• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

GIANTのブログ一覧

2009年07月31日 イイね!

富士山をなめるな! 大自然のショー編

富士山をなめるな! 大自然のショー編富士山を
なめるな!!


と、ボクに教えてくれたのは
3年ほど前に定年退職をした会社のお母さん的存在のひと。

彼女は百名山登頂を果たした肝っ玉母ちゃん。

そんな彼女の言葉が頭の片隅に残っていました。

もちろんなめていた訳じゃぁ無いけれど

今回初めて富士山に挑み、あの言葉の意味を
全身を持って知る事となりました。



登山編からいよいよ佳境へ


本八合目・富士山ホテルの暖かそうな室内を横目に見ながら
1時間30分後に現れる御来光を出来るだけ高い所で見たい一心で
上へ上へ!!

風は相変わらず強いが
フードを叩く雨はいつの間にか無くなっていました。

みな、何も言わずに黙々と進む。


唯一の会話は

『ここで休憩~』
 『うぃーっす』

『そろそろ出発~ 大丈夫ぅ?』
 『うぃーっす』

休憩を取る際は 山側の斜面に背中から寄りかかる感じ
もちろんリュックは下ろさない。

一度下ろしたら肩まで持ち上げるのも一苦労ですからね~



で、この頃から後頭部を頭痛が襲いはじめたんです。

まさかコレが高山病?

   チャリ通勤を始める前、営業をしていた頃は営業車に乗る毎日。
   その頃って よく頭痛に襲われていました。  
   配置転換でチャリ通勤圏の部署へ。
   体を動かす様になって血行が良くなり
   その後すっかり頭痛に襲われなくなったんです。
  
そんな昔の頭痛に似ていたんです。

歩きながら、そして休憩中も
肩甲骨を回すように血行を促進させ続けていました。

それって、
はたから見たらデューク更家じゃん♪

こんな考え方も高山病の一種???


相変わらず上を向く気力も無いまま休憩をしていた。

東の空が漆黒から深い紫色に!!
         あ、ディープパープルってコレのことを言うのかしら。。。

山頂方面に目をやると
いつの間にかジグザグ1セット先に山小屋が!

とにかくそこへ!!!



そこは八合五勺にある山小屋 ・御来光館

八合五勺ってなんだぁ? と。。。

まぁ八合目と九合目の真ん中って事か?  と。。。

って、八合目ってどこだぁ?  と。。。

本八合目からだったらちょっとは楽か?  と。。。

ってゆうか八合目って末広がりの八だし、
そもそも末広がりって富士山を表した縁起のいい数字な訳だから
山小屋経営者は縁起を担いで八合目を奪い合ったのでは?   と。。。

登山客の気持ちを先に考えてくれよ   と。。。


とは言え流石御来光館!
日の出予定時刻の40分前のはずなのに
今にも日が出て来そうな雰囲気!!      現在4時07分

  
とは言え
ちょっと横を向くと真っ暗の闇が広がります  ほら     現在4時08分


ねっ!   同じ時間ですよ。                  現在4時08分    



せっかく 御来光館と言う屋号を持つこの場所ですから
ここで腰を下ろし、この日最大の自然のショーを堪能しようと
全会一致の意見となりました。   疲れたからとは誰も言いませんでしたよ♪


それでは時間の経過に合わせて移り変わる東の空をご堪能ください。     4時15分
               ってゆうか いつの間にみんカラの画像表示サイズ、枠を超えられなくなっちゃったの?



あ、このやさしい感じの色 好き                            4時16分



でも、やっぱりこっちのほうが温かみがあっていいな♪               4時19分



雲海が山肌にあわせて階段状の帯をなしています。                4時28分



上空のあの雲、だんだんやわらかさを持ち始めて来ました。            4時31分



どうやら日本海側からの風が富士山に当って巻く事による吊し雲の様です。 
ミニチュアダックスフンドみたい♪                            4時33分



吊し雲と一緒に                                       4時34分



そろそろかな?                                       4時35分
 


来たでしょ!コレそうでしょ!!                              4時41分
     


既に下山を始めている人がいます。 ってか、あれを下るのぉ~!!         4時42分



来たよ!コレだよ!
 暖かさを感じるもん!!!
                4時44分



ようやく山頂方面を見る気力もみなぎって来ました。
あれ? Mさん、
顔の輪郭が大きくなってますよ。 これも高山病の一種? 気圧の関係?      4時44分




御来光と雲海をバックに記念撮影                              4時49分
   



ちょっと予定外の途中での御来光でしたが みんな大満足
太陽のパワーを全身に浴び、元気も回復!
さぁ、いざ上へ!!!!

上が見やすいってのは普通はありがたいもんですよね。
でも、この場合はど~なんでしょ。

何回ジグザグすればいいのか、見当が付くだけに

ツ・ラ・イ~~~





 
斜度もツ・ラ・イ~~~       6時12分



上を見ると まるで壁です。                                 6時12分



休憩も根性が要ります                                    6時14分



目の前に見えても はるか彼方にあった最後の鳥居
一番くぐりたかった鳥居
どれよりも輝いて見える鳥居
まるで空に抜ける為の鳥居
作った人もご苦労さま。      もうすぐ頂上です。                   6時23分

  




それではここで一旦CM!

最終回 完結編はこちら
Posted at 2009/07/31 23:38:49 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2009年07月30日 イイね!

富士山をなめるな! 登山編

富士山をなめるな! 登山編富士山を
なめるな!!


と、ボクに教えてくれたのは
3年ほど前に定年退職をした会社のお母さん的存在のひと。

彼女は百名山登頂を果たした肝っ玉母ちゃん。

そんな彼女の言葉が頭の片隅に残っていました。

もちろんなめていた訳じゃぁ無いけれど

今回初めて富士山に挑み、あの言葉の意味を
全身を持って知る事となりました。





準備編をへて
不安を抱きつつ東名高速道路をいざ西へ

本来なら東名高速・大井松田IC付近を走行中、真正面に見えるべき富士山の姿は無し。

強風にハンドルを取られ、めちゃくちゃな速さで流れる雲を見て更に不安が増す。


車内ではお互いが励ましあう様に
『晴れ男』自慢大会


御殿場ICを降りてコンビニに立ち寄り、おにぎり等携帯食を購入。

更には腹ごしらえに牛丼屋へ。

とにかく予定していた行動をきっちりこなす。


その後ひたすら坂道を登り高度を増す。

富士五湖有料道路に入り籠坂トンネルを抜けると

左車窓に『どん』と構える富士山の勇姿
キタァ~~~~~~♪

晴れ男パワーなのか
日ごろの行いからなのか
我々のパワーの凄さを互いに誉めあってました。
でも、相変わらず雲はえらい速さで流れています。


富士スカイラインに入り五合目へ上がっていきます。

ネットで調べたところによるとこの時期の五合目駐車場は大混雑。
駐車できる場所はかなり下になってしまうとか。。。

さて、どこに停めようか。。。

ここで個人の判断力を試されている気分です。
 多少下の方だろうが踏ん切りをつけてここにするか
 いやいや、帰る車がある訳だから五合目に空きがあるのでは?
 それとも帰る車は登山断念????

平静を装いながらハンドルを握るボク

あれよあれよと車は五合目に到着。

ベストポジションの駐車場スペースにかなりの空きがありました。
 ナイスボクの優柔不断♪


五合目到着は18時を回ったところ。
予定より1時間遅れての到着。  
 とはいえボクの旅行時間計算ミスではあります。はい。。。


ネットで教わった通り
ここで1時間だらだらとつぶします。
高山病予防のためにね♪


五合目から見た富士山頂方面は相変わらずの曇り模様

時折強風にあおられ
嵐のような横殴りの通り雨が降ったり
気候はめまぐるしく変化していました。

でも、
晴れ間も見られるじゃん♪

そうです。
ここまで来たんです。
これから挑む人達でわんさかしています。

まるで甲冑を身にまとい、戦に挑む猛者達の様です。

そんな状況下で
引き返すといった非国民な判断なんて出来ません。

ってゆうかGO!なんです。

だって、そこに富士山がいるんですから♪

車内用超夏バージョンの服装から登山用の服装に着替えたり
荷物を再チェックしたり、トイレに行ったり、
登山アイテムの金剛杖を買ったりと
あっという間に1時間は過ぎ去りました。


そうそう
金剛杖はあった方がいいです。

歴史ある杖だけあって
よく考えられたサイズとなっています。

やってみると気が付きますが
立ったまんま休憩する際、あご又はおでこを乗せて寝ることが出来ます。
幾度となく快適な睡眠をサポートしてくれました。



1時間も五合目にいると
かなり肌寒くなります。
寒いのでそれなりに着込みました。

スタート時の格好は
超夏仕様 ハーフパンツ&Tシャツ・くるぶしまでの五本指ソックス 
その上にロンTシャツ・シャカシャカパンツ・上下雨合羽・スキー用ソックス
で、
19時にいざ出発!
  

気分はルンルンで登山道に入ると
足取りも軽く、多少のしぶきを浴びる程度の雨もなんてことはありませんでした。

足取りが軽いのも訳があります。
だって、気が付きにくい位のゆる~い長~い下り坂でしたから♪

周りにはたくさんの登山客も居ます。
見知らぬ女の子3人組みのグループとの会話も弾みます。

空はゆっくりと暗くなり
雲がさ~っと抜けると眼下にはすばらしい夜景を覗かせてくれます。


まぁ先は長い事だし
ゆっくり休み休みって事で

記念撮影


相変わらず風は強いのですが
楽しくってハイテンションです
杖の旗もたなびいているのが判りますよね。

あれ?切れちゃってる。。。タブの使い方勉強しますので
しばらくは I さんごめんなさい。 クリックしたら全部が見られますのでご勘弁を。

ダラダラと30分間歩いているだけで暑くなっちゃいます。    現在19時38分

ボクはここで一旦上下雨合羽を脱ぎました。
雨が降ってきたら着ればいいやと。

シャカシャカ上下があれば風による体力消耗を抑えられますからね♪


スタートから一時間が経過し、六合目に到着。
ここまではハイキングレベルのゆったりとした道のり
山小屋で係員さんが登山の手引きなるチラシを配布しています。
登りルートと下りルートが分かれている事は調査済み。   現在20時04分 



さぁここから本当の登りルートが始まります。
方角指示板と一緒に記念撮影    現在20時05分   



六合目からの登山道はひたすら登り
いきなり半端無い斜度となります。
一歩外せば滑落の危険もあり、前を行く見知らぬグループの足元を見て、ひたすら付いて行く感じ。
雨風も厳しさを増し、目線は常に足元だけ。
だから、
    あ、この人同じメーカーの登山靴だ
    やっぱりボクと同じ上州屋で買ったのかな~  とか
しょうもない事ばかり考えてましたね。

前にいるグループがバスツアーの団体さんだという事に気が付きませんでした。
ですから途中に幾度もあるストップが
渋滞のものなのか、団体さんの休憩なのか全く判りません。

でも、このちょくちょくある渋滞はある意味有難かった~

真っ暗な中、更にはあの暴風雨、
谷側に張ってあるロープや鎖、山側にある山崩れ予防壁だけがたよりの道のりです。
弱気になる不安を
ちょっとした休憩のおかげで仲間と声を掛けられ、我に帰る事が出来るんです。

休憩は沢山取りました。
だってハードなんだもん。
歩いている時間よりも休憩時間の方が長かったかと。。。


横殴りの雨が良く判るでしょ     現在21時01分


かと思うと
フッと止んだり。。。              同じ休憩中でコレですから。

ちなみに写真左が山崩れ予防壁。
この壁伝いに歩きます。
気が小さくなると 壁に手をついて暗夜航路状態。。。
谷側にはロープ一本 その先は奈落の底なんだろうなぁ~ だって、その先が見えないから。。。

右にあった予防壁、右に曲がると左に予防壁
左にあった予防壁、左に曲がると右に予防壁

暗闇の中黙々と足を進める。
聞こえるのはフードを叩く雨と風の音だけ

ここで一句
 いつまでも
  ジグザグ行くよ
   富士登山


そうそう、
雨合羽を着るタイミングを逃したと気が付いたのがこの頃
でも、中まで雨がしみ込む事態にはなってないからいいか♪


グループのみんなも、見知らぬ人達も黙々と進みます。 一列に並んで黙々と。。。

そんな時に頭をよぎる 劇場版ガンダムⅡの主題歌 愛戦士
 ♪ 荒野を駆ける 
  ♪ 死神の列~

って、俺ら死神かいっ! 
 しかも駆けてないしwwww  と一人ツッコミしながら

幾度となく同じ事を繰り返し。。。。 高山病の予兆かしら?


で、彼方にあった明るい建物が目の前に!
七合目到着  五合目からここまで2時間    現在21時10分

ご覧の看板にある通り、焼印なるものがあります。
まぁ、スタンプラリーみたいな物。とは言え全部もらっても何もプレゼントはもらえません。
一回200円、おでこや二の腕、背中にも押してくれるはず。
一般的には金剛杖に押してもらいます。
木製の杖に焼印を押してもらうことによりハクが付くと言った 子供心を持った大人の自慢心を満たしてくれる物。
ってゆうかこんな状況の中、財布からお金を出す気力なんてありません。
とにかくゆっくり休みたいってのが本音。

ここから八合目まで
山小屋がポコポコあります。

んが、見上げれば目の前なのになかなかど~して。。。

簡単に見上げればと書きましたが
見上げるって意味がここでは違います。

芝公園で 東京タワーはでっかいなぁ~ って言う見上げ方では上は見られません。
高い外野フライをキャッチする角度って言うのかな。
グイッと首を上に向けないと見えないんです。

で、このような過酷な状況。 そんな事に体力を使いたく無い。

とにかく進むのみ!! そんな考えが無意識にあって上に目が行かないんですよ。



そして細かい火山石の山道から
岩をよじ登る感じの更に急な山道に変化していきます

岩に足を持ち上げる目測を誤り、つま先が引っかかる。 
そんなミスを見逃さない!と 突風がバランスを奪おうとする。
滑落の一歩手前を幾度と無く感じ
金剛杖に何度も助けられました。





ほ~ら
登山客のライトの列、山小屋の暖かい明かり  現在21時50分  

ここがどこだったか知る由も無し。

このあたりで寒さと雨にへこたれ
雨合羽の下にフリースパーカー着用

なぜだか登りルートを下る団体が。。。
後で知ったのですが
沢山あるバスツアーのほとんどが遂行キャンセルになったこの日の富士登山。
決行をしたツアーは5件。
そのうち4件は登山途中で決行を断念したんだとか。

恐るべし富士山!!!

それでも帰る事を一切考えないボクらも凄い!!






深夜0時を過ぎると
休憩を取るペースは更に増え、
杖を枕にし、立ったまま5分程度の仮眠を繰り返す。
  あ、今思ったけど 『杖』と『枕』って漢字が似てる~~~ 正しい使い方だったと確信しました♪


登山開始から6時間30分経過  現在1時45分

ここがどこなんだか。。。
とにかくみんな死んでます。

更に増す雨と風
山小屋があるだけで雨風をしのいでくれます。
それだけ横向きの暴風雨って事。
ここでスキーウェア(上)を重ね着。

同じところで別角度の写真
あ、白雲荘さんでしたか。

って事は  八合目 3200メートル

あれ?
七合目が2700メートルだから 4時間30分で500メートル?!
山頂まであと500メートルだから 山頂の御来光ダメじゃ~ん   


いつまで続くつらい道のり

頂上での御来光が絶対無理!って判ったとたん
いろいろな妥協が頭をよぎります。

で、またもや一句
 この辺で
  腰を下ろして
   御来光
    ここが僕らの
     頂上だ!



でもがんばります。

相変わらず杖を枕に仮眠しながらえっちらほっちら
流石にみんなを睡魔が襲います。

って事で
本八合目 3400メートルにある山小屋・富士山ホテル前
ベンチに腰を下ろして15分睡眠~    現在3時08分  

仮眠中、呼び子の声
『いらっさ~ぃ いらっさーい 焼印300円で2個 あったかい飲み物もあるよ~』
『土足のまま入れる山小屋はこの上には山頂まで無いよ~』 と繰り返し繰り返し。
きっと仮眠中のボクらに向かって言っているんだろうなと

一度入ったら最後、お尻から根っこが生えて本当に寝てしまう。。。と言い聞かせていた。

でも、屋外ながら 15分ながら せっかくのいただいたベンチの恩
300円で始めての焼印体験 (もちろん杖にね)

15分の仮眠のおかげか 考える余裕が出来たんです。
ここで気が付いた。 ってゆうか後悔。 
焼印の付いた自身の杖にパワーがみなぎった感じがしたんです。
車もアルミを変えるだけで気分がリフレッシュするでしょ。
あれと一緒。          もっと押してもらえばよかった。

焼印が付いて 有難く格が上がった金剛杖をしっかり握ってさあ上へ!!!




                              御来光まであと1時間30分


あ、もうこんな時間だ
ダラダラ書いていたから文章がおかしいかも知れませんが今日はここまで。
続きをお楽しみに。



続きはコチラ
Posted at 2009/07/30 15:20:55 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2009年07月29日 イイね!

富士山をなめるな! 準備編

富士山をなめるな! 準備編富士山を
なめるな!!


と、ボクに教えてくれたのは
3年ほど前に定年退職をした会社のお母さん的存在のひと。

彼女は百名山登頂を果たした肝っ玉母ちゃん。


そんな彼女の言葉が頭の片隅に残っていました。

もちろんなめていた訳じゃぁ無いけれど

今回初めて富士山に挑み、あの言葉の意味を
全身を持って知る事となりました。






今回の富士登山挑戦となったきっかけは
次男の少年野球チームのコーチ仲間との会話から。

1ヶ月ほど前から7月26日の御来光に照準を合わせ
ネットを中心に情報収集。


せっかくなので登山チーム名を決定!

チーム下山
登山が目的じゃぁね。
みんな守るべき家庭を持ってます。
安全に下山(帰宅)するために登るんです。
だから、何が何でも登頂する!よりも何が何でも安全に帰る。

日本を代表する冒険家・植村直巳は下山途中に行方不明になったし。。。

ね、哲学も入っているでしょ♪



で、メンバーは4人
 ボク    今年39歳 ボーイスカウト経験者 球技オンチ 体を動かす事は好き
 ボクの嫁 今年39歳 運動オンチ 学生時代は探検部
 Mさん   コーチ仲間 今年42歳 ボーイスカウト経験者 学生時代に北岳、槍ヶ岳などを経験
 Ⅰさん   コーチ仲間 今年40歳 フルマラソン経験者 テニス上級者 スポーマンタイプ




富士山の公式(?)HPによると
 登り時間が5時間30分
 下り時間が3時間    


知人は3時間程で登頂したとか、
片山右京は一日で3往復したとか。

個人差ってやつがものすごくあるようで。。。


通常、初心者が富士山の御来光登山に挑む場合、
昼ごろに5合目を出発し、
夕方に八合目にある山小屋で仮眠、
23時頃に山小屋を出発して、
山頂で御来光に手を合わす

といったパターンだそうです。


途中、宿で仮眠を取ることで
高山病対策に一役買っているんだとか。


んが、
正直、
宿代が勿体無いってのがありまして、、、、




とある個人の登頂記録ブログでは
仮眠をせずに
登り 10時間
下り 5時間    と。


検索した中で非常に正直に書かれていただけに
ボクらもこれ位を目安にしてスケジュールを組んだのです。




よって
17時に五合目到着
1時間ほどその場でダラダラして高山病対策、
18時登頂を開始
10時間でめでたく登頂が明け方4時
4時40分頃の御来光をめでたく拝むと♪


あくまでもイメージです!!




で、
なめちゃいけない富士登山。
準備に取り掛かります。


用意したのが

登山靴        下山時に小豆大の火山石が靴の中に入ったら大変!だからハイカットのやつ。
ヘッドランプ     夜間登山ですから当然です。両手を自由に扱える様にする必要あり!
予備電灯      ヘッドランプの照射範囲が狭かったので子供のチャリに使っていた電池式ライト。
乾電池        電池切れしちゃ目も当てられません!
雨合羽        上下セパレートタイプ。 スポーツ量販店にてピンきりの品揃え。
             下から2番目の5千円しないタイプをチョイス
ザック         腰ベルト&胸ベルト付
ザックカバー     雨が降ったら荷物がぬれて重量増。
スキーウェア     上着のみ。100メートル登ると0.6度下がるんです。
             夜明け前の山頂は0度になることも。
シャカシャカパーカー 寒い山でも運動中は暑くなるんです。でも風は体力を奪うから。。。
シャカシャカパンツ  風除けにも。(冬季チャリ通勤に使用している安いやつ)
フリースパーカー   防寒対策。
Tシャツ        2枚
ロングTシャツ    2枚
タオル        2枚
ティッシュ
手袋          溶岩石は鋭く尖ってます。
水分          アクエリアス500ミリ2本・お茶500ミリ1本
栄養食        ウィダーイン3個・コンビニおにぎり2個
デジカメ       この為に購入したパナソニックTZ-7
三脚         夜景には必需品
お金         万が一の際、山小屋でお世話になるかも?! 
            2万円&100円玉多数(杖への焼印&トイレ利用代として)
携帯電話      予備バッテリーも
酸素缶        2本 スポーツ店にて800円ほど
酸素タブレット    1ケース 
おやつ        300円以内


これらをリュックに詰めて
8.5kg
             

まぁ、正月恒例の大山(神奈川名山)ご来光登山にて
テントや子供の荷物を詰め込んだリュックに比べたらねぇ   ちなみに20kgありました。




で、登山に向かう日が近づくにつれ
週間天気が気になりだす。

土曜日は曇り時々雨

日曜日も曇り時々雨


って事で
出発前夜、チーム下山メンバーにてミーティング (ホルモン屋で)
登山前日ですからお酒はほどほどにね。


みんなの意見は
天候が悪かろうが五合目へ行って考えよう。
御来光は見たいけど、ガスってて見られなくてもいいじゃん。
登ることに意義がある!


で、いざ かんぱぁ~い♪

深夜1時までやっちゃいました。。。




決行日は昼前までしっかり睡眠。

目が覚めると
住まいのある相模原では
ピーカンの天気ながら風が強い!

洗濯物を干している嫁さんは
風で落ちる洗濯竿と格闘していた。


気になる天候を

気象庁HPにある気象データをみてびっくり!

河口湖上空3000メートルの風速

20m/s!!!!
風に乗ったら5秒で100メートル!
カールルイスも真っ青!  なんて事を考えてもしょうがない

突風が吹いているみたい。。。。


さらに富士山ライブカメラを覗くと
見えるはずの富士山がガスで見えない。。。






とにもかくにも
集合場所の小学校グラウンドへ向かい
少年野球の練習にちょっと参加してみんなと合流。

グラウンド挨拶をして五合目へいざ!!!



続きへGO!









Posted at 2009/07/29 23:22:23 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2009年07月26日 イイね!

11時間30分かかりました

11時間30分かかりました晴れているけど


風つよ~~~いっ!
Posted at 2009/07/26 07:20:48 | コメント(13) | トラックバック(0) | モブログ
2009年07月26日 イイね!

明るくなってきた~

明るくなってきた~雲海も素晴らしい
Posted at 2009/07/26 06:35:16 | コメント(5) | トラックバック(0) | モブログ

プロフィール

「でっかいのでた!」
何シテル?   08/17 22:58
GIANTは1998年からいまだに現役の通勤MTB号から名付けました。 赤いロードバイクFUJI号も2013年に購入。(こちらは趣味)。 クルマは エルグラン...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2009/7 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

お友達

ただのおっさんですが宜しくお願いします。
129 人のお友達がいます
ねこばす@神奈川ねこばす@神奈川 ばんくんばんくん
kazupulkazupul よっしゃん@大阪よっしゃん@大阪
☆谷やん☆☆谷やん☆ ☆しま☆☆しま☆

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ハイエースワゴン トヨタ ハイエースワゴン
10人乗ってどこに行こう~
日産 エルグランド 日産 エルグランド
サイコー! 何がいいって どこでも行っちゃう みんなで行けちゃう わいわい行けちゃう

過去のブログ

2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2005年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.