• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年01月26日

躍度とi-DM (2nd stage)ww

躍度とi-DM (2nd stage)ww 思い立って昨日のブログタイトルを今朝変更したのですが、その意図するところは解るかな?(^_^;)

改めて昨日の続きです。躍度とi-DMの2nd stage

"躍度"に関する一連のメディア記事で紹介されていますが、、、

2017/12/28:“躍度”にこだわって作られたマツダ車の雪道運動性能 (CarWatch)
2017/12/31:マツダが狙う動的質感向上の決め手は“躍度(やくど)”にあり!? (autoc-one)
2018/1/6:マツダ雪上試乗会レポート マツダがこだわる躍度とは何だ? (AutoProve)
2018/1/9:“躍度(やくど)”ってナンだ? 加速度のその先を見据えたマツダのクルマ作り (CarWatch)
2018/1/11:“躍度”とは一体何者だ!? マツダの雪上試乗会に参加して (webCG)
2018/1/24:マツダ雪上試乗で実感、「躍度」の重要性とは? (response.jp)

試乗会の説明でマツダが「運転計画」と「運動計画」という言葉(考え方)を提示し、この通りに動かせるクルマを「意のままに操れる」と定義し追求していると紹介されています。

それぞれが何か?は各記事を参照頂ければイイのですが、抜粋すると

webCG
「運転計画とは、ドライバーがA地点からB地点まで、どのくらいのペースで、どういうルートで到達するかという計画。例えば、片側2車線の道路を走行中に車線変更して前のバスを追い越して元の車線に戻ろうという計画や、高速道路でETCゲートを通過するためにいったん速度を落とし、再び加速しようという計画だ。この運転計画を実現するためにドライバーは次に運動計画を立てる。どのくらい加速・減速し、どのくらい操舵するかというのが運動計画だ。
できるだけ勢いよく加速し(て気持ちよくなり)たいという運転計画を立て、それを実現すべくアクセルペダルを可能な限り深く、勢いよく踏み込むという運動計画を立てる場合もあれば、乗員に不快な揺れを感じさせることのないように、できるだけマイルドに車線変更したいという運転計画を立て、それを実現するためにステアリングホイールをじんわりと切るという運動計画を立てる場合もあるだろう。」


response.jp
「運転計画というのは、例えば高速道路の合流で、目標の場所までに加速しハンドルを切るといった運転操作の計画。運動操作は、運転計画に従ってアクセルを踏む量やハンドルを切る量、速さなどを操作しようとする計画(操作しようと思うこと)。」

読めば判る通り、この二つの計画はドライバーが普段はあまり意識していない・車を運転する際には至極当たり前の行動を詳細に分析(分解)したものです。人馬一体を掲げるマツダも、自分たちが謳う「意のまま」とは一体何なのか?その正体を追求していった中で定義されたものでしょう。

これらと"躍度"の関係はマツダが用意したスライドを見るのが一番解り易いと思うのですが、i-DMとの関係に話を繋げるwために、改めて具体的な例(シーン)を用いて詳細に説明しましょう。

response.jpでも取り上げている高速道路の合流のケース。

ランプをグルッと回って合流車線に60km/hで進入したとして、本線に合流すべくアクセルを踏み込んで100km/hに向けて加速していくシーンです。

さて貴方はどのくらい深くアクセルを踏み込むでしょう?

本線を他車がほとんど走っていなければ、緩やかに加速しつつ本線に合流後、更に加速を続けて制限速度の100km/hまで①、
或いは本線に意外と交通量があり、走行車線を走ってくる後続車を確認したため、合流車線上で100km/h以上まで加速して、後続車両の前に入りたい②、
はたまた後続車両の前に入るのは困難と判断し、その車をやり過ごしてからその直後に合流すべく速度を調整、、、③。

様々な状況が考えられますが、上記の3パターンのどれを採るか?が運転計画です。

それでは②をやろうと貴方は考えたとします。

そうすると合流車線上で後続車と同等もしくは少し速い速度まで加速せねばなりませんから、少し強めの加速が必要。そのために必要なアクセルの踏み込み量は?速度が十分に高まった後にハンドルを切って車線変更し、、、といった運転操作の連鎖が運動計画です。

さてここでアクセル操作に注目しましょう。

運転計画に基づいて、貴方は合流車線上で本線制限速度以上まで加速し、かつ後続車の前に余裕を持って車線変更できなければなりません。それに必要な加速力が何Gか?なんて当然解りませんけど(笑)、貴方はこれまでの経験と状況判断から「このくらい」という加速度と、必要なアクセルペダルの踏み込み量をイメージするハズです。これが運動計画であり当然貴方はその計画通りwにアクセルを踏み込みます。すると何が起こるでしょう?(笑)

アクセルペダルを踏み込む(=ペダルを動かす)と躍度が生じます。そしてクルマが加速を開始するワケですが、結果として生じた加速度がドライバーの期待通りであれば、それが「意のまま」というのがマツダの説明。

さてここでもう少し突っ込んで考察します。

アクセル操作と生じる加速度の関係がイメージ通りに一致するのがマツダの目指すところであるならば、このシーンでドライバーはアクセルを踏み込んだ後、どうするでしょう?

アクセルペダルを踏み込んだ足(首)の動きが止まるハズなのです。d(^_^o)

なぜならイメージ通りの加速度が生じれば、後はその状態を目標の100km/h以上の速度に到達するまで維持するだけですからねd(^-^)。

ここでi-DMの登場です。

ドライバーが立てた運動計画通りにアクセルペダルを踏み込んで、結果イメージ通りにクルマが加速を始めれば、ドライバーのアクセルを踏む足(首)は、アクセルを踏み込んだ直後に止まるハズ

アクセルペダルを踏み込んでいる間は躍度が生じますが、踏み込んだ後に足(首)の動きが止まれば躍度はゼロになります。クルマに加速Gが生じている状態で躍度(加速度の変化率)がゼロという事はすなわちG(加速度)一定です(笑)。

i-DMには加速でも減速でも旋回でも、G一定の状態が(約3秒)維持されると、i-DMランプが緑からに変わる機能があります。

マツダはこれを「走行タイプ2」と定義して車両取扱書にも記載しています.

これが点灯するか否かは既に述べた通り、
・ドライバーがクルマを意のままに操れているか?
i-DMが教えてくれる機能なのです。

逆にアクセルやブレーキの踏み増しや戻し、ハンドルの切り足しなどの修正をしなければならないということは、ドライバーのイメージ(運動計画)と実際のクルマの挙動に乖離があるから修正するワケですからね。修正のためにペダルを動かしてしまえば躍度がゼロではなくなるのでi-DMのランプは青になりません(^_^;)。

そしてこのことは実は
・マツダ車が彼らの狙い通りの「意のまま」に操れるクルマになっているか?
を示す指標でもあります。
多くのオーナーの修正操作が一向に減らず手足の動きが止まらないとしたら「それってクルマの出来が悪いんじゃないの?」というワケ(^_^;)。

以上の話を躍度の視点で繰り返すと、以下のようになります。

・ドライバーは躍度が不適切に大きくならないようにゆっくり運転操作をする必要がありますが、それをi-DMのランプが教えてくれます。運転操作が速過ぎれば白ランプ、十分にゆっくりならのままです。

・ドライバーは運転計画に基づいて運動計画を立て、それにしたがってペダルやハンドルを操作します。運転操作に伴って躍度が生じますが、その結果としてイメージ通りの加速度(加速・旋回・減速)が生じれば、ドライバーの手足の動きは止まって躍度はゼロになります。

・ドライバーの意図した通りの加速度(加速・旋回・減速)が車両に生じた後は、ドライバーはその状態を必要なだけ継続しますが(例:100km/hに達するまでアクセルを踏み続ける。カーブが終わるまでハンドルを切ったまま。停止するまでブレーキを踏み続ける。)、この状態(加速度は生じているが躍度はゼロ)が約3秒維持されていると、i-DMのランプがからに変わって教えてくれます

マツダの公式ブログのi-DMに関する話題の中で

「i-DMは、ドライバーの運転操作を「判定」するだけで、運転の「正解」を示すわけではありません。」

という一文があるのですが、これまでの説明に照らすとより正しく理解出来ると思います。ここで言っている運転の「正解」とはドライバーが立てる運転計画のことなので、そのことに対してi-DMはとやかく言ったりはしません(笑)。

i-DMはあくまで運転計画に基づく運動計画にしたがってドライバーが行った運転操作を判定しているだけなんですねぇ。。。A^_^;)
このように説明されれば、良く理解できると思うのですが、、、(苦笑)

さて今回はここまでですが、前回ブログを其の壱から1st stageに変えた理由は、その内容の通りに運転して白ランプが点かなくなれば、i-DMの1st stageをクリアできるからです(笑)。

ということなので、今回のブログの通りに青ランプが点くようになれば2nd stageがクリアできます(爆)。

ということは続いて3rd stageがあるワケですが、前回ブログでも触れた通り、運転に於いて「躍度は小さくなければダメ」などということはなくて、大きな躍度を意図的に生じさせるような場合だってあります。

そのような運転に対してi-DMはどのような判定するのか?

この点は一連のメディアの躍度の記事の中では触れられていない部分です。
興味のある方はイイね!をお忘れなくw
ブログ一覧 | "上手な運転"の基礎知識 | 日記
Posted at 2018/01/26 19:46:37

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

躍度とi-DM (1st stag ...
タッチ_さん

躍度の話
タッチ_さん

躍度とi-DM (3rd stag ...
タッチ_さん

“躍度(やくど)”ってナンだ?だっ ...
タッチ_さん

躍度とi-DM(4th stage ...
タッチ_さん

G-Bowlアプリで躍度を観察 そ ...
tomosatoさん

この記事へのコメント

2018/01/26 20:22:22
運転の正解ではないという意味がすごくよくわかりました。そして、青ランプの登場が物凄くカッコ良かったですw 今すぐドライブに行きたいぐらいです。多分あれが登場するのかな〜と、色々想像しつつ、次も楽しみですね。
コメントへの返答
2018/01/26 21:45:09
青ランプの登場がカッコ良かった?A^_^;)
実は今回、敢えてドライバーの上手い/下手には言及しない形で意図的に構成しましたが、走行タイプ1の青ランプはそうはイキませんからね(笑)。

続編、楽しみにしてて下さい♪
2018/01/26 21:23:27
はじめまして.いつも興味深く拝読しております.
マツダが積極的にPRするのは良いのですが,個人的には「躍度」という言葉を全面に出すと,混乱する人が少なくないのではないかなと,危惧しております.
良い運転とは,「加速度の時間変化を滑らかにつなぐ(躍度が小さい)」もの,あるいは「同乗者が『身構える』頻度が少ない」ものだと理解しておりますが,それを実現するために重要なのが「アクセル,ブレーキ,ハンドル操作に対する加速度のリニアリティ」であり,「このリニアリティにこだわって車を作ってますよ」と言った方が分かりやすい気がしています.
そして,躍度の大小は運転操作を数値的に評価するための指標であり,その目的が車の開発であれば「意のままに操れる車になっているか」を評価することとなり,i-DMであれば「ドライバーの運転技術」を評価することになると考えています.
コメントへの返答
2018/01/26 21:41:18
はじめまして。コメントありがとうございます。
実は仰る通り、ボクも「躍度」という言葉をマツダがマスコミや、一般ユーザー向けに多用することには必ずしも賛同していません。
以前のブログでも書きましたが、正しく理解せずに明らかに間違った内容のマスコミ記事がいくつもありましたし、その間違いが誤解を増幅させていくことは危惧しています。

そうは言ってもマツダは既に「躍度」を前面に出した雪上試乗会をやってしまいましたし、その記事がマスコミから多く公開されている現状に於いて、無力なイチオーナーではありますが、躍度というよりはどちらかというと「運転」という行為そのものに対する興味や、仰るような「良い運転」とは何なのか?そしてそれを実践するためにi-DMのような道具(ツール)を如何に活用すれば効果的か?というような情報を発信し続けている次第です。
今回のテーマはまだ続きがありますので、現時点では述べるべき情報の一部はまだ欠落しています。
最後までお付き合い頂ければ幸いです。
2018/01/27 22:18:19
先日会社の車(アクセラHVセダン)でi-DMデビューしました。
とりあえず機能をオンにして、5分ごとに棒グラフが更新される設定で、高速道路をコンスタントに5点出しながら走れました。

結構踏んでも、レーンチェンジしても簡単に5点が付くなぁと思いながら走りましたが、ちょっと気を取られてふらりとした所は3点が記録され、ミスに厳しいなと言う印象でした。
動力系、操舵系のしっかりした実用車で、i-DMを気にしながら走るのは生き生き、集中して運転できそうで、良い仕組みだと思いました。

RS4には、残念ながらi-DMは着いていませんが、白ランプが付くと思われる操作には、車がガクガク、ぎくしゃくする。 きっちり操作すると加加速度が高くても気持ち良くスムーズにクルマが走るので、天然i-DM付きと思っとります。

NSXの運転もそんな感じでしょうか?
コメントへの返答
2018/01/29 15:10:11
はじめまして。コメントありがとうございます。

貴方のように好意的に捉えてくれる人は非常に少ないi-DMなので、なかなか貴重なご意見です(^-^)。
ただ、一番簡単な1stステージをちょこっと試したくらいではi-DMの全容は解らないので(苦笑)、今後、評価が変わらないことを祈っていますA^_^;)

ウチのNSXはラジアル前提ならサーキット走行にも対応可能な足(F:10k / R:8k)が入っているので、一般公道では雑に操作しても何も起こりません(苦笑)。そりゃダメな操作をすりゃシロートのボクにだって判りますが、i-DMが判定する良否のレベルは判らないですね。
サーキットでスポーツ走行するとか、ジムカーナ場でドリフト練習をやれば、ダメな操作をするとクルマが言うことを聞かないので判るんですがね(^_^;)。
2018/01/31 22:02:05
こんばんは。いつも参考にしております。

計画通り = 操作後躍度ゼロ&G一定 = 青ランプ点灯 という説明、腑に落ちました。

私の車はi-DM非搭載車なのですけど(スバル車ゆえ…)、心の中の青ランプが点くのは確かにそんなときだな〜と思ったのでした。

以前のブログで青ランプがつくようになると燃費も向上するといった趣旨のことを書かれていたと思いますが、操作後に躍度ゼロとは計画通りに動力性能を使い、結果的に補正に燃料を使わなくなることから燃費が向上する、ということにもなるのだなとも思いました。

やっと2ndステージ…
コメントへの返答
2018/02/01 15:43:07
こんにちわ。コメントありがとうございます。

まぁ上手な人は当たり前にやっているG一定の運転ですが、実はマツダが言う「運転計画」をちゃんと立てて走っているか否かが(無意識ですが)、上手・下手の違いに大きく影響します。

交通の流れに乗って、道なりに走っている人って意外に成り行きで計画無しwにクルマを動かしているだけ、だったりしてね(笑)。

燃費が良くなる理屈はi-DMsの会員向けには公開済みですが、
http://minkara.carview.co.jp/userid/2716203/blog/c1040921/
会員限定なのでゴメンなさいA^_^;)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「マツダの顧客戦略が非常に解り易く書かれた記事 http://cvw.jp/b/1349639/41960294/
何シテル?   09/18 15:25
意のままに、思い通りにクルマを操ることに興味があります。 ドライバーの意のままに反応するクルマが好きです。 そんなクルマの技術的背景、メーカーのクル...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

ミスターロードスター 貴島孝雄さんインタビューまとめ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/23 17:58:12
予想外の反響? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/19 07:55:58
高級サスの失敗例 
カテゴリ:ブログ
2016/02/02 16:29:50

お友達

みんカラグループはじめました。
http://minkara.carview.co.jp/group/iDMs/
メンバーを絶賛募集中です。
72 人のお友達がいます
三月葵三月葵 * ともンダンともンダン
あんで、あんで、 △HONDA△△HONDA△
nobu_nobunobu_nobu ジェーンズジェーンズ

ファン

626 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザ 家族車[ファミリーカー] (マツダ アテンザ)
フルSKYACTIVの何かに買い替えるまで、とBLアクセラに15ヶ月。 XDのAWDが出 ...
ホンダ NSX 玩具車[おもちゃ] (ホンダ NSX)
別名「愛人」。つまり家族車は「正妻」(笑)。 極めて従順。しばらく放っておいてもスネたり ...
マツダ アテンザ 元家族車[Exファミリーカー] (マツダ アテンザ)
2013/1/19にディーラーから借用した25Sで高速走行性能を確認の上で契約。DC-D ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) 前家族車[前ファミリーカー] (マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック))
2011年12月18日に納車された。 購入に至る顛末をブログに綴っているのでそちらを参照 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.