• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年09月18日

マツダの顧客戦略が非常に解り易く書かれた記事

マツダの顧客戦略が非常に解り易く書かれた記事 ちょっと物書きwのために色々と調べていたら、とても面白い記事を見付けました。

破壊が進む自動車業界でマツダがとった驚異の生存戦略DIAMOND online

マツダの2%戦略はもう結構有名な話だと思うのですが、この「2%」という数字の出処wであったり、妥当性であったり、という点まで含めて理解している人は、世間では意外に少ないかなー、なんて勝手に思っています(^_^;)。

まぁ外野の理解が曖昧でも、当事者であるマツダがちゃんと理解していれば別に問題はないのですが、、、(苦笑)

因みにボクの理解ですが、

10%の熱狂的なファンを作ることによって、世界の2%のシェアを取る」

なのですが、過去(3年前)にブログで書いたように、ちょっと解せないというか、腑に落ちない点がありました。

世界市場の2%というのは現状のマツダのシェアと生産能力から出てきた数字という理解で、これを増やしていく(=つまり数を追う)のではなく、あくまで質を高めていこうという考えであること。

それはイイのですが、もし世界市場で熱狂的なファンが10%作れれば、市場シェアが2%じゃ済まない(笑)という疑問。

ボク的には「シェア10%の中で熱狂的なファンが2%」ならまだ理解がし易かったのですが、、、(^_^;)。

そんなモヤモヤっとしたものが、今回紹介した記事を読んで理解が出来ました。記載されているのは3頁目。20年近く前に全世界視野で消費者の自動車に対するニーズ(=価値観)をかなりキッチリ調査したようです。そして、マツダを支持する層に共通する自動車に対する価値意識として

「決してクルマはステータスではないが、単なる移動手段でもない。と言ってもレースなどで大パワーで競い合うというよりは、むしろ街中を日常的に運転すること自体が楽しく、自分自身が思うままに操れることが何よりの歓び。」

「クルマで走った後も、駐車場に駐めたクルマを何度も振り返っては見惚れ、運転の余韻に浸るといった経験が少なくない。」

「このような価値意識を持つ人たちが世の中の自動車購買層に10%前後存在していたのである。」

なるほど(笑)。

この記事の下線部分に今のマツダのクルマ造りを当て嵌めれば、前者が「人馬一体」であり後者が「魂動デザイン」という話で、この10%の人たちをマツダのファンにするクルマ造りというワケです。

で、その中の2%、つまり10人のクルマ好きの中の2人(記事では4%だから4人)が実際にマツダ車を買ってくれりゃイイ、と狙いを定めている、という事のようです。

この記事で4%と言っている話と、従前からマツダが掲げている2%との乖離がなんなのかは取り敢えず横に置くとして、、、(苦笑)。

マツダが顧客戦略としてそう定めて、現状それなりに上手く行っているとは思うモノの、次なる問題はやはり目指すべきところと現実(実態)とのギャップ、、、でしょうねぇ。

ボク個人としては、この記事で云っているクルマ好きが10%というのは些か懐疑的にならないでもないですが、まぁそれもちょっと横に置くとして、、、(苦笑)。

現在、マツダ車を買ってくれている顧客が全員、その10%の人たちなのか?

ボクにはそうは思えないので、マツダが狙いを定めている10%以外の人たちも今のマツダのクルマ造りに魅力を感じて買ってくれている気がします(^_^;)。

だとしたらどうなんだ?どうなんでしょう?(笑)
ブログ一覧 | マツダ | 日記
Posted at 2018/09/18 15:25:49

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

最高に面白かったマツダ・藤原氏のイ ...
タッチ_さん

『マツダが生き残るために大切にする ...
hata-tzmさん

ディーラーの役割と顧客マネジメント
タッチ_さん

人生最後の1台に選ぶ車は
シロナガスさん

マツダ関連のニュースで
タッチ_さん

近年のマツダのクルマ造りに潜むリスク
タッチ_さん

この記事へのコメント

2018/09/18 18:32:37
「クルマで走った後も、駐車場に駐めたクルマを何度も振り返っては見惚れ、運転の余韻に浸るといった経験が少なくない。」
ハイ、私のことです\( ˆoˆ )/ さすが、マツダわかってるな〜笑

先日公道を走っている教習車がアクセラの魂動デザインでした。初めて運転する車って、今後の車選びと価値観に少なからず影響すると思うんですよね。
世の中に美しく、運転が楽しい車が増えたら、世の中に幸せな人達も増えるのに!←持論ですw
コメントへの返答
2018/09/19 14:46:39
ハイ、ご馳走様でした(笑)。

ということは、まさにマツダの狙い通りに釣られたというワケですねd(^^o)。

で、いざ買ったら運転が楽しくて運転が好きになって・・・というなら、この記事で云う「10%以外の人」が「10%の人に心変わりする」ということになると思うのですが、、、(^_^;)。

そうするとマツダが言う「走る歓びで人生が豊かになる人」が増えることになりますねw
2018/09/18 20:22:01
こんばんは(´Д` )
きっとマツダにしてもタッチ_さんと同じで、調査会社の言うことなんて話半分程度で受け止めているだろう(爆)から、持続可能な現実目標は4%の半分で2%。さらにマツダが獲得したい2%は「次もこの先もマツダ以外考えられない」というコア顧客。作業としては砂金を集めるイメージなので、ターゲット10%以外の顧客がまざってても特に不思議はない。そしてその混じり物は、ここまでの商品開発や価値訴求の結果として得られた結果なので、結果を受けて中途半端にブレてしまうと、あっという間に没個性化してしまいそう・・なんて考えてる時点で私もすっかり「2%クラブ」の一員です(´Д` )💧
コメントへの返答
2018/09/19 14:53:28
こんにちわ。
なかなか鋭いツッコミです(笑)。

ボクが思うに実際には10%の中の4%(或いは2%)は取れていなくって(苦笑)、10%以外の人たちも相当数に上ると考えています。
ただ今のマツダが「10%に狙いを定めたクルマ造り」の結果として得られた実績なので、それはそれで良いのです。問題は仰る通りで、そのクルマ造りを飽くまでブラさないこと。そして10%以外の人たちであっても、運悪くwマツダを買ってしまったからには、10%の人たちに仲間入りをすべく洗脳(爆)するのが次の課題かな?
逆に10%以外の人たちの意見にクルマ造りが毒されるとマズいと思いますd(^^;)。
2018/09/18 21:20:54
「クルマで走った後も、駐車場に駐めたクルマを何度も振り返っては見惚れ、運転の余韻に浸るといった経験が少なくない。」

自分も当てはまりますねぇ~(笑)

ついでに言うと過去のマツダ車でも好きな車に対しては「やはり見惚れてしまいます」(爆)

今は「ロードスター」が止まってたり走ってたりしてたらとりあえず目で追いかけてしまいますね~(自分も乗ってるだろ!ってねw)

眺めてるだけで「幸せになれる」そんな感じです。
コメントへの返答
2018/09/19 14:58:08
ハイ、ご馳走様でした(笑)。

実はボクの親父の世代も「マツダはスタイルがカッコイイ」と言っていて、どうやらそれってマツダの伝統と云えるみたいですょ(^_^;)。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「東京コース、なう😋」
何シテル?   11/11 09:37
意のままに、思い通りにクルマを操ることに興味があります。 ドライバーの意のままに反応するクルマが好きです。 そんなクルマの技術的背景、メーカーのクル...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

ミスターロードスター 貴島孝雄さんインタビューまとめ① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/23 17:58:12
予想外の反響? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/07/19 07:55:58
高級サスの失敗例 
カテゴリ:ブログ
2016/02/02 16:29:50

お友達

みんカラグループはじめました。
http://minkara.carview.co.jp/group/iDMs/
メンバーを絶賛募集中です。
72 人のお友達がいます
かずしゃん@洗車道場親方かずしゃん@洗車道場親方 * poyoyon2poyoyon2 *
たつND5RCたつND5RC * FLAT6FLAT6 *
☆にしやん@アクセラセダン☆☆にしやん@アクセラセダン☆ △HONDA△△HONDA△

ファン

628 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザ 家族車[ファミリーカー] (マツダ アテンザ)
フルSKYACTIVの何かに買い替えるまで、とBLアクセラに15ヶ月。 XDのAWDが出 ...
ホンダ NSX 玩具車[おもちゃ] (ホンダ NSX)
別名「愛人」。つまり家族車は「正妻」(笑)。 極めて従順。しばらく放っておいてもスネたり ...
マツダ アテンザ 元家族車[Exファミリーカー] (マツダ アテンザ)
2013/1/19にディーラーから借用した25Sで高速走行性能を確認の上で契約。DC-D ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) 前家族車[前ファミリーカー] (マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック))
2011年12月18日に納車された。 購入に至る顛末をブログに綴っているのでそちらを参照 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.