• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年08月20日

ロードスターの改良と1.5Lへの拘り

ロードスターの改良と1.5Lへの拘り 以下の記事を読んで、ちょっと思うところをツラツラと(^_^;)

ロードスターの改良とスポーツカー談義(ITmedia ビジネスオンライン)

因みにボクのブログを長く呼んでくれている方はご存知ですが、ボクは自動車評論屋wという人たちに対しては結構厳しい目で見ています。しかし彼らを十羽一絡げにダメと思っているワケではなくて、記事を書いている池田直渡氏なんかは、実にジャーナリストらしい書きっぷりが結構好きだったりします(^_^;)。

さてロードスターですが、直近の商品改良の目玉はRFに搭載しているSKYACTIV-G2.0の大幅なリファインで、ほとんど別物?と云えるほど手が入っています。最高出力が30馬力弱、許容回転数が6,800rpmから7,500rpmですからね。最高出力だけに着目すれば、アテンザに載っているSKYACTIV-Gの2.0と2.5に近い出力差があるんですから、まぁ別物と言って差し支えないでしょう。

モデルライフ途中でここまで手を入れるならなんで最初から・・・なんて既にRFを買ってしまったオーナーからは恨み節が聞こえてきそうですが(^_^;)、我々顧客もそろそろマツダのこの「商品をひたすら改良し続ける」姿勢を理解して、いつが買い時かを自分で決めなければイカんのでしょうね。

それはそれとして、記事を読んでいて気になったというか、目に留まったのがソフトトップの1.5Lエンジンに対するマツダの拘りの下り。

世の中にはRF用の強力な2.0Lエンジンの登場を受けて「アレがソフトトップに載れば」なんて考える人が必ず居るもんですが、マツダは1.5Lに非常に強い拘りを持っていて、恐らく日本国内向けに2.0Lを載せることは無いだろうという話。

池田氏の記事がどこまでマツダの意思を代弁しているかはアレですが、これまで出てきている情報を総合すれば恐らく的を射ていて、マツダ自身もロードスターに対して「速さ」とか「ハイパワー」という価値観を中心に据えたくはないのでしょう。
海外向けに2.0Lエンジン搭載車があるのは彼の地の事情というワケで、、、(苦笑)

その考え方をボクは100%支持するので、本当にぜひともNDのモデルライフを通じてその志を貫き通して欲しいと願っています。

なぜなら先に触れた通り、マツダは商品の魅力を維持するために改良の手を緩めません。商品改良のタイミングはボクたち消費者にはわからないワケで、買い時は我々が自分の意思で決めなければイケません

自分にとって買い時がいつか?と考えたときに、例えばマツダが「ソフトトップのロードスターに2.0Lエンジンは載せない」と言っていることなどは、我々が買い時を決める際の重要な情報になります。

逆に言えばその情報を信じて1.5Lを買った、本当は2.0Lがあればそっちが欲しかった人、は買った後に2.0Lが出ちゃうと恨み節も出るワケです(苦笑)。

RFには2.0Lエンジンが載っているワケで、どーしても2.0Lが良ければRFを買えばイイのですが、池田氏の記事に拠ればRFはロードスターの亜流(?)だから許される・・・的な解釈は、善し悪しの話ではなく「マツダとしてはそういう考え方である」と思えば理解はし易いです。

そう、その「マツダとしての考え方」を市場にシッカリとアピールすることと、それを途中で変えないこと

それがとても重要なことだよなぁ~と思いました。

お客様との絆を謳うのであれば、そこに信頼関係が絶対に必要ですからね。(^-^)b
ブログ一覧 | マツダ | 日記
Posted at 2018/08/20 18:28:20

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

上質なGTに向けて舵をきったRF3型
zato787さん

ロードスターRF商品改良における、 ...
zato787さん

『マツダ、「ロードスター」「ロード ...
hata-tzmさん

京商 samurai 1/18 マ ...
teketさん

ロードスター RF登場
ユタ.さん

Hi Story 1/43 マツダ ...
teketさん

この記事へのコメント

2018/08/20 19:15:01
こんばんは。池田さんの記事は、とても理論的に整理されていて、自分も好きです。
今年の軽井沢ミーティングのトークショーで、同様のことを中山主査が話されてました。あくまでもベストバランスは1.5Gで、北米マツダのエンジニアを実際に車に乗せると彼らも理解してくれるのだが、北米市場での1.5Lは、1ランク下の車にカテゴライズされてしまうので、2.0Gを投入したそうです。
コメントへの返答
2018/08/21 17:11:38
こんにちわ。
NDのベストマッチエンジンは1.5Lで、2Lを載せろと迫った米国に対して「だったらNDは出さない」と返した話は有名、、、というか良く目にしました。
そのこと自体は実はもうどうでも良くて(笑)、現実的に世の中には1.5Lと2Lのロードスターが存在するワケですが、1.5Lがベスト!という姿勢を貫けるか?がもっとも重要です。
どうも新しい2Lは相当に良いらしいので、その誘惑に負けちゃダメよwwという話です。
2018/08/20 20:43:48
こんばんは~
今回の改良は中身の変更が凄かったですよねぇ~
RFに関しては「派生モデル」みたいなものだから「セーフティー関係」とかも躊躇なく追加出来るとか言うのも聞いたことがありますねぇ~
逆にソフトトップにはやはり・・・
エンジンに関しては「ソフトトップに2.0Gが載る事は無い」と言うのだけは確実だと思ってます、ってか載せるならこの変更のタイミングで載せたと思います。
後、自分は改良前のRFですが、ぶん回す訳でも無く、パワーも求めて無いしで・・・「オートクルーズ」に嫉妬してるだけでそれ以外は実はそんなに・・・だったりします(笑)
いまだにマイDに改良後のRFが入って来て無いので、試乗とかは出来て無いので変化は判りませんが、試乗しても多分「追い金いくらでも乗り替える!」は無いと今は自信をもって言えます!
コメントへの返答
2018/08/21 17:43:21
こんにちわ。
ぃゃ凄かったです(笑)。

個人的にはテレスコが付いたのと、レーダーなしだけどクルーズコントロールが付いたのはポイント高かったです(^_^;)。

2.0Lエンジンの進化は確かに凄いものがあるんですが、ご認識の通りでレブリミットまで回さないと顕著な差はなくて、まぁスペックヲタクでもない限りは買い替えるほどではありません(苦笑)。
サーキットでタイムアタックしたら結構な差になると思いますが、RFはそういうクルマじゃないしねA^_^;)。
2018/08/21 18:58:37
こんばんは。
私は1.5Lに拘る姿勢を、営業側の役員が良く我慢できたというか、抑え込んだというか(;^_^A。  おそらく開発側にはロードスターの存在理由としてのオリジンがしっかり伝承されているな、と思います。 

絶対質量として1トンで、達成可能な剛性を生かせるパワーバランスは、9.8m/s2の重力圏で動かすには、ベストのポイントが有って、Gジャンキーはもっとパワーと思うでしょうが、ロードスターの楽しみはドライバーが車と同じレベルで同化できるとこまで、公道マッチングさせてある点だと思います。個々の好む個性分のチューンはオーナの裁量でやればいいでしょうが、メーカが大事にしている「個性」はちょっと、シャシーが勝っていて、一体化して走りを突き詰めると、少し限界が顔を出す・・なとこ。

しかし、マーケット側に毒を撒いて短期売り上げ狙うなら、2Lの誘惑に負けそうですけどね、、そうしたらロードスター自体のマーケットが疲弊すると、分からせたんでしょうね。

実際、1.5Lはマツダのレシプロとは思えない、回り方をする良いエンジンだと思います。
コメントへの返答
2018/08/22 15:44:37
こんにちわ。
営業側役員は、抑え込まれたのかな?(笑)

まぁ米国の主張は彼の地のマーケットニーズなのでそれとして、、、(^^;

開発側で継承…というより、彼らは原点回帰を言っているので、NDの開発に先立って「NAロードスターとは一体なんだったのか?」を相当に煎じ詰めたのでしょう。
だって発売当時の日本は例の280馬力自主規制の時代でパワーとスピードがスポーツカーのみならずサルーンでも売りになっていましたからね。
にも関わらず自然吸気の1.6Lでたったの120馬力しかないのに爆発的にウケて、30年近く経っても未だに「ロードスターと云えばNAだ!」なんて人も多いです。なんなんだ!?これは(苦笑)

その魅力をマツダ自身もちゃんと理解した上でNDを作っていて、彼らが導き出した最適なパワーユニットが1.5Lであるならば、それは簡単には覆らないハズです、普通に考えれば(笑)。

だから、普通は覆らないハズなので、普通じゃないことwをしてサプライズなんか狙っちゃダメょ、ということでA^_^;)
2018/08/22 18:13:36
限定車で500台だけ販売する。
なら許される気がする。
欲しい。もちろん限定車だから足回りも辛口上等、初代NAロド最初のRSのような本気のクルマだったら
(誰にでも)の枠から外した商品を

なんて妄想しても  良いですよねぇ(笑)
コメントへの返答
2018/08/22 18:29:08
> なんて妄想しても  良いですよねぇ(笑)

もちろんです(笑)。

そしてもしボクがマツダの社員だったら、その限定車の価格は思いっ切りボッタクリの500万円くらいに値付けしますね(爆)。

2.0Lエンジン、激辛足回り、価格がノーマルの倍となれば、それはもう普通のロードスターではありませんから、言い訳はいくらでも出来ますし(^_^;)。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「東京コース、なう😋」
何シテル?   11/11 09:37
意のままに、思い通りにクルマを操ることに興味があります。 ドライバーの意のままに反応するクルマが好きです。 そんなクルマの技術的背景、メーカーのクル...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ミスターロードスター 貴島孝雄さんインタビューまとめ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/23 17:58:12
予想外の反響? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/19 07:55:58
高級サスの失敗例 
カテゴリ:ブログ
2016/02/02 16:29:50

お友達

みんカラグループはじめました。
http://minkara.carview.co.jp/group/iDMs/
メンバーを絶賛募集中です。
72 人のお友達がいます
タッチ_@i-DMsタッチ_@i-DMs * nobu_nobunobu_nobu *
かずしゃん@洗車道場親方かずしゃん@洗車道場親方 * poyoyon2poyoyon2
たつND5RCたつND5RC FLAT6FLAT6

ファン

628 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザ 家族車[ファミリーカー] (マツダ アテンザ)
フルSKYACTIVの何かに買い替えるまで、とBLアクセラに15ヶ月。 XDのAWDが出 ...
ホンダ NSX 玩具車[おもちゃ] (ホンダ NSX)
別名「愛人」。つまり家族車は「正妻」(笑)。 極めて従順。しばらく放っておいてもスネたり ...
マツダ アテンザ 元家族車[Exファミリーカー] (マツダ アテンザ)
2013/1/19にディーラーから借用した25Sで高速走行性能を確認の上で契約。DC-D ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) 前家族車[前ファミリーカー] (マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック))
2011年12月18日に納車された。 購入に至る顛末をブログに綴っているのでそちらを参照 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.