• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たとものブログ一覧

2013年05月29日 イイね!

タービン周辺部品の清掃やリフレッシュ

タービン周辺部品の清掃やリフレッシュBNR32純正タービンを下して、清掃やリフレッシュすべき周辺部品を部屋の中に持ち込んでいるんですが、並べてみるとかなりの部品点数です。おかげさまで、私の部屋はまるでガレージ・・・。ああ、本物のガレージが欲しくなる・・・。

ということで、車はまだウマにかけたままの状態のまま、タービンの組み込みについては進展なしです。

BNR32純正タービンからは、かなりオイルが滲んでいましたので、もう周辺は相当ドロドロでした。



石鹸などでチマチマ洗っていてはらちが明かないので、ケミカル材の登場です。



お湯を張ったバケツの中に、こいつを投入、そして汚れたパーツをざぶーんとな。



するとあら不思議、とっても綺麗になりました。新サンエスK-1、かなりパワフルです^^



BNR34タービン本体は、洗浄剤付けてブラシで擦っただけなので、若干汚れが残ってますが、それでも相当綺麗になりました。



洗浄剤のパワーでグリスやオイルが落ちた遮熱板は、更にヤスリで錆を落とし、耐熱スプレー処理。



見えなくなる部分ばかりですが、まぁ気持ちの問題ですね^^

そうそう、ショップにお願いしたタービンの排気バイパスポートの拡大加工、こんな感じに仕上げてもらいました。



元のφ17mmから、φ20.5mmへ面積比で約45%の拡大です。BNR32純正タービンでもφ18mmだし、ブーストも1.0~1.1k位まで、アクチュエータもBNR34純正なので、これ位にしておきました。

今週末にはBNR34タービンを組んでしまいたいところですが、梅雨入りしてしまいましたので、天気見合いでの作業になりそうです。
Posted at 2013/05/29 20:03:56 | コメント(3) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ
2013年05月25日 イイね!

タービン交換作業に着手しました^^

タービン交換作業に着手しました^^BNR34タービンも準備できましたので、交換作業に着手しました。苦戦することを想定し^^;年休取得っ!!職場のみんな、スマン!

作業手順は後からゆっくりアップするとして、今はみんカラを通じてアドバイス頂きながら作業していることもあり、取りあえず今日の進み具合と、気になったこと、気づいたことなどをサラッとまとめておきたいと思います。

時間の経過順に並べていきます。

「何してる?」を使って、まず、作業開始の宣言。これで皆様の視線を釘づけです(違うって)^^;

ちなみに、装備の方はこんな感じです。



工具類は一般家庭よりは多少充実してるとは思いますが、ブランドは多い順にアストロプロダクツ、KTC、SIGNET、その他少々で、キング・オブ・ツールのスナップオンは一つもありません><

まぁ、素人DIYこそ、ツールに頼るべき、とも思いますが、そうはいっても価格が・・・。状況や場所によって、使い分けるようにしているつもりです^^

※ちなみに、準備していたSIGNETのクローフット17mm、固着して滅茶苦茶固かったウォーターラインに負けることなく、バッチリ仕事してくれました^^

さて、作業開始して、最初に思った「!?」です。



乾式の純正タイプエアクリにまで、オイルが回っています・・・。サーキット走ってるし、ブローバイの多いエンジン、お疲れタービンなので仕方がないのだろうか・・・、などと思いながら、リアのコンプレッサーからつながるジャバラゴムパイプの中を覗いてみます。すると・・・。



ん・・・?意外と綺麗です。

じゃ、フロント側はというと・・・。



ぐはー・・・。フロントタービンがやばそうですね・・・。さらにバラしていきます。すると・・・。



やっぱりかなりのオイル量です・・・が。

このあとインレットパイプ(っていう名前でしたっけ?)を外し、タービンのハネのガタを手で確かめてみると、スラスト方向は手で感じるガタは一切なし、。ラジアル方向も相当ごくわずかで、準備したBNR34STDのボールベアリングタービンと同じくらい。ほとんどガタはありません。

それに、ハネの欠けやキズも無く、メチャメチャ綺麗・・・。手で回しても、昨日まで走っているタービンだからか、オイルの粘りも軽く、指で回すと、少しですが回転を維持するじゃないですか・・。

まぁ、オイルがかなり漏れ出ているのは確かなので、バラした意味が無くはないですが、もしかすると、ですが、漏れの原因が明らかになり、対処できるのなら、このタービン、まだイケるのかもしれないです・・・。

まぁ、タービン下せば答えが出るはずなので、さっさとタービン外したかったのですが、手持ち工具ではエキマニの下側ナットにアクセスできず、今日はここまでとなりました><



一部の方にご相談しているのですが、どうやら工具が必要なようです。



間違いなく必要になりそうな工具として、ユニバーサルソケット12mmが挙げられるのですが、首振りエクステンションも持っていなかったので、まずはこちらで試そうと思い、購入してみました。

その他は激安セールだったので、ついつい、です。KTCの23mm、9mmのコンビレンチですが、あまり使わないサイズのせいか、相当安かったので、ついで買いです。

それと、いつも普通の石鹸だと油汚れが落ち切らず、すごく苦労していたので、専用石鹸も買ってみました。この石鹸、やはり普通の石鹸なんか目じゃないくらい、すごく汚れが落ちます!

この石鹸で、汚れたパーツを洗うと、きっと綺麗になるはず・・・、と思い、洗ってみました。



どうでしょう?元の汚れた写真を撮ってなかったので、意外と普通に思われるかもしれませんが、太い方のウォーターリターンチューブなど、相当綺麗になり、黒→銀になってしまいました@@;

その他、タービンのバイパスポート拡大加工をショップに依頼していたのを取に行ったり、追加で必要になった純正部品を日産に受取りに行ったりと、非常に忙しい一日でしたが、これ以上ない位充実した一日でした。

明日も作業は続きますが、どうか(生)暖かく?見守っていてください^^;
Posted at 2013/05/25 00:23:08 | コメント(4) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ
2013年05月20日 イイね!

BNR34STDタービンをGET。

BNR34STDタービンをGET。待っておりました、BNR34STDタービンが到着しました。

このタービンは、H11年式、走行距離約67,000kmのBNR34から取り外したばかりのものだそうで、つい先日まで問題なく使用していたタービンだそうです。

このタービンは、数ある中古タービンでも、それなりの距離を走っており、また年式からも10年以上経っていますので、あまり賢い選択ではないかもしれませんが、これでいってみます。

さっそく到着したタービンを開梱し、初期の汚れの状態を撮影。この汚れ具合が、その車輛、タービンの状態を知る大切な手がかりの一つですので、バラしながら写真を撮っていきました。



入手品は、

BNR34STDタービン*2
BNR34タービンアウトレット*2
BNR34タービンアクチュエータ*2


が組まれた状態で、下したまんまの姿で到着しましたので、売却された方は、エキゾーストブレードは確認していないはずです(もちろん、私も確認できなまま購入でした)。今回バラすことで、ようやくエキゾースト側タービンブレードを拝むことができました^^

まずは、フロント側タービンのエキゾーストブレードの状態です。



続いてリア側。



どちらも、特に異常はなく、普通にまっ黒クロでした。

タービン軸については、新品を知りませんので何とも言えないところですが、ラジアル方向、スラスト方向ともに、多分ほとんどガタなしだと思います。

ボールベアリングの感じは、異音やゴリゴリ感も無く、スムーズではありますが、オイルの粘度の重さを感じ、息を吹きかける程度では回らない感じです。多分、中古タービンとしては、異常がない、普通の程度の物のような気がします。

さて、このエキゾーストブレードの隣にある、排気バイパスポートを拡大する予定なのですが、良く見ると、フロント側、リア側とも、バイパスポートを塞ぐ円プレートの中心と、バイパスポートの穴の中心が2~3mm位ずれているようです。

フロント側タービンの排気バイパスポートを開いたところ。



そして、kちらがリア側タービンの排気バイパスポートを開いたところ。



今回はじめてタービンばらしたのですが、このバイパスポートを塞ぐ円のプレートって、かなりグラグラしているみたいですが、円プレートがピッタリとバイパスポート穴に密着するよう、わざと遊びを大きくしているんですね。

ところでこの丸い円のプレート、直径は約28mmのようです。



そして、BNR34STDタービンの排気バイパスポートの直径は約17mmのようです。



写真でいえば左側が遊びが少なく、右側に余裕がありますので、ポート拡大するなら、右側を削り、直径約20~21mm位で、円の中心軸がキッチリ合いそうです。ということで、排気バイパスポート拡大は、21mmで行こうと思うのですが、どうでしょうか。今のところブーストは、最大でも1.1k位を考えています。

切削加工はエキゾーストハウジングのみの状態にすれば、タービン内への切り粉の進入を考えなくて済むのでベストだと思うのですが、ネットで見る限り、結構組んだまま加工されてたりするように見えるのですが、どうされてるのでしょう?もしよろしければ教えてください。

それと、もう一つの加工である、エキマニの排気口の拡大ですが、BNR34STDタービンの排気入口は、縦が約37mm、幅が約40mmでした、



取り外していないので、BNR32エキマニ側のサイズがわかりませんが、写真で見る限りほぼ同幅位に見えます。

もしエキマニ側の幅も約40mm程度であれば、今の状態で段差なく綺麗にポートが絞られていくことになりますので、ここだけ変に拡大加工しない方が良さそうに思うのですが、いかがでしょうか。

ブログを書いておきながら質問のオンパレードとなってしまい、誠におこがましいですが、もしよろしければお返事なり、メッセージ頂けますと幸いです。

【2013.5.22 追記】
ネットで見つけたBNR32純正エキマニは、縦が約37mm、幅が約40mmで、今回取り付けようとしているBNR34STDタービンの口径と同寸のようです。
※ちなみに、BNR32ニスモエキマニは、縦37mmは同じですが、幅が約44mmだそうです。
Posted at 2013/05/20 23:47:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2013年05月18日 イイね!

納車からこれまでの変遷を動画にしてみました^^

納車からこれまでの変遷を動画にしてみました^^BNR34のタービンが到着するまで特にやることがないので、最近覚えたAviutl使って動画を作ってみました。

内容はこのブログにある通りで、BNR32の納車からこれまでの変遷を、10分で紹介する動画です。

写真と文章、一部動画を織り交ぜた、お手軽動画です。とはいっても、元ソースが無駄に1920*1080のフルHDなので、エンコードにはそれなりに時間がかかりますね。



PCはceleron G1610 2.6GHzのデュアルコア、メモリ8GB、SSD 120GBの環境ですが、こんなことをしているとクアッドコアCPUが欲しくなってしまいますね^^



パソコンも車同様、色々いじれるため、私はここ10年位ずっと自作派です。車をDIYされる方は、PC自作派、結構多いんじゃないでしょうか。

タービン交換という大仕事前の貴重な晴れ間なので、家に籠らずに出かければよかったのかも^^;

でも、家で予定があったので、今日は仕方なし、です^^
Posted at 2013/05/18 22:03:09 | コメント(4) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ
2013年05月16日 イイね!

BNR34STDダービン交換の部品集め

BNR34STDダービン交換の部品集め私の32Rのパワーについては、もう十分に満足しているのですが、走行距離15万kmを目前に控え、今のタービンの耐久性についてはかなり心配しているところです。

時々ブログに書いてある通り、タービン前後とも、オイル滲みというか、漏れに近い位にじみ出てきており、タービン下のアンダーカバーは常にヌルヌル状態、駐車場にもオイル漏れの跡が常に残っている状態です。



今のところタービンからの異音や、マフラーからの白煙は確認されないことから、恐らくタービンのインテーク側のガスケットからブローバイが染み出ているだけの可能性が高いとは思っておりますが、いずれにしろタービン軸のスラスト方向、ラジアル方向のガタチェック位はしておきたいところです。

残っている記録からすると、タービン交換の履歴はなく、恐らく1度も交換されていないだろうことから、タービン軸はかなりお疲れのハズで、確認のためにそこそこバラすのなら、ガスケット等も一式必要になりますし、この際なのでタービン交換しようと思い、各種パーツを手配しているところです。

今のところ準備できているものとしては次の通りです。



15198-05U04 タービンのオイルリターンホース×1
15198-05U13 タービンのオイルリターンホース×1
14401-05U25 タービン交換用ガスケットキット ×1
08360-6125C エキマニ遮熱版のスクリュー×3
08360-6125C エキマニ遮熱版のスクリュー×2
01466-00151 エキマニ遮熱版のスクリュー×1 ※フロントタービンの手前
14064-N420A タービンアウトレットのスタッドボルト×4



HKSメタルエキゾーストマニホールドガスケット ×2



1408-RA020 HKSタービンオイルインレット用バンジョウボルト×2



AUTOGAUGE排気温度計(ピークホールド機能付) ×1

というようなパーツが既に手元にあります。純正部品は、sTpダイサンさんてつにいさんを参考にさせていただき、手配することができました。感謝。

そのほか、タービンアウトレット流用に関しては、わっきーさんの記録が詳しく、またバンジョウボルトについては

BNR34純正タービン流用HKSオリフィス入りバンジョウボルト

吸気系統にオイルが流入はどのくらいまでが正常なのでしょう。

バンジョウボルトの謎

を参考にさせて頂きました。先人の方々へのお礼として、出来るだけ私も情報提供できるように写真等で記録を残しながら作業したいと思っております。

※個別のリンク許可を頂いておりませんので、もし不都合がございましたら、削除するようにいたします。

他にエキマニスタッドボルトやナットなども交換するかもしれませんが、バラしてみて程度を見て個別で判断しようかと思っています。

今後揃える予定のものとして、

BNR34STDタービン ×2
BNR34STDタービン用アクチュエータ ×2
BNR34タービンアウトレットパイプ ×2
O2センサーアダプター(M18P1.5mm→M12P1.25mm、スチール製) ×2

がありますが、いずれも手配済みで今週末辺りにすべて揃いそうです。すべて揃えば・・・。

すぐに交換作業にかかる自分の姿が目に浮かびます(爆)^^;
Posted at 2013/05/16 22:42:46 | コメント(6) | トラックバック(0) | 車いじり | 日記

プロフィール

「クリーンディーゼル車に乗る上で知っておきたい環境性能について http://cvw.jp/b/1374039/42008638/
何シテル?   09/30 16:56
過去所有のクルマ S13→HCR32→S15→JZS171(現在) 走り系のクルマから、今のクラウンに変更してはや6年。BNR32に乗りたいと思いつつも...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

V6エンジンの燃焼メカニズムと振動バランスの話 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/20 01:02:31
日産(純正) ドアリテーナ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/18 21:52:23
マイクロフィルタ交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/06 23:31:32

お友達

お友達のお誘いは基本的に大歓迎なのですが、プロフィールなどが全く不明な方や、数集めなど全く絡みなしからの急なお誘いはご遠慮ください。

また、その後のお付き合いがない方は時々削除させてもらいますが、ご了承下さい。
87 人のお友達がいます
nismolinenismoline * gonchan32rgonchan32r *
ミーハーメタル@感電ミーハーメタル@感電 ちろまる@ここちろまる@ここ
空線空線 35くん35くん

ファン

112 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ クラウンロイヤル トヨタ クラウンロイヤル
トヨタ クラウンロイヤルに乗っています。 99年/ロイヤルサルーン/JZS171 ノー ...
日産 スカイラインGT‐R BNR32 (日産 スカイラインGT‐R)
H5年式後期のブラックパールメタリック、標準車です。 昔からの32Rへの思いを断つこと ...
日産 シルビア S15 (日産 シルビア)
今のところ、最初で最後の新車です。 前車のHCR32と比べると、鼻先が軽いので、グイグ ...
ホンダ CB750 ホンダ CB750
大型二輪免許取得後、最初に乗ったのがCB750(RC42)です。 新車購入でしたが、鉄 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.