素を除けば、アステカと宮工が同タイムだ。おそらくこの2台は、最後まで走りきれない。やはり不気味なのは、豊富なデータと実績のあるスーパーチャレンジの3~4台だ。

13時頃、ホームストレート右手の南から広い範囲で雲が押し寄せてくる。
今のペースを維持し続けるか? あるいは曇りが長引くと考えエネマジを切り替えるか?
瞬時迷ったが、結局アベレージを5分40秒程に落とす。順位は7位から14位に下がったが、そこから下がらない。ガル砒素2台を除くと、3~14位までがほとんど同一周回数で、ラップを重ねていく。雲は取れそうになく、各車ともにペースダウンしたようだ。それでも5分30~40秒のハイペースで回り続けているので、このままエネルギーが持てば去年と同等の周回数でチェッカーとなるはずだ。
しかしこの発電量。ほとんどの車両がチェッカー前に止まるだろうと思い、逆に私は去年の残エネルギー分で完走できることを信じて、第2集団の後方14位を守り続ける。
2時間半でルティーンのピットイン。ドライバーを相棒に交代。2周走って戻ってくると、タイヤ交換を行い、再びコクピットに潜り込む。

3時間を経過した時、エネマジの指針として作ったバッテリーの減衰表より2~3段階早い消耗を示している。軽い負荷で表示電圧100V。セル電圧にして3.67Vということは、エネルギー残は25%程度のはずだ。残量計は、半分近く残っている表示だが、もはやこの数字を信じることは出来ない。しかも雲は取れそうにない。ラップタイムを6分弱まで落とすが、やはり順位に変動はない。各車、同じようなラップタイムの調整を行っているようだ。

4時間を経過すると、表示電圧は98~97V程度になる。時折青空が戻るが、60~70%のオーバーキャストで、十分なエネルギーなど期待できない。

ラスト30分でラップタイムを更に落とす。
この時間になると、予想通りドリームのアステカや大阪工、ジェクト、SPD等が止まり始める。さらにサンレイク、そして芦屋Cチームが止まる。私もチェッカーマジックを掻い潜る余裕を持てず、6分30秒でラスト20分を走り、最終周に入る。順位は10位まで上がっていた。
S字コーナー登りで負荷電圧94~93V。もはや信用していない残量計は12Ahを示している。チェッカーを受けホームストレートを下るが、そのまま余裕で S字コーナーを駆け上がってしまう。表示電圧は、同じく94~93V。

いわゆる規格外のパネルを積んだ上位3台のガル砒素を除外すれば、54周にスーパーチャレンジの4台。52周に私を含む3台が入り、それ以降を引き離している。何とかトップ集団には付いていけたが、今の状態では、トップ集団を抜き去る手応えはない。



5時間耐久を2シーズン戦って感じてきたこと。
去年のレースが終わった時は、使い切れなかったエネルギーに悔いを残し、しかし性能を活かし切れれば、まだまだ勝てると確信していた。
しかし今年のレースが終わって考え直してみると、2011年は、我々だけでなくどのチームにとっても手探りの年。ほとんどのチームがエネルギーを余らせていたのではないだろうか? そうでなければ、今年の天候でこのハイスピードな展開なんてありえない。
では今年の上位陣は、どうだったのだろう? 止まった車両は明解だが、スーパーチャレンジの3~4台の残量は、大いに気になるところだ。

8時間耐久から5時間耐久は、チャレンジ有利か? スーパーチャレンジの車両に付いて行くのがやっとだ。車両が大きなドリームでは、回転慣性モーメントで劣り、タイヤの摩耗などに差が出てしまう。ピットでの作業時間もバカにできない。さらに8耐だった頃の3時間の充電時間が無くなったことは、大きく響いている。
しかし12~13時という太陽高度が最も高い時間帯が増えたことは、発電量にモノを言わせることもできるはずだ。

我々のエネルギー残は、どれだけあったのだろう?
リチウムイオンの減衰曲線は、3.5V辺りから急激に降下する。ラスト40分ほどで負荷時のセル電圧は3.5Vを切っている。今まで使ってきたLGケミカルでは、負荷時の電圧3.4Vで2~3周走り、いくつかのバッテリーを壊してきた。今年使ったパナソニックは、3.5Vを切ってから3周ほどしか走っていない。慎重になり過ぎていたか? パナソニックからプポンサーを受けているOSUの村上氏は、なんと負荷時のセル電圧2.7Vで、そろそろヤバいと考えるそうだ。まだまだ少し下を使えたかもしれない。試走会等で、下の減衰曲線をプロットし、また12Ahの残を示していた残量計との整合性を測り直す必要がある。



来年に向けて。
10年前に作った我々の車両も、さすがに古さを隠せなくなってきている。
まず重量。スーパーチャレンジの車両は、コンパクトでNet100kg程度だ。もちろん鉛電池による重量ハンディはあるが、低重心と重量バランスをセンターに集中させる利点もある。ドリームクラスの車両も新しいものは130kg程度にまとめている。我々の車両は、10年前のスペックで、当時180kg程度。様々なダイエットが効いて、今年はNet140kg台にまで落としてきたが、まだ20kg近いハンディがある。しかもドライバーとバッテリーの搭載位置が高いため、重心が高くなってしまっている。ここまでレースが高速化してくると、こうした車体の抱えているディメリットは、少なくない。
次に発電量。初期のサンパワーは、シリコンセルとしては効率が良く、事実3~4年前まで勝ち続けてきたが、最近スペック通りの電力を出していないことが気になる。面積の少ないオリンピアに貼ったサンパワーは、1380wも出していて、実効出力1000w程度の私の車両を遥かに超えている。もしこのパネルを使えば、定格出力1700w以上を得られる。MPPTなどの回路ロスなどと合わせて考え直さなければならない。

このまま引き下がるのは、悔し過ぎる。もう一度、今の車両で勝ちたい。来シーズンまで、徹底的に弄り直してみよう。既に来シーズンは、始まっているのだから。
Posted at 2012/08/29 15:37:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | ムソウシン | 日記
2012年08月03日 イイね!

初日

初日午前中、車検。今回も早々にパス。
午後は、予選。予定通り、サラッと流して総合6位に付ける。
明日の本番では、総合3位以内が目標だが、、、高価なガルバリウム砒素太陽電池を搭載した車両が、3台に増えてしまっている。エネルギー的に奴らとは対等に戦えないが、そのうち少なくとも1台を捉えなければ目標達成はできない。厳しい展開になっている。
Posted at 2012/08/03 23:09:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | ムソウシン | 日記
2012年08月02日 イイね!

いよいよ

いよいよ鈴鹿サーキットピット搬入終了。
明日は、車検とグリッドを懸けた予選。予選は、無理せず、本番を想定した走りを行い10位程度を目指す予定だ。



あくまでも、予定だ。
Posted at 2012/08/02 20:28:14 | コメント(5) | トラックバック(0) | ムソウシン | 日記

プロフィール

「[整備] #TTクーペ ミッション&クラッチ、フライホイール https://minkara.carview.co.jp/userid/1325175/car/3051504/6634194/note.aspx
何シテル?   11/19 12:15
次世代エネルギーによる自動車レース参戦。その対極にある旧車レース参戦。 次世代エネルギーレーシングカー製作。 本業、某業種デザイナー。 日本及びア...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/8 >>

   1 2 34
567891011
12131415161718
19202122232425
262728 293031 

リンク・クリップ

ESP警告点灯 プレッシャーセンサー交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/11/18 22:40:33
冬タイヤホイールを塗装(後編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/11/09 22:21:32
[三菱 パジェロミニ]PIAA ルーフラック スタンダード 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/09/14 12:03:07

愛車一覧

ドイツその他 その他 プラス (ドイツその他 その他)
VRにプラス用キールを付けてチューニングした機体。 主翼の剥離流の影響を受けにくい位置に ...
ケータハム スーパースプリント1700 ケータハム スーパースプリント1700
いつの間にか、長い付き合いとなってしまったセヴン。最近は、この車で「アガリ」で良いな。と ...
ドイツその他 その他 ドイツその他 その他
ひょんなことから乗ることになったVQのニューモデル。 軽量化されたリーディングエッジのC ...
その他 モータースポーツ関連 夢創心2019 (その他 モータースポーツ関連)
2019BWSCオーストラリア縦断レースに向けて設計製作した新車。 2017年のレースで ...

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.