• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

真迅帝のブログ一覧

2013年05月31日 イイね!

R33 GT-R LM-Limited との出会いはこんな感じでした!

R33 GT-R LM-Limited との出会いはこんな感じでした!








今回は自分と R33 GT-R LM-Limited との出会いについて書いてみようと思います。

今の愛車である R33 GT-R LM-Limited に乗り換えたのは2011年10月になります。

自分は元々スポーツカー好きだったため、いつかは GT-R に乗りたいという『夢』を持っていました。
そして良程度の GT-R が減りつつある事もあって「乗るなら今しかない!」と思い
GT-R の購入に動き出したわけです。
そしてターゲットとなる GT-R は、予算と普段の使い勝手を考慮して R33 GT-R に絞って探すことにしました。

R33 GT-R を探し始めた時の希望条件は・・・
・後期型モデル
・ボディカラーはミッドナイトパープル・ホワイト・ブラック・ディープマリンブルーのどれか
・ノーマル状態(マフラー交換程度の小範囲改造ならOK)
・修復歴なし

初めは GT-R の専門店と日産ディーラー系の中古車店を中心に探していましたけど
なかなか希望の条件に合ったクルマが見つからず、それから探す範囲を
少しづつ拡げて色々なショップさんの GT-R を見て回りました。
見て回っていると希望条件に近いクルマも何台か見つかりましたけど
ナゼか何か違う気がして購入を決断できずクルマ探しが続きました。

そんな感じでクルマを探し続けて半年くらいの時に、こんな R33 GT-R を見つけました。
・中期型モデルの限定車LMリミテッド
・ボディカラーはチャンピオンブルー
・マフラーと足回り(車高調整キット)が交換済み
・修復歴なし

希望条件とはだいぶ違うクルマだったんですけど、限定車で珍しいクルマだし、
お店もそう遠くないし、見に行くだけならと軽い気持ちで現車の確認に行きました。

そしたらですね・・・ハマっちゃったんですね、コレが!
まさに一目惚れでした。
理屈じゃなく感性で「コレだっ! コイツしかない!!」って思ったんです。
クルマとの出会いって本当にあるんだなって思った瞬間でした。

そして、なによりも気に入ったのが「チャンピオンブルー」という鮮やかなボディカラーでした!!

クルマを確認・試乗したら、もぅすぐにでも契約したい気持ちだったんですけど
ただ気になることもありましたので、冷静に判断するため当日の返答は保留にして
とりあえず一週間は考えました。

気になっていたのは・・・
・相場よりも少し高い値段
  ⇒これは限定の希少車ということで仕方ありませんでした。
・クルマ買い取り店(アップル)での販売であること
  ⇒後にGT-R専門のメンテナンスショップ(NAKANE RACING DESIGN)からの
   販売委託車両だったことが判明したので気にすることではありませんでした。
・車両保証なし
  ⇒これは最後まで悩みました。
   数回の試乗と隅々までクルマの状態を自分で確認しましたけど、やはり最後「覚悟」でしたね。

一週間という時間をかけて冷静に考えましたが、やっぱり欲しいという気持ちから購入を決断しました。

GT-R購入を決意した理由は・・・
・チャンピオンブルーのLMリミテッドは希少であった事
・後期型のプロジェクターライトとフロントリップに交換されていた事
・走行距離は伸びていたがメンテナンスはキッチリされていた事
・お店の担当者さんの対応がとても良かった事

また嫁の「欲しいなら買っちゃいなよ!」のありがたい一言に後押しされたのも大きかったですね。
理解ある嫁で本当に助かってます。

そんなこんなで購入したのが今の愛車です。

ちなみに購入後は心配していた大きなトラブルもなくRライフを楽しんでいます。
購入後に起きたトラブルといえばフロントドラシャブーツ切れくらいですね。

そしてRに乗ることをきっかけに「みんカラ」を始めて、こちらのブログつながりから
たくさんの方と知り合え、またお会いすることができ、Rを購入して本当に良かったと思っています。

これからも自分がこのクルマの最後のオーナーとなる様に
頑張って維持していこうと思います。


Posted at 2013/05/31 22:12:57 | コメント(13) | トラックバック(0) | クルマ
2013年05月27日 イイね!

インターステート・ファーストインプレッション!

インターステート・ファーストインプレッション!








インターステートのタイヤに履き替えて200Kmほど走ってのインプレッションです。

今回の『INTERSTATE Sport IXT-1』はインターステートのラインナップの中でも
スポーツ向けのタイヤというだけあってタイヤのパータンは良いですね。
V字カットのいかもにスポーツって感じのパターンになっています。
ただタイヤパターンは左右対象で回転方向性がありますので左右のローテーションは不可となります。

いままで使っていたコンフォート系のタイヤと比較するとロードノイズが大きくなりました。
この辺りはスポーツ系タイヤですから仕方ないですね。
ただロードノイズは「ゴォー」という大きい音ではなく「フォー」という感じの音なので
(わかりづらい表現で申し訳ないです・・・)耳触りということはありません。

乗り心地に関しては変なゴツゴツ感もなくスポーツ系タイヤとしては良い方だと思います。
気になったのは、ちょいスピードを出してコーナリングするとタイヤがたわむ感じがします。
この辺は乗り心地の性能とのトレードオフなんでしょうね。

有名メーカーのタイヤと比較すと絶対的な性能は低いかもしれませんが
とりあえず普段使いなら十分なタイヤだと思います。

総合的な判定としては可もなく不可もなくといったところです。
話に聞いたとおり平均的な性能のタイヤといった感じですね。

あとはライフがどれくらい持つのかが気になるところです。
Posted at 2013/05/27 19:03:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2013年05月25日 イイね!

パンク、そして、タイヤ交換しました!

パンク、そして、タイヤ交換しました!








今朝クルマを動かそうとしたら、なんかいつもと感じが少し違っていたので
よく見てみると・・・

なんとパンクしてました!

タイヤは見事にエアーが完全に抜けきっています。
昨晩にクルマを動かした時は問題なかったはずなので夜の間にエアーが抜けてしまったんだと思います。

とりあえず応急タイヤに履き替えてタイヤショップさんへタイヤ交換に行ってきました!


今回お世話になったタイヤショップさんはこちらのお店になります。

「フジコーポ・スペシャルブランド新大宮バイパス店」さんです。
ちなみにフジコーポは KONDO Racing Team のオフィシャルスポンサーさんでもあります。

お店のスタッフさんに適合サイズの在庫を探してもらい、パンクした以外の3本のタイヤも
そろそろ交換時期だったので、今回はこちらタイヤを4本同時に交換しました。

『INTERSTATE(インターステート) Sport IXT-1 235/45R17』

本当はタイヤメーカーのフラグシップクラスのハイグリップタイヤを
入れたいところですけど、なにせ my-R は普段の移動にも使っているクルマなので
ランニングコストを抑えるため今回はコストパフォーマンスで選びました。

そしてタイヤ交換作業中です。
お店のスタッフさんには丁寧に作業していただきました。


インターステートのタイヤは平均的な性能といわれているので普段使いなら十分ですね。
交換してから少し走ってみましたけど、今のところ特に不満はありません。


そして、やっぱ新しいタイヤの香りってイイですよね♪
Posted at 2013/05/25 20:03:41 | コメント(9) | トラックバック(0) | クルマ
2013年05月24日 イイね!

たくさんの「イイね!」、有難うございました!

たくさんの「イイね!」、有難うございました!








先日アップしましたR33についてのブログですが、予想以上の反響に驚いております。

「イイね!」を付けてくれた方、「コメント」や「メッセージ」を送ってくれた方、
また今回初めてコメントを入れてくれた方も数名おり、本当に有難うございます。

なによりも嬉しかったのがR33は良いクルマだと賛同してくれる方がたくさんいたことです!
これには本当に勇気づけられました!!

これからもクルマ中心の(チョットR33びいきな感じの)ネタでブログを
アップしていこうと思いますので、皆さん今後もどうぞ宜しくお願いします。
Posted at 2013/05/24 20:47:11 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ
2013年05月23日 イイね!

BCNR33 GT-R

BCNR33 GT-R








第2世代GT-RはBNR32/BCNR33/BNR34と3台のGT-Rがありますが
中でもBCNR33は不人気車といわれています。

中古車市場でも同程度のBNR32とBCNR33の価格が逆転しているのは珍しくありません。

いまさらですけど、この不人気の原因を少し考えてみました。

そもそもBNR32/BNR34とBCNR33には開発の過程に大きな違いがあります。

R32とR34のスカイラインはGT-Rを見据えて開発されたクルマなので
専用シャーシから開発されています。

しかしR33のスカイラインは既存のシャーシから開発されたクルマで
専用シャーシというわけではありません。

つまりBNR32とBNR34は初めからGT-Rを作るという目的で開発されたクルマを
ベースとしているわけですけど、BCNR33は既存シャーシから開発された
スカイラインをベースとしているんです。

要するにBCNR33というのはR33スカイラインからGT-Rに進化したクルマ、
いわゆるR33スカイランのエボリューションモデルなわけです。

スポーツカーとして専用設計されていないR33スカイランをGT-Rに仕上げる苦労は
並大抵では無かったと思います。
ですがBCNR33はBNR32よりも格段に性能が向上したクルマとなりました。
これを成し遂げた開発陣は本当に凄いと思います。

このようにBCNR33は厳しい環境の中で成立したGT-Rなんです。

大柄となり重くなったボディ、歴代スカイラインの角張ったデザインとは異なるスタイリング、
また偉大な功績をもつBNR32と、排ガス規制のため第2世代最後のGT-RとなったBNR34と、
そんな特別な2台のGT-Rの間となってしまったなど、色々な影響が相まって人気が
上がらないんだと思います。

ただBCNR33はとってもいいクルマです。
大きいボディが不人気の原因とされていますが、後部座席は2ドアクーペでは
あり得ない位の居住スペースがありますし、
(本当に普通に4人乗れます。家族持ちの自分は非常に助かっています。)
また大きなボディは安定性に直結するので、どんな速度域でも不安ななく踏めるクルマです。

いまさら皆さんにBCNR33を好きになって欲しいとまでは思いませんけど
決して性能ではBNR32/BNR34の2台より劣っているわけではないことは
理解して欲しいですね。
Posted at 2013/05/23 21:13:00 | コメント(22) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「R's Meeting に行ってきました! http://cvw.jp/b/1328485/40386147/
何シテル?   09/10 20:31
真迅帝です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ファン

65 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
日産 スカイラインGT‐R LM-Limited に乗っています。
日産 スカイライン 日産 スカイライン
過去所有のクルマです。
トヨタ スープラ トヨタ スープラ
過去所有のクルマです。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.