• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

JJB007のブログ一覧

2018年11月11日 イイね!

11月11日、DB11で都道11号線沿いのセブン11にポッキーを買いに行ってみる・・・

11月11日、DB11で都道11号線沿いのセブン11にポッキーを買いに行ってみる・・・11月11日はポッキー&プリッツの日だそうですね。プリッツが押され気味な気がしますが。。。
トッポ派の私として調べてみると、トッポの日は10月10日だとか、なーるほど!  イメージどおり。





クルマ関係だと、3月23日はマツダ・アクセラの日、11月1日はホンダN-ONEの日とか。
他にもたくさんあるでしょうね。





11月11日は、自分的には“DB11の日”でもあります。





な、わけでブログタイトル「11月11日、DB11で都道11号線沿いのセブン11にポッキーを買いに行ってみる・・・」





 ”11”の満漢全席や~





都道11号線は、調布から大田をほぼ多摩川沿いに走る道。世田谷あたりでは「多摩堤通り」と呼ばれています。二子玉川あたりから調布に向けて走ってみましたが、しばらくしてもセブンイレブンは見当たらず。ヘキサもないし。
alt





狛江市に入った後、進行方向右側にやっと見つけました。





セブンイレブン狛江水道道路店 ここらへんでは、水道道路と呼ばれている都道11号線
alt





まったくもってフツーのセブンイレブンですが、店員さんの元気な挨拶と、キレイなトイレは好印象でした。





ここで、ポッキーを購入(#^^#)
alt




最高難度のミッションをクリア!!! 





                                        ただそれだけですけど、何か(爆)






と、本日のミッションの続きを。






代官山蔦屋書店のモーニングクルーズへ、今回のテーマは ↓
alt




このテーマだと人(クルマ)が集まりますよね。終了30分前頃に着いたのですが満車で入場まで10分くらい待ちました。開始時刻の頃はもっとすごかったと思います。遅めに行ってかえって正解だったかも。
alt




alt
alt
alt
alt





新しめのフェラーリも来ていました。
alt




これ、812スーパーファストってモデルですよね。カッコイイなぁ、今回のテーマ外ですが、一番の好みでした。
alt





フェラーリの他にも、いろんなクルマが来場していました。





ラダ・ニーヴァ 1977年発売。学生時代読んでいたカー雑誌で見たカタチのままです。
隣はダットサン・フェアレディ この2代目は1962年発売開始だそうで、私と同年代。まだまだ頑張ってほしいものです。
alt




アルファロメオ1600 ジュニアZ 1969-75年 これはレアですな。
alt




三菱デボネアAMG 1986年発売のデボネアをAMGがチューン。今じゃ信じられない組み合わせ。これもレア。生産台数300台とか。
このAMGには乗ったことがないですが、当時、“付き人”(笑)みたいな身分で、デボネアにはちょくちょく乗ってました。
alt





フィアット500(NUOVA 500)1957-1977年 このモデルは20年に亘って発売されていたんですね。現行チンクは、2007年からですが、未だにモデルチェンジ無し。今回も20年を目指しているでしょうか。
我が家でも2008年から乗り始めて10年になりました(1.4→ツインエアーに乗り換えアリ)。

隣は、ホンダS600? S800? いずれにせよ1960年代
alt




アルピーヌA610 1991年発売 最近、新型のアルピーヌがA110をオマージュして登場しましたが、個人的には、このA610 と先代のV6ターボあたりが好きです。バブル世代なもんで。
alt




では、また。

alt
















Posted at 2018/11/11 16:51:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | Aston Martin | クルマ
2018年10月28日 イイね!

早朝の銀座(中央通り編)

早朝の銀座(中央通り編)任務でしばしば訪れる銀座。時間があるときに散策もするのですが、その際、街の風景の中に愛車を収めたいな~と、つねづね思っていました。








日中は人が多くとても無理。平日は銀座に出るまでに渋滞が予想され、行くなら休日。でも、土・日・休日の午後からは中央通りが歩行者天国になるので、クルマは追い出されてしまいます。
よって、朝しかない!!!




10月28日(日)、東京の日の出は5:59ということで、その時刻に合わせて銀座に着くように自宅を出発。




途中、渋滞は皆無でストレスフリー。現地に予定通り着きました。





まずは、新橋側の銀座8丁目、博品館前からスタートして日本橋方面に上っていきます。
alt




銀座7丁目は資生堂パーラーの前で。ここのスイーツは女子受けが良いみたいですね。
alt




銀座6丁目はユニクロ。ここがフラッグシップなのかな?

alt






銀座5丁目はソフトバンクで。女の子がリアルです。
alt




銀座4丁目は“和光”・・・定番ですな。

alt






銀座3丁目はアップル。このマークを見るとビートルズを思い出す私です。

alt






銀座2丁目はブルガリ、ルイ・ヴィトン、松屋銀座。進行方向とは反対側の界隈ですが。
alt




銀座1丁目はポーラ。変装(女装)のとき、お世話になっています。。。
alt




折り返して、銀座1丁目から8丁目に向かいます。




ふたたびの銀座1丁目はキラリトギンザ。
ここの屋上で仕事関係の知人が3年前に結婚式を挙げました👏
alt




銀座2丁目は文具の伊東屋。カレンダーフェアをやっているみたいです。そろそろ買わなくちゃ。
ところで、新しい年号はどうなっているのでしょうか。

alt






銀座3丁目だと思っていたら、実は4丁目だった子供服のいさみや。
銀座で子供服の路面店が続くのがスゴイし、買いに来る方々もきっとスゴイのかも。
絵柄的にはファニーなレインボーと端正なDB11のミスマッチ感がいい味出しているような。
alt




ということで、1個ズレてしまい・・・(下りの3丁目がない)




銀座4丁目の交差点にあリ、4丁目だと思っていたのに、実際の住所は5丁目だったニッサンクロッシング。

alt






で、5丁目の写真が2つに。




銀座5丁目のもう一つはプラダ。ショールームは既に冬物でした。
alt





銀座6丁目はGINZASIX。早朝だとだーれもいません。日中の喧騒がウソのようです。
alt




銀座7丁目はオメガ。007ですよ。ダニエルクレイグ!!! オメガが“7丁目”という住所を考慮して出店したのだとしたら、感涙もの。
alt




銀座8丁目はスワロフスキー。私は縁がありませんが。

alt






そして、銀座9丁目・・・は実在しません。でも、ショッピングアーケード名は銀座9。
ホントの住所は銀座8丁目のようです。なんだかややこしい。
alt




次は、並木通りとか、みゆき通りとかの朝の顔、見てみようかな。







Posted at 2018/10/28 17:43:14 | コメント(2) | トラックバック(0) | お出かけ | クルマ
2018年10月14日 イイね!

こんな格好で大黒に

こんな格好で大黒に今日は、お世話になっている取引先の社長さんのご子息の結婚式に参列してきました。
場所は横浜。時間は午後。となれば、早めに出発して「大黒」に立ち寄ることにしました。






挙式ということで、こんな格好で出陣! 主人公ではないくせに、気分はアゲアゲ(爆)





大黒に着くと、DB11ヴォランテが停まっていたので、斜め後ろに駐車しました。






ここで、DB11トリビアを発見。クーペボディの給油口は円形で、






ヴォランテの給油口は四角形。難易度が超高いと思います(笑)






着いたのは11時頃でした。挙式は午後なので、“大黒まん”で小腹を満たしました。






駐車場は疎らな状態でしたが、それでもクルマ好きの方々がチラホラ・・・





こんな感じで。





アヴェンタドールS 凄く目立つ!!!
オーナーさんのメガネの色がクルマとコーディネートされていました。






最近、気になるジュリエッタ。かなりいじってますね。




ジャガーEタイプが2台とか。





青いクルマの集まりに“バス”や”トラック”まで参加しているとか。





BMW i3のイベントをやっていたり





4C エリーゼ、DB7.。。。個性的なクルマを見ながら、久々に楽しみました。






さっきの格好のオトコが写真を撮っていたので、怪しまれたかな。。。 





おっと、




◇◇君と〇〇さん、おめでとう! 末永くお幸せに💛 






Posted at 2018/10/14 19:34:07 | コメント(6) | トラックバック(0) | お出かけ | クルマ
2018年09月29日 イイね!

ALPINA D3 BiTurboの試乗など

ALPINA D3 BiTurboの試乗などAUTOCAR JAPANのアルピナ試乗キャンペーンに応募し、お目当てのD3に乗ってきました。“圧倒的トルクとスポーツ性能”というフレーズに惹かれて。






このホイール、いつ見てもカッコイイですね。これもお目当てです(笑)





乗ったのは、アルピナグリーンのリムジン。第三京浜を往復してきました。走り始めにカラカラ音がしますが、それは僅か。それより全くもたつき感のない吹け上がりに驚きます。ちょっと踏むだけでどんどんスピードが上がるし、音が静かなので気を付けてないと、免許がヤバくなりそうな勢いでした。
ブレンボのブレーキもじわっとした感触で、とっても効きが良く、安心感たっぷり。ハンドルのすわりもいいし、初体験なのに、運転のしやすさは長年連れ添ったような印象でした。それに、ウッドパネルをはじめとした上質感は半端なく、自分まで一段アゲアゲになった気分にさせてくれます。





う~ん、いいなあ、アルピナ。扱いやすいサイズのD3は特に。




と、「これください」と言いかけた時、「実は在庫車かぎりです」とのご宣託で目が醒めた私。
BMW3シリーズのモデルチェンジに伴う移行期ゆえに。在庫車は、リムジン、ツーリング合わせて6台ほど。フルオプション状態のものばかり。いいんですが、冷静に、冷静に。いつかはということで。




とりあえず、記念品のストラップで我慢します。





で、任務地の駐車場では、“D3”に入庫しました。






そして、任務終了後はCAR MAGAZINE主催のウィークエンドミーティングに行ってきました。




8:00の段階ではこんな感じ、続々とクルマが集まってきました。





ところが、雨模様になってきたので退散する方が多く、駐車場はすぐさま虫食い状態に。




そんな中、気になったところでは、アルファロメオ




プジョーも





ランボルギーニと、やはりアルファロメオ。ラテン系に目が行く私





両極のコントラスト。手前も後方もステキです。





屋内では、こんなイベントをやっていました。




1Fには、往年の名車達。








2Fには、懐かしの玩具








記念品は、ステッカーと、





エナジードリンク(まむしどりんく)





月末になってクルマ遊びができ、エネルギー補給できたことに加え、心強い味方が。

来月も頑張ろう!

















Posted at 2018/09/29 22:34:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマもろもろ | クルマ
2018年08月26日 イイね!

2気筒と12気筒

2気筒と12気筒「2気筒と8気筒」というブログをUpしたのが2017年4月。フィアット500を4気筒から2気筒に変えたのに伴い、ジャガーXJの8気筒との2台体制が始まったときでした。
そして、ジャガーXJをアストンマーティンDB11に変えたのが2017年12月。少し間が空きましたが、2気筒と12気筒の2台体制について思うところを。








まずは、両車のスペック






フィアット500(2気筒)
875cc 85ps 14.8kgm
車重1040kg パワーウェイトレシオ12.23kg/ps






アストンマーティンDB11(12気筒)
5204cc 608ps 71.4kgm
車重1770kg パワーウェイトレシオ2.91kg/ps





ちなみに、DB11の排気量は、5204÷875=フィアット500の5.95倍



そして、フィアット500の馬力をDB11並みに換算すると、85×5.95=506ps
トルクは、14.8kgm×5.95=88.8 kgm





ということは、DB11のV12は、フィアット500ベースで見ると、馬力はかなり出ているけど、トルクはそうでもない??? 否、フィアット500(ツインエアー)のトルクの出方は結構イイ感じ???





確かに、ツインエアーは、低回転域の粘りが特徴的で、エンストするかなってくらい、あぶなかっしい息づかいをしながらも、徐々に力がモリモリしていきます。普段は“ボコボコ”ですが、このときは“ポコポコ”って音がして、とても愛らしいのです。全般にディーゼルエンジンに近い印象であるものの、やや軽い感じ、言い換えると頼りない感じ。でも、“ガンバッテル”・・・なんか人間臭くてとっても好きです。





たまに走る高速道路でも、私の感覚では決して遅いとは思いません。こっちは、ターボが効いて、もっと言うと、若干乗せられてという様相でスピードを上げていきます。操舵系の話になりますが、ホイールベースの短さによる、前後の揺すられ感はあるものの、左右のふらつきは少なく直進安定性も十分です。




山岳路に持ち込んだことはありませんが、デュアロジックのタイムラグにより、そのままの状態ではギクシャクするので、マニュアル扱いで走るといいと思います。そうすれば、トルコンよりも、エンジンとタイヤの直結感が心地いいはず。初めて乗る方は、デュアロジックの機械的な粗さに“ダメ車”の烙印を押すかもしれませんが、エンジン同様“息づかい”と捉えれば、やみつきになりますよ。













次に、DBのV12。XJのV8はNAだったので、大排気量の割にはシュイーンと回って、車格に似合わず“さわやか”な印象でしたが、DB11のV12はターボ付きということもあり、マッチョ系。私の感性だと、ターボが付いちゃうと、素のエンジンのほうの特性までは容易には語れません。強いて言うなら、1個1個のピストンが上下している感じは分からないかわりに、エンジン総体が一塊で動いている感じ。かなり精緻に作り込まれ、相当に滑らかなんだと思います。音こそデカイものの、ちょっと鈍く言うと、モーターチックなのかとも思うのですが、そこはそれ、プロのモータージャーナリストによれば、“芳醇”だと。確かに、“もっと回したい”と思わせる麻薬、“もっと乗っていたい”と思わせる媚薬みたいなものに毒されています。それに、オートマのセッティングも影響しているでしょうが、力の出方が一直線ではなく、適度なM字カーブ、特有のリズムがあります。回転域ごとにアクセルワークをアレンジする楽しみが、こっちもやみつきに(笑)
音色の変化も微妙で、エンジン音だけでイケちゃいます。ホント、オーディオを付けずに運転する時間が長くなりました。






エンジンの気筒数が対極だけでなく、イメージやドラポジなど、違うところだらけの2台。




DB11では、007のごとく、
フィアット500ではルパンのごとく。




なんか、そういうことです。




乗って楽しいのは同じなんです←わっ、ざっくりし過ぎるまとめ(爆)

Posted at 2018/08/26 16:50:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | Aston Martin | クルマ

プロフィール

「ここのオーナーさんのポルシェは、きっと'空冷'だと思います。@大阪府門真市」
何シテル?   11/06 16:48
任務の性格上、各地に行きますので、その前後に見かけたクルマ、立ち寄った場所、ならびに関連する情報を記録しています。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

メカのことはよくわかりません。弄り方もあまり知りません。乗って楽しむ派です。といってテクニックもありません。
こんな私ですが。。。
116 人のお友達がいます
気まぐれトンボ気まぐれトンボ * ossan5005ossan5005
ぼうんのうぼうんのう 虎丸@みんカラ虎丸@みんカラ
犬牛犬牛 BLUEぜっとんBLUEぜっとん

ファン

58 人のファンがいます

愛車一覧

アストンマーティン DB11 アストンマーティン DB11
気分は007ですが、実態はいかに・・・ ⇒007シリーズとジェームズ・ボンドに憧れ、手 ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
2008年式の1.4ラウンジからの乗り換えです。とにかくスタイルが好きなので、同じモノを ...
ジャガー XJシリーズ ジャガー XJシリーズ
「いつかはクラウン」というキャッチコピーが似合った1980年代後半のバブル期に社会に船出 ...
ジャガー XF ジャガー XF
はじめてのジャガー。バックスタイルはXJより好きかも。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.