• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

海辺のバカボンパパのブログ一覧

2018年04月07日 イイね!

190E用クロモリフライホイル

自分用のクロモリフライホイルは、やっと形に成ってきました。

本日、クランク取り付けのボルト穴を空け、クランクにあてがってみると、バッチリ!



次に、クラッチカバーのダウエルとボルト穴を空け、タップを切って、ダウエルを作ってプレスで圧入。

クラッチカバーはマツダ純正本を赤く塗装して見た目は強化品ぽくなりました(笑)



リングギアを圧入してこんな感じです。



Posted at 2018/04/07 19:13:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月04日 イイね!

大体の粗削り!

クロモリの素材からの削り出しフライホイル製作は、おおよその粗削りを終えました。

といっても、このフライホイルは作る以外に方法は無いので、時間を見ての製作。

マツダのFD3S用のミッションを加工し、190Eに載せていますので、取りあえず寸法採りとして使っていた物から逆に寸法を修正して。

表面は先日も出に何とか削りましたが、今回は裏面。



こちらはベンツのリングギアの位置や内径と、マツダのクラッチカバー取り付けボルトの位置が同じなので、ちょっと面倒。



ですが、リングギアはセルを回すだけなので大して強度は必要としない。

そ決め、本削りの図面を書かなきゃ~。

Posted at 2018/04/04 18:10:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月30日 イイね!

フライホイルでも作ってみようかな

と思いついてから、かれこれ5年。

そのころ買っておいてクロモリの素材も、ミッションをマツダのFD用にしたおかげで、大体の寸法を決めて買ったものを引っ張り出してきました。

素材は50キロをゆうに超えるので、旋盤にセットするだけでも大変な作業です。




簡単な図面を書いて、まずは削ってみました。



片側の面出しをし。

中ぐりして。




大体の粗出しが片面できました。

Posted at 2018/03/30 23:52:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月30日 イイね!

16V用EXマニのフランジ製作

時間の空いているときでなければ、自分の趣味の車は触ることが出来ませんので、気合を入れてやってます!( ´艸`)

先日、ミッションとエンジンを降ろしたので、エンジンんお小物を製作。

今回は、EXマニホールドも作ってエンジンの特性を変えようと最初から計画していたので、頑張ってやる気の出た時に強制的に一気に作業を!

ステンレスで作ると溶接でひずみが大きくなるので、あえてスチールで製作しました。

普通であれば簡単にドリルで穴を開けて、ホールソーでポートを開けて、グラインダーで段付きを修正しますが、今回私の物を気合を入れて作るので、全て図面からおこしてフライスで製作しました。








Posted at 2018/03/30 08:48:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月25日 イイね!

ずいぶん空いちゃった~

L型の作業が終わって納車。

その後の作業も大変な作業が続き・・・・・・

先ず、工具屋さんに頼まれ、なんだか箱を移動する際の台とスロープを作ってほしいとの事。

ある程度の強度と車に乗せて移動できるようにと言うので、台の部分もスロープの部分もそれぞれ切り離しできるようにし、さらにそれぞれ半分に成って、ワンタッチで組み付けられるようにと。



次に入庫は車両は、FD3SのAT車でエンジンブローの車両。

こちらは珍しいAT車。

私もREはずいぶんやってますが、AT車のエンジンを降ろすのは初めてかも。

エンジン降ろして、分解すると内部は全滅😿









昔私が手掛けてた湾岸は走っていた夜中チームのブルーのFD3Sは、年に4回ほどエンジンO/Hしてたっけな~。

ツインプレートクラッチのディスクプレートがねじれてしまい、エンジン降ろす際にはエンジンだけすんなりとは降りず、ミッション側でクラッチカバーをばらしてからエンジンを抜かないと、メインシャフトのスプラインがディスクのねじれでスライドしてクラ無かった~😿

そんな思い出が。



あの頃このローターがあればな~と思いながら、当時はこの加工を独自でやってたんだよな~、時代は変わって進化してるんだね~。

部品は全て新品でそろって、ただ、AT用のリアハウジングは生産終了とこの事で、ひたすら面出し加工。



お次はR34GT-R。

こちらはチューニングをしてある車で、買ったときからクラッチがやたらと重くて大変だった。

流石に一度降ろしてみようという事でどうせならニスモのクラッチに交換しようと、部品を先に揃えておいた。

ミッション降ろしてみると、すでにニスモのツインプレートが。

ばらすと、なんとなんと、手動部分と言うすべての場所にはグルスなど一切塗られていなくて、ひょっとしてハウジング内を綺麗に洗浄して組み込んだのではと言う状態。






メンドラのスプラインは段差が出来ていて、フォークのベアリング接触部も、支店の部分も、フォークとレリーズ部分も一切のグリスの塗布はなし。

全くどんなチューニング?

作業終ってエンジンを載せ終わったFD3Sは、マツダのATシフトノブが長き手押し込み式で気に入らないと、他社のノブを買ってきて”これ着けって”って

おいおい、そんなに簡単な作業じゃないよ!





結局試行錯誤しながら出来ちゃったけどね~。

自分190Eのエンジンもやらなきゃやらなきゃって思いながら、ちょくちょくと作業中。

今回はトップフィードのインジェクターからサイドフィード式のインジェクターに挑戦。





ステージア260RSは、東名パワードのEXマニが割れて、純正ニスモの鋳物のEXマニに変更してしばらく乗りましたが、どうも排気漏れの音。

タービンまで取り外してみると、ヘッド側のEX固定のスタッドボルトが折れてる😿。

これは車載のままでやるのは大変。







コーナードリルで慎重に穴開けて、8㎜の穴を10㎜のスタッドのサイズまで加工し、10㎜から8㎜への変換スタッドボルトを旋盤で製作。



タービン側のガスケットも破れており、本体側のタービンガスケットも破れる寸前。



取り付けを始めたら今度はタービンのスタッドボルトが折れた~😿



タービンを分解しフライスでボルト穴をざぐって、こちらもステンレスで10㎜から8㎜の変換異形ボルトを製作して取り付け。

そんなことやっていたらFD3Sが慣らし中にATが壊れたと。

聞くと、高速道路を2速ホールドで慣らし運転をしていた最中に壊れたと。

当たり前でしょう~😿

で、ミッションを降ろしてこれから修理~。



合間に911Day'sの富士の走行会にお手伝いで1日。



そして、クラッチがおかしい34GTRが入庫知り合間の半日で、自分お車のエンジンとミッションを降ろしたりとバタバタな日々でした。






Posted at 2018/03/25 11:32:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「190E用クロモリフライホイル http://cvw.jp/b/1336627/41322477/
何シテル?   04/07 19:13
海辺のバカボンパパです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ファン

34 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CRM50 ホンダ CRM50
ホンダ CRM50に乗っています。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.