• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

イッテツガエシの愛車 [トヨタ プロボックスバン]

ナンバーフレームに続いてエムブレムも黒メッキ風に塗装

カテゴリ : 外装 > 外装 > 塗装・メッキ
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★★
作業時間3時間以内
作業日 : 2018年02月06日
1
 昨年ナンバーフレームの黒メッキ風塗装以来、ずっと気になっていたこのトヨタエンブレムを(そのナンバーフレーム同様の黒メッキ風に)塗装してみました。

 別にどうでもよい些細な事なのですが、これがいざ施工してみると、たったこれだけの事にもかかわらず車の雰囲気がガラッと変わってなかなかいい感じなのです。
2
 <工程>
①まず外傷なくエムブレを外すことから。
 写真のようにナイロン糸(こちらは8号くらいのソフトタイプが良かった)を水平にあててで両面テープを切り込むように進めて行くとご覧のように無事エムブレが外れます。
※なお、ゴミカミによるキズ付着防止
のため事前にエムブレ周辺を清掃しておくことをお勧めします。
※また、糸をあてる角度は必ず水平に、これを間違えるとエンブレの角が欠けますので要注意。
※その他、深いキズが入ってしまいますのでヘラなど絶対使わない事。
※また取り外しの際、エンブレは絶対起こしてはいけません。エンブレ角がボディーに干渉しキズが入ってしまいますので(最悪、凹んでしまうこともあります)。

 参考までに...、エムブレム(前側)は外してみるとご覧の位置に(位置決め固定用)穴が2か所ありましたが、意外にも後ろ側は穴なしでした。
3
②残ったノリの除去
 新車かそれに近い状態であれば指先だけで残ったノリは除去できると思いますが、もう一年以上経過した車でしかも気温の低い冬期とあればそう簡単には取れません。
 熱湯かけてノリを柔らかくして爪でポリポリ...というのも結構ですが、これだとすごく時間がかかってしまいますしこれが意外とキズも入ってしまうものですから、
 ここは迷わずトレーサーでサッと除去するのが賢明かと思えます。ものの数分で安全に完全除去できます。
※なお、このトレーサー(消しゴムのお化けのようなもの)は、何も機械仕掛けでなくともそれを手に取っての人力(まさに消しゴムを使うように使用する)でも充分役立ちます。
※ここでもつい爪先やヘラ等を使いたくなるものですが、致命的な線キズが入る恐れがありますので絶対に(爪やヘラ等を)使ってはいけません。トレーサーは(たとえば写真のような)クモリは出ても致命的なキズはまず入りませんから安全で心配無用です。

③キレイに磨く
 トレーサーによって発生したクモリ、これは外傷ではなくただのクモリですから簡単に落ちます。
 ここではポリッシャーミガキしましたが手ミガキでも十分きれいな肌に戻せます。
4
 エムブレムを外した状態。

 想定外にこれいいですね。穴や凹凸さえなければ間違いなく一切の装飾なし(エンブレなし)にしたいところです。
5
④塗装する

 メッキを生かしたいためクリアにわずかの黒原色を混ぜて塗装。

 塗料は2液ウレタン、エアブラシにて吹き付け

 まだ塗装していないメッキ素地のCH-Rエンブレ(中央)と比べるとこんな感じでちょうど現行ノアなどの黒メッキグリル同等かやや黒っぽいカラーになっています。

 なお、メッキを生かしたいですから下地処理にペーパーはかけません。写真のようなウォッシュコンパウンドで脱脂、下地処理しますがこれで十分塗料は食いつきます。
6
※両面テープ補修再貼り付けの際ははみ出さないよう気を付けます。はみ出しがあると見栄えが悪いです。
 両面テープの厚みは0.9~暑くても1.2mmくらいにとどめます。1.6mm超の厚手だと発生する段差スキマに砂泥が詰まりやすくなりますから。
7
 ポリッシャーはこれが一つあると何かと便利です。

 最近発売された「マキタBO6050」

 流通価格\25,000-程度のものですが、ダブルアクション、ギアアクション両用で微低速も使え、パッドも国産唯一の150mm仕様で、これなかなかいいです。
 同様な製品に「ドイツ製のROTEX ロテックス フェスツール RO 150 FEQ-PLUS」¥100,000弱のものもありますが、はっきり言ってこちらマキタの方が数段優れていると思います。

 中でも致命的とい言えるのは、ローテックス150は暑い時期に弱い事です。涼しい気候のドイツなら問題ないと思いますが、夏場の日本の30度超~どうかすると35度を超えてしまう猛暑の中においてはで使用時、手に持てなくなるほど熱くなってしまいますので夏場は使いづらいです(といいますか使えません)。
 加えて微低速が使えない、音がうるさく(特に高周波がきつく)長時間使うと次第に耳鳴りがしてくるなどの欠陥もあります。
 それがこちらマキタBO6050においてはそういった欠点がないのです。絶対的な研磨力や耐久性も変わりませんから何かといいことづくめなのです。
 
 お勧めのバフは「コンパクトツール」のこのバフ。パッドを包み込む安全な構造のうえ、絶妙な角成型されており、かつ安定した品質で超耐久、しかもそう高価でもありません。
8
 撮影時が薄暗かったため写真がうまく撮れていませんが、明るいところでは微妙な黒光りが黒ボディーと合っていてなかなか新鮮です。

 なお今回、前側だけは今後の飛び石キズ付着→補修もあり得ることも考慮の上、あえて色合いを薄めの設定としたのですが、本来ならもっと濃くすべきだったでしょう。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

雨漏れ撃退!!!

難易度:

フェンダーライナー歪み取り

難易度:

ボンネット塗装

難易度:

CURTルーフキャリア

難易度:

180221_エアクリーナー交換

難易度:

ZN6ウレタンステアリング取り付け3

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「[整備] #ワゴンRハイブリッド 純正一体型フロアマットを切って2分割式にすると...、これがなかなかいけます。 https://minkara.carview.co.jp/userid/1332326/car/2361456/4942339/note.aspx
何シテル?   09/01 17:36
 何事もあきらめずにとことんやってみる。気になる事があればまずやってみてそれから考える、という方針です。そんなスタイルですからこれまでの失敗談といえば数えきれま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

ファン

42 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ プリウス トヨタ プリウス
 状況一変し30年3月、なぜかメインがプロボックス→こちらプリウスになりました。  -- ...
トヨタ SAI トヨタ SAI
昨年27年11月注文から2か月。 28年1月末、SAIがわが家にやってきました。   ...
スズキ ワゴンRハイブリッド スズキ ワゴンRハイブリッド
 29年3月11日、新型ワゴンRが我が家にやってきました。契約から納車まで一週間少々とい ...
トヨタ カローラフィールダーハイブリッド トヨタ カローラフィールダーハイブリッド
 26年秋~これといった不満点もなく気に入って使っていた当車ですが、先日28年3月、ふと ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.