• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MA~KUNのブログ一覧

2018年07月30日 イイね!

北海道遠征 ③知床~斜里~中標津

北海道3日目

まず最初に向かったのは羅臼から車で20分ぐらい北東に走った知床半島の先の方にある瀬石温泉

alt

瀬石温泉は世界遺産知床半島のオホーツク海に浮かぶ海の上の天然温泉です。干潮時のみ現れ、満潮時には埋没してしまうまさに秘湯!

入浴時期も夏の一時期のみに限られており、それも干潮時の前後2時間のみ入浴できません。

天然温泉、自然のままなので脱衣所などはありません。前には国後島が構え、これぞ大自然という雰囲気そのまま。

http://www.seseki-onsen.com/

alt

以前から何度か入浴を試みましたが、なかなかタイミングが合わず断念し続けてきました。今回干潮時間7:18合わせ午前8:40ごろに到着

管理されている昆布漁師の方に入浴の了解を頂き、やっと入ることができました。

お湯の温度はたぶん44~45度程度で少し熱いですが、このワイルド感、たまりません(*´▽`*)

alt

ちょうどコンブ漁の最盛期でコンブ船?がたくさん漁をしていました。



次に向かったのは瀬石温泉の少し先にある相泊温泉、ここは海の中ではなく海岸にあり、男女別になっています。

alt



しかし、残念ながら午前中は清掃のため入浴出来ず断念(´;ω;`)ウゥゥ

この相泊から先は道もなく車ではいけません。

alt

非常にヒグマがたくさん住んでいる地域らくし行かれる方は自己責任で。とのこと( ..)φメモメモ




相泊を後にして向かったのは、知床横断道路を走って半島の北側、知床五胡から地道を約10キロ進んだところにある カムイワッカ湯の滝、過去に2回ほど行ったことがあり、そのワイルド感には圧倒され、今回3度目の挑戦。

alt

7月末までは自家用車で行けますが、8月からはバスでしか行けなくなります。

名前のとおり、川がお湯なんです。

本来なら川を10分ほど登っていくと滝壺がありそこで入浴する予定でしたが、この時の気温は11度
(◎_◎;)  お湯も非常に温いので風邪ひきそうなのでまたもや残念。 

知床半島に別れを告げ、神秘の池、神の子池へ向かいました。

途中、斜里町の大畑作地域を通り、ジャガイモの花の満開の季節( ゚Д゚)

alt

alt

ジャガイモ畑もこれだけ広いと圧巻です。


alt

清里町から中標津に抜ける道の途中にある神の子池

alt


摩周湖の地下水によってできたと言われている青い清水を湛える池です。
摩周湖(カムイトー=神の湖)の伏流水からできているという言い伝えで「神の子」池と呼ばれます。
 

摩周湖が他の湖と大きく違うのは、湖に流れ込む川も、湖から流れ出す川もないことです。
それでいて、春、摩周湖にたくさんの雪解け水が流れ込む時期になっても水位が変わらないのは、湖の周辺に伏流水を湧き出させているからなのです。
 

神の子池の伏流水は1日12,000tも湧き出しています。周囲220m、水深5mの小さな池で、水が澄んでいるので底までくっきりと見えます。
 

水温が年間通して8℃と低く、倒木が青い水の中に腐らずに化石のように沈んでいます。
その隙間を朱色の斑点を持つオショロコマが泳ぐ景観は何ともいえない不思議な美しさです。
 

冬は雪で行けませんが、機会があれば是非行ってみてください(^^♪


神の子池から車で15分ぐらいで着いたのが裏摩周湖展望台

alt

霧の名所として知られる摩周湖はとても透明度の高い湖で、バイカル湖に続き世界2位の透明度を誇ります。摩周火山からできたカルデラ湖で、まわりは切り立ったカルデラ壁で取り囲まれており、
霧のイメージが強いが、霧が晴れると深く青い湖面をたたえ、この青は透明度と深さが関係しており、摩周ブルーと呼ばれています。

摩周湖には摩周温泉が近い第一展望台、川湯温泉から近い第三展望台、対岸の清里町にある裏摩周展望台があり、静かにゆっくりと摩周湖の眺めを楽しむなら裏摩周展望台がおすすめです。

第一、第三展望台に比べると知名度が低く、ルートも異なるため比較的観光客が少なく落ち着いていて、観光客が少ないからといって展望が悪いわけではなく、他の展望台よりも標高が低い場所にあるため、比較的霧の影響を受けずに眺めることができる場所です(^^♪

alt

空も澄み切ったスカイブルー

alt

中標津に向かう途中にある、 牛 と刻まれた牧場の山

何度もみた見慣れた景色だけど、思わず毎回見てしまいます 笑


alt

中標津では知床ファクトリーさんが経営するジェラート屋さんへ
沢山の種類があり、選んだのはやはりご当地もんものミルクとハスカップ(*´▽`*)

http://siretoco23.jp/company/gelato-siretoco/index.html

alt

明日はいよいよ最終日です。

つづく







Posted at 2018/07/30 15:12:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月29日 イイね!

車高を戻しました🎵

北海道遠征に行くために、フェリーに乗れなかったので車高を上げましたが、




帰って来たので元の車高に戻し、減衰もマックスに(^^)
これでフヮフヮ感もなくなりバッチし。








やっぱりこれじゃないと🎵 もう1センチ下げたいところですが、何処にも入れなくなるので、これで我慢😣




家に置けなくなった🏆の一部をお店の展示物として預かって頂いていましたが、スペースの関係上、引き上げることになり、記念に写真を撮りました🎵

Posted at 2018/07/29 17:28:26 | コメント(4) | トラックバック(0)
2018年07月28日 イイね!

北海道遠征 ②厚岸〜霧多布〜羅臼

北海道2日目は厚岸〜霧多布〜羅臼に行ってきました(´▽`*)

まず最初に行ったのは厚岸の片無去(カタムサリ)にあるフォト喫茶「夢風舎」

alt

alt

alt

https://city.hokkai.or.jp/~ohyagi/

ここは以前道東に住んでたころによく通ったお気に入りのお店(*^▽^*)

写真家の大八木茂さんがオーナーで、室内では大八木さんの写真が展示販売されてます。

周りにはなにもない牧場の真ん中に立っており、大きな窓からは遠くは雌阿寒岳から知床連山まで見えます。

alt

ここでのおすすめはワッフルセット、 甘くない焼きたてのアツアツのワッフルにアイスクリームを乗せて食べれば最高に旨いっす(´▽`*)

alt

次に向かったのは霧多布湿原

alt

alt

alt

湿原の中に町があるんです(^^♪

そしてその先にある霧多布岬〜

ここは映画「はなみづき」で新垣結衣と生田斗真が映画の中でデートしたところです。

alt

alt

次に向かったのは浜中町にある牛乳飲み放題のファームデザインへ

alt

alt



https://hokkaido-labo.com/farmdesigns-14932

この時点で既に満腹、でも牛乳は3杯飲みました(´▽`*) うまかった〜




そして羅臼へ

alt

見つけました!

幻のエビ ブドウエビ(*_*;

alt

このエビは三陸とこの知床羅臼沖でしか取れない幻のエビで生で食べるのが一番旨い(´▽`*)

もちろん 食べました 小さい方を  (* ´艸`)クスクス


alt

道の駅らうす の前には北方領土のロシア領 国後島がバーンと見えます。

この後、羅臼から知床横断道路で知床峠を越えてウトロに向かいました。

羅臼岳は残念ながら雲に覆われ見えませんでしたが、キタキツネに遭遇(^^♪

alt

ウトロに着くと、オホーツク海に沈む夕日がちょうどみれました(^^)

alt

alt

つづく










Posted at 2018/07/28 23:10:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月27日 イイね!

北海道遠征 ①東北チャリティーD-UPに参加(^-^)

alt

3年ぶりに 北海道中標津町(知床半島の付け根の少し下)で開催された 東北チャリティーD-UP(木村タイヤ主催)に参加してきました~

出発時にハブニング(≧Д≦)

19日の夜に敦賀港から苫小牧に向けフェリーで出発の予定でしたが、なんと敦賀港でこの車高で乗っても苫小牧で降りれないかもと係の人からいわれました(°0°)

実はこの車高でフェリーに積めるか心配だったので、前週に敦賀港に下見に行っておりま
して、フェリーに乗れることを確認していましたが、まさか苫小牧東港で降りれないとは思いもよらず・・・・・・・(?_?)

とうしようか?一か八か行くか?悩んでいたところ、係員の人から舞鶴~小樽便なら大丈夫かも と言われ、時計を見たら22:50  舞鶴発小樽行きが23:58 「間に合いますか?」 と訪ねると、飛ばしてギリギリどうかというところ と言われとりあえず舞鶴まで高速でかっ飛ばしましたが、舞鶴港に着くと、フェリーが岸壁を離れたところでした(; ;)ホロホロ  間に合わず (T_T)

仕方なく窓口で翌日のチケットに変更していると、今度は舞鶴港の係員から、この車高では無理です と(=_=)  

一旦京都に戻り翌日車高を全上げしてやっと

乗船

alt

これでも低いと言われれましたが、一番最後に乗船できました(^^)

alt

23:58舞鶴港出港し、翌日の20:45に小樽港に着く約21時間の船旅~

alt

朝日~

alt

小樽港到着後、会場の中標津空港まで約400キロ、隣町に午前二時に到着し、少し仮眠して、洗車と虫取りをして会場へ

途中、北海道らしい風景が続きます。

alt

無事、会場入り、。気温18度(°0°) 晴れ 最高です。快適。

alt

alt

会場では、亜斗さん夫妻、久保社長らにお出迎え頂き、大阪メッセ以来の再会です(^^)

イベントではじゃんけん大会でKカーのアルミホイルを頂き、ビックリ いつも弱いのに。

楽しい時間を過ごさせていただきました(^^)


そして結果は?




alt

総合2位 (゚o゚;

alt

ありがとうございますm(_ _)m

そして、お仲間の亜斗さんもアナザー部門1位 久保社長もSUV部門1位と揃って受賞(^^)


来て良かったです(^^)

2回目の出場で前回はミニバン1位でしたので、それより上で、アルでは初めての総合入賞。

今回から総合は大きいトロフィーは荷物になるとのことで、クリスタルに変更になり、非常に助かります。

この大会は一般の来場者も投票するイベントで、約650票のうち、参加台数分約150票なので、一般の方の票が約500票あります。そうです、組織票で左右されることが少ないクリアーな大会なのです。



alt

主催の木村タイヤさん、投票していただいた方々、特に一般の来場者の方々、良い記念になりました。本当にありがとうございました

m(_ _)m

alt

alt

alt

alt


会場をあとにして、日没まで少し時間があったので、撮影に行ってきました。


まずは開陽台近くの一本道と地平線、遠くにはロシア領の国後島も見えます。

alt

alt

alt

alt

最後は屈斜路湖を望む東藻琴峠、ここでは日が落ちて気温13度でした( ・_・;)

alt

つづく


Posted at 2018/07/27 14:21:27 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2018年07月18日 イイね!

皆さんの助け合う気持ちを宜しくお願いします。

頑張ってください!微力ですが募金させて頂きました‼️

この記事は、晴れの国岡山から、拡散をお願い致しますm(__)mについて書いています。
Posted at 2018/07/18 23:24:11 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

「今年の冬の車内はこれでぬくぬくになりたい(*^_^*) http://cvw.jp/b/1360222/42208471/
何シテル?   11/21 17:15
2016.10.15に20系ヴェルファイア前期から30アルファードS Cパッケージに乗り換えました。 MOP サンルーフ、オートクルーズ等 DOP11イ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

トヨタ アルファード  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/29 09:51:59
北海道遠征 ③知床~斜里~中標津 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/01 18:27:58
北海道遠征 ②厚岸〜霧多布〜羅臼 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/01 18:27:03

ファン

96 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ アルファード トヨタ アルファード
2016.7.20に契約注文し、納期4か月と言われましたが、1か月早まり10.15にやっ ...
トヨタ ヴェルファイア トヨタ ヴェルファイア
リメイク前(~24.8)です。
トヨタ ヴェルファイア トヨタ ヴェルファイア
24.9 リメイクしました リメイク画像(以前の画像は愛車紹介にアップしています) ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.