• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Nackyのブログ一覧

2015年08月16日 イイね!

さよなら真夏のギャラクシーエクスプレス

さよなら真夏のギャラクシーエクスプレス「いつか夜汽車で」。
なんという甘美でレトロな響きなのでしょうか(郷愁モード全開)。
あ、申し遅れました。私Nacky鉄郎です。バイクやクルマや自転車も大好きですが、血中鉄分濃度もべらぼうに高い生粋の鉄っちゃんです。
以前のブログで、北海道新幹線の開通に伴い廃止間近と言われている寝台特急カシオペアの乗車レポートをお伝えいたしましたが、2015年3月に既に現役を退き、臨時列車化していた「北斗星」のプラチナチケットを奇跡的にゲットできましたのでレポートします。北斗星の臨時便も8月22日をもって廃止されるため、日本の鉄路からいわゆるブルートレインが全廃されることになります。昭和の時代から走り続けて来た花形列車が、遂に消えてしまうわけですね。
※記念撮影的に写真を撮っているため、見苦しいオッサンの顔が写っているのはご容赦ください(汗

いくら仕事が忙しいとはいえ、このチャンスを逃す訳にはいきません。当日は仕事もそこそこに切り上げ、15時過ぎに上野駅13番線ホームに向かいます。東北や北海道への花形特急が頻繁に発着していたヨーロッパ調の櫛形ホームも、今ではうら寂しい雰囲気です。年中繁忙期なので、札幌に着くなりその日のうちに帰京する行って来いトンボ帰りの弾丸ツアーです。


北斗星が機関車による推進運転で入線!コーフン状態のため手ブレしちゃいました。平日だってのに最期の北斗星を一目見ようと上野駅13番線ホームはえらい賑わいです。


本日の牽引機関車はEF510の510号機。番号的にはシャレになってますが、運用の関係なのかブルーの北斗星塗装機ではなくシルバーのカシオペア塗装機なのでそこはシャレになってません。
ご覧の通り先頭付近はすごい人で機関車の撮影もままなりません。まあ、自分もそのうちの一人なんですが^^;


切符がゲットできたのは、A寝台個室の「北斗星ツインデラックス」です。カシオペアのツイン個室とは違って部屋に洗面所とトイレはありませんが、昭和の夜汽車の雰囲気を残す車両です。写真の24系25型の長年風雪に耐えてきたベコベコの痛みっぷりが痛々しいです。隣の車両は食堂車。


これがツインデラックスの室内。時代を感じさせる妙にゴージャスなゴールドのカーテンやビロード調のソファベッドがイカしてます。右側のソファベッドはハシゴをかけて2段ベッドになる仕組み。


今では絶滅危惧種でもある食堂車の予約が残念ながらとれなかったので、北斗星限定のグランシャリオ弁当を買ってみました。もちろん発車前に買い込んだワインやビール、つまみ類も。


厳選された素材のグランシャリオ弁当はメッチャ美味かった!東京駅グランスタで買ったつまみやオードブルも美味い!酒もガンガン進むってもん。


3月に定期運用が廃止になり4月からの臨時便北斗星には、数年前に廃止になったフルロビーカーが復活していました!公衆電話ブースとシャワールームが設置されたロビーカーには、乗車前から長蛇の列ができていた理由が分かりました。B寝台コンパートメントのお客さんは、ここに陣取って飲んだり食ったりするワケですね。乗客はほぼ100%が鉄道ファンといっても間違いないと思います。


昭和の香りを乗せて、夜汽車はみちのく路をひた走ります。この時間が永遠に続けばいいのに…


上野から牽引してきたEF510電気機関車から、青函トンネル用のED79に付け替えるため、深夜の青森駅で運転停車。以前にカシオペアに乗った時と同じく大雨です。運転停車はドアは開かないので機関車の付け替えは見られません。車内は既に寝静まっています。


青函トンネルを抜け、早朝の北海道に上陸。また雨です…どんだけ雨男なんだよ自分。一緒にツーリングに行く際、私の雨男っぷりでみんカラの皆さんには度々ご迷惑をおかけしております…(弱々
写真はレトロ感いっぱいのA寝台の通路。


こちらは昭和の国鉄特急の面影を伝える洗面所と、ミラーの背後に写っているのはトイレのドア。洗面所やトイレといった水周りは長年の酷使により痛みの激しさが目につきますね。もちろんきちんとメンテはされているので、機能的には問題無いです。


青函トンネルを出て函館に向かう途中、老兵ED79電気機関車が故障により立ち往生。何とか蘇生して30分ほど遅れて函館に到着。ここで列車は再び機関車を付け替えるため、乗客と鉄道ファンはED79に殺到します。機関車をキレイに撮るのは不可能なので、群がる鉄道ファンを撮ってみました。
ED79は長年の青函トンネルの急勾配での酷使と湿度や塩害で痛々しいほどボロボロです。新幹線開通でお役御免となり廃車の運命でしょう。


函館から札幌までは電化区間が少ないため、昭和の古豪DD51ディーゼル機関車にバトンタッチ。かつては日本中にウジャウジャいたザコキャラの汎用機も、今では最大のヒーローです。北斗星仕様のブルーの塗装もカッコいい!
DD51は1962年から造られた昭和の名機で、1,100PSの60,000cc・V12エンジンを2機搭載し、トルコンを介して動力を伝えるジャパニーズスタンダード。特急を牽引する姿は今や北海道でしか見られない絶滅危惧種です。こちらも新幹線開業で廃車の運命でしょうね。


この写真は以前にカシオペアに乗車した時に機関車直後の展望車から撮ったものです(北斗星は撮影不可能)が、函館から大沼公園までの急勾配区間を、もうもうと黒煙を噴き上げながら全開走行。DD51は重連運転なのですごい迫力!ブルーのDD51がブルーの客車を引っ張る美しい編成はガチでゾクゾクします。


長万部、洞爺湖と過ぎていくと、旅の終わりが近づいて寂しさがこみ上げてきます。スーパーカーやワイルドセブンのバイクとともに、ガキの頃から憧れだったブルートレインが、今まさに姿を消そうとしています。時代の流れに合わなかったりJRの企業努力が足りなかったのかもしれませんが、昭和から走り続けてきたこの車両に敬意を表する想いです。


最後の停車駅・南千歳を出発してガッカリしてるの図。一晩過ごしたこのレトロな客車ともお別れが近づいてきました。窓の外も涙雨でやんす。


終着駅・札幌に到着。途中ED79の故障でかなり遅れましたが、老兵のDD51が頑張って回復運転に努め、最終的な遅れは20分でした。正直なところ、もっともっと遅れてほしかったです。
写真には写ってませんが、DD51の先頭付近は最期の北斗星のヘッドマークを写真におさめようと、もの凄い人だかりで近づけませんでした。
見苦しい記念撮影然とした写真ですいません…


北斗星の回送を見送り、札幌駅構内の売店を見てみると、やっぱり北斗星&DD51のグッズが多いですね。


仕事があるのでそのまま新千歳空港に向かい羽田までトンボ帰り。途中、中央アルプス上空に巨大な積乱雲がかかっていました。


幼少の頃、松本零士の「銀河鉄道999」をワクワクしながら観ていました。そして、そのルーツとなった宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を読みふけり、いつか夜汽車でという想いと憧れが膨らんでいきました。
ブルートレインには仕事や旅行で何度か乗りましたが、今回の北斗星は“乗ることが目的”だったので、トンボ帰りでもいいんです。これで心残りはありません。

数年前に、ゴダイゴの「銀河鉄道999」をカバーした動画です。ほぼ即興なので演奏も歌も稚拙な上に歌メロとコードを間違えてますが、美しい宇宙の写真をたくさん使っているので、もし気が向いたら是非ご覧ください。実はエグザイルより先にカバーしてました^^;
Posted at 2015/08/16 22:53:48 | コメント(4) | トラックバック(0) | よろず | 日記
2015年08月12日 イイね!

【ウェルカム】買っちまったよポルシェ911カレラ

【ウェルカム】買っちまったよポルシェ911カレラ残暑が厳しいざんしょ(スネ夫のママ風に)

ハイブローなダジャレを繰り出している場合ではなく、結論から言うとポルシェ911カレラ(Type997/6MT/3.6L/低走行距離のディーラー車)を衝動買いしちまいました。前回の「さらばポルシェ987」ブログで、次期戦闘機は実用車かジム兄にしようかと書いた舌の根も乾かぬうちにです。

ってなワケで、今までのレッド987&イエローWR-Xの自分のアイコンを、シルバー997&ホワイトWR-Xに替えることにしました。ちょうどWR-Xも昨年末に外装を入れ替えたもので。今までのアイコンよりかなり地味になります。


言い訳させてください。皆さんもご存知の通り911は一応4シーターです。リアシートはエマジェンシー用とはいえ家族を乗せることも可能です。言い訳させてください。911を新車で購入する強い意志も経済力もありませんが、自身のネットワークを駆使(?)したところ、ここでは書けないぐらい安価の個体と巡り会いました。どうせ997をカスタムやDIYで遊ぶのであれば、素材として惜しくはない金額なので2度ほど現車確認して決めました。言い訳させてください。安いということは、必ず理由があります。まずはMY05と古いことと同年式は悪名高きインターミディエイトシャフト(IMS)問題を抱えていること、車検切れ間近であること、カーナビの調子が悪いこと、その他細かい部分に不具合があることです(後述します)。


つまりは「納車事前整備はDIY、車検は自分でユーザー車検を取る前提での格安現状渡し」という条件でした。もちろん、販売店さんには最低限のチェックと保証はしていただきました。
すっかりジム兄かVW Golfを買おうと思っていたのに、明らかに衝動買いでした。だって、大好物の3ペダルマニュアルなんです。997にはマニュアルはレアですよね。アイシンAI製の6速ギアボックスの完成度はウルトラ抜群です!これはティプトロニックATで乗るのはもったいない(個人的な感想)。
997のシンプルなコクピットは987と大差ありませんが、オールブラックのインテリアと相まってマニュアルだと男の仕事場的な雰囲気です。オプションも殆ど装着されていないので、走りに関係ない余計なスイッチ類はありません。


まずはDIYで各部を整備&チェック&消耗品交換し、いそいそと千葉陸運までユーザー車検に向かいます。陸運は事前予約が必要ですのでご注意ください。しかしクッソ暑いぞー!今日(8月11日)しか平日が休めないので、一発合格必至です。


必要書類を入手して記入し、自賠責保険と重量税の支払いを行います。車検には写真のクリップボードが便利というか必要ですのでお忘れなく。


検査レーンに入る前に外部補機検査と車内検査を行います。写真右のキュートなおねいさんはここでは見慣れない顔。どうやら新人らしく不慣れだったので、997のリアスポイラーを上げてそこに仕込まれたハイマウントストップランプを優しく教えて差し上げました♡


事前整備の甲斐あって順調にレーン検査…と思ったら、やっぱり定番のヘッドライト光軸で引っかかってアウト〜!ガーン!!
仕方ないのでロービーム部分に養生テープを貼ったまま離れたテスター屋さんに自走で出向き、光軸調整してもらいました。お盆なのにあいててよかったセブンイレブン。
再検査のためレーンに並び直し、無事に新しい車検証をもらってシールを貼ります。ご参考までに車検費用を記しておきます。
・自賠責保険(24ヶ月):¥27,840
・自動車重量税(〜1.5トン・24ヶ月):¥24,600
・光軸調整テスター代:¥3,090
・必要書類購入代:¥50
■合計:¥55,580
これを安いととるか、手間がかかって面倒ととるかは自分次第ですよね。


ちなみに、サイドウィンドウにステッカーが貼ってあると車検に通りませんが、このイモビコーションステッカーはお咎めなしでした。ちとカワイイので剥がしたくなかったからラッキー。


陸運から自宅に戻り、各部を仔細に観察すると結構な不具合が目につきます。まず思いっ切り目につく(耳につく)ところでP社のカーナビ。AV機能にするとバリバリ、ザーザーというすごいノイズ。おそらくアンプか配線かと思われます。
自宅で使わなくなったお役御免のiPodをカーナビの裏側に繋ぐ専用ケーブルを事前に入手してあったので、その取り付け作業も兼ねて早速ナビ筐体を外してチェックしてみましょう。


オンボードだと感電の危険があるため、まずはバッテリーを外します。ところがこの後に思わぬ大失態が…風が出てきたのでバッテリーが収められているフロントフードをうっかり閉めたところ、バッテリー未接続の状態のまま電磁ロック解除が効かなくなってしまって往生。バイクのバッテリーを取り外して持って来て997のヒューズボックスに直結してロックを解除しました。焦った〜(滝汗)。
バッテリーは純正からCalciumのMFバッテリーに換装されていますね。


このセンターコンソール&パネルのバラし作業、987から何度やったことでしょうか^^;
足元のT27トルクスを外してカーペットトリムを外し、内部のT20トルクスを緩めようとしたら…アンタ、あるはずのところにT20のボルトが入ってません。しかも左右合わせて4本も(汗)。前に作業した人は何してたんだよもう(-_-;
手許にトルクスビスが無かったので、取り付け時にプラスビスで代用しときました。


フロントフード内のアンプは正常に作動しているので、配線を疑います。ノイズの出所に聞き耳を立ててみると、ダッシュボード上のセンタースピーカーでした。配線を探っていくのも面倒なのでセンタースピーカーを内装ハガシとトルクスで取り外し、配線コネクタを抜いて殺しました。これが無くてもオーディオ側で調整してやれば音質は大して変わらないことを知っているからです。


ナビ初期化&自己設定とオーディオ設定をカスタマイズしてカーナビ復活!( ・`ー・´) + キリッ


ナビの裏側に繋いだiPod接続専用ケーブルの機能を確認します。おお、無事認識していますね。ナビ画面からiPodをコントロールできるのは便利です。
クリックホイールや液晶が壊れて使えなくなった2個のiPodを車内専用に再利用です。iPodのAAC音源は圧縮されているとはいえMP3と比較して結構いい音なので、ナビのAV機能でフェーダーやバランス、音像とイコライジングを細かく設定しておきました。センタースピーカーが鳴っていなくても結構いいトーンです。


お次は運転席横のドアミラーアジャストスイッチ。台座ごと外れてパカパカ状態になってしまってます。どうやら内側の金属クリップが外れてしまっているようで、とりあえず両面テープで処置してみたらテープが効く箇所が殆ど無く固定できないので、台座を取り外してホットボンドで固定しました。
ここは997、987とも壊れやすいので、女性にタッチするように優しく扱いましょう。


次にエクステリアをチェックします。まず気になるのは、極端なローダウン化に伴う最低地上高の低さです。自宅駐車場のスロープやちょっとした段差でストレーキを擦りまくるだけでなく、コインパーキングにも停められず、また乗り心地も激しく悪い(PASM:ポルシェの電制アクティブサスは未装着)のでホイールを外してみたところ、ダンパーは純正のまま某社外品のショートスプリングを履かされてました。これじゃストローク量不足です。

僕はポルシェ911は基本的には腰高の方がいいと思っています。ナローや930はじめ、水冷モデルでも新車デフォルト状態ではかなり腰高ですよね。公道で乗る分には、金と時間をかけて開発したメーカーの設計フィロソフィーを信じています。車高の件は後日コイルスプリングを取り寄せることにしましたが、思い切ってビルシュタインやクァンタム等に丸ごと換えてしまうのもアリです。


この個体は3.6リッターの素Carreraなんですが、Carrera Sの19インチが装着され、キャリパーもCarrera Sのようにレッドに塗られています。車格的にも性能的にも18インチで充分なんですが…まあインチダウンするのももったいない(?)ので、暫くこのままでいきましょう。
ちなみにこのホイールデザインは、走っている姿を外から見ると、ゆっくり逆回転しているように見えます


Carrera Sといえば、リアのエンブレムもなぜかCarrera Sに、マフラーもCarrera Sの4本出しになっています。中身は素Carreraなのに、このナンチャッテS仕様はちと恥ずいっす。


どうやらボディにはガラスコーティングを施されているようで年式の割りには全体的にキレイなのですが、フロントに回るとナンバープレートが国内仕様のテキトーな樹脂製ブラケットにくっ付けられて出っ歯のように少し上を向いていてかなりカッコ悪い。
そのブラケット自体は、日本のプレート用にネジ孔位置を調整するアルミプレートと共締めでナイロンブッシュにネジ留めされているのですが、ナイロンブッシュがバカ孔になってしまっていた(あぶねー)ので、エポキシで孔を埋めてネジロックで留め直しておきました。


997に似合いそうな少し下を向くナンバープレートホルダーを入手し、ボルト留めしようと思ったら、商品付属のボルトが長過ぎて使えないので、ウチに転がっていた25mmのM6ボルトにネジロックを塗ってワッシャを挟んで固定しておきました。これで出っ歯状態が解消!


車検も無事に通ったので、フロントのポジションランプ(スモール)をLED化します。養生テープでボディを保護して専用のカード式工具でランプユニットアッシーを引き抜きます。
このユニットの形状はナローや964っぽくて好きなので、全体をLED化するパーツには換えないつもりです。


自宅に転がっていたT10タイプのLEDに付け換えます。ところが、キャンセラーとなる抵抗が入っていないので、メーター内のインジケーターに球切れ警告が出てしまいます。このエラーを消すにはディーラーに行く必要があるんですが、それも面倒だし元のフィラメント球に戻しとくか(-_-;


ポート噴射の3.6リッター水冷DOHCエンジンは996とほぼ同じものです。ブッちゃけのところ、排気量の割りに大したことはない(?)エンジンです。少なくとも、空冷やGT3系のような精密な機械式クロノグラフのような味わいやフィーリングはありません。
設計も左右バンクを共用にしたため長いインターミディエイトシャフトがあり、その構造と支持ベアリングの品質の関係上、悪夢のようなエンジンブローの危険性と常に隣り合わせです。ちなみにこの個体はIMSサービスキャンペーンで対策品のベアリングに交換されています。それでも油断はできないので、ディーラーさんとのパイプは持っておく方がベターです。
エンジン自体は大したことはありませんが、シャシー性能と相まって素晴らしい性能を発揮するのがポルシェだと思っています。


987を手放してから2ヶ月と経たずにポルシェに戻ってきてしまいましたが、正直なところこの個体(余計なオプションは一切無し・マニュアル・低走行・素カレラ)に出会わなかったら、911なんぞを買う予定はありませんでした。まさしく衝動買いです^^;
この日1日しか休めないので、大急ぎのユーザー車検とDIY整備となりましたが、まだまだ気になる箇所もあるので、おいおい手を入れていこうかと思ってます。

ってなワケで、今後とも引き続き宜しくお願いいたします。まだ25,000kmしか走行していないので、ガンガン走りまっせー!


ps.
気付いたら妙に大げさな大作ブログになってしもた^^;
ちなみに自宅ガレージのお隣さんは同色のシルバーの986Boxsterです。お互い挨拶してるみたい^^;;;


Posted at 2015/08/12 15:03:38 | コメント(25) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「1日遅れのスノームーン🌝」
何シテル?   03/01 09:53
バイク、クルマ、音楽、スポーツ、酒、料理、雑学を愛する昭和の不良高校生のようなおっさんで、現在の愛車はポルシェ911(Type997/3.6L/6MT)とヤマハ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
完全なる衝動買い。 3.6リッター/6速マニュアル/LHD/オプション殆どナシ/アーク ...
ヤマハ WR250X ヤマハ WR250X
それまで所有していた大型バイクの車検が面倒になり、250にダウンサイジングとなったが、場 ...
ヤマハ RZ250R ヤマハ RZ250R
当時は2ストレーサーレプリカブームで、絶対王者だったホンダNSRに乗ってみたかったのだが ...
ヤマハ RZ250 ヤマハ RZ250
我がセイシュンのバイクは殆どがヤマハの2スト。その中でもRZ250とRZ250Rは絶対に ...

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.