• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

とみ~☆かいらのブログ一覧

2009年10月31日 イイね!

スマートループ

久しぶりにスマートループのサイトにログインしてみたら、ドライブレポートのところに燃費情報なる項目が。

・・・・あのー、平均燃費15km/lってどういう計算してるんですか(w
てかウチはサイバーの燃費管理使ってるけど、それのデータじゃないのか。

サイトを見渡してると「設定」アイコンが追加されていることに気付く。

ああ、未設定だと2.5リッタークラスの車として計算されるのか。
じゃあ、ウチの車の情報に修正、と。

・・・やっぱり平均燃費が10km/l超えて計算されます。

ダメだコリャ。

実際のところ、プローブ情報には走行状況も含まれているというのはスマートループの規約にも前々から書いてあるところですが、やっぱり単純な速度と加速度から燃費を推測するなんて無理だよねーw
新しい楽ナビとかはそういうのをベースにしたエコドライブモニターが付きましたが。

おんなじ加速度でおんなじ速度まで加速するにしても、例えばウチの車とレクサスLSじゃあ、エンジンに掛かる負荷って、大雑把に見積もっても違うわけですよ。

LSは8速ミッションだから4速のウチの車よりもそもそも加速時にもより低い負荷で高加速ができるし、新しい車だからエンジンの効率自体も上がっている。
つまりLSの方がドライバーが同じならば燃費がいい。
同クラスの車でも、ソレくらい違うだろうっていうのは想像できるわけです。

それともコレは最近の車・・・LSとかなら俺の運転なら平均して10km/lを超えるという事なのか。


高速・低速ともに-17%に設定したら大体目安にはなる感じに。

つまり2割ほどは良く出るということかw
精度低いなーw
Posted at 2009/10/31 13:42:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | アフターパーツ | クルマ
2009年10月30日 イイね!

CVT

http://www.carview.co.jp/news/5/117108/

もうスズキが使ってんじゃん(笑

まあミッションを作ってる中の人は一緒ですから当然ですが。

しかし、なんで副変速機を付けたのか?っちゅーと、CVTというものは実は変速段数は「(所定の範囲内で)無段階」だが、設定出来るギア比の幅っちゅーのは、変速に使うローラーやプーリーのサイズの関係上、事実上限界がある。

そのため、現代のように7速とか8速のような超多段ミッションが実用化されてしまうと、通常のトランスミッションは元々CVTよりもギア比設定の幅がワイドに取れる上、3速や4速が主流だった当時では現実的ではなかったワイドレシオに設定しつつ効率的な細かいステップ比にも設定できるので、相対的にCVTのメリットが薄くなってしまうのじゃよ。
CVTは伝達効率的な面でも通常のATに劣るしな。

欧州勢がCVTを飛ばしてツインクラッチミッションなどのMTベースのシステムを好んで採用するのは、元来ATの普及率が低くイージドライブと高効率を両立するという要求が低かったのに加えて、CVTがATやMTと比べて成熟もしておらず、この辺りの耐久性も含めた技術的な限界があるからとも言われておるな。

だから、副変速機を付けたんじゃろうが、なんかこれ本末転倒な気がするんだよなー・・・。

確かに今この型のCVTを付けてるパレットのギア比を見てみるとスゲーんだが、じゃあ上記みたいな超多段ミッションと比較しての実質的なアドバンテージって何?って言われたら、恐らく比較的コストやサイズの制約のある車でも、そういった多段ミッションと同等の恩恵を被れる以外ないと思うんだなー。

ニッサンはティーダクラスにも~って言ってるけど、この辺りのクラスになるとコストさえ許されれば6速以上の超多段ミッション、載せられるしね。

まーこんなモンを作ってしまうジャトコは相変わらずCVTが好きなんだなぁと思いますが(だってエクストロイドCVT作ったのもジャトコだしね)、副変速機分の重量やロスを考えたら、実質的に日本車・・・それもコンパクト以下のクラスしか使わねーと思うですの。

結局、エクストロイドCVTが普及しなかった背景って、ちょうどアレが実用化された前後にATの世界でも6速7速辺りが実用化になって、値段や信頼性以上にエクストロイドCVTのメリットが全く無くなってしまったからだと思いますし。
Posted at 2009/10/30 01:34:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車全般 | クルマ
2009年10月29日 イイね!

つまり

http://www.carview.co.jp/news/1/117149/

つまりIMAと同じってワケだな。

実際のトコ、メルセデスSクラスのハイブリッドもそうであるけど、要はホンダ型のパラレルハイブリッドだよねと。

ただ、この辺りの技術ってトヨタとホンダが特許でガチガチに固めちゃってて、この特許に抵触しない形でハイブリッドを作るのって結構厳しいそうなんですけど(ニッサンのハイブリッドが妙にややこしい構造なのはそのためと思われ)、このドイツ2社はどーゆー形でハイブリッドを作ったのか気になるところ。

まーこの辺りのメーカーは必要なら結構パテントを買うことも厭わないところもあるし、ちょっと前までハイブリッドのハの字も言ってなかったようなメーカーがそれなりに前から経験も開発も重ねてきたニッサンより早くハイブリッドモデルを発売するなんておかしいだろってことで、実際にホンダからパテント買って作ってたりして。
Sクラスや7尻なら多少値段上がっても問題ないし。

でも、ホンダが大排気量車へのIMAシステムの採用は結局アコードハイブリッド1台で止めてしまったように、「コンパクトな設計で収まるハイブリッド」って、モーターやインバータの出力を上げ辛い事から大排気量車への相性が悪い(効果が薄い)んですけど、こんな仕様でホントにいいんでしょうか。
カタログ値を上げるのはハイブリッドの得意技ではありますが、カタログ値しか良くないような気がします(w

そもそも

>4.4リッターV8直噴エンジン(449ps、66.3kg-m)に、モーター(20ps、21.4kg-m)と8速ATを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載。0-100km/hを4.9秒で駆け抜ける加速性能と、同排気量のガソリン車と比べ約15%の燃費向上を実現した。

だそうですが、このクラスの車で15%程度の差って、これある意味誤差です。

そもそもカタログ値が8km/lとすれば、9.2km/l程度っすからねぇ。
リッター20km/l走るリッターカーとかが15%改善しますた!って言ったら凄い数字だし、ホンダならIMAでもコンパクトクラスならインサイトやシビックハイブリッドがカタログ値ながら30km/lの大台に乗るなど、元々燃費には有利な状況でありながらほぼ同じエンジンを積むフィットと比べても3割前後の改善効果を出しています。

故にこのクラスでこの程度しか改善してないなら、誤差としか言いようがない。
実際、このクラスの車は全く同じ車・ユーザーでも使用環境次第でも燃費は雲泥の差が出ますし。

この程度なら、元々7尻のV8モデルはまだ6速ミッションのはずだから、8速化+エンジンマネージメントの改良だけでたぶん同等の数字出せるぞw
100km/h加速もこのエンジンとミッションならモーター無しでも出そうだし(w

インサイトとかがIMAでもそれなりに効果を出してるのは、結局モーターアシストの恩恵が相対的に大きいからであって、元々パワーに余裕のある車にこのようなシンプルな機構で済ませるというのは、環境対策どころか実質的にはハイブリッドという名のデッドウェイト載せてるようなモンなんですね。

結局何のためにリリースしたのかって言われたら、ベンツに負けたくないんだろw

ベンツは曲がりなりにもV6ミラーサイクルエンジンとか、それなりに環境性への対策もしてるけど、こっちゃモーター積んだ以外は実質何もしてないんじゃないか?

このエンジン、たぶんツインターボだろ(w
Posted at 2009/10/29 15:28:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 輸入車 | クルマ
2009年10月29日 イイね!

お前は何を言ってるんだ

http://www.carview.co.jp/news/5/117101/

レクサスLSやRXとかのLEDライトは、「配光のためのプロジェクター」は2つ3つだが、実際の光源となるLEDはもっと大量に積んでるんだぞ・・・(LSで片側18個だって)。
そういえばLSの3連プロジェクターって、どーもサブリフレクターと組み合わせて使うのが前提っぽいから、プロジェクター単体では真っ直ぐしか見えなさそうな配光設計になってるっぽいんだけど、流用でアルファードとかに移植してる人、前見えてるのかしら。

今のLEDヘッドライトに使われているLEDは、結局まだ単体では光量不足なのでこのように大量に積まざるを得ない。

これが「LED」という言葉の割りには、大電力(LSのもので55W超)を消費する理由であるし、実際これではヘッドライトをLED化する意味など全く無いので、当然最終的には1個のLEDでヘッドライトとしての役割を果たせるようにしていく方針なんだそうだ。

現状でもRXやプリウスのものは第2世代のライトだそうで、LSのものよりは進化してるんだとか。
Posted at 2009/10/29 14:56:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 国産車 | クルマ
2009年10月28日 イイね!

ミライの姿

https://minkara.carview.co.jp/campaign/pioneer/carnavi_chousatai/

未来のカーナビとは?

そもそもカーナビゲーションシステムって、事実上日本発祥のシステムな上、ほとんど日本という国でのみ異常発達したシステムである。

実際のところ、お国の音頭でITS(高度道路交通システム)という計画が実行されてるような状況である。
つまりナビの進化・普及に国が背中を押しているような状況であるので、諸外国と比べてカーナビシステムの発達の度合いというものは、段違いなのだ。

特に90年代半ば以降、カーナビ・マルチのような装備が高級車だけでなくミドルレンジ以下の大衆車にも採用されるようになった頃からナビシステムは指数関数的に進化の速度を速め、最早カーナビゲーションという機能そのもの性能差は、収録されているデータの多少や精度くらいしかないと言って良い。
(つまり、収録されているデータが同じなら、同じルートの案内は大体同じ結果を返すようなもの)

最近、ポータブルナビなど廉価なナビがナビ市場で主流を占めるのは、進化が進み低コスト化やその扱いやすさがが評価されただけでなく、ウン十万円も払わなくても「ナビゲーションシステム」として極めて実用的な性能を持つに至ったからであると考える。

そのため、「未来のカーナビに求めること」と言っても、恐らく素人レベルでは最早妙案など無いに等しいか、技術的・発想的には可能でも実現するためには現時点では膨大なコストと手間が必要なものくらいしか残っていないだろう。

携帯などの通信媒体とのリンクについても、G-BOOKやカーウイングスといった自動車メーカーが豊富な資金・人材をもって構築したものを始め、カロッツェリアのスマートループなどアフターメーカーすら独自でそういった情報網を作ってしまった会社まで存在する。

その上、「案内精度を高める」という、「ナビゲーションシステム」本来の役割についても、実はこれは進化の度合いについては事実上の制限があったりするので、無尽蔵の機能拡張というのも難しい。

よって、「今ナビに求めたいこと」となると、これはもうとにかく収録されている情報の大容量化・高精度化・高次元化くらいしかやる事が無いと思うんだね。

例えば交差点案内なんかを、有名なポイントだけじゃなく全国津々浦々の交差点まで拡張する、一般道の各種標識や道路の情報まで細々と収録するとか。

さすらば、ナビシステムのルート計算アルゴリズムを大して書き直さなくてもルート案内の精度は実質的に向上することになるし、ポイントトゥポイントでの誘導もより精密に行えるようになる。

通信関連にしても、今のカーテレマティックスシステムというのは実質的に受動的なシステムで、ネットワークシステムが持つ即時性・双方向性というものがほとんど活かされていない状況なので、これをよりユーザーがリアルタイムで動的にも扱えるようにするとかね。
(まあこれは法規的なものもあるのかもね。実際渋滞情報関連のところはお上の統制が厳しくて、事実上どこのメーカーも同じものしか作れない。スマートループとかのシステムも建前は統計情報を元に~となっているのはそのせい)

極端な話、ナビゲーションシステムの一つの進化形は、携帯のナビアプリである。
カーナビとは若干形態は異なるものの、ソフト(本体)そのものに収録できるデータ量に限りがあること、また昨今では通信の高速化・定額化が進んだことを逆手に取って、ナビ「システム」自体はコンパクトにまとめつつも、データ通信を駆使することで、必要なデータそのものは外部のデータサーバーに置き、実質的に無限に近い情報のリアルタイムでの取得を行うことで高い精度での案内を可能としている。その他にもナビ機能をユーザーコミュニティとのリンクを図ったようなアプリも存在する。
かつて、カロッツェリアがエアーナビ(初代。AVIC-T1)で目指したもののある意味の進化形でもある。

結局のところ、ナビの進化ポイントって、そういうデータ的な部分の進化か、或いはエンターテイメント機能のようなナビと全く関係無いようなところしかもう残されてないと思うんだよね。
Posted at 2009/10/28 03:11:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車コラム | クルマ

プロフィール

「@もげ. この辺りは内部資料的なものだと一般用法的な書き方すること多いですからねえ。まあ、あれをシリーズハイブリッド以外に解釈することも難しいと思いますけど。」
何シテル?   03/23 22:23
http://twitter.com/tommy_kaira             _  -───-   _             ,  '´   ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2009/10 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

特装仕様?~ベンコラ仕様・GZG50型センチュリー~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/11 17:44:33
MAXWIN HUD-621WiFiミラーリングヘッドアップディスプレイ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/16 18:43:13
中古車注意!「修復歴」表示がテキトー過ぎる事実!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/03 22:06:13

お友達

ファン

52 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザ マツダ アテンザ
ディーゼルでMTの車に乗りたいと言い続けて幾年月。 ディーゼル冬の時代を乗り越えてよう ...
日産 インフイニティQ45 日産 インフイニティQ45
5年8月登録。 NHG50XAEPJ4 DJ2/R(GAC色替) 色と革と足回り以外はG ...
日産 インフイニティQ45 日産 インフイニティQ45
6年3月登録。 NG50XAEJ2 LM0/R 夢はHG50に引き継がれました。 車体 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
2号機。 調べる限りでは5型っぽい。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.