• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

とみ~☆かいらのブログ一覧

2015年03月21日 イイね!

ようやく目当てのホイールを見つけたかもしれない

ようやく目当てのホイールを見つけたかもしれないクラブリネア・ヴィエリFF。

元々クラブリネア(クリムゾン系)のホイールって、デザインはそこそこいい安物程度のイメージしかなかったのだけど、これはなかなか面白い。

自分が求めているダブルスポーク調デザイン・20インチの設定有り・しかも軽量

このホイールの軽量性はかなりメーカーも自信があるらしく、カタログにも誇らしげにアピールしている上、サイズリストにもこのホイールに限って重量が書いてあったりとか、結構面白げ。

実際、20x8.5インチで10.8kgと、重量が分かっている中ではBBSの各ホイールやレイズ57FXXと同レベルの軽量性を誇るなど、20インチホイールとしては非常に軽い部類に入る。

個人的にはもう少しマシニング加工を大胆に入れて素軽く見せても良かったんじゃね?とも思うけど、まあガキっぽくてディテールの甘いレイズとかと比べればマシマシ。

そしてついでに安い

定価は1本54Kで元々爆安レベルなのだが、その上で値引きも結構利くらしく、社長のところで「4万くらい?」、某カルバンで2万以上引けるとのこと。

でもさー。前述のとおり、クリムゾン(クラブリネア)の基本的なイメージって安物なのね。

以前から安い割にはデザインいいなーってことで嫌いではないのだけど、「重くて安い」なら「ああ安物なのね」で終了なのだけど、「安くて軽い」って何気に何が起こるか分からなそうで怖くね?(笑

一応、鋳造=曲がる・鍛造=割れるで、このホイールは鋳造だけど・・・。

***
ただこのホイール、どうも最新作過ぎて問屋が存在を知らなかったり、実物も何処にも無いらしい・・・。

どおりでカタログ写真みたいのしか見当たらないと思ったよ!
(どっかのデモカーっぽいBMWの1台だけ見つけた)

カルバンに行ったのは、ここはホイールに強いから「ここなら実物あるんじゃね?(ついでにあったら試着みたいのをさせてくれる)」っていうのを期待して行ったんだけど・・・。
Posted at 2015/03/21 23:06:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | アフターパーツ | クルマ
2015年03月21日 イイね!

ホンダ・レジェンド EX

ホンダ・レジェンド EXやっぱこれ違和感があるなぁ(笑

***
なんと公に試乗車として乗れるのはこの週末だけらしい。

各販売店をキャラバンするとか、手放してしまうわけではなく、単に引っ込めるだけらしいけど、一応見込み客には今後も(問い合わせの上で)見せるらしい。

***
元々レジェンドという車はホンダのクラスレス感が悪い方向に出てしまった車で、どうしてもこれまでは比較対象がセドグロ(フーガ)・クラウンクラスであったが、新型は基本的なパッケージングはハイブリッドとなったこと以外はそれほど変化していないものの、ライバル格と想定するべき車種が軒並みダウンサイジングでV6・3.5リッター+ハイブリッドという構成になったことから、相対的に同じくV6ハイブリッドのレジェンドのポジションが上昇したようにも思う。

***
IMG_1697.JPG乗ってみる。

ある意味、北米系のホンダ車の雰囲気を濃厚に伝えてくる感じで、ドラポジの設計なんかがCR-V辺りに乗ってると「ああ、こんな感じ・・・(もちろんこれはセダンだけどね)」という共通性が伝わってくる。

先週乗ったグレイスと比べると、明らかに海外市場の好み、或いは欧米人体格に合わせた設計がなされており、ハンドルなんかは明らかにこちらの方がドライバーの近くまで寄せることができ、しっくり来る。

最も、それに合わせてシートも大振りなので、ホールド感は甘い。
あと、デュアルリフターの前側を上げると、このリフターはシート全体を動かす構造であるので、釣られて後ろ側やリクライニング角の位置関係が変わってしまう辺りも、やはりこの辺りはホンダらしい感じである。

ただ、パワーシート+電動チルト&テレスコがある割りには、トヨタで言うところのパワーイージーアクセス、ニッサンで言うところのオートドライビングポジションシステムのような凝った機構は採用されておらず、パワースイッチに合わせてテレスコが縮む程度だったかのアメニティしかないのは残念な気がする。

あと、値段は過去最高のくせに、遂に天童木工製の本木目パネルが廃止になってただの木目調になったんだよね。新型。

ホンダの木目調は非常に質感が高い方なので、見た目は気にならないけれども。

まあ、近年は環境重視の名の下に、そういう天然素材の採用が世界的に縮小している(或いは海外ではそちらの方が喜ばれるらしい)っていうのもあるみたいだけど。

***
IMG_1710.JPG走らせてみる。

HUDに駆動配分が表示されるので非常に分かりやすかったのだが、発進時はリヤモーターで発進するというのが明確に分かり、やはりDCTシステムを採用することによる低速域の制御性の悪さをハイブリッドでカバーするというのを明確に感じ取ることが出来る。

最も、レジェンドのDCTはパワートレーンのハイパワー化に伴って、ホンダお得意の湿式多板クラッチによる駆動制御に変更となっているので、この辺りの制御性は小型車向けの乾式タイプと比べると、元々スムーズであるはずなのだが、この辺りはキッチリと新ハイブリッドシステムの流儀を守っているようである。

また、トランスミッションでいうところの1速〜2速の緩加速に当たる領域はほぼモータードライブでカバーしているようで、渋滞の街中などをノロノロ走っていると、ほぼタコメーターは0を指しっぱなしだったりする。

そしてそういう領域を抜けてエンジンが始動し出すと、明確にエンジン(或いはフロントセクション)のパワーが加わって2段ロケットのように加速するのが感じ取れる。

これはエンジンにもパワーが有るとはいえ、新しい感覚である。

どちらかというと、モーターがエンジンのターボ役というよりは、エンジンがモーターのターボ役になっているような感じなのだが、ある意味その2面性が結構明瞭に目立つ感じなので、トヨタのハイブリッドとは明らかに感覚が異なる。

構造的にもレジェンドのハイブリッドはニッサンのハイブリッドに近いわけなので、そういうモーターとエンジンのミキシングという部分ではフーガやシーマなんかと同じような感覚なのだが、あちらさんと比べるとやはりホンダはトヨタと同じくらい長くハイブリッドをやっているだけに、その過渡領域のチューニングなどはニッサンとは比べ物にならないくらい洗練されている。

***
でも、ホンダのハイブリッドって、今このフィット系やレジェンドに採用されてるDCTを介して駆動するタイプと、アコードのシリーズハイブリッド的なシステムの2つがあるわけだけど、ホンダ的にはどっちが本命なんだろう?

***
足回り。

これは目からウロコが落ちた。

これまでのホンダ車にありがちだった初期の粗っぽさが一切なく、極めてスムーズ。

普通の車ならばハーシュネスのピークを明確に感じるような比較的速い入力があっても、その入力の山が綺麗に丸められており、また19インチというホイールの大きさを感じないくらい軽快でもある。

極端にソフトなわけではないが、この辺りがアスリートベースが丸出しで硬いマジェスタ・しなやかではあるがホイールの重さをやや感じてしまうシーマと比べても、実に良く出来ている。

それでいてダンパーの伸び側の減衰が効果的に効いているようで、しなやかに姿勢が安定している。

ド新車でこれなんだから、もう少し熟れてきたら・・・と思わざるをえない。

SH-AWDの効果までは流石に試せる状況じゃなかったけどね。

***
やっぱり、ホンダ車っていうのは、「乗るとすごくいい車」っていうのはこの10年くらい変わってないんだよねえ。

ただ、それをお客にどうアピールするか───実際、同クラスの車なんかと比べると、マジェスタなんかよりは余程車としての完成度は高いと思うのだけれども、見た目は結構地味だし、高級車としてのアメニティ・ホスピタリティなんかを考えると、やっぱり「ホンダだなぁ」って部分は多いんだよね。

結局、680万っていう値段の多くは安全装備とドライブトレーンに行ってるんじゃないかって感じで、装備水準なんかを考えるとマジェスタやシーマ辺りよりも一段程度劣り、そういう作り込み的な部分はやっぱりクラウン・フーガ辺りと同等という気配。
ただドライビングサルーンとしてはどちらよりも上という、微妙なライン。

それに高級車ってなると、やっぱり国産だろうが「ブランド勝負」になる部分も大きいので、今となっては「レジェンド」という名前自体はマジェスタやシーマ(或いはレクサスやインフィニティ)なんかよりもずっと長いものではあるんだけど、この車に付いていたであろう顧客層の継続性っていう部分では、先日も言った通り販売店網の再編があったから、果たして付いてきてくれるのか、とか。
(でも、自分とこと付き合いのある店でも、すでに1台売れてるっぽい、とか)

IMG_1711.JPG
Posted at 2015/03/21 21:11:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | インプレッション | 日記

プロフィール

「@もげ. この辺りは内部資料的なものだと一般用法的な書き方すること多いですからねえ。まあ、あれをシリーズハイブリッド以外に解釈することも難しいと思いますけど。」
何シテル?   03/23 22:23
http://twitter.com/tommy_kaira             _  -───-   _             ,  '´   ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

特装仕様?~ベンコラ仕様・GZG50型センチュリー~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/11 17:44:33
MAXWIN HUD-621WiFiミラーリングヘッドアップディスプレイ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/16 18:43:13
中古車注意!「修復歴」表示がテキトー過ぎる事実!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/03 22:06:13

ファン

51 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザ マツダ アテンザ
ディーゼルでMTの車に乗りたいと言い続けて幾年月。 ディーゼル冬の時代を乗り越えてよう ...
日産 インフイニティQ45 日産 インフイニティQ45
5年8月登録。 NHG50XAEPJ4 DJ2/R(GAC色替) 色と革と足回り以外はG ...
日産 インフイニティQ45 日産 インフイニティQ45
6年3月登録。 NG50XAEJ2 LM0/R 夢はHG50に引き継がれました。 車体 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
2号機。 調べる限りでは5型っぽい。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.