• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

たとものブログ一覧

2014年11月24日 イイね!

阿讃サーキットを走ったアテーサロガーデータの確認

阿讃サーキットを走ったアテーサロガーデータの確認先日、阿讃サーキットを走った際に、自作したアテーサコントローラー 兼 ロガーユニットを使い、アテーサE-TSユニットのログを録っておきました^-^

・・・が!

なんとECUロガーをセットし忘れていることに気づく・・・>_<

ECUのログデータが無いと、「車速」「エンジン回転数」といった、基本的データが無いので、解析ができないんです・・・。しまった~~~>_<

でもみすみすデータを捨ててしまうのはもったいないですし、出来る範囲で確認したいと思います。

アテーサ関連の制御ユニットとしては、

・純正E-TSユニット



・Do-Luck トルクマネージャー → トルクコントロール(CNR:0度 STR:右90度:)



・自作E-TS kai → ロガー



としています。

で、どんな時にどんなデータが録れるのか、確認も兼ねてご紹介しますと、たとえばアウトラップ後1周目(タイヤ発熱前低グリップ状態)



の時のデータは、



という具合です。

細かく見ると、コーナー立ち上がり時に大きくテールブレイクした時(赤丸)は、前輪(赤白)と後輪(黄緑)の回転差が大きく乖離していき、それに比例するようにフロントトルク(橙)が上昇していることが判ります。

また、アテーサコントローラー設定により、STR:右90度としたことから、縦Gの加速G方向が2.5(V)=0Gより上には全く増えていっていない様子も判ります。

今回のアテーサコントローラー設定の狙いは

・横Gが係っている状態のときにはフロントトルクをあまり発生させない(横Gはノーマル制御=CNR:0度)
・縦Gが係っている状態のときにはフロントトルクを大きく発生させる(縦Gは強化制御=CNR:右90度)

としていました。

しかし、タイヤが冷えて滑りやすい状態で、後輪に大トルクをかければ、結局大きくテールブレイクし、フロントトルクが急上昇したとしても(いや、急上昇したからか?)、スピン挙動となることが判ります。

というようなことを念頭において、動画で取れたセカンドベスト(46.119秒)のラップを見たいと思います。



の時のデータは、



となります(赤四角枠が1LAP)。

・・・さて。ここから何を読み取りましょうか。運転した本人(=私)も、ちょっとつかみどころがないというか、良く判りません^^;(爆)

タイヤは温まっているのと、派手なテールブレイクを嫌って、アクセルを開くタイミングをコントロールしたりしましたので、それ程破綻している様子も無く、これと言って「今のアテコン設定の効果がコレだ!」と分かる部分も無く・・・。

地道にデータを蓄積していかないと、比較対象が無いのでなんとも言えないですね。でも条件がバラバラだと、直接比較しづらくなるので、同一日に複数回走らないと、それぞれのセッティングの傾向が見えてこない気がします。

狙いが阿讃の低速コーナーなので、どこかの1コーナーに限定して、何度もテスト、データどりするのが近道のように思います。

以前テストしたフィーリングだと、CNR:右45度、STR:右45度が一番良さそうでしたので、次回はその設定で走ってみたいと思います。
Posted at 2014/11/24 16:56:57 | コメント(3) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ
2014年11月22日 イイね!

BNR32で阿讃サーキットを走行 その25

BNR32で阿讃サーキットを走行 その25ようやく行ってきました、阿讃サーキット。BNR32で走るのは、今回でかれこれ25回目です。

気温も下がって晴天続きで、早くサーキットに走りに行きたくて、ここのところウズウズしっぱなしでしたが、まずまずなコンディションで走ることが出来ました。

天候は快晴、でも気温がちょっと上がって13~15℃くらいでした。まぁその原因は、誰かさん(私w)が忘れ物をして到着が遅れたからなんですけれど^^;

でも今のタイヤのグリップ力を考えれば、実はこれくらいの気温の方がタイム的にはいいのかもしれません。



このタイヤ、昨年の年末におろして、もうすぐ丸1年ですが、流石に新品同様の性能を発揮する、というわけにはいかないようです。

先に今日の結果を言いますが、ベストLAPは、46.008s(GPS Laps計測)でした。
※動画はセカンドベスト 46.119秒です。



ここ最近のアップデートとしては、

・BOYZ CST車高調 → クァンタム車高調
・CUSUCOネガティブアッパーアーム → NISMOアッパーリンク(戻し)
・SPARCO PRODRIVEフルバケ → BNR32純正シート(戻し)

だったのですが、それらによるフィーリング変化よりもタイヤの温度変化によるフィーリング変化のほうが強く感じました。

というのも、流石の国産ハイグリップDIREZZAⅡといえども、1年近く使ってきて何度も熱が入っているからか、気温が低いと初期グリップがかなり低く、アウトラップのコーナー進入ブレーキングでは速攻でABS作動、そしてコーナー立ち上がりでは何時もより派手にテールスライドしてしまいます。



その後3周くらい走ってタイヤに熱を入れていくと、少しずつタイヤのグリップが戻ってくる感じでした。

こんな調子だと、タイム狙ってのコーナー進入一発ブレーキングなんて、怖くてどうにもなりません(コーナー立ち上がりのテールスライドは、アクセルとハンドル対処でなんとでもなるのですが・・・)。

まぁABSがあるので、タイヤロックによるコントロール不能はないですが、それでもABSを作動させてしまうと制動距離がどんどん伸びてしまい、簡単にコースから飛び出してしまいまそうです・・・。この辺りが重量級ハイパワーマシンの代償なんだろう、と思います。

ですので、「自分のグリップ感覚>実際のグリップ」の状態で走ると、コーナー進入で非常に怖い思いをします。

TSタカタ出の反省も踏まえ、アウトLAP1発目のブレーキングでは、これを想定してかなり早めにブレーキング開始したにもかかわらず、なんとそれで辻褄が合ってしまいました・・・。

すなわち、私が思っているよりも、冷間時のグリップ低下は大きい、ということです。新品の時は、たとえ気温が5℃を下まわっていても、ここまで極端にグリップ低下しなかったことを考えれば、やっぱり随分タイヤの劣化が進んでいるみたいです・・・>_<

峠等を軽く流していても、グリップ低下を感じており、今日は最初からタイムは狙わない
⇒公式のトランスポンダ借用なし、楽しく遊べればOKかな、というつもりでした。

とはいっても、多少頑張っても46秒フラット程度しかでなかったというのは、まぁ軽くショックでした>_<

ということで、今日は追っかけっこして遊びました。今回のお相手は、S2000を駆るmetalお兄さん(あ、先に言っちゃったw)です^-^



metalお兄さんと一緒にサーキットを走るのは、昨年の今頃に同じここを走って以来ですが、1年経つのは本当に早いですね。



またも遠いところから、わざわざありがとうございました。ということで、このカッコイイS2000を多少まともに撮れた写真を数枚。













そして、もう一方、いつも絡んでくれる、空線さん。



空線さんも、バッチリ追走させてもらったのですが、生憎の録画尺切れ・・・。画質優先とはいえ、10
分で強制終了される仕様、どうにかならないかなぁ>_<

でも、走った2人だけが知る、あの感じ、あの空間・・・。もちろんガチバトルではないですけれど、凄く楽しかったですね。

「あ、タイヤ終わってる上にABS無くて進入辛そう」

(微笑ましく後ろから観察)

「 タイヤスモーク煙幕攻撃喰らう」、

みたいなwということで写真だけ・・・。



















ベスト更新が最高に気持ちいいのは間違いないですが、懐具合を考えれば、今の私の身の丈に合ってるのは、こっちの楽しみ方のようです^^;

しかし、一方で・・・。



な方や、



な方・・・。

クルマの見た目もさることながら、めっちゃカッコイイっすよ・・・。


Posted at 2014/11/23 07:51:21 | コメント(10) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2014年11月01日 イイね!

ストリート仕様とサーキット仕様の狭間で・・・。

ストリート仕様とサーキット仕様の狭間で・・・。今日から11月となり、今年も残すところもう2か月を切りました。今年の1年もあっという間に過ぎてしまいそうです。

しかし今日から3連休というのにあいにくの雨なのが少し残念ですね・・・。

さて、DZCでタカタを走って以降、ていうか、足回り変更でQUANTUMに手を出したばっかりに、当初の想定よりも多くの予算が必要となってしまい、その余波が今頃になってボディブローのようにじわじわと効いてきています^^;

とは言え、このQUANTUM車高調、実によろしいです。何がよろしいかって、ストリートでの乗り心地が抜群にいい・・・。



サーキットでタイムが削れる、とかはまだ試していませんが、正直ワインディングでそのフィーリングを味わうために購入するのもアリかもしれません。

足回りは、急加速、急減速などしなくても、常にそのフィーリングを感じながら走れますから、ただ流すだけでもとってもいいです。

・・・しかしこのフィーリングの良さが、今度は反対方向(?)に私を惑わす原因となってしまうとは・・・。

あまりにもストリートでの足回りフィーリングがいいので、

「これに純正シートの組合せだったら、もっと快適になるんじゃないだろうか・・・。」

「キャンバー戻して軸受けもゴムブッシュに戻したら、ストリートだともっと素直なハンドリング特性を得られるんじゃ・・・。」

・・・もう、こう思ってしまうとダメなんです・・・。

ハイ、既にやってしまいました^^;

最近入れたばかりのSPARCOのフルバケから、BNR32純正シートへ戻し・・・、



そして、CUSCOアッパーアームから、NISMOアッパーリンクへ交換・・・。



この変更で、ストリート走行に関しては本当に最高な状況になりました。純正シートはやはり使い勝手が良くて快適だし、NISMOアッパーリンク交換でハンドリングが素直(普通)に戻りました。

でも、サーキットでのタイム更新を全く諦めたわけではなく、私の中では原点回帰、といいますか、やはりストリートで気持ちよく走れて、且つサーキットでもそこそこイケる仕様こそ、私がこの32Rに求めるものなんだろうと、改めて思いました。

マシンのポテンシャルが高いがゆえに、私のドライビングでもある程度のレベルで走れてしまい、ついつい「走り方向」に振ってしまいがちでしたが、その走りを狙ったQUANTUM車高調で、反対にストリート回帰に進んでしまうとは・・・。

更なるストリート対応として、NISMOアッパーリンクへ戻すことに併せて、車高も少々調整しました。

吊るしだとフロント側が極端に低く、フェンダーとタイヤ間が指1本ギリギリ入るかはいらないか位でした。私の行動範囲には立体駐車場もあり、また阿讃サーキットに行くためにもwもう少し車高を上げたいところです。

この車高調は全長調整式ではありませんが、アッパーにはスペーサーが組み込まれており、組み方によっては調整余地がありそうでした。



スペーサーを移動させ、ショートパーツを少々追加して、車高を調整し、私の満足のいく車高(指2本チョイ)にすることができました。



ベタベタに低いのも恰好は好きですが、個人的にはこれ位が色々と(見た目、走行性能、法令等々)バランス良くて好きです♪

そしてリア車高は指3本入るくらいの高さで、前後バランスでは結構な前下がり状態。好みではあと指1~1.5本分位下げたい感じです。

この今の状態で軽く走ってみると、コーナー飛び込みでブレーキングを残していくと、徐々にリアが出る弱オーバーステア特性、そしてコーナー中盤からアクセル開いていくと徐々にプッシュアンダーが出る弱アンダーステア特性といった感じです(アテーサコントローラOFF)。

これまでだと、進入アンダー、出口オーバーで、アテーサE-TSの特性弄って早くからフロント駆動させてバランスをとっていましたが、ガラッと特性が変わりました。

車高調替えて、フロントキャンバー減らして、前下がりセッティング、そりゃ特性も変わって当たり前ですね。

キャンバーは減りましたが、低速コーナーでの向き替えだと今の特性の方が楽に入れますし、阿讃は低速コーナーばかりですので、十分対応できるセッティングだと思っています。

ただ気になるのは、ストリートでの弱オーバー/弱アンダー特性が、サーキットだとどの程度となるのか。

これまでの経験からすると、下り勾配も手伝って、コークスクリュー辺りだと進入ブーキングでかなりリアが出そうな感じ。

でもそこから軽くアクセル開いていって、リアタイヤを接地させて、スライド挙動が納まったらすかさずアクセルON、アテーサ全開の4WD状態で立ち上がれたら、バッチリです♪

懐事情は厳しいですが、リア調整などで今のバランスが変わる前に、そろそろ阿讃に試しに行きたいと思っています。
Posted at 2014/11/01 08:29:22 | コメント(9) | トラックバック(0) | 車いじり | クルマ

プロフィール

「@σ( ̄∇ ̄;)ちろまる@ここさん 今週末でしたら、参加させてもらいます!寒そうですけど^^;」
何シテル?   01/15 21:59
【所有車歴】 S13→HCR32→S15→JZS171→BMW F10→ 走りのBNR32、ロングレンジのW212、ショートレンジ兼カミさん練習用のLE...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/11 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

ニスモ クラッチ交換 ③ ホース パイロットブッシュ オイルシール交換編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/01/09 00:02:23
【BNR32】 ヘッドライトスイッチ修理リターンズ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/17 05:35:05
目視点検 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/08 13:02:34

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R BNR32 (日産 スカイラインGT‐R)
H5年式後期のブラックパールメタリック、標準車です。 昔からの32Rへの思いを断つこと ...
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
2014年式ダイヤモンドホワイトのE350 ブルーテック アバンギャルド(W212)、 ...
日産 リーフ 日産 リーフ
我が家のショートレンジ専用兼カミさん練習車です。オール電化住宅&太陽光発電の組合せで、コ ...
BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
BMW 5シリーズ(F10)の直列4気筒クリーンディーゼルターボ、限定モデルのExclu ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.