• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

イッテツガエシの愛車 [トヨタ SAI]

愛車プロフィール

イイね!
トヨタ SAI
トヨタ SAI トヨタ SAI トヨタ SAI トヨタ SAI トヨタ SAI
31年3月、諸事情から過去所有の車になってしまいました。 ほとんど乗ることがなくバッテリー上がりも頻繁で...、だったら最初から買うな、と言われそうですが、、一応3年少々所有しましたので当方としては長い方かもしれません。すごくいい車でした。
 以下は前回までの投稿内容になります。
 ------------------

昨年27年11月注文から2か月。 28年1月末、SAIがわが家にやってきました。
 
 これから時間が取れ次第、いろいろと掲載させていただきたく思いますが、
 何せナビ類はもちろんマットもバイザーも一切のオプションなしでの購入ですのでこれから追加で取り付けるものが多すぎて...、さて何から手を付けるか...。

 ところで、

-----今回SAIを選んだ最大の理由-----
・4ドアセダンの中級以上の車
・先進の各装備が充実していて
・時代の流れに乗ってハイブリッド車を
・やたら大きくないサイズの車、かといって小さすぎない事
・上記と重複しますが取り回しが良いこと
・安定感があって静かで疲れない
・ある程度のパワー感があり
・足回りがしっかりしている事
・社外ナビが取り付けられて
・オーディオ関連を好みのものに変更できる事
・それ以外にも各所に小改造できる余地のある車

----など,まだまだありますが、

 覚えきれないほどの車種はあれど、4ドアセダンにおいては意外と選択肢が少ない現状です。
 実をいうとプレミオあたりが欲しかったのですが、あいにくこちら次期HVモデルへの端境期ということもあって、現時点でカローラの次は一足飛びにマークX、クラウン系、SAI、レクサスシリーズしかないのです。
 そんな事情からアクシオ → SAI 購入の運びとなりました。

 本来なら上級グレードを選びたいところですがあえてS/Cパッケージを選んだのは、実はナビの問題だけで...。
 純正ナビの場合、他との関連があるためいろいろいじれないという問題だけでなく、(以下はあくまでも個人的な好き嫌いの問題で恐縮ですが)その中央高い画面位置(=外から丸見え&運転中目障りな位置)自体がどうもなじめません。慣れの問題でしょうけれど個人的にはどうも...△。
 ついでにも一つ、恐ろしく高価な純正ナビシステムになりますが、その割にナビ/オーディオ機能/性能は実質、社外ナビの廉価版クラス同等でしかありません(失礼をお許しください)。SDオーディオはマイクロSDでアートワーク表示さえできません。純正品ですので当然ながら走行中の操作制限解除問題やアンプ、ウーファー追加変更なども難しい面があります。...そのような事情ですので、あいにく当方に限って言えば、という事なのですが目指すところが違うのです。
 このナビ問題がなければ迷わずGグレードを選んでいたことでしょう。残念ですが装備の貧相なS/Cパーケージで我慢するしかありません。


----SAIに乗っての率直な感想-------

まだ走行が少ないですので今時点で感じた事だけ...

<スタイル、内装>
・ボディースタイルをはじめ、各ライト類も今風のLED多用による装飾で全般的にやや派手気味なデザインですが、それらは品を落とすことなくうまく高品位にまとめあげられていると思います。
・些細な事ですが...、カタログに記載がありませんがホーンは平型でなく最初から渦巻ホーン仕様になっています。

・内装色が選べます。今回、ウッド調も含めて希望の黒系内装が選べて良かったです。
・シートは布系ですがまるで本革のようなタッチで非常に気に入っております。ただ、そのつるっとした表面には少々キズが付きやすく、またそのキズも目立ちやすいようですので要注意ですね(特に黒系シートの場合)。

・室内各イルミが、これまで当たり前だったグリーンから変更になってすべて薄青になっています。これはすごく気に入っており自前でのチップLED換装の手間が省けました。
・イルミと言えば意外と表だって評価の対象になっておりませんが、ACC連動でセンターコンソール付近をスポット照射するランプが天井前ルームランプ内に内蔵されています。これは隠れたありがたい装備だと思います。そういえば昔乗っていたY30グロリアにも同じ装備がありました。

・最新型の傾向として全高が低くなる傾向にある中、こちらは逆に全高、座席位置ともにやや高めで、見た目以上に全高があります。
・この高さゆえ、乗り降りは楽で視界の方も良好です。
・また、実際のサイズ以上に車が大きく見えます。

・一方で、このシートポジションを含めた目線の高さに今はもう慣れてしまいましたが、最初はどうも落ち着かなかったものです。少なくとも沈み込むような低いシートポジション好みの方には向きません。

・ちなみに、たとえばこの屋根の高さは長身でない限り洗車するとき屋根中央に手が届かないそんな高さになります。


<運転してみて>
・事前の予測通りにサイズがさほど大きくないため細い道でもスイスイ、狭い駐車場でも楽々、運転に気を遣うことがなく快適で楽チン、全然ストレスがありません。 

・トヨタのHV=燃費マシーン、という事で事前に全く期待していなかったのですが、これがなかなかどうしてパワー感があって足回りも比較的ダンピングがよく効いていてキビキビと走ります。


<燃費>
・正確な長期データが出次第、後日追記しますが、今のところ(まだ走行3000km程度)15km/L付近を推移しております。
 この先フリクションが取れて車の癖にも慣れてくるともっとよくなるかとは思いますが、現状チョイ乗り中心で14~16.5km/L付近で推移しております。


<快適性>
・前ドアは厚みがあってどっしりした感じですが、開閉感はその割に特筆するような重厚感はなく意外と普通+α程度です(もちろん悪くはないですが...)。
・一方、リアドアの開閉感はひどい状態で車格に見合った高級感など微塵も感じられません。立て付けもいまいちうまく決まっていない感があり、おそらく外面のあわせと確実なロックを重視した結果でしょう。
※これらは後に微調整、⇒改善され快調 になりました。

・HVでもあり基本的には気密性の高い静かな車内空間なのですが、
・残念ながら想定外にロードノイズがうるさく著しく品位を落としていると思います。特に荒れたアスファルトやコンクリ―ト路面でひどく、その点においてはカムリはいたって静かですので完全に負けています。ロードノイズに関しては、どうかするとフィールダーと大きく変わらないような、そんなレベルです。
・しかもタイヤには最上級グレードで静粛性の高いアドバンデシベルが標準装着されているにもかかわらず(しかもこれ60偏平で)、という事ですからこれには少しがっかりです。
※走行中ストレスになる騒音の大半はロードノイズ(タイヤのパターンノイズとはまた違った振動をともなった「ゴー」といったノイズ)だと思います。
 エンジン音やその他の機械音、タイヤのパターンノイズといったものは意外とノイズでなくサウンドとして受け入れられるものですが、この振動に近いロードノイズというのは品を落とす不快なものでしかありません。
  このあたりはクラウンなどとは少し違った、しょせんプリウスベースの車であることを感じさせてしまう残念な一面です。

・前記事情によりS/Cパッケージで我慢したこともあって先進の豪華快適装備はほとんどついていません。
・カムリのようにGパッケージのナビレスを用意してほしかったですね。

・あと、トランクですが、高さはありますが基本奥行きがなくかなり狭いです(特に前部がHB機構に占拠されていて狭いです)。カタログでは容積--L等、大げさに書かれていますがこは高さで確保しているだけのことです。
 現にアクシオ(ガソリン車)オプションだったそのトランクマットをそのまま使っていますが前後は20cmくらい持て余し気味です(つまり前後奥行きは狭いという事です)。
 ただ、幅自体はしっかりありますので長めのゴルフ用品や釣り具積載(横置き)に困ることはなさそうです。
・それと、どうにかして少しの部分で構わないのでカムリのように部分トランクスルー機構ができないものかと思います。現状、緊急時の長物積載は無理です。

・上記のような問題をまとめると...、「カムリを買えば、」と言われそうですが駐車スペースなどの諸事情がありましてカムリではサイズが大きすぎて困るのです(特に車幅)。それにデザインもこちらの方がスマートで断然気に入っています。
 

<その他>
・細かい部分まで気配りの行き届いた造りの良さはさすがだと思います。
・製造も非常に丁寧で正確。神経質な性格の当方ですがケチのつけようがないほどスキなく仕上がっています。
※ただ、前記のようにリアドア片側がいまいち決まっておらず、開けるとき「パッコーン」と軽い引っかかり音がします。でも問題はそれだけです。
・塗装も最新の「セルフリストアリングコート塗装」という事もあってか全く文句のつけようがないほどレベリング性が高く仕上がり状態ももどこからどう見ても完璧でピカピカです。
・もちろん価格帯も違いますが上記2点は前車のアクシオやアクア、それに現在使用中のフィールダーHVで感じたような手抜かり感は全く感じられず、どうかすると別会社の製造品かと思えるほどのえらい違いです。
 そういえばこちらSAIはレクサスと一緒の工場で生産されている車だそうです。

・そういえばもうひとつ、忘れていましたが、トランクのスペアタイヤスペース、それに後席裏床等の制振シートの貼り方は特に決まりがないのか乱雑で無茶苦茶に貼り付けられているだけのように思えてなりません。他の精度高い仕上がり具合とは妙に不釣り合いで少し気になります。
  
 ところで、この車、ひょっとすると名前を変えてもう少し安くすればもっと売れるのではないかと、ふとそう思うことがあります。
「かっこいいし欲しい、でもちょっと高いよね」というのが大方の意見です。この内容「…高いよね」には「高価な車」という意味以外に「割高感があるよね」という意味も含まれていると思います。レクサスHSも含めてプリウスベースの車なのですから。実際に購入し乗ってみた感じもまさにその通りです。
 少々手厳しい意見が先行してしまいましたが、この車がすごく気に入っっているからこそつい要望も多くなってしまいがちになります。そのあたりをご理解いただけますと幸いです。

 それと、この最近のホンダ車のフロントマスクが妙に似てきていて、SAI独自の風格、存在感といったものが薄くなってきていてどうも面白くありません。

<29年11月、購入から1年少々、後悔している事>
 自動ストップを付けておくべきだったと後悔しております。

 その他、気が付いたことがありましたら追記しますので...
グレードS“Cパッケージ”(CVT_2.4)
型式DAA-AZK10-BEXQB(C)
ボディーカラー
所有形態過去所有のクルマ

愛車ログ

2018年05月23日 整備手帳 カムリ用マフラーカッターを取り付けてみると...
2016年09月29日 整備手帳 ワイパーのビビり、飛びの対策を...、ものの数分で解消
2016年03月20日 整備手帳 ドアの立て付けを調整、開閉感、開閉音を最良に
2016年02月29日 整備手帳 ナンバープレートまわり(ビス、封印、枠)にこだわる
2016年02月22日 整備手帳 アンテナ端子改スポットランプ 光源のわからないマイルドな室内スポットイルミ ACC連動で

イイね!0件




ドライブが楽しくなるアプリ ハイタッチ!ドライブ

注目のオークション

 

おすすめアイテム

 

関連リンク

プロフィール

「[整備] #カローラフィールダー モデリスタ ローダウンスプリング装着による地上高を実測してみる https://minkara.carview.co.jp/userid/1332326/car/2744410/5279359/note.aspx
何シテル?   04/26 17:34
 何事もあきらめずにとことんやってみる。気になる事があればまずやってみてそれから考える、という方針です。そんなスタイルですからこれまでの失敗談といえば数えきれま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

トヨタ プリウス トヨタ プリウス
 状況一変し30年3月、なぜかメインがプロボックス→こちらプリウスになりました。  -- ...
トヨタ カローラフィールダー トヨタ カローラフィールダー
 数年前まで初期型NKE165ハイブリッドに乗っていながら今さらフィールダーでもないよう ...
トヨタ SAI トヨタ SAI
31年3月、諸事情から過去所有の車になってしまいました。 ほとんど乗ることがなくバッ ...
トヨタ カローラフィールダーハイブリッド トヨタ カローラフィールダーハイブリッド
 26年秋~これといった不満点もなく気に入って使っていた当車ですが、先日28年3月、ふと ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.