• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

よっchanのブログ一覧

2009年11月29日 イイね!

高山の紅葉

高山の紅葉





今日のドライブの目的地は、高山竹林。

と、その前に、鹿鳴館というハイソサエティーな名前のイタリアンレストランにて腹ごしらえ。

クリームシチュー。香草が効いてて、ちょっとベトナム料理っぽい風味。


野菜ソムリエの店というだけあって、野菜たっぷりなパスタ。


ぐるなびのクーポンでゲットした蜂蜜入りのティラミス。


どれもこれも美味しかったです。

ちなみに、このお店、来るのは今日で10回目くらいかも。
値段のわりに料理が美味しく、内装もオシャレ、
でも穴場なのか、待たされたことがありません。
なので、近くを通り掛かるとついつい寄ってしまいます。

さて、高山竹林園ですが、珍しい竹が植えられていたのはいいのですが、
どれもこれも細い種類ばかりで見応えがありませんでした。


僕としては高台寺とか嵐山の竹林みたいな
普通の太い竹が見たかったんですがねぇ・・・・。
↓2008年3月撮影@高台寺


でも高山竹林園、庭園が綺麗だったので、実は満足しています。(^_^)



これで帰るのも勿体無いので、高山竹林のすぐ近くにある高山八幡宮に寄りました。


またまた、思いがけず紅葉がキレイ!
紅葉のカーテン、その向こう側に手水舎、さらにその両翼に石段。

この配置、素晴らしいなぁ。狙って造ったならセンス良すぎです。

紅葉のカーテンの向こう側から見ると、こんな感じ・・・と言いたいところですが、

実物はもっと綺麗。初級者の再現力の無さが恨めしい。

屋根に積もった落ち葉も印象的だったのですが、またまた露出失敗の巻。。。

シグマ50mm、f1.4を着けてると、しょっちゅう露出を外してしまいます。

高山八幡宮、元々は東大寺の大仏の守り神として宇佐八幡を勧請した時の仮宮だったそうです。


が、そのままこの地域の氏神として祀られ続け、鷹山氏という武士団の武神となります。


その後、鷹山氏は筒井氏に敗れて没落し、茶筅製作を生業としたそうです。
なので、茶筅はこの地域の名産品となりました。
それをアピールすべく高山竹林園が造られたのかな?茶筌の展示も多かったし。
(^^;

長い階段を登ると、そこには厳かな空間が待っていました。

拝殿。造りが穴師坐兵主神社に少し似てるかな?


しかし、最近神社に行くことが多いような気がする。


今日も当初の目的の高山竹林より、高山八幡宮がメインになってしまった。


でも、この時期の寺社は風情があってイイです。


昔はわざわざ高いお金を払って、京都の紅葉の名所に行ったりしましたが、
こじんまりとした隠れた名所もイイなぁと思いました。

ところで、八幡宮って鳩の置物が多いなぁと、ふと思いました。

例えば、日牟禮八幡宮には金色の鳩
↓5月撮影@近江八幡


どうも、八幡宮では鳩は神の使いとされているようです。
境内で豆鉄砲遊びは禁物ですね。


お分かりかと思いますが、高山とは飛騨高山ではなく、生駒高山ですので・・・。


鹿鳴館 ぐるなび
高山竹林園 公式HP
高山八幡宮 公式HP
Posted at 2009/11/29 23:24:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | 紅葉 | 旅行/地域
2009年11月26日 イイね!

メタ神社 

売太・・・変換できないね。

売太(めた)神社を訪れました。

大和郡山市の稗田というところにあります。

稗田は稗田阿礼(ひえだのあれ)の出身地。

稗田阿礼は抜群の記憶力を持った語り部でして、
その能力を天武天皇にかわれて、古事記の編纂者に名を連ねたそうです。


この売太神社の主祭神も稗田阿礼。
まさに地元のヒーローですね。


副祭神が天のうずめ(エロティカなダンスを舞って、天岩戸事件の解決の糸口を作った女神)ですが、
実は稗田阿礼のご先祖様だそうです。

もう一人の副祭神の猿田彦神は、天のうずめと結婚した人のようです。
ニニギのミコトが天のうずめらを伴って天孫降臨した際、
それを迎えに来たのが猿田彦。
でも、ニニギらにとってみれば、それが何者かわからない。
そこで「あなたは何者ですか?」と正体を探りに行ったのが天のうずめ。
そんな出会いから、2人は結婚して、天のうずめは猿女君と名乗るようになったそうです。


猿女君一族は、その後も天皇家の祭祀を司る氏族となります。
稗田氏はその親戚。

つまり、稗田氏は天岩戸事件や天孫降臨等の神話時代から連綿と続く、
歴史の証人のような一族と言えます。
なので、稗田阿礼が古事記の編纂者に選ばれたのは、記憶力だけではなく、
先祖代々伝わる言い伝えを記させるのが、むしろ主な目的だったのではないかと思います。


売太神社、小鳥のさえずりが耳に心地よい、そんな場所でした。


同じく郡山にある県立フラワーパークの銀杏並木
Posted at 2009/11/29 00:00:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | 神社 | 旅行/地域
2009年11月26日 イイね!

キツネ、みんカラが苦手

ファイヤフォックス・・・なぜかみんカラが苦手らしい。



最近、みんカラのフォトギャラリーにアップした写真が消えたり、
他の写真と入れ替わったりする不具合が多発していた、と思ってました。

しょうがないので、いちいち再アップロードをして、
その写真を引用してるブログもこんな風に再掲したりしてました。

ところが、IEで見てみると、消えているはずの写真が正しく表示されています。
オペラで見てもちゃんと表示されてます。

んー、ファイアフォックス、どうなってるんでしょう??
ただのjpgを再生することができないなんて、不思議です。

ちなみに、↑の写真はフォックスフェイスというナス科の植物。
名前の通り、キツネの顔に似て・・・・なくもないか。
(^^;


Posted at 2009/11/26 22:45:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | デジもの | パソコン/インターネット
2009年11月21日 イイね!

楠木正成はヤタガラスの末裔??

葛城一言主神社の後は、高鴨神社へ行きました。

高鴨神社の神主さんはこの前行った高天彦神社と兼務されてるとのことで、
ちょっと興味があった神社です。

ココは鴨氏の神社で、いわば鴨氏発祥の地。
京都の上賀茂・下鴨神社は鴨氏が山城県主になった時に建てたそうです。
というわけで、高鴨神社はカモ系神社の総社だそうです。
凄いですねー。


で、かなり気になったのが、この神紋!


これ、昨年末に行った千早神社(千早城址)の神紋と同じ、
つまり、楠木家紋である菊水紋と同じです。

↓昨年末撮影@千早神社


高鴨神社の境内に騎馬武者の像があったのですが、
後でネットで調べたら楠木正成の像だとのこと。

どういう繋がりがあるんでしょうねぇ。

楠木家の方は、楠木正成らの建武の新政への功から菊紋を下賜されたものの、
畏れ多いとして半分を水に流した菊水紋にしたということらしいですが、
案外、鴨氏の末裔だったのかもしれないなぁと思いました。

というのも、楠木の勢力地は高鴨神社と金剛山を挟んだ隣同士。

↑のAの地点は千早城址

金剛山一帯が鴨氏の末裔が住む地帯で、その河内側の頭目が楠木だったのかもしれません。


鴨氏は神武東征の際に、神武天皇を助けたヤタガラスの末裔です。

4月撮影@八咫烏神社

楠木正成が鴨氏の末裔なら、楠木正成はヤタガラスの末裔ということになります。
もしそうだとしたら、河内の土豪に過ぎなかった楠木正成が、何故あんなに南朝の天皇に献身的だったのか、説明がつくような気がします。


※素人の勝手な推定ですので、聞き流して下さいませ。


高鴨神社も紅葉が綺麗でした~。
Posted at 2009/11/25 23:01:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 神社 | 旅行/地域
2009年11月21日 イイね!

秋の一言 葛城一言主神社

葛城一言主神社に行ってきました。
ここは全国にある一言主神社の総社。


そんなに大きくはない神社でしたが、紅葉が綺麗なためか、参拝客は多かったです。

この写真もみんカラサイズだとショボいなぁ。。。。
コチラにUPしたものと見比べて頂けると、その差が分かると思います。


葛城一言主神社の神様は、一言主大神。
一言主大神はザ・葛城氏、だそうです。
つまり、葛城氏の祖先。


前に行った高天原の高天彦神社に祀られてる高御産巣日神も葛城氏の祖先と言われてますが、
高御産巣日神はきっと葛城氏の始祖、
一言主大神は中興の祖といったところでしょうか?
登場する時代が古墳時代なので。
雄略天皇と因縁があったというエピソードで登場します。。。

古事記によると、雄略天皇が葛城山に鹿狩りに行ったとき、自分達とまったく同じ姿の一行を見た。
なぜ天皇と同じ様相をしているのか?と問う。
すると、相手もまったく同じ問いを返してくる。
怒った天皇が矢をつがえると、相手もまた矢をつがえてくる。
天皇が再び名を問うと、相手はこう答えた。
「我は善事も悪事も一言で言い放つ神である」。
相手が神だと知った天皇は畏まり、大御刀や弓矢、そして百官(官吏)の着ている服まで奉献した。


案外、葛城王朝から大和朝廷へと王朝交替説があった、というよりは
雄略天皇の時代辺りまでは並列して存在してたのかも?
と示唆させるようなエピソードですね。


大和朝廷の方は、崇神天皇より前は記録が残ってなかったから、
葛城氏の伝承を拝借して繋ぎ合わせて、記紀を作ったのかも?


ココも高天原と同じく葛城山麓の高台にあって、田畑も多く、攻めるにも住むにも適した場所って感じです。



境内には樹齢1200年の銀杏が立ってました。


この銀杏、幹に乳のようなものがぶら下がっていることから、
「子を授かり乳の出が良くなるように」と願かけに来る女性が絶えないとか。


その他、ボケ除けの数え歌などもあって、いろいろな願いごとを持った人が訪れてそうです。


ただし、一言主神社では、願い事は一つしかできませんので。


背景ボカせばなんでもイイってわけじゃない、と勉強させられた一枚↓

階段下にある参道と灯篭がもう少しクッキリしてたら良かったのになぁ。

しかし、思いがけず秋の風物詩がイッパイな神社でした。


また来たいなと思える場所でした。(^_^)



コスモスがまだ咲いてました。頑張りますね~。
Posted at 2009/11/22 22:30:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | 歴史 | 旅行/地域

プロフィール

「人間を堕落させるもの・・・高級コンデジ http://4sea.blog.fc2.com/blog-entry-429.html
何シテル?   05/04 01:58
インプレッサワゴンGG2Bに乗ってます。 平日は車に乗らないので、ブログは週末の分が多いです。 休日はオリンパスE-300かE-510を積んでドライ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/11 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

お友達

クルマ、地域、趣味、休日の過ごし方等で
話しが合いそうと感じたら、
お気軽に誘って下さい。
コメントや訪問が少なくても全然気にしません。
(^^)
41 人のお友達がいます
macモフモフmacモフモフ * ジムニー魂ジムニー魂
うまみるうまみる とむやむとむやむ
ワンダーワンダー DonGAMEDonGAME

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ プレマシー マツダ プレマシー
半ば仕方なく買った車ですが、走行距離が伸びるほどに 「走りに関してはえらく真面目に作り込 ...
スバル インプレッサスポーツワゴン スバル インプレッサスポーツワゴン
初めて所有の車です。 若々しい内装が気に入り、衝動買いしました(笑) 平成14年からの付 ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
トヨタマークⅡグランデS61前期モデル。 実家の前の車です。 僕も随分運転しました。 ...
スバル トラヴィック スバル トラヴィック
帰省先での愛車、スバル・トラヴィック(前期)Sパッケージです。 しかし、外見上はオペル・ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.