• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

とみ~☆かいらのブログ一覧

2016年05月29日 イイね!

空気圧

まあ今のタイヤの組み合わせでも自分は2.5も入れれば十分過ぎるくらいだと思うのだが、やはり一般的に見ると35タイヤともなると3kg近く入れないと「危ない」という認識の人間が多いらしい。

***
まあそれはいいとして、自分個人としては実は空気圧は高めの設定の方が好きである。

これは昔まだそういう空気圧管理の概念がほとんど身に付いていなかった頃の話だが、しばらく放置していて結構空気が抜けた状態で走っていた頃のドタバタした乗り味が、改めてそういうのを点検しだしたことで解消したので、それが経験となって残っているわけなんじゃな。

とはいえ、一般的な認識では高めの空気圧=跳ねるである。

しかし自分はそういう認識はない。

今回も結果的にそういう事にはなったが、感じとしては前よりも良い(w

何故か。

仮説を考えれば、タイヤ自体も一種の空気バネとして作用するわけであるけれども、高い空気圧ということはタイヤ自体は高いバネレートを持つことになり、緩衝性能は低下する。

が、ここでタイヤを通過してサスペンションでその入力をどれだけ受け止められるか、というのが重要なんじゃないだろうか。

つまり、高めの空気圧で跳ねるように感じる車というのは、タイヤに頼って緩衝性能を得ている車ということになると自分は考えるわけで、良く言えばそれも含めてトータルチューンだけれども、ダンパーとかもその分のレートしか持たされていないから、タイヤ分のエネルギーを吸収しきれずに跳ねる(ように感じる)んじゃないかと。

思えば、エナペタル→アクティブサス→ノーマルサス→エナペタルと来て、低めの空気圧がまああまり気にならなかったのはアテンザのノーマルサス時代くらいである。

他の時代はむしろタイヤにサスペンションの仕事をなるべく肩代わりさせない方が感じが良い。

ということは、高めの空気圧が合う車=サスペンションの性能が良い・低めの空気圧が合う車=サスペンションの性能が悪いと分類できるのではないか、と思ったりして。

***
だが、そういう足の性能が良ければじゃあ低い空気圧も大は小を兼ねるということで気にならないんじゃないか?と思うけれども、これはこれで一つの考え方がある気がする。

低い空気圧=比較的タイヤの緩衝性能が高いというまではいいが、つまりそうなるとサスペンション自体の仕事量は減る。

となると、今度は車そのものの土台の部分の素性が問われる気がする。

つまり、タイヤが仕事をしている間はサスはお休みだけれども、タイヤ自体は空気バネの役割は出来てもダンパーの役割は出来ない。

となると、このタイヤが吸収したエネルギーの減衰は恐らくシャーシ側が受け持っていると考えられるわけで、そうなると柔いシャーシの車では今度はこのために乗り味が悪くなる。

実際、アテンザの場合もそういう傾向があると考えられるので、「ダンパーは良くなったがシャーシがまだまだ」というような評価ができるのではないかと。
Posted at 2016/05/29 21:21:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | アテンザ | 日記
2016年05月29日 イイね!

最終的にはユーザーも問題

https://news.careerconnection.jp/?p=24362

でもぶっちゃけ整備士の待遇が悪いのは、自動車業界の構造的なものもあるよね。

自動車整備というものは、大体において商品(部品)代+工賃で構成されているわけだけど、工賃のウエイトの高い作業の場合、見た目のイメージに対して異様に請求額が大きくなる場合がある。

代表例が板金絡みじゃな。

「え!こんなちっこい傷に5万円!」みたいな。

工賃というものは形にしづらい要素とはいえ、ディーラーなんかはレバーレートを示すことで明瞭化には務めているが、それでもそれが適正かつ公正な数字かどうかという点については、未だ素人の立場からは分かりづらいものである。

要するにユーザーは「楽して儲けてるんじゃないの」みたいな疑心暗鬼的な部分、或いは景気が良い時代ですら、車検の時なんかの請求でキレてたことを考えれば、現場の人間に対する配慮など知ったことではないわけじゃな。

どんな仕事でもそうじゃが現場の人間に対する待遇を良くしたければユーザーが最終的には絶対に泣かなければならない。

部品代を上げるか、工賃を上げるか、他に儲かる仕事(高額パーツの取り扱い)もするか、単純に利益を大きくするだけならいくらでも方法はあるが、しかしいくら給与明細見せて泣きついたところで、そんなことでユーザーが値上げを許すはずがない。

そもそも仕事を頼む立場でありながら工賃自体が「不要な出費」と考える人間が多すぎるわけで。

要するに詰みである。

ついでに言うなら、自動車整備業界の体質自体も、基本的には利益を稼ぐなら利益は大きくても長期間ピットを塞ぐ重整備一発よりも、単価は安くても回転率の良い単純な整備をこなす方が良しとする風潮があるので、トータルで見た売上や利益はともかくとして、整備当たりの利益率はディーラーなんかはそんなに高くなさそうだから、単純に車が減ってる中でそういう利益率の上がらない手段を続けるというのも、儲からない理由ではあるよね。

***
でもまあ整備士なんかは独立して自分の店を持ってからが本番とか言う人もよく居るような・・・・。
(いつもの店の社長も元ニッサンの整備士ですし)
Posted at 2016/05/29 00:35:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車コラム | クルマ
2016年05月26日 イイね!

ノウハウ

この車が出た頃はフロントはリムが8.5Jでインセットは無加工で45が限界と言われていたけれども、いつの間にか35くらいまでOKみたいなノリになってきた感?

まあこの辺りはタイヤや車高次第でいくらでも変わってくるし、ストラットサスでも一応キャンバー調節付の車高調ならばキャンバーでも逃げられるのでそれなりに攻める事も可能なんだろうけど、まあこういうのがノウハウなんじゃろうな。

でも、結局最初に↑が限界っていう前提だったのは、やっぱりレイズ辺りが販売店に配ってるマッチングリストから弾き出された数字なんじゃろうか。

レイズは20インチだと8.5Jでインセット45という、実にキリのいい数字のラインナップを多数抱えているしね。
Posted at 2016/05/26 19:32:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | アテンザ | 日記
2016年05月23日 イイね!

間接照明

間接照明32シーマで(セドグロもだっけ?)納得の行かなかったポイントの一つに、本革シートを装着するとインパネも本木目になるのだが、そのことでドアの間接照明(パワーウインドウスイッチを照らすやつ)が削除されることがある。

当時の車はオプションの組み合わせに排他条件が多数あったことは何度か触れているけれども、そうだとしてもその他のそういう「組み合わせができない装備」に関しては当時でもある程度の踏ん切りは付けられていた。

しかし、これだけはどうにもダメだったのである。

今から考えると本杢を立体的に加工するのが難しかったんだろうけど、当時は何でなくなるんだ、と(笑
(木は無理な曲げとかには当然弱く、そういう加工はコストが掛かり過ぎるので、複雑な木材加工部品は手作業的な超高級車を除けば、使われることはまず無い。だから木目調と本木目の見分け方はそういうところでも大体できる)

特に、Y32はそういう間接照明の演出が非常に上手い車で、それが大きな魅力であると考えているので、どうしても譲れないポイントになってしまっているのだ。

でも、そういうことに悩んだ人ってどれくらい居るんだろう?
Posted at 2016/05/23 20:37:07 | コメント(3) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記
2016年05月22日 イイね!

雑記2

小松弥助という、地元の有名な寿司屋が去年末に閉店していたらしい。

この店の店主は東のすきやばし次郎の小野二郎氏と並ぶ「西日本一の職人」と言われるくらい高名な方なのだが、85歳を向かえて遂に引退したらしい。

考えてみると、石川のこういう食の名店って割りと店を作った大将がそのままずっと切り盛りしている店が多く、しかも暖簾分けや後継者も居らず、本人も高齢で引退間近というところが多い。

有名どころでは、「ヤッホー」志な野、ステーキのひよこ、洋食のクック等。

まあ後継ぎとかが居たところでそういうのが必ずしも本家のレベルを受け継いでいるかといえばそうでもないわけだけど、でもこの辺りの店はこの10年以内には確実に消える。

北陸は今新幹線とかで景気のいい話が多いが、一方で観光立国とか言ってる割にはその肝心の観光の面でこういう全国的にも知名度の高い店が消えかけていたりと、影の部分もある。

弥助はたまたまその一番最初だったというだけだったりする。

***
でもヤッホーは業態的にもネタ的にも真似できんわなw
Posted at 2016/05/22 00:35:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑記 | 日記

プロフィール

「@もげ. この辺りは内部資料的なものだと一般用法的な書き方すること多いですからねえ。まあ、あれをシリーズハイブリッド以外に解釈することも難しいと思いますけど。」
何シテル?   03/23 22:23
http://twitter.com/tommy_kaira             _  -───-   _             ,  '´   ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

特装仕様?~ベンコラ仕様・GZG50型センチュリー~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/11 17:44:33
MAXWIN HUD-621WiFiミラーリングヘッドアップディスプレイ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/16 18:43:13
中古車注意!「修復歴」表示がテキトー過ぎる事実!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/06/03 22:06:13

お友達

ファン

51 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザ マツダ アテンザ
ディーゼルでMTの車に乗りたいと言い続けて幾年月。 ディーゼル冬の時代を乗り越えてよう ...
日産 インフイニティQ45 日産 インフイニティQ45
5年8月登録。 NHG50XAEPJ4 DJ2/R(GAC色替) 色と革と足回り以外はG ...
日産 インフイニティQ45 日産 インフイニティQ45
6年3月登録。 NG50XAEJ2 LM0/R 夢はHG50に引き継がれました。 車体 ...
スズキ ジムニー スズキ ジムニー
2号機。 調べる限りでは5型っぽい。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.