• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

とみ~☆かいらのブログ一覧

2013年08月31日 イイね!

フットイルミ

フットイルミ運転席はまだいいんだけれども、助手席はこんな感じで全く見えないんだよねえ@w@r
(一応、ちゃんと点いてますよ)

いくらなんでも暗すぎだと思うんだけど、こんなもんなんだろうか。
Posted at 2013/08/31 19:12:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | アテンザ | 日記
2013年08月30日 イイね!

マツダ・デミオ 13-SKYACTIV

マツダ・デミオ 13-SKYACTIVキャロルエコが来ないかなぁと思ってたら(ぉ)、デミオSKYACTIVだった。

***
そういえばSKYACTIVモデルが登場した当初にやってた試乗キャンペーン以来である。このモデル。

あの時はコンパクトなりになかなかいい、というか、SKYACTIVアクセラの乗り味的な意味でのイメージが悪すぎたので、相対的にこっちの方が良かったというか、まあ今となってもモデル末期なので良く言えば円熟の極みみたいなモデルである。

***
代車で来た個体は3000km弱の走行であったので、マツダはこの辺りからどうも明確に乗り味が良くなってくる頃合いみたいなので、ちょうど食べ頃な感じである。

故に、乗り味という意味では車体が軽い分だけ軽い乗り味であることは否めないけれども、ハンドリングとスタビリティ、そして乗り心地のバランスは良くて、なるほどシャーシ部分はかなり完成度が高い。

***
気になっていたCVTのドライバビリティも悪さ、やっぱり全体的に色々と洗練度が低いというか・・・。

最近のCVTはほぼ発進制御にトルクコンバータを使用するタイプがほとんどになってきている。

かつては湿式多板クラッチやら電磁クラッチやら百花繚乱であったけれども、それらのクラッチ式は大体何らかの問題を抱えてしまって、結局通常のオートマチックミッションでノウハウを積みまくったトルクコンバータ式に収束していったのだ。

で、デミオの場合だけれども、このトルコンを滑らせている領域では基本的に加速重視のギアを選んでるのかスロットルが開き気味になるのか、ここの領域ではやたら敏感にスロットルに反応するような走りをするのだけど、いざトルコンをロックアップして走らせ始めると、今度はギアを一気にハイギアに持っていくのか一気にもっさりする。
しかも、ロックアップするときにもなんかガツンとつながるので、余計気になる感じ。

だから特に発進加速の辺りの操作に対する加速感が何だかイメージと常にブレるような感じで、波打つような加速感になってしまう事が多い。

あと、走り出してからもCVTも妙に変速したがる感じで、場合によってはスロットルに合わせてハチングするような感じでコロコロ細かくギアが変わったりする。
なんだか、元気よく走らせたいのか、燃費よく走らせたいのかで葛藤してる感じだ。

なんか、この辺りの連携の洗練度の低さが非常に気になる感じで、そういうところを意識していないと「妙に元気よく走る瞬間」と「もっさりと走る瞬間」の落差が大きすぎて、これが最初に思った「ドライバビリティの悪さ」の元凶のような気がする。

この辺りはSKYACTIVのオートマチック、つまりアクセラとかに乗ってるアレが圧倒的に完成度が高いので、なんとかしてアレを載せれなかったものかと思う。

***
そしてイザじっくりと走らせてみると、全体的にスロットルの反応がかなり鈍い。

レスポンスが悪いというよりは操作に対するゲインがかなり低い感じで、どれだけ鈍いかというと、巡航を意図したスロットルワークをしていると、勾配とかの塩梅が変わらない限り瞬間燃費計の数字が全く変わらないくらいだ。

だけれども、巡航走行時の波状運転を防止する意味では結構この鈍さは面白い感じで、一定速度で巡航するにはクルーズコントロール要らずってくらい安定して速度が維持できる。

この穏やかなスロットルを上手く活用できれば非常に燃費が伸びるという印象を掴んだけれども、この鈍さに耐えられない人は上記のミッションの制御と相まって、一気に燃費を落とすと思う。

***

燃費の方は満タン計測なんてめんどくさいのでメーター読みでやるけれども、実際のところアテンザと燃費が変わr・・・ゲフン、カタログ値分の差は概ねちゃんとある。

実際、自分がよく走る環境下ではメーター読み23km/lを超えたので、当初の10・15モード30km/lはかなり過剰にしても、JC08モードベースで考えれば概ねカタログ値の9割は達成できている。

詳細に観察すると、市街地では16~18km/l前後、郊外で22~25km/l前後というところで、それをトータルすると23km/l出るって感じである。

また、やっぱりこういうタイプの車は60~70km/hくらいの経済車速で走った時の燃費の伸びは強烈であり(平坦なところを60km/h巡航した時の瞬間燃費が40km/lくらい)、この辺りを活用して走ればもっと伸びる可能性は高いと思う。特に高速。

***
調べてみると、エンジンとミッションの協調制御で駆動力制御やってるのか。たぶんこれが悪さしてるな。

たぶん、これアクセル開度とトルクの出方のバランスをきちんとイメージできる人ほど違和感出るんじゃないかな。

だってなんかアクセル開度に対するトルクの出方がまるで一定じゃないというか、たぶんペダルの踏み込み速度とかも見て制御してるんだろうなぁって感じがありありと・・・。
Posted at 2013/08/30 16:08:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 代車日記 | クルマ
2013年08月26日 イイね!

カングー

カングーhttp://response.jp/article/2013/08/26/204935.html
http://www.renault.jp/car_lineup/kangoo/

日本仕様独自の面も多かったカングーもいよいよ本格的にマイチェンしてこの顔に・・・っていうか、MT無くなってんじゃん!

顔はいい意味でファニーフェイスだったところにいきなり精悍なフェイスをとってつけたっていう、フィアットのムルティプラでもあったような違和感あるけれども、初めてこの顔が発表された時はなんじゃこりゃって思ったけど、改めて見るとそうおかしいとも思わない、そもそも元々格好を気にするような車ではないので問題はない。

だけど、ミッションはカングーって確かMT率が3割とかいう、日本で売られている車としては屈指のMT率を誇っている謎の車なのに、何故落とした。

MTガーっていう買わない人の戯言レベルじゃなく、実際に高需要があった車で、MTで普通に乗れる希少な乗用車ってことで寄ってくる人も多かった車なのに、どうすんの?これ。

しかも安い方のグレード、仕様的にはなんかちょっと前に出たオーセンティックのものに準じた感じに落とされてるっぽいのに、値段が15万上がってるよね?

一気にマイナー車に陥落するんじゃ・・・カングー。
Posted at 2013/08/26 15:23:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 輸入車 | 日記
2013年08月26日 イイね!



http://clicccar.com/2013/08/25/228861/

ツル(B13サニー)もまだ売ってたのかw

でも、オフセット衝突の基準が無かった頃の時代の車って、どこの国のでも大体こんな感じだよねえ。ドイツ車でも。

大体、90年代前半頃の衝突安全基準とかってフルラップさえクリアしてればおkだったでしょ。
しかも衝突速度も今より若干遅かったはずだし。

そもそも、基準がないところの対策はほぼ行われないっていうのは大体何時の時代でも共通しているもので、現在ですらここ最近の新たな基準として登場してきたスモールオフセット衝突のテストをすると、最新の日欧米の安全に超配慮してるように見える車ですらPoor連発なのにw

まあ、先日のワーゲンバスの記事でも言いましたが、新興国の法規って基本的に超緩いので、こういう古い車が古いまま生き残れるわけであります。

だから、古い車をとっ捕まえてきてそういうこと言っても・・・って感じではあるけど。
あのワーゲンバスなんて恐ろしすぎてクラッシュテストなんかには供せないんじゃないだろうか。
(でも、ふと思ったけど、日本でもY31とか未だに売ってるけど、あれ衝突試験に供したら星取れるの?)
Posted at 2013/08/26 01:05:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 国産車 | クルマ
2013年08月26日 イイね!

コバルト・スカイ

なんか視界が広いと思ったら、レー探取り付けの時にHUDのコンバイナーを倒したらしいw

なんかとってもスッキリしたので、しばらくこのままで行こう(爆
なんならこのまんま元に戻してもいいかもしれん(ぇ

ところで、現在のサイバーナビ、先日の東京遠征で使ってみた結果思ったんだけれども、特に高速の施設案内なんかがHUDがあることを前提のインターフェースになってるんじゃないかなーって思った。

HUDを付けてると確かにそこに施設案内が出て分かりやすい。

そしてハイウェイモードの画面はずっと昔からあるものであるから、案内自体は当然画面にも出る。

けれども、画面上の案内は旧型と比べて特に残り距離・時間などの文字が非常に見難くなったと思う。
一瞬、そういうのがどこに書いてあるか分かんなかった。

これはある意味自分としては意外だった。

せっかく、近年のモデルではワイドVGA対応のインターフェースに描き直したのに、綺麗になっただけで実用性は無視かい、と(笑

全体的に、元々サイバーナビはハイエンドユースであまり機能性というか操作性は考えていないフシのあるモデルだけど、現行のサイバーナビってそういう傾向が非常に強くなったと思う。

***
ところで、ナビボタンとイジェクトボタンを長押しすると再起動できる、という操作はZH0009の説明書で初めて見た気がするんだけど、前からこんな記述&仕様あったっけ。
少なくともZH9000では見たことがなかった気がするけど。

まあそれはそれでLinkwithの認識がヘンな時とかに便利なのでいいんだけれども、そういう再起動操作を公にするってことはそれだけなんかいろいろあったんだろうかw

***
LinkwithはやっぱりBluetoothの認証でコケたり時間が掛かったりするのが問題のようだ。

まあ、Bluetooth関連は少なからずそういうトラブル出ること多いけど、サイバーはそういうマイナートラブルがかなり多い気がするので、サイバー側の実装もかなりアレな気がする。
Posted at 2013/08/26 00:30:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | アフターパーツ | クルマ

プロフィール

「@もげ. この辺りは内部資料的なものだと一般用法的な書き方すること多いですからねえ。まあ、あれをシリーズハイブリッド以外に解釈することも難しいと思いますけど。」
何シテル?   03/23 22:23
http://twitter.com/tommy_kaira             _  -───-   _             ,  '´   ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/8 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

特装仕様?~ベンコラ仕様・GZG50型センチュリー~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/11 17:44:33
MAXWIN HUD-621WiFiミラーリングヘッドアップディスプレイ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/16 18:43:13
中古車注意!「修復歴」表示がテキトー過ぎる事実!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/03 22:06:13

お友達

ファン

52 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザ マツダ アテンザ
ディーゼルでMTの車に乗りたいと言い続けて幾年月。 ディーゼル冬の時代を乗り越えてよう ...
日産 インフイニティQ45 日産 インフイニティQ45
5年8月登録。 NHG50XAEPJ4 DJ2/R(GAC色替) 色と革と足回り以外はG ...
日産 インフイニティQ45 日産 インフイニティQ45
6年3月登録。 NG50XAEJ2 LM0/R 夢はHG50に引き継がれました。 車体 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
2号機。 調べる限りでは5型っぽい。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.