• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2014年06月25日

笹子トンネル崩落事故から蘇った インプレッサWRX・・・

笹子トンネル崩落事故から蘇った インプレッサWRX・・・










2012年12月の笹子トンネル崩落事故で
 崩落してくる天井板に巻き込まれながらも、走り抜けたクルマを覚えているでしょうか。

事故発生当初は、多くのメディアにも出ていたものの
 事故による多くの犠牲者への配慮からか、すっかり話題になることがなくなったインプレッサを。

  

常識で考えれば、廃車となるほどの損傷を受けたインプレッサですが
 とあるスバルディーラーの手によって、復活されたのをご存知の方は少ないと思います。


そんなインプレッサを 
  
  先週発売の週刊新潮(6月26日号)で取り上げられていました。

記事や、修理を行った岐阜県にある中津スバルのブログによると

このインプレッサは、スバルのWRCタイトル獲得を記念して発売された
 WRX-STI V-Limited(1997年)で、オーナーは新車から15年以上も乗り続けているそうです。


そんな愛情を注ぎこまれたであろう貴重なインプレッサですが
 

天井板の崩落によって左上部が押しつぶされるように大破して
    (崩落してきた天井板14mもの長さにわたってインプレッサのブルーの塗料が残っていたそうです)
 さらに、その崩落の衝撃で吹き飛ばされて、トンネル壁面に右側面も衝突していたそうです。
 

  
 
その衝撃はクルマを見れば、どれほど凄まじかったものか想像は難くありません。

その状態でトンネル出口まで走り抜けただけでも驚きですが
 週刊誌の記事では、その後日談が続きます。


事故後、しばらくは中央高速大月ICに保管されていたインプレッサですが

先の中津スバルが迎えに行くと、
  1発でエンジンは目覚め、自力でキャリアカーの荷台に登って行く様子は
 
  
  まるで迎えを喜んでいるかのようだった・・・ と言います。           (画像 中津スバルblog)
 
修理中、工場内の移動も
 「解剖中のフナのような身体で元気に動き回っていた」と言われるほどシッカリしていたそうです。

でも、このインプレッサは決してロールバーなどで武装したクルマではありません。
 マフラーさえノーマルの大事にされた普通のクルマです。

  
                                               
                                                                       (画像 中津スバルblog)
果たして、今流行りの軽自動車やコンパクトカーが・・・
 いや、普通車を含めても他の国産車があのような衝撃を受けても走ることが出来るでしょうか。
      スバルを贔屓する訳ではありませんが、少し考えさせられたのも事実です。


ちなみに修復されたインプレッサは
 シェイクダウンも行われ、今では元気に山路を走るほどになりました。
  
  オーナーとも再会を果たし、いまは中津スバルで保管されているそうです。  (画像 中津スバルblog)
 

このインプレッサに逢うために
 岐阜までオイル交換に行こうかな・・・ そう思わせる何かがあります。
ブログ一覧 | クルマ・・・ | クルマ
Posted at 2014/06/25 00:09:26

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

この記事へのトラックバック

いいお話しだったので(^w^)♪」 From [ 桜華爛漫 ] 2014/06/26 15:30
この記事は、笹子トンネル崩落事故から蘇った インプレッサWRX・・・について書いています。 トラックバックさせていただきました(* ̄∇ ̄)ノ 個人的には物凄く泣けました(。´Д⊂) このトン ...
あの悲惨な事故から・・・」 From [ ゆき。 ] 2014/06/26 18:20
あの事故は思い出すたび、辛くなります・・・。 そんな中でこのような後日談があったとは知りませんでした。  このインプレッサWRXが今後も走り続けてくれることを願います。。。 この記事は、笹子トン ...
車は心を持っている(*^^*)」 From [ NO STINGRAY NO LIFE ] 2014/06/26 19:12
この記事は、笹子トンネル崩落事故から蘇った インプレッサWRX・・・について書いています。 あのインプレッサ甦ったみたいですね。 天井板が直撃し、その弾みで右側側面も 壁に接触していたと言う ...
・・・の一方で。」 From [ 九十九折 ] 2014/06/26 21:59
This article is about 笹子トンネル崩落事故から蘇った インプレッサWRX・・・. ・・・の一方で。 秘密基地に転がってる超ピッカピカ美白GC8のRAですが、抹消証明書行方不 ...
でかしたぞ!」 From [ @マルチ ] 2014/06/27 06:10
この記事は、笹子トンネル崩落事故から蘇った インプレッサWRX・・・について書いています。
蘇るインプレッサ」 From [ ゆーくん∞粉々号のページ ] 2014/06/28 06:43
この記事は、笹子トンネル崩落事故から蘇った インプレッサWRX・・・について書いています。 このインプレッサ、そんなにも大事にされていた車だとは思いませんでした。しかも蘇ってたなんて。 ...
まさか地元近くでとは( ??ω?? )?」 From [ 小悪魔ほわいとびびたん。 ] 2014/06/30 21:12
岐阜の中津スバルが修理を 行なったって書いてあるから まさか?と思ったら 本当に中津川のスバルだったo(^_-)O!! 通勤で毎日通るところ(((o(*゚▽゚*)o))) 凄い凄い(((o(*゚▽ ...
10年」 From [ ('A`σ)σ ] 2014/07/19 20:59
この記事は、笹子トンネル崩落事故から蘇った インプレッサWRX・・・について書いています。 2004年8月に購入した WR Limited2004。このとき前車がリース契約だったので、このタイミン ...
ブログ人気記事

贅沢三昧な週末
梅三郎@FDNDさん

明るさ史上最高(;;°;ё;°;;)
なま913さん

ハチマルミーティング 2018 i ...
Is I(イズ アイ)さん

点検は大切!!
ハコにゃんさん

学習発表会と収穫祭
風雅堂さん

愛車 イイね!1500人 達成(⌒ ...
ユーレヴォさん

この記事へのコメント

2014/06/25 22:56:06
初コメ失礼します
なんかいい話しですね!
車って個人的に思うのですが意識がある気がします!
今の若い人たちが車離れしているそうですが車の素晴らしさを伝えていきたいですね☆
コメントへの返答
2014/06/27 23:53:49
はじめまして。コメントありがとうございます。

このインプレッサの出来事は、クルマにも意思があるのでは・・・と思わせるエピソードですよね。
この出来事から、クルマに興味がない世代に、クルマへ興味を持って貰うきっかけになって欲しいものです。
2014/06/25 23:06:48
はじめまして

私も不思議とこのインプには惹かれます。
クルマには、やはり不思議な力があるものがあるのですね。


あの事故で亡くなられた方たちのご冥福をお祈りします。
コメントへの返答
2014/06/27 22:55:29
はじめまして。コメントありがとうございます。

この出来事は、偶然が重なっただけかもしれませんが、インプレッサが守ってくれた・・・と思わずにはいられませんね。
2014/06/25 23:23:20
本当に痛ましい事故でした

仕事でこの笹子トンネルはよく通るのですが、事故の前日もここを通過していたので大変記憶に焼き付いております

死亡者数9名 史上最悪の事故です

インプレッサの他に何台か並走していたとの事でしたが、インプレッサただ一台だけがここを通過出来たと聞いた時は「車とは何なのか、本当に必要な本質とは何なのか」考えさせられました

エコカー
EV
低燃費
CVT

どれも日本が誇る代名詞です

だけど‥ そんなん無くても車は走るんですよね

インプレッサだからこそ救えた命がそこにはあったんです

居住性、快適性、環境配慮が先行し、根本にあるべき運動性能による危険回避の本質を各メーカーにも再確認してもらいと強く感じました

お亡くなりになられた方々への配慮から一切話題から消えてしまった昨今ですが、今一度ここにかいていただけた事を感謝します

亡くなった方々はもう戻りませんが、廃車にならずこの車が復活したと聞いて本当に感無量です
コメントへの返答
2014/06/27 23:34:04
コメントありがとうございます。

私もオートバイでよく通るトンネルなので、本当に衝撃的な事故でした。

このインプレッサが助かったのも、偶然が重なっただけかもしれませんが、並外れた動力性能とそれを受け止める強靭な下半身(駆動系や足廻り)が崩落の外乱に耐えた・・・と思えば、やはりこのクルマだったから助かったのでは・・・と思わずにはいられません。

犠牲となった方々の事を考えると、大破したクルマが蘇った事を声を大にして喜ぶことは控えるべきでしょう。しかし、事故を伝える証人として蘇ったと思えば、もっと認知されても良いのでは・・・と思い紹介させていただきました。
2014/06/25 23:28:28
はじめまして☆
この事故の少し前に、ファミリーカーとしてGC8のstiワゴンを買ったとこでした>_<
今は片っ端から消耗品を変えながら乗ってるとこですが、車の意思みたいなものを今までに何度か経験してます(・ω・)ノ

このインプのオーナーも中津スバルまでは200キロも離れてたのにわざわざ整備のために行ってたみたいです( ̄▽ ̄)
コメントへの返答
2014/06/27 22:21:18
はじめまして。コメントありがとうございます。
GC8って気がつくと10年以上前のクルマなんですね。
味があってクルマ好きにはたまらないクルマですよね。
2014/06/25 23:33:05
はじめまして、イイねから来ました。


本当に痛ましい事故ではあったけど、ドライバーの単にアクセル全開により危機を抜けた、だったにせよ、このインプには、相棒というべきドライバーを守ろうという意志があったようにも感じました。


そしてその後の逸話、凄く心に染み入りました。


若者のクルマ離れを憂いているのを度々見かけますが、地方では必要なものだし、また環境重視も大事ですが、こういう命を守る役目もクルマは果たすということ、クルマ自体の感性感動をもっと訴えてほしいと思いました。


自分のも過走行車ですが、手はかかっても、もっと可愛がろうと言う気持ちが更に強くなりました。
コメントへの返答
2014/06/27 22:27:44
はじめまして。コメントありがとうございます。
偶然が重なっただけかもしれませんが、インプレッサが守ってくれた・・・と思わせてくれるエピソードです。
このエピソードを もっと世間一般に広まれば、若者のクルマに対する見方も少しは変わるかもしれませんね。
2014/06/25 23:54:21
はじめまして。
私の地元にあるあの中津スバルがそんなに大きな仕事を成し遂げていたとは知りませんでした。

地元のローカルCMで「中津スバルはスバリストの聖地だ!」と豪語していますが今回の事で納得せざるを得ないです。
コメントへの返答
2014/06/27 22:31:46
はじめまして。コメントありがとうございます。
中津スバルは、CMで「スバリストの聖地」と豪語しているのですか?
こんな事をしている位なのでアツいディーラーなのでしょう。。
2014/06/26 00:07:54

(^ω^)記憶に新しい話ですよ♪

自分もインプ乗りですが、確かに車の意志?みたいな物を感じます。

エンジンが...

回りたがりますよねw

今や時代に逆行しているかのような車ですけど...大食いで気難しいけど...

乗り続けたくなる魅力が満載です。
コメントへの返答
2014/06/27 22:37:56
インプレッサは、速さだけでなく鼓動も感じられる稀有なクルマですよね。
いま見ても魅力的です。。
2014/06/26 00:12:42

(^-^)痛ましい事故でしたが...

インプのエピソードが鎮魂となると信じています。

コメントへの返答
2014/06/27 22:40:40
悲惨な事故でしたが、救われるエピソードがひとつ位あっても・・・ と思います。
2014/06/26 00:44:04
私もインプレッサは丈夫な車だなと思います。
詳しくはかけませんが、実際目で見ましたので間違いありません
ある時、その車は高速の分岐点に置かれたウオーターバリアに高速で突き刺さりました!
車は宙を飛び1回転です
びっくりですね
車は逆さまです
しかしキャビンは潰れていません
中を覗くとピンピンした若者がベルトでぶら下がっていました
驚きですね❗️❗️
その後、若者は外へ出ましたが 以上なかったようです。

また他車が私の目前でインプレッサに突っ込みましたが、今度はインプレッサは正しい姿勢に戻り鎮座していました

ぐしゃぐしゃにはならず、原形をとどめていました。
凄い車ですね
流石ラリーカーの原型ですね
無骨なスタイリングにそんな底力が隠されているとは

笹子のインプを保存して下さい
価値があると思います
車を趣味とする私達に何かずっと考えさせてくれると思います

一瞬の判断があっても
回避できる性能がなければ、何にもなりませんから
人生は1回だけです
コメントへの返答
2014/06/27 23:47:36
キャビンの安全性などは、他社も変わらない剛性を確保していると思われますが、クルマ全体の剛性となると高出力なエンジンの搭載を前提に設計されている点で差が生じるのでしょうね。
今回の事故では、おそらくその高出力を許容する駆動系と足廻りの強度による所が大きかったのではないでしょうか。
HVやコンパクトカーのヤワな駆動系と足廻りでは、崩落された途端に動けなくなるのでは・・・。

インプレッサの保存は賛成です。
クルマを趣味とする私たち意外にも、一般の方にも知っていて欲しいです。
2014/06/26 00:56:59
はじめまして!

私もイイね!から来ました。

インプレッサWRXの事故後、後日談に感動しました。

クルマって道具ですが、やっぱり愛車って言葉が表現するように、道具以上の存在になりますよね!

今は1年間で20回ぐらいしか乗りません。いつも家族が不具合なく乗っていますが、私が乗ると調子が悪くなります。

ネコみたいなヤツです。

私も今のクルマと15年付き合ってますが、あらためてもっともっと、大事にしようと思います。
コメントへの返答
2014/06/27 22:43:56
はじめまして。コメントありがとうございます。
日頃、何気なく乗っていてもオンリーワンの愛車なんだと思います。
お互い、愛車を大事にしてあげましょう。
2014/06/26 01:14:00
初コメ失礼します。大切にされた車には魂が宿るのでしょうか?必死に持ち主様を守り抜き、大破してからの復活!!まさに魂のやどったWRXですね(*´ω`*)
コメントへの返答
2014/06/27 22:45:36
はじめまして。コメントありがとうございます。
魂が宿る・・・ そう思わせるに十分なWRXですね。
2014/06/26 02:09:16
通りすがりです。
あの事故は私の家の近くで発生しました。当時は取材人や迂回する車で周辺はごった返していました。
たしかあのドライバーさんは山梨のテレビ局の方だったような‥

もし自分だったらって考えるとゾッとします。あのような事故は今後、二度と絶対に起してはいけないですよね!



長々とスミマセンm(__)m


コメントへの返答
2014/06/27 23:12:13
コメントありがとうございます。

私もツーリングシーズンには笹子トンネルを利用しています。あの天井が崩落してきたら・・・と思うと恐ろしいです。
インフラの崩壊なんて考えた事もなかったので衝撃的な事故でした。
2014/06/26 02:24:18
はじめまして。全く知りませんでしたが読んですごく衝撃受けました!
良い話をありがとうございました!
コメントへの返答
2014/06/27 22:50:49
はじめまして。コメントありがとうございます。
隠されている訳ではなさそうですがオープンにもされていない話なので、ご存じない方が大多数だと思います。
紹介したまでですが、想いを感じて頂ければ嬉しいです。
2014/06/26 03:07:31
はじめまして。
山梨に住む者です。

このインプのオーナーだった方は、知り合いの知り合いです。
決して近い関係ではないですが、地元では事故直後に、このインプレッサが話題になりました。
助かったオーナーを誹謗中傷するような心無い人がいたんです。
ネット上はもちろん、オーナーの会社にも連絡が来たそうで、非常に苦しんでいました。
時間と共に忘れられてしまっている事故ですが、オーナーの心の傷は計り知れません。

そんな中、こうして生き返ったインプは、オーナーにとっても嬉しいニュースだったと思います。

インプの性能とか細かいことは分からないんですが、このインプレッサが生き返ったというだけで嬉しいです!
こういう事情があっただけに尚更です!
再会もしたようで本当に良かった(T ^ T)

やはり車との信頼関係が生命の分かれ目なんじゃないかと思います。

なんかまとまりなくて、すみません(^_^;)
コメントへの返答
2014/06/28 00:28:00
はじめまして。コメントありがとうございます。

ネット社会での、常識ではあり得ない根も葉もない誹謗中傷は目を覆うばかりでした。
インプレッサのオーナーも、職業柄マスコミに公開されてしまって苦労されたのでしょうね。
インプレッサとの再会はさぞ嬉しかった事と思います。
2014/06/26 06:42:54
イイ話ですね。
遺族への配慮とかよく分からん理由で詳しく分からなかった件なので、その後が知れて良かったです。
コメントへの返答
2014/06/28 00:04:21
コメントありがとうございます。
週刊誌や岐阜の新聞社の記事になっているので非公開というわけでは無いようです。
もっと公開されても良いと思いますけどね。
2014/06/26 07:51:14
長年愛情を注ぐと機械にも霊が宿ると言いますね、主人を護るために我が身を犠牲にする事もあるし、それでも尚、復活する車体もある、これは貴重な1台ですね、後世まで語り継がれる伝説になると思います、会ってみる価値のある1台ですね。
コメントへの返答
2014/06/28 00:06:13
コメントありがとうございます。
まさに霊が宿ったのでしょうか。
ぜひ逢ってみたいものです。
2014/06/26 08:23:15
初コメ失礼します。

ほんと、これ車の生命力だと思います。確かに潰れやすい車等々ありますが、車がまだ走りたい!って表現したのかな。
自分が事故したとき、保管場所に様子を見に行ったとき、元気にエンジンがかかり、「まだ走れるよ!」と語りかけられた気がして、必死に直したことを思い出しました。

物を大切にする精神だったり、愛情がないとわからないことですよね(^^)
いいお話、ありがとうございます。
コメントへの返答
2014/06/28 00:08:38
はじめまして。コメントありがとうございます。

クルマにも愛情を注げば魂が宿るのでしょうね。
2014/06/26 08:36:43
はじめまして CAR VIEWからきました。
このインプのオーナーさんは間一髪とインプの性能で助かりましたね。そういうこともあって昨年WRX STI tS TYPE RAを購入しましたが、ディーラに裏切られました。ホイールナットの締増しも確認されないまま納車されたためフロントタイヤが脱落寸前でした。
私が同じ状況だったら助からなかったですね。
そういった経緯もあり今は手放しました。
WRX STI(インプ)はよい車ですが人災にあうとその性能も無駄になってしまい命を落としかねないことを身を持って知りました。
このインプは末長くオーナーさんと走って頂きたいものです。
コメントへの返答
2014/06/28 00:12:57
はじめまして。コメントありがとうございます。

私も以前のバイクで同様の経験(納車時の整備不良)をしたことがあります。
クルマもバイクも信頼のおけるShopを選ぶことが大事ですよね。
その点、このインプレッサは恵まれていたようですね。
2014/06/26 09:06:27
なんか泣かせるじゃないですか!

自分も震災時、愛車に命を助けられました。
(その後、廃車)

なんだか大事にしている車って魂が宿っている気がしてなりません。
コメントへの返答
2014/06/28 00:14:06
私も泣きそうでした。
愛情を注ぐと魂が宿るのでしょうね。
2014/06/26 09:38:16
はじめて、もとGC8乗りとして、感動するお話を有り難うございます。やはりいい車は、時を選びませんね。
車って感情が有るように思います。
コメントへの返答
2014/06/30 12:01:30
ごめんなさい。コメントを削減してしまいました。m(_ _)m

愛情をかけたクルマには感情が芽生えるかもしれませんね。
2014/06/26 10:13:45
インプ乗りとして、復活して走っている姿を想像すると感無量です。
コメントへの返答
2014/06/28 00:20:00
インプ乗りじゃなくても感動してますよ。(笑)
2014/06/26 10:35:59
迎えを喜んでいる。
...その例えに何とも言えない何かを感じました。
いいお話をありがとうございました!
コメントへの返答
2014/06/28 00:18:50
コメントありがとうございます。
中津スバルのブログで初めてそこのフレーズを見たとき、不覚にも目頭が熱くなりました。 
2014/06/26 10:57:21
はじめまして。

素晴らしい内容ですね。
愛情、愛着、そして想いが復活させたのかも知れません。

修理には並々ならぬ努力もあったと思います。
私の愛車もそれぐらい思いを込めてハンドルを握ろうと思います。
コメントへの返答
2014/06/28 00:32:41
はじめまして。コメントありがとうございます。

愛情、愛着、そして想い・・・ まさにその通りかもしれませんね。

2014/06/26 11:18:45
感動ですね(*´ω`*)♪直って良かったです(*∩´ω`∩*)
コメントへの返答
2014/06/28 00:34:25
心が暖かくなり、目頭がアツくなりました。
本当に良かったです。。
2014/06/26 12:10:20
始めまして^ ^
そう考えるとインプレッサはすごい車ですね(°_°)
自分は高くて買えなかったインプレッサですが感動する話でいいと思いました^ ^
コメントへの返答
2014/06/28 00:36:28
はじめまして。コメントありがとうございます。

インプレッサ、クルマ好きには良いクルマです♪

2014/06/26 14:58:15
熱いね!
昔の俺なら同じく治したかも。
今の俺には気力がなくなったな。
これが歳をとったということか。
コメントへの返答
2014/06/28 00:39:26
歳が幾つでも、熱いハートがあれば成し遂げられますよ。きっと。。
2014/06/26 15:02:08
はじめましてです。やっぱり愛着があるんですね。自分も三月に欲しい車(R2)を買ったのでずーとずーと乗り続けたいと思いました。じーんとくる記事なのでメッセージしました
コメントへの返答
2014/06/28 00:42:32
はじめまして。コメントありがとうございます。
欲しいクルマを手に入れると、より愛着がわきますよね。
オンリーワンの愛車です。大切に、長く乗ってあげてください。

R2なんて良いクルマを愛車にしましたね。◎です。。
2014/06/26 15:37:00
ブロク、コメント読んでいて、涙が出てきた…
スバリストの聖地に会いに行ってみようかな。と思えるお話でした。
コメントへの返答
2014/06/28 00:45:20
コメントありがとうございます。
お涙もありがとうございます。(笑)
機会があったら逢ってみたいものです。
2014/06/26 15:53:06
初コメント失礼します!

自分もインプレッサが好きですが、お金がないからヴィヴィオを買ったぐらいインプが好きです!(笑)

この話はホントに感動ものです!
被害に遭われた方々には胸が痛みますが、それでもオーナーを守るためにここまでダメージを負ってでも走り抜けたインプに感動しました!

さすがラリーの為に産まれた車ですね!
コメントへの返答
2014/06/28 00:48:59
はじめまして。コメントありがとうございます。
ヴィヴィオも負けず劣らず良いクルマですよね。あの頃のスバルは大小を問わず拘りのイイクルマばかりで好きです。
そんな心意気がクルマにも宿っていたのでしょうね。
2014/06/26 17:22:14
カッコいいですよね♪
コメントへの返答
2014/06/28 00:49:40
カッコいいですね。♫
2014/06/26 17:23:48
初めまして
この車のことは、よく覚えています
復活したのですね
私も、体調が安定したら
ぜひ、会いに行きたいと思いました
素敵な記事を、ありがとうございました。
コメントへの返答
2014/06/28 00:57:07
はじめまして。コメントありがとうございます。
体調を崩されているのですか?
無理しないでくださいね。このインプレッサに逢えたらパワーを貰えそうですね。
2014/06/26 18:10:52
いい話ですね♪
改めてこんなの言うの変やけど…
車って生きてるよね♪(o・ω・)ノ))

オーナーさんが大事にされて…
まだ走りたかったんだねインプレッサ( ;∀;)

改めてお帰りインプレッサだね☆
コメントへの返答
2014/06/28 01:00:12
ホントに同感です。
大事にしてくれたオーナーを守って、そしてもっと走りたかったんでしょうね。
2014/06/26 21:00:15
いい話ありがとうございます。
感動いたしました。
仕事で同じ事故で潰されて炎上したセレナを勝沼インターに運びましたが、車とは思えない姿でした。
なので潰されながらも走る抜けたインプレッサーの復活した姿が見たくなりました。
コメントへの返答
2014/06/28 01:04:53
コメントありがとうございます。

インプレッサといえども紙一重だったのかもしれませんね。
2014/06/26 21:26:44
通りすがりですが、擬人法が用いられているからか、読んでいて涙が出てきました。

「愛情を注いでくれた主人を守ってくれた」と、本当にそう思いました。
色々考えさせられました。

因みに中津スバルに保管とのことですが、オーナーの元には返らないのでしょうか?
コメントへの返答
2014/06/28 06:39:47
コメントありがとうございます。
愛情を注げばクルマにも魂は宿るのでしょうか。そう思わずにいられない出来事ですね。

オーナーのメインカーは別のクルマのようで、このインプレッサは中津スバルで管理されるようです。
2014/06/26 21:56:53
大切にされて居た恩返しでしょうかね。
泣けて来ました。
コメントへの返答
2014/06/28 06:35:33
大切に愛情を注げばそれに応えてくれる・・・そんな事を思わずにいられませんね。
私も目頭がアツくなりました。
2014/06/26 22:26:35
オジャマします。
なんとまあ…ここまで大事に至った場合、修理というより、
「補修用の部品でクルマを組み立てた」
という方が当てはまるような気がします。

エコとか省エネもいいですが、生きて帰る事。これが一番大事ですね。
 更に云えば事故を遠ざけるような設計。
 常々言ってますが最近のクルマはそこんとこどうなんだろうか…と。
コメントへの返答
2014/06/28 06:11:12
コメントありがとうございます。

崩落により大破した上部は移植されたようですが、それ以外の使える部品は極力修理したそうです。バンパーやシートは事故の痕跡が残っているらしいです。

最近のクルマはエアバックやオフセット衝突の強度など受動的な安全性は高まっているのでしょうが、危険回避の性能はどうなんでしょう。ミニバンやハイトワゴンは急制動中に急ハンドルの回避行動をしたら簡単に横転しそうですね。
2014/06/26 22:27:56
はじめまして。
レトロ車乗りとしては普通より身近ではありますが、メインテナンスの重要さを改めて考えさせられる出来事だったと思います。
トンネルと自動車。どちらも本来無機質なものですが…

あえて傷を遺したまま交換しなかった部品もあるということですが、
亡くなった御霊のためにも、
教訓、戒めとしての側面も伝えていってほしいと願います。
コメントへの返答
2014/06/28 06:16:51
はじめまして。コメントありがとうございます。
インプレッサが無事だったのも、日頃のメンテナンスによる所が大きいのかもしれませんね。
古いクルマに限らずキチンとしたメンテナンスの重要性を痛感した事故でした。
事故を語るうえで、後世に伝えて欲しいクルマですね。
2014/06/27 02:02:08
やはりスバルのボディ剛性には目を見張るものがありますね。
レヴォーグはAピラーを中心にさらに剛性が高まっているのですごいと思います。
コメントへの返答
2014/06/28 06:22:20
コメントありがとうございます。
スバルの高剛性の安全性は、走りのシッカリ感を追求する副産物なのでしょうね。
2014/06/27 06:29:56
おはようございます。

初めまして😊

あの事故は本当に痛ましい事故でした😌

事故の1年前の同じ日に姉と旅行でトンネルを通過してました。

姉とあのトンネルを見た時にもしかして

考えたらぞっとしてました。

インプレッサ無惨な姿になって、でも

修復出来た姿を見て感動しちゃいますね。

私も見に行きたいですね。

やはり人を乗せる車ですから、デザイン、コスト、より安全重視の車を各メーカーさんは考えて欲しいですね。

お邪魔しました😊
コメントへの返答
2014/06/28 06:56:00
はじめまして。コメントありがとうございます。

私もよく利用するルートなのですが、インフラが崩壊するなんて本当に恐ろしい事故です。
傷付いたインプレッサが蘇ったことは、本当に喜ばしい出来事なので、ぜひ一般にも公開して欲しいものです。

いまもクルマメーカー各社は安全重視のクルマ開発をされているのでしょうが、方向性をいま一度見直すことも必要なのかもしれませんね。16年前のクルマがこれだけ悲惨な事故に持ちこたえたのですから。
2014/06/27 07:16:33
素晴らしい!
クルマへの愛を感じました!
コメントへの返答
2014/06/28 06:23:58
クルマ好きには、泣けてくるほどイイ話です。
2014/06/27 09:18:09
はじめまして。
涙なしでは語れないお話ですね。
私も少し涙が出てきました。
大破しながらも、中のオーナーを守り抜いた車。
その後も、自分は元気とアピールし、大事なオーナーの元へ帰った姿。
そんな健気な姿に涙が出てきます。

深く考えすぎな私ですが、かつて太平洋戦争で、富士重工の前進の中島飛行機の飛行機で多くの命が失われました。
富士重工には、二度とこんな不幸がないようにという願いも込められているような感じがします。
本当に今の車造りを考えさせられる感じがしました。
考えすぎな発言すいません…
コメントへの返答
2014/06/28 07:10:23
はじめまして。コメントありがとうございます。
まるでクルマにも魂があり意思があるのでは・・・と思わずにはいられなくなり、私も目頭がアツくなりました。

富士重工の前身会社が中島飛行機というのは有名な話ですね。スバルの安全思想の根本が、戦争中に自ら造った戦闘機で命を落とした方々への想いがこめられている・・・考えすぎではないかもしれませんね。
2014/06/27 09:25:03
始めまして!
自分も、こないだとあるホームページでこの記事を読みました。
車って、大切にしなきゃな。と思わされました。
このインプレッサのように大切にしていけば、何かの時に恩返ししてくれそうです。
乱文すみません。
コメントへの返答
2014/06/28 06:33:42
はじめまして。コメントありがとうございます。
機械であり道具であるクルマですが、愛情をかければそれに応えてくれる・・・そんな事を思わずにいられませんね。
愛車を大事にしてあげたいものです。
2014/06/27 11:48:11
はじめまして!
私もあのインプがどうなったか気になっていましたが、
まさか完全復活したとは・・・

同じインプ乗りとして、涙が出るくらい大変感動しました!
コメントへの返答
2014/06/28 06:30:25
はじめまして。コメントありがとうございます。
気なっている方も多いと思いますが、情報が少な過ぎてご存じない方が大多数だと思います。週刊誌に掲載されたので紹介させていただきました。

ちょっと泣ける、イイ話ですよね。
2014/06/27 12:37:39
大学の時バイトで貯めたお金で初めて買ったのがレガシーでしたが、それ以来のスバルファンです。
以来インプレッサWRXに憧れて試乗だけは何度も致しました。結局なかなか買えませんでしたが、・・・・当然このWRXにも何度も乗りました。懐かしいですね~。

あの事故の時にこのインプレッサがトンネルから無事抜け出したのを知り、とても誇らしく感じました。

その後無事蘇ってくれて本当に良かった!!

スバルは日本の誇りです。

また、戻ろうかな、・・・・
コメントへの返答
2014/06/28 07:00:17
インプレッサWRXもレガシィもスバルにしか造れないクルマですよね。それだけにファンが多いのでしょう。
そして中津スバルの様なアツいディーラーも存在するのでしょう。
ぜひスバルに戻って来てください。
2014/06/28 00:24:46
コメ失礼します!
スバル360GTスーパーデラックスでいこうかな?と思います。
コメントへの返答
2014/06/28 06:46:12
コメントありがとうございます。
イベントの時にでも是非行ってみてください。
インプレッサも中津スバル(の社長)も喜びそうです。
2014/06/28 05:01:52
この事故のほんの数分前、ほんとうに直前に自分達は、そこを走り抜けていました。あと少し遅かったらと思うと恐かったです。
コメントへの返答
2014/06/28 06:43:50
このインプレッサも数秒遅ければトンネルを走りぬけることが出来なかったと思います。
本当に恐ろしい事故です。
2014/06/28 08:52:54
ブログ見て感動しました。
現行のインプや次期インプもこの不死身のインプと同じスペックで設計されてるのか?と思いました。もし現代風に低燃費&軽量を前に出し過ぎて車名はそのまま、中身は…であるならこの記事はスバルの開発部隊に見てもらいたいですね。車にはそれぞれ個性があっても良いと思いますし。
ところで中津スバルってどこですか?
機会があれば是非見に行きたいです。
コメントへの返答
2014/06/29 06:42:02
コメントありがとうございます。
次期WRXとこのインプレッサは設計が20年も隔たりがありますが、クルマ造りの思想は同じだと思います。
中津スバルは、岐阜県中津川市にあるアツいディーラーです。イベント等があれば行ってみたいですね。
2014/06/28 09:05:00
コメント失礼します
中津スバルの社長さんとは
数年前一緒にTRGして泊まり
一晩過ごした事があり
スバル車への想いが尋常でないと
かんじました(笑)
それもかなり関係し
復活させたんでしょうね
コメントへの返答
2014/06/29 06:27:14
コメントありがとうございます。
そうですか・・・尋常ではないのですか。(笑)
でも、アツい心の持ち主なのは間違いないようですね。
2014/06/28 12:11:27
初コメ失礼致します。
クルマがドライバーを守る為に意思を持つかの様に、前進する。
クルマ世代には、憧れですね。記事を読んで目頭が潤んでます。
特に大月に車両を引き取りに行った際のエンジン一発。自ら積車のスロープを登って行った辺り、涙が出そうでした。
自分のクルマも現在工場に入庫しています。任せっきりではなく、たまには会いに行ってヤらないと…。
コメントへの返答
2014/06/29 06:35:51
はじめまして。コメントありがとうございます。
クルマ世代は誰でも愛車に特別な想いを持っていると思います。
インプレッサは、迎えを喜んでいるかのように、キャリアカーに登って行った・・・と言います。私もこの場面で涙が出そうでした。
2014/06/28 14:02:39
めっちゃ良い話ですね!
オーナーだけでなく、修理したディーラーの方々も車好きなんでしょうね。
殺伐としたこの時代にある意味、職人気質なディーラーがあることが嬉しいです。
こういう店で車を買いたい^o^
エコってこういう事なんだろうなぁ。
コメントへの返答
2014/06/29 06:44:47
はじめまして。コメントありがとうございます。
かなりアツいハートを持っているディーラーのようです。
本気で愛車を可愛がるなら、こんなディーラーとお付き合いしたいものです。
2014/06/28 14:39:55
いや~ いいお話です。悲惨な事故ゆえに、岐阜のズバルディーラーさんの車に対する愛情とキャパの広さを感じました。

そう、車って やっぱ「相棒」なんだよなぁ。
コメントへの返答
2014/06/29 07:43:09
アツい情熱を持ったディーラーのようです。
クルマとの関係は、ときには「相棒」であり、ときには「恋人」でありたいものですね。
2014/06/28 20:44:40
はじめまして。

直ってたんですね、あのインプ。
事故直後は中津スバルさんのブログよく見てましたよ。

大方の車好きは賞賛。そうでない人からは…
事故直後のネットはそんな感じでしたね。
賛否両論、お互い言いたい事はわかるし当時は複雑な思いでこのニュースを見ていました。
その頃はまだランエボⅡに乗っていた私も今年初めに乗り換えました。17年乗りました。好きでなければこんなに長くは乗れません。しかし度重なる故障と不調、かさばる維持費に根負けしてしまいました。

オーナーさんや中津スバルさんのインプにかける情熱は素晴らしいし、車好きの端くれの私にも理解できます。
「意志が宿る」云々は解るような解らないような感じですが、恐らく事故の瞬間はオーナーさんの「助かりたい」という意志が車に乗り移ったと解釈します。
またそれに応えるだけの運動性能をインプは持っていた。何より整備もキチンとしていた事も一因かもしれません。

車への愛。。ただの機械である車が意志を宿し性能以上のモノを発揮する事はありません。ただ愛着を持ち大切にしていく“人の心”は投影されていて、解る人にはそれが車の“意志”に見えるのかもしれませんね(笑)
コメントへの返答
2014/06/29 07:40:14
はじめまして。コメントありがとうございます。

事故直後のネットでの誹謗中傷は目を覆うものが多かったですし、一方クルマ好きの行きすぎた賛美にも違和感を感じたのは事実です。
でも、多くの犠牲をだした事故で巻き込まれながらも、唯一乗員を守ったクルマが偶然にもインプレッサであったのも事実。
インプレッサ以外は助からなかったか・・・と問われれば、他にも助かったクルマもあるかもしれませんね。
ただ、このインプレッサは長きに渡って愛情を注ぎ込まれ、中津スバルでキチンとメンテナンスされ大事にされた愛車だったことが、他とちょっと違った結果になったのでは・・・とも思えます。

もし機械であるクルマが人の気持ちに応じることがあるとすれば、そのクルマのオーナーだけが理解出来るかもしれませんね。大事にしている愛車なら、その想いが判るかもしれませんね。
2014/06/29 08:01:48
通りすがりで失礼します。
aonyanともうします。

このインプレッサ復活したという話しは聞いておりましたが、
詳しいことは知りませんでした。

そして、電車の中でこの記事を読んで
涙がとまらなくなってしまいました。

車をアシとしてしか考えてない人が多い中
愛情を注いでかわいがった愛車に助けられたオーナー様
そして、あんな状態になっても復活させる
ディーラーの熱い想いを感じますね。


訳の分からない文章になってしまいすいません。

失礼します
コメントへの返答
2014/06/29 16:39:09
コメントありがとうございます。
週刊誌でクルマ好き以外の方にも興味を持って貰えると嬉しいですね。
2014/06/29 08:57:03
初めましてm(__)m
コメントさせていただきます。

以前自分が在籍していたスバルのDで働いている現役整備士の先輩から数年前に聞いたのですが、
その先輩のお兄さんは過去にメーカー(富士重工)のラインで働いていたそうで、
その当時乗られていた初代フォレスターで事故に遭われて、それも何回も横転するひどい事故だったそうです。
当然自走などできるはずのない程にグシャグシャになったそうなのですが、

ご本人は全く怪我なく助かったそうです。

その後、事故の話を聞いた勤務先の所長に、
「工場の見学スペースに安全性能を宣伝する展示として置かせてくれないか?」
と言われたくらい車体が凄い状態だったらしいです。

さすがに、
「イヤです(#`皿´)」
と断ったそうですがw

ちなみに先輩自身も、切りもみジャンプで逆さま着地したGC8から切り傷位で脱出したことがあるそうですw

自分も今のクルマで側面クラッシュしてしまったのですが、
打ち身すらない位人間にダメージは来ませんでしたので、
スバルの車両剛性は今も昔も高いレベルにあるんだろうと実感しております。
コメントへの返答
2014/06/29 17:21:38
はじめまして。コメントありがとうございます。

スバルの安全性は、過去のモデルから高かったのでしょうね。
2014/06/29 10:52:10
うーん。クルマを愛するのは、オーナーだけではなくディーラーもなんだなぁって、初めて思いました。そんなディーラーに出会いたいです。私も、3月に道路の穴に車が落ちてホイールとタイヤをダメにして、市役所ともめました。しかし、運転者の過失もあるとかで、タイヤ屋さんからもらった見積もりの、半分以下の示談となり、腹が立っています。
道路施設の老朽化は全国的な問題です。この、奇跡のインプ、ぜひ、一度、あってみたいですね。
コメントへの返答
2014/06/29 17:51:11
コメントありがとうございます。
クルマへのオーナーの愛情を理解して貰えるディーラーとの付き合いも、大切と感じました。
昨今の税収減や予算削減のあおりを受けて、インフラの質が落ちて来ているように感じます。エコカー普及によるエコカー減税による税収マイナス効果?と勘繰ってしまいますね。
2014/06/29 20:47:00
初コメ失礼します。
自分もインプに助けられた側の人です。
自分の不注意で山と喧嘩したりサイドから追突されるなどインプレッサを酷い目に合わせてしまいました。それでも不思議と自分にはなんの怪我もなくインプレッサも何事もなかったかのようにエンジンが始動し発信できました。
本当は自分地震インプレッサの他に乗りたい車はいくつかありました。
ですが自分のそばで何時も守ってくれたのはインプレッサ、そう考えて自分は次の車をインプレッサと決めました。
インプレッサというのは本当にいい車です!まだまだ乗せられてる状態ですが徐々に慣れて自分の思うように走らせたいと思います!
脈絡のない文章になってしまってすいません> <;
最後に亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。
コメントへの返答
2014/07/05 06:37:53
はじめまして。コメントありがとうございます。
インプレッサって一度好きになったら長い付き合いになる、何か乗り手に訴える何かがあるのでしょうね。
大事にしてあげてください。
2014/06/29 23:35:18
感動しました♪
大切な相棒が復活されて、良かったです♪
自分も、もっと大切にしていきたいと思わされました☆
コメントへの返答
2014/07/05 06:40:16
うれしい話ですよね。
お互い、愛車をもっともっと大切に、そして可愛がりましょう。
2014/06/30 01:01:26
はじめまして。
日曜朝の情報番組で笹塚トンネルが崩落したとニュース速報が入り、MCが「え、どういう事?」と顔を青くしていたのを覚えています。
その直後に映ったのが黒煙をあげているトンネルとこのインプレッサでした。あの状態から中からレックされたものでオーナーは助からないだろうなと思いましたが自走して脱出したと聞き驚きました。
この車とオーナーについては「奇跡体験アンビリバボー!」などで取り上げてほしいです。
また、この事故が天災ではなく人災だったことも決して忘れてはいけませんね。
コメントへの返答
2014/07/05 06:29:36
はじめまして。コメントありがとうございます。
私も当時のことはよく覚えています。レッシィさんと同じ思いで見ていました。
事故について振りかえるときには、このインプレッサも取り上げて欲しいものですね。
2014/06/30 03:45:19
感動しました♪
コメントへの返答
2014/07/05 06:34:26
うれしい話ですね。
2014/06/30 10:57:18
初コメ失礼します。

あの事故で唯一脱出できた車…まだしっかりと記憶に残っております。

ブログを読ませて頂いて益々スバルが好きになりました。
ありがとうございました。
コメントへの返答
2014/07/05 06:30:34
はじめまして。コメントありがとうございます。
スバルだから話題になったのかもしれませんね。
2014/06/30 17:44:40
はじめまして。
オーナーさんが大切にされているのはよくわかります。
ここまで壊れたら普通は廃車になるところですが、直して乗ろうという心意気に感動しました。

わたくしめのインプレッサも15万キロを迎えたばかりですが「それが何か?まだまだ頑張るぜ」と走りは衰えません。
オーナーさんには長くインプレッサを乗っていただきたいですね。
コメントへの返答
2014/07/05 06:31:55
はじめまして。コメントありがとうございます。
長く乗りたくなる何かがインプレッサにはあるのでしょうね。うらやましいクルマです。
2014/06/30 23:30:10
さすがは、ラリーカー!!根性の強さはピカイチ!!
ってことはカンケーないか(爆)
でも、様々な奇跡が起きますね。
なにより、乗っていたドライバーさんがご無事で何よりです。
コメントへの返答
2014/07/05 06:33:59
ラリーカーの精神は引き継がれているのかも知れませんね。あのクルマの損傷にも関わらず、ドライバーや同乗者が軽傷で済んだのも驚きですね。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「【何シテタ?】朝から西伊豆スカイライン。今日はドコからも富士山がキレイでした。。♪」
何シテル?   10/22 19:44
それでは遠慮なく・・・。。♪

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ファン

61 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CB1300 SUPER FOUR (スーパーフォア) ホンダ CB1300 SUPER FOUR (スーパーフォア)
2011年12月納車。大切な散歩の相棒です♪ 希少なブラック&グレーラインの中期モデルで ...
スバル XV スバル XV
ミカン色のXVです。じゃんじゃん走って遊び倒します♪  2014年12月14日納車。
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
見た目は普通のレガシィですが、MTだったりします♪ お気に入りのBP5GT リーガルブル ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
エンジンの鼓動に魅せられました。 独特の音と鼓動は個性的かつ上質感すら感じさせてくれまし ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.