• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年03月13日

水平対向ヴィヴィオ 第2次サーキットテストレポート ジオメトリ編 その3

水平対向ヴィヴィオ 第2次サーキットテストレポート ジオメトリ編 その3 ジオメトリ計測 その3

蘇る6年前の悪夢 また僕は幾何学の無理解によってガラクタを作ってしまったのか....

alt


まぁでも作ってしまったものはしょうがない。
それはそれとして、せっかくトー変化の軌道を実測値で計測できるのだから、もう一箇所あるトーコンリンクの取り付け場所に位置を変えて見て、どんな動きをするのか見てみたくなった。

この穴、放置するとカメムシが入り込むので(いや、マジな話 掃除機で吸い出すの苦労したの笑)、ずっと養生テープで何年も蓋してあったのが、ついに日の目を見る事に。

で、実験




なんと、バンプトーインになりました(笑)

うーん、なるほどわからん。(´・ω・`)

なんとなく推察はできるけど....

やっぱりわからん。

でも面白い。 これ、今年の3DCAD入門の教材にしよう。

興味もなんもない教材のチュートリアルでは集中力が湧かんくて、何年も前に放置した3DCADが遂に目覚める時がやってきた! いや、3DCADでそういう計算ができるかどうかはやった事無いから知らんけど、多分きっと出来るのだろう

しかし、瓢箪から駒というか、棚からぼた餅というか

取り付け位置増やしておいて良かった(>人<;)

この各部のアーム位置変更って、確か元々は車高を下げた時にアームの角度が変わらないようにする為に作ったような気がするのだけど…

まぁ、結果オーライということで

でも、このロールステア… ちょっと変化量急過ぎない?(´・ω・`)



これどんな挙動になるんだろう。


ちなみに、約6cmの車高変化で約1度30分トーが変わります(´・ω・`)


結果的に、この車はリアが緩やかなバンプトーアウトにするか、急激なバンプトーインかを選べるようになった。
これ、ちゃんと体感できるくらいに挙動は変わるのかな。

こりゃ第三次サーキットテストしないと。できるだけ早く。

その為には、色々と問題あるところ改善しないとな…

とりあえず急務としてはハブベアリングとサイドウィンドウ
これが最優先事項で

後はエキマニやらガソリンタンクやらシフトノブやら内装やら

やる事は多いが やる気も多い(`・ω・´)

やっぱり自作車で走るのは楽しい


数年前まで、ブレーキレスで動かして、クラッチ繋げた瞬間にクラッチきって、それでも惰性で進んで敷地の崖から落ちそうになるのを、逮捕しちゃうぞよろしくの必殺足ブレーキで止めてた時から比べたら、隔世の感がある(´・ω・`)


みんなもやれば良いのに


閑話休題








さっきからずっと繰り返し見てるけど、昔頭の中で考えてた事と逆の現象が起きていて混乱中(笑)

そもそも最大の勘違いって、標準車高の時にアームが水平なのではなく、最低車高の時にアームが水平なことか

まずこの時点で考えがずれていた

うーん
よし、昔やったみたいに コンパスと方眼紙持ってこよう(´・ω・`)



なるほど、大雑把な目分量にしかならないけど 激しいトーイン変化になるのは理解。
僕はまたずいぶんな勘違いをしていたもんだなぁ。

そして最初の取り付け位置では変化量が緩やかなのも理解。本当はこの緩やかさでトーインにしたかったんだけども。

こりゃぁますますCADの習得が急がれる。あと物体の正確な計測方法も。

感覚的に、このトーインとトーアウトを分けたのは絶妙な場所のズレのような気がしてならない。
ということはCADに入力する寸法は、今目の前にある造形物を正確に採寸できなくてはいけない。
二次元の寸法だけでも精確に測るのなんて難しいのに、三次元だなんて…


困難は多いだろうけど、次回の制作に向けていい課題が見つかったし、今回の事はいい経験になった。

なにより、全部0から独学でやって我流で造って形になって、失敗はしたけど、その失敗の工程もとても楽しいものだった。


ある人が言っていた

「苦労もなにもしないで、最初から正解を教えてなんていうのはつまらない」

その言葉の意味がとてもよくわかる。

でも、これが生きるか死ぬかの熾烈な競争の世界なら、限られた期間で確かな実績を残さないと生き残っていけないから、、面白いもつまらないも言ってる場合じゃないのだろう。

プロの世界で、10年かけて失敗作造るなんて贅沢は許されない。

趣味だからこそ出来る失敗という贅沢。

It's a Wonderful Life



さぁ、次は何をしよう。



(深夜に及んだ作業後、付き合ってもらった店長と夜食にラーメンを)
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/03/13 00:51:39

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

トーコンキャンセルブッシュって効く ...
jawayさん

セリカアライメント調整
KEN-しまふさん

トーインにびっくり
ゆうきょうなおぱぱさん

車高上げとトー調整
satoshi_vanishさん

やっと足回りの原因がf(^_^;)
∞FD3s20B7∞さん

アライメント変化と調整 続き
かっとび@ツインズさん

この記事へのコメント

2018/03/13 01:18:19
K4GP号作りますか!!
コメントへの返答
2018/03/14 00:47:04
方針をそこに向いてますね。

ただ、やりたいと思う事を全部やるにはプライベーター人生の時間は短すぎるので、あれこれと妄想していた事を一度リセットして、一度お外を見て回ろうかと思ってます。

まずはこの夏のK4GP見学旅行ですねぇ(笑)
2018/03/13 07:55:22
ストラットはダブルウイッシュボーンより設計が難しいのかもしれませんね・・・。(^_^;)
と言うことは、ロアアームの回転軸にトーコントロールアームを付ければ、トーインの変化無しなのかな?
あと、ロアアームとトーコントロールアームを完全に平行にレイアウトして、長さも揃えた場合もトーインの変化無しかも?
コメントへの返答
2018/03/14 00:51:09
ロアアームの回転軸と同じ低さの場所に、ロアアームより少し長いトーコンリンクをリア側につければ、きっとロールステアはトーインになる

・・・と思って作ったんですが、よくよく見ればアップライト側の取り付け位置の事を全く考慮に入れてませんでした(笑)
2018/03/13 08:36:55
足回りをダブルウイッシュボーンにしましょう!^^
コメントへの返答
2018/03/14 00:54:03
次はWボーンです!

それもできれば、プッシュロッド(プルでもいいけど)式のをやりたい。

何故ならば、見ていてカッコいいから(笑)

でも、それをすると、それだけに全リソースを注ぎ込む事になりかねず、車が完成しなさそうなのがネックです。

2018/03/14 11:47:29
後ろ寄りのブレーキバランスとバンプトーアウト。ワイドトレッド化で相対的に短くなったホイールベース。ランチアストラトス並みの回転君ですな(^_^;)
コメントへの返答
2018/03/16 22:37:24
でも、ストラトスのように鋭く曲がれてるかと問われれば… ( ˙-˙ )
2018/03/14 20:09:22
こんにちは。うちのキットカーもリアストラットでいじろうとすると結構悩みます。
もうちょっとなんとかするなら逆Aロワアームをビビオと同じパラレルラテラルリンクにするのがストラットでは一番いいのかな?とか思ってますけど、紅茶号と同じくトーイン変化どうさせるのがいいのかと、リアミドの場合、アンチスクワット設定どうするといいのか?がリア足の悩みどころ。特に参考にできる事例がないんですよね。ミドシップでいいクルマってWウイッシュボーンだったりするんで。

ちなみにストラトスがトリッキーなのはこの逆Aアームの支点をゆるゆるゴムブッシュにしちゃったせいでトーが定まらないこととトレーリングリンクが剛結っていうすごい設計のせいだったりします。うちのはパチものなのでピロになってて比較的普通でした。
コメントへの返答
2018/03/16 22:41:51
おや? あれってジオメトリ弄れるようになってるんです?
まぁ、パイプフレームならその辺の小変更はやろうと思えばいくらでも…って感じですね。


良いかどうかはわかりませぬが、ケイマン・ボクスターはストラットですよね。
参考に買ってみたものの、色々あってあまり参考になりませんでしたが( ˙-˙ )
2018/03/17 11:31:44
極端すぎる設計は困るけど、

ある程度はクルマに乗り方を合わせるって考え方も・・・・

あるけどσ( ̄∇ ̄;)ムリあるか・・・
コメントへの返答
2018/03/19 08:20:53
昔の陸上選手が言った言葉

「靴に足を合わせる」

そんなのもありです
2018/03/22 09:29:23
あー、動画で見ると、トー変化が凄く分かりますね…。これ、勉強になります。
走らせている時は、その辺、イメージは出来るけど、目に見えないですから。
このワイドトレッドにショートホイールベースだと、リアトーインを効かせると良さそうですけど…。
ここまで極端に動くと、加速時と減速時の動きが凄い変わりそうで、どういう動きするんだろう…?って悩みますねー。
コメントへの返答
2018/03/22 23:33:57
このジオメトリで、既に1回 鈴鹿南を走ってきましたが・・・

ホームストレートエンドで謎のスピンしてます(笑)

最初、ブレーキングの時に無意識にハンドルに舵角つけてヨーでも発生させてしまったのかなと思ったんですが、後で360度カメラで確認してもそのような操作はなく・・・

まぁでも、この車はジオメトリをどうこうする以前の問題が色々見つかりましたので、そっちを先に改善する予定です。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「題 「ほぼ山の町」」
何シテル?   10/17 14:34
人生とは前向きに生きていくしかないが、後ろ向きにしか理解できないものである。 そんな人生送ってます。 名前が微妙にころころ変わりますが、基本的な名前は”...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

まずは対話から始めましょう。

ブログ上で何の絡みもなく、初対面で突然のお誘いは基本的にお断りします。

例外として、以前別IDで活動していて、その時に絡みがあった方や、他SNSやローカルでのお知り合いの方は、お誘いメッセージにそう解るように書いてもらえればOKです。
91 人のお友達がいます
VAMVAM * イノウエイノウエ *
黒鉄黒鉄 * mnetmnet *
えびてるえびてる * ぎりちょ@Rぎりちょ@R *

ファン

123 人のファンがいます

愛車一覧

スバル ヴィヴィオ 紅茶号 プロトタイプ (スバル ヴィヴィオ)
かつてヴィヴィオ T-topと呼ばれていたもの。 学生時代に共にあり、日本全国津々浦々 ...
スバル ヴィヴィオ 紅茶号 (スバル ヴィヴィオ)
人生で初めて買った自分の車です。 学生時代、常に共にあった車です。 この車で北海道に ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.