• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Nackyのブログ一覧

2013年03月31日 イイね!

Dreamland(2)【ゴールデンウィーク最終日】

Dreamland(2)【ゴールデンウィーク最終日】【書きなぐるままの短編小説】Dreamland(その2)~ゴールデンウィーク最終日


21才のゴールデンウィークの最終日、僕はその年のGWも特にどこにも行かなかった脅迫観念から、とにかくどこかに行きたかった。いや、心の中でGWは何となくどこかに行かねばならないと、ガキの頃から心に決めているといったほうがいいのかもしれない。思い立ったら大急ぎで昼飯をかき込み、ガレージのYAMAHA RZ250に跨がると、都心から関越道に乗り、五月晴れの空の下を北東の方向に向け走っていった。とにかく知らない場所を走れるなら、行き先などどこでもよかった僕は、途中の名も知らぬインターチェンジで関越道から下りると、田舎道を気ままに走り続けた。起伏の少ない東京と千葉で生まれ育った自分にとって、関越道周辺のアップダウンの続く道や、遠くに山々を抱く風景は新鮮だった。当てもなくワケもなく走り回っているうちに、陽が西に傾きはじめ、辺りは少しずつ暗くなってきた。と同時に、気温も急激に下がり始め、昼間の汗ばむ陽気につられてポロシャツ1枚という軽装でここまで来てしまったことを悔やみ始めた。暗いし寒いし空腹だしで、妙に心細くなり始めた僕は、とりあえず帰ろうと思い、さらにスロットルを開け走り続けた。


気が付くと、僕は群馬のはずれの見渡す限りの田園風景の田舎道で、完全に道に迷ってしまっていた。陽はとっぷりと暮れて、あたりは真っ暗闇。民家はほとんど無く、街灯は数百メートルおきにポツリポツリと灯る切れかけの水銀灯だけだ。まるで提灯のように心細げなバイクのヘッドライトに照らし出される道はやけに狭く、フロントフォークが激しく上下するほど路面が良くない。恐らく、あぜ道にアスファルトを流しただけの簡易舗装なのだろう。もし、この暗がりの中、路面に大きな段差やヒビ割れがあれば、RZ250では転倒してしまうだろう。僕は肩に力を入れたまま、イヤな緊張感とともに何処ともつかない田舎道を、姿の見えない幹線道路を目指して走り続けた。ようやく農家と思える民家を見つけ、最寄りの高速道路インターチェンジへの道のりを尋ねてみると、かなり離れてしまっているのか、説明にも困っている様子で、道のりを聞いていてもサッパリ分からない。とりあえずの礼を言い、言われた方向へと再び走り出した。心細さと辺りの暗さ、そして空気の冷たさの中、家で心配して待っているであろう家族の顔や、明日の朝には大学の1時限目の教室にいなければならない焦りなどが一気にこみ上げ、半ベソ状態だった。田んぼでやかましいほど大合唱しているカエルとオケラの声だけが、自分を励ましてくれているようだった。

次の瞬間、遠くの低い位置に一筋の明るい星が見えた。走るにつれその星は次第に近く大きくなり、やがてそれは、この土地を走る路線バスだと分かった。こんな時間にもう最終バスなのだろうか、赤く照らされた行き先表示灯には「沼田駅」の文字がボンヤリと見えた。良かった、このバスについて行けば、少なくとも沼田の街に出ることができる。そしてそこから関越道までの道を探せばいいのだ、と少し安堵した。前をガタガタと走るバスに、古びたディーゼルエンジンの排気煙を浴びせられながらも、僕は明朝寝坊する言い訳をボンヤリと考えていた。と、次の瞬間、バスの薄暗い車内に、鋭い赤紫色の光線が走った。その「次停まります」と書かれた小さな赤紫色のランプは、座席に座っていた小さな子供が懸命に手を伸ばしてボタンを押したのだった。

しばらく走ると、今にも崩れそうな木造の小屋があるバス停に停車した。小屋には、由美かおるが太ももとパンツをエロく見せている「アース渦巻」のブリキの看板と、浪花千栄子が思いっきり笑いながら小瓶を差し出す「オロナイン」のブリキの看板が、点滅している蛍光灯に暗く照らし出されている。


炭酸飲料の栓を抜くような音とともにバスの扉が開き、親子連れと思われる三人が降り立った。父親を中心に小さい子供が二人、遠くに見える民家の灯りの方角に向け、ゆっくりと歩き出した。父親の吸うタバコの火が、暗闇の中で大きくなったり小さくなったりしている。その瞬間、ここは少しも暗くて寒い場所なのではないと悟った。ここは彼等にとっての温かい地、自分達のふるさとなのだ。ちっとも寂しい土地などではない、温かい家族が住む、温かい土地なのだ。ふと見上げると、夜空には満点の星空と天の川、そして遠くには美しい山々の稜線が、蒼い月の光に照らされてクッキリと浮かび上がって見える。そう、そこは偶然にたどり着いた夢の国だった。さあ、先に走り去ってしまったバスを追いかけ、またひとっ走りだ。僕だって、自分の街に帰らなければならないんだ。


〜 その(3)に続く(…かもしれない…^^;)
※その(1)はこちら
Posted at 2013/03/31 08:27:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | モーターサイクル | 日記
2013年03月28日 イイね!

Dreamland(1)【夏の終わり】

Dreamland(1)【夏の終わり】【書きなぐるままの短編小説】Dreamland(1)~夏の終わり


夏の終わりは、いつだって秋の終わりよりずっと寂しい。
17才の夏の終わり、その夏の最後の熱帯夜になる日だった。当時、自転車に夢中になっていた僕は、バイト代をつぎ込んで買った、大切なツーリング用のランドナーを盗まれたばかりで、失意のドン底にいた。その失意の中、悪友が買ったばかりのYAMAHAミニトレ50をなかば奪うように借りると、強烈な午後の日差しが降り注ぐ中、自宅から房総半島に向け走り出した。それまでスクーターにしか乗ったことがなかった自分は、その「ギア付」モーターサイクルにすぐに夢中になった。当時の原チャリはノーヘルでもOKで、延々と続く京葉工業地帯を右に見ながら、スレスレを追い抜いていくダンプやトラックの風にヨロけ、舞い上がるホコリが目に入って涙を流しながらも、夏の終わりの陽光の中を南に向かって走り続けた。


しばらくすると、あれほど同じような煙突と工場の続いた風景も終わり、道路も片側1車線となって田舎じみてきた。右手には東京湾がきらめき、最後の海水浴を楽しむ若者や家族連れの姿も見える。僕は海沿いの国道から、何の気なしに左に曲がってみた。そこは、今までに一度も通ったことのない田舎道だった。周囲はほとんど田畑か雑木林で、辻に集落がポツポツとあるぐらいで、すれ違う車もほとんどない。集落を通り過ぎる時、庭に枯れかかったヒマワリのある大きな農家から、虫取り網を持ったガキんちょが俺に向かって手を降っている。僕は妙にいい気分になって走り続けていると、急にエンジンの調子がおかしくなって咳き込み始め、とうとう止まってしまった。汗だくになりながら、足が折れると思うほど何回もキックしても、エンジンは一向に息を吹き返す気配もない。「ヤバい、壊しちまった。奴にどうやって言い訳しよう…」と適当な言い訳を考えながらも、周囲には民家もほとんどない。汗をかきながらバイクを押してトボトボと歩いているうち、天の助けか小さいガソリンスタンドを発見した。大声で叫ぶと、サビだらけの店の奥から、麦わら帽子をかぶった初老のオッサンがメンド臭そうに出てきた。「バイクが壊れちゃったんだけど」と話すと、オッサンはタンクキャップを開けて中を覗きこみ、「ニイちゃん、ガソリンが入ってねーぞ」と、真っ黒に日焼けした顔でニヤッと笑った。その皮肉っぽい笑顔から覗く前歯は1本抜けていて、その顔に僕はなんだか妙に房総のイナカを感じてしまった。


ガソリン代の500円を払ってあっけなく息を吹き返したミニトレ50は、再び僕を乗せて房総半島を走り続けた。小さい交差点に差し掛かる度に、気ままに右に左にと曲がっているうち、すっかり道に迷ってしまっていた。道はどんどん細く暗くなり、とうとうジャリ道になってしまった。引き返すのもしゃくだったのでそのまま進み続けると、ジャリにハンドルをとられ転倒した。擦りむいたヒジをさすりながらも、薄暗い林の中の道をさらに進むと、突然視界が開け、そこには小さな湖があった。おそらく、訪れる人もほとんどいないであろうその小さな湖は、まるで社会の忘れ物のように、ポツンと存在していた。その湖水はどこまでも澄んでいて、水草が水面下にゆらめいている。それまで着ていた白いTシャツは、国道でダンプやトラックのディーゼルの排気ガスをたっぷりと浴び、汗をかきまくった上にホコリの中を歩いたことによって、すっかりドブネズミ色に変色していた。むき出しの腕は赤銅色に日焼けしてヒリヒリと痛む。僕はトランクス一丁になると、その湖面に身体をすべり込ませた。水はヒンヤリと冷たく、擦りむいたヒジに少しだけ水がしみたが、日焼けした腕には心地よい。背泳ぎでゆっくり泳いでいくと、時間はそこで止まっていた。聞こえる音は、遠くでさえずるコジュケイの声と、モリアオガエルやカジカの柔らかい鳴き声だけ。水草が背中をくすぐり、ときおり赤トンボが浮かんでいる僕にとまろうとイタズラをする。湖によって雑木林が丸く切り取られた空を見ると、うろこ雲が秋の訪れを告げている。傾きかけた太陽が、東の空と西の空を、まるでワインゼリーのように色分けして、そのうろこ雲を染めている。日常の感情を全て解き放ち、喜怒哀楽のどの感情にもシフトせず、ただありのままを受け入れる。それは、まさに「夢の国」だった。俺は、ガス欠や道に迷ったことによって、この時間にこの場所にいられる偶然に感謝した。そして僕は、この「夢の国」をずっと追い続けていこうと決心した。そう、モーターサイクルなら、またきっとそこまで行ける。

何年か後、中型免許をとってYAMAHA RZ250を買った僕は、その湖を探そうとしたことがあった。しかし、走っても走っても、どうしても見つけることができなかった。

誰も知らない湖は、確かに存在する。


〜 その(2)に続く 〜(←その2があるのか?^^;;;)
Posted at 2013/03/28 23:55:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | モーターサイクル | 日記
2013年03月18日 イイね!

旧車イベントでハッピー

旧車イベントでハッピー週末の関東は早春らしい穏やかないい天気。自身は仕事で非常に忙しくしておりますが、昨日の日曜は仕事の合間に一瞬抜け出して、横浜の赤レンガ倉庫で催されたテクニカルショップ・ハッピー主催の旧車イベントに遊びに行きました。旧いポルシェとランボ、そして適度に手が入ったクラシックLotusの数々は、非常に大切にされているという印象でピカピカの個体ばかり。そんな眩しいLotus軍団の中にあって、会場の端っこにつつましく置かれている適度にヤレた(失礼!)Type65ヨーロッパS2が…みん友の†ヒュウ†さんでした。彼女の愛車・LEONA号、いかにも走り回ってる感じの飛び石キズやFRPのクラックのヤレ具合が超カッコいい。


†ヒュウ†さんはご自身で描かれたイラストを即売してましたが、どれも味のある素晴らしい作品ばかり!迷わずヨーロッパS2、Special、47GTのサイドビューを描いたクールなイラストをゲット。さっそく自分のデスクに飾ってます(写真)。以前にヨーロッパを所有していたので、懐かしい気分に浸れた日曜の午後でした。


ところで、金曜(3/15)に非常に嫌な気分になる危険な出来事があり、自分の胸だけにしまっておけないので記しておきます。その日のAM10時ごろ、所用で館山自動車道の下り線を走行中、袖ヶ浦ICを過ぎて木更津北ICに向かう3kmほどの長い直線区間で、遥か後方からパッシングをバシバシ浴びせつつ右に左にと乱暴に車線変更をしながら猛スピードで接近してくる最新型の白いマ○ェスタが。その時自分は追い越し車線を法定速度+αで走行していたのですが、瞬く間に真後ろに張り付かれて激しいパッシング。危険な運転をしている奴は相手にしない主義なので左に避けようと思ったところ、たまたま大型トラックが列をなしており左に入れず、トラックの隊列を追い越す為やむなく一時的にスピードを上げたところ、マ○ェスタは車間わずか50cmほどで激しく煽ってきます。あまりにもウザいのでようやく左に避けて抜かさせたところ、猛スピードで抜き去りながら、さらに前方の車を煽って蹴散らし消えていきました。
ここまでなら別に単なるアホなドライバーで済んだのですが、数分走るとナゼか先ほどの暴走マ○ェスタが追い越し車線をトロトロと走っているところに追いつきました。こちらも飛ばしてはいなかったものの、あえなく後ろについてしまい「さっきの煽りは何だったんだよ。ノロノロ走るなら左に避けてほしいな〜」と思っていたところ、何を思ったのか白マジェスタは目の前でABSを作動させるほどのフルブレーキング!明らかに追突を誘発させる危険行為に、ポルシェのブレーキ性能だから何とか追突せずに済んだものの、こちらも後の車を巻き添えにするところでした。そしてその後がひどかった…マ○ェスタは左右に大きく蛇行しながら自分をブロック。こちらは同乗者もいるし相手にもしたくないので、かなり速度を落としても、前方でこちらが追いつくのを待って、超悪質な嫌がらせの連続。中央分離帯や側壁へのギリギリの幅寄せ、直前でのフルブレーキ、目の前をナナメに横切ったりの嫌がらせオンパレードを10km以上に渡って何度も執拗に続け(マジ殺されるかと思った)、突然スピードを上げて君津ICで下りていきました。もし自分の暴走で周囲の車を巻き込んでしまったらとか、そんなコトも考えられないのか…つか、そもそも俺オマエに何かしたか?もしかすると煽られたと勝手に勘違いしたのかもですが、そーいう奴は自分は散々煽りまくるくせに、自分が後続車に接近されると必要以上に腹を立てるんですかね(苦笑)。独善的っつーか呆れるほど利己主義つーか。それほどアタマにくるのなら、自分の煽り運転が他人をどれほど嫌な気分にさせてるのか分かってると思うのに、のうたりんか真性バカなのか??

自分は高速ではあまり飛ばさない方だし、マナーの悪いドライバーに対してそれほど腹を立てる方でもありません(単に関わりたくない)が、そのマ○ェスタの暴挙には呆れ果てました。今思えば、スマホで撮影しておけばよかったかも。ドライバーは40才ぐらいと思われる、くっそダセー髪型に死ぬほどダサいセーターを着てマスクをした、きたねーオッサン。一応晒しておきますが、千葉ナンバーの白い最新型マ○ェスタ。テメーのことだよ。よそでそんな運転して、千葉ナンバーの恥さらすんじゃねーぞオイ。

腹立つこともあったものの、まあそれも公道で車やバイクに乗っていればよくあること。幸い事故も起こさずに済んだし、プチイベントぐらいにとらえて、後日に「バカなドライバーがいたよなー」と笑い飛ばすぐらいがいいかと思います。どんな高性能車に乗っていてもバカはバカで死ななきゃ治らないので、頼むから他車を巻き添えにしないで事故って勝手に死んでくれ。どうしても勝負したいのなら、サーキットでいつでも相手になりまっせ。こっちがポルシェで不公平つーなら、腕には多少の自信はあるんで、なんならサーキットで別にオメーの自慢のマ○ェスタと自分のケイマンを取り替えっこして勝負してもOKよん♪

※長文乱文乱筆失礼^^;
Posted at 2013/03/18 13:14:34 | コメント(10) | トラックバック(0) | よろず | 日記
2013年03月13日 イイね!

死を受け入れられなくて

死を受け入れられなくて【追記】ご要望を頂戴し歌詞を本文中に掲載しました。

---------------------

このところ仕事がいつにも増してモーレツに忙しくて家にも帰れず眠る時間もないので、みんカラも放置状態につきフレンドの皆さんの状況を見ることができてましぇん(;_; 幸いにして、どれほど寝なくても身体が異様にタフなので何ともないのだけど、この良い季節に自分の時間がゼロなのが悲しゅうて悲しゅうて。

遠く先々週の防備録になってしまうけど、日曜は休めたのでぶらりと房総まで。白浜で見つけたイタリア料理店「オドーリ・キッチン」に立ち寄ってみたら、料理がどれも美味しくてビックリ。シェフは気さくだし店はオシャレだしで、また行ってみよう。しかし、自分みたいなオッサンには逆にオシャレ過ぎて場違いになるか(苦笑)。店の黄色い看板とステップワゴン、Caymanのレッドとのコントラストが妙にラブリーだったので撮ってみた。天気が良くないのが残念。


帰路に外房の御宿ビーチに立ち寄ってみると、この寒い中多くのサーファーが。よくもまあ、よっぽどモノズキなんだな〜と思って眺めてると、真冬にバイクツーリングに出かける自分も同じなんじゃないかと思い、妙に納得してみたり。と、のんびりカメラを構えていたら、運良く素晴らしいシャッターチャンスが。


あの恐ろしい東日本大震災からちょうど2年。犠牲になった方々や被災された方々の気持ちを思うといたたまれない。自分も震災後に精神バランスを著しく崩してしまい、数ヶ月間は何もできない状態だった。何をしても心が晴れず、仕事にも力を出し切れない。ずっと続けていた音楽も創れなくなり、楽器に触ることもできなかった。好きなスポーツをする気も起きず、バイクやクルマにも乗りたくない。そういえば、一時期ガソリンが入手困難にもなったことが思い出される。まるで廃人のような状態で、その年のゴールデンウィークに予定されていたライブイベントにヨロヨロと出演し、別れや苦悩、決意について書いた歌を力なく演奏した。今思えば何とも情けない演奏と歌だったと思うが、そこにいたお客さんから前向きなパワーと声援を頂いたのであった。

そして、そこから怒濤の曲作りが始まった。心に溜まっていたことを吐き出すように、一気に40曲を書き上げ、うち30曲ほどを短期間でレコーディングした。それまで楽器に触れることすらできずにいたのに、一気に曲と言葉があふれ出てきた。もちろん商売になど一切ならない。単純にその時期の気持ちを出さずにはいられなかっただけの、自分本位の身勝手な行動だ。中でも最も暗い曲「インヴィジブル」は、不慮の事故や災害や病気で、ある日突然命を奪われてしまった人が、自分の死を受入れることができない気持ちを歌っている。曲のエンディングには、ミニー・リパートンの名曲「Lovin' You」を繋げているのだが、オッサンが歌うと、ちとキモい(~~;

【Invisible 歌詞】
街を駆け抜けてドアを通り抜け 君のもとまで来たけど
僕の姿は誰にも見えない もちろん君にもわからない
人の噂ばかりを気にしていながら 今まで過ごしてきたけど
僕の姿は誰にも見えない もちろん彼らも気付かない
鍵は渡せない 声も届かない 歌も歌えない 夢も見られない

空の彼方へ 雲の上まで
虹を渡って 遠い国へと 飛び立つよ

風に乗る紙ヒコーキみたいに ここまで飛んできたけど
僕の姿は誰にも見えない もちろん影も形もない
海を渡り山を登り 地の果てまで行ってみたけど
僕の姿は誰にも見えない だけどこれは自由じゃない
ドアは開かない 海も泳げない ペンも握れない 君に触れない

空の彼方へ 雲の上まで
虹を渡って 遠い国へと 飛び立つよ

If I make you sad, I say everything will be alright
If I haven't done anything, I say everything will be alright
If I make you cry, I say everything will be alright
If I could I would be you know, I say everything will be alright

たとえ会えなくとも 心だけはここに
時空と場所を超えて 風にのってここに

ひとり冷たい世界で彷徨い 必死にもがいているけど
僕の姿は誰にも見えない 誰の助けも求めない
君にそっと手を差し出して 髪に触れようとしたけど
僕の姿は君には見えない だけど君のこと忘れない
空は曇らない 夢は破れない 時は止まらない 愛は壊れない

空の彼方へ 雲の上まで
虹を渡って 遠い国へと 飛び立つよ

Lovin' you is easy 'couse you're beautiful
Makin' love with you is all wanna do
La la la...


そして、震災で愛する人や大事な人を失ってしまった人の気持ちを歌った「空色の街」。ちょうど同じ時期に旧友が離婚したり自分も友人を失ってしまったりしたので、ストレートに悲しい内容になってしまった。普段はアップテンポのR&Bやファンク調の曲を作ることが多いけど、この曲は8ビートのシンプルなバラード。ビートルズの大名曲「Here, There and Everywhere」のアレンジと雰囲気を拝借しているけど、自分の声で何重にもアーウーとコーラスを重ねたので、かなりキモい(~~;;;

【空色の街 歌詞】
キミの知らない道を行くよ

キミのそばにいたい
このままずっと触れていたい ムリだって分かってるけど
終わりなんて決めてないんだ

あふれそうな言葉をムリヤリ隠してるけど
うまく伝えられそうにもない 気持ちだけ置いていくよ
キミの知らない道を行くよ

川を渡っていくよ
キミの住む街に向かい 空色のあの街まで
会いたくてプレゼント抱いて

言葉に出したい気持ちをムリヤリ隠してるけど
うまく言えそうにもない 心だけ置いていくよ
キミの知らない道を行くよ

時を止められるなら
消える前の流れ星に ありふれた願いかけ
キミのこと少し考えた

ふざけ過ぎて恋が幻でも構わないと思ってた
同じリズムで揺れるブランコを止まるまで見つめてた

僕は歩いていくよ
夢じゃない二人じゃない 勘違いもはなはだしくて
忘れないキミの面影

あふれそうな言葉をムリヤリ隠してるけど
うまく伝えられそうにもない 気持ちだけ置いていくよ
キミの知らない道を行くよ


ホントは、2曲とも自分の歌唱力の無いダミ声じゃなく、ちゃんとしたシンガーに歌ってほしかったのだけど、僕は譜面が書けないのでとりあえずメロディを忘れないうちに自分で歌って仮録りしたままになっているため、ゆくゆくはもっと上手いヴォーカリストやギタリスト、ドラマーに演奏してもらい、再レコーディングしたい。誰か歌っていただける方はいませんか?シンガー随時募集中です!

あれから2年、被災地の復興は遅々として進んでいない。東京オリンピックへの誘致で公金を使うのも大事だが、個人的には復興に公金や人手を回して、まず日本を元通りにすることが先のような気がする。もちろん国も何もしていないわけではないと思うけど、テレビや色々なメディアで「がんばれニッポン」と連呼されるのを聞いていると、何だか違和感を覚えてしまうのだ。震災前に、何につけてもエコエコ言っていた“姿勢とポーズだけのエコロジー”のように。

今年の夏は、仕事のペースを落としてちゃんと休みをとり、自分のクルマで東北を訪れることが夢だ。口が裂けても「東北にまず行くことが支援」とは無責任には言えないけど、きっと夏の東北は美しい風景を見せてくれるに違いない。今から楽しみだ。

仕事の合間に弁当食いながら殴り書きしてたら、何だかとりとめなくなってしまったな(汗
Posted at 2013/03/13 15:47:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | 音楽 | 日記

プロフィール

「1日遅れのスノームーン🌝」
何シテル?   03/01 09:53
バイク、クルマ、音楽、スポーツ、酒、料理、雑学を愛する昭和の不良高校生のようなおっさんで、現在の愛車はポルシェ911(Type997/3.6L/6MT)とヤマハ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
完全なる衝動買い。 3.6リッター/6速マニュアル/LHD/オプション殆どナシ/アーク ...
ヤマハ WR250X ヤマハ WR250X
それまで所有していた大型バイクの車検が面倒になり、250にダウンサイジングとなったが、場 ...
ヤマハ RZ250R ヤマハ RZ250R
当時は2ストレーサーレプリカブームで、絶対王者だったホンダNSRに乗ってみたかったのだが ...
ヤマハ RZ250 ヤマハ RZ250
我がセイシュンのバイクは殆どがヤマハの2スト。その中でもRZ250とRZ250Rは絶対に ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.