• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年06月19日

車に生き、恋に生き

車に生き、恋に生き かねてより一度観たいと思っていた「トスカ」
やっと念願が叶いました。











どうして観たかったかというと・・・





007「慰めの報酬」の中で、トスカの観劇シーンが印象に残っているからなんです。





敵の一味が、数多くの観客に紛れて無線(?)を使って悪巧みの連絡を取り合っている中に、ボンドが割り込み、中心人物のドミニク・グリーンを追い詰めるという場面の背景に使われていました。そのシーンがとてもカッコ良くて。





敵役のドミニク・グリーンが、会場に乗り付けるときに乗っていたのは、ジャガーXJ(X300系)





追い詰めるボンドはタキシード姿。





ボンドに、その存在を感付かれた敵の一味は、ひとり、また一人と、会場から去っていくのですが、その中で、「“トスカ”が退屈らしい」と去っていく仲間達を揶揄するセリフを吐きつつ平然としているのが、ミスターホワイト。「カジノロイヤル」と「スペクター」にも登場する、キーパーソン。
「スペクター」の最後では、ミスターホワイトの娘さんとボンドが結ばれて終わる・・・感じだったので、ボンドの義理のお父さんということになるのかも。





「慰めの報酬」でのトスカは、かなり前衛的な演出らしいのですが、今回、Myボンドガールと観たのは、正統派。





「トスカ」は主人公(女性)の名で、その職業は歌手。そして、最も有名な曲が「歌に生き、恋(愛)に生き」。


~パンフレットより~




愛する人の処刑の中止と引き換えに、為政者から自分の身体を求められた主人公が歌う歌です。





全体に報われない話なのですが、「歌に生き、恋(愛)に生き」ることができれば本望ということなのでしょう。





私の場合?





「車に生き、恋(愛)に生き」られれば、悔いなし、、、と
ブログ一覧 | つれづれ | 音楽/映画/テレビ
Posted at 2017/06/19 20:30:44

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

アストンマーティンDB10 VS  ...
Five00さん

最近の007グッズ
JJB007さん

007 SPECTRE
スマ僧さん

用意はいいか?2/18は「ボンド・ ...
intensive911(JUN)さん

SPECTRE/007
1ベイカー11さん

Gに目がいく
みーな463_997さん

この記事へのコメント

2017/06/19 22:30:22
JBさん、知ってますよ、好きなシーンですね〜。
なんか影の世界政府みたいな人たちが、観劇するふりしてイヤホンで極秘に会議をするって感じのやつ。

うーむ、僕はずっと女の尻を追いかけ続けたいかなぁ〜〜カッコ悪?(笑)

コメントへの返答
2017/06/20 08:41:25
印象的ですよね!?
あのシーンだけでも、どれだけのエキストラを使っているんでしょうね。かなり大掛かりで、CGとは違う迫力を感じます。


尻フェチですか? 私もです(#^.^#)
詳しい話は、イヤホンで極秘会議ってことで。。。

2017/06/20 21:53:59
おばんです〜

私の場合は
"車に生き、恋を捨て…"
でしょうか。

独身街道まっしぐら‼︎ですwww
コメントへの返答
2017/06/21 08:22:39
おはようございます。


"車に生き、恋を捨て…"

・・・そのほうがカッコいいような???

~独身時代の愛車「パジェロ」から、結婚を機に「ミニキャブ」に乗り換えざるを得なかった男より~
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「近所の駐車場で朽ちていくRX-7。昭和に生まれ平成にかけて生き残ったFC型のカブリオレ…なのに。平成の終わりまで100日を切った今日。この個体は次の元号の時代に復活できないまま果てるのか。。。」
何シテル?   01/21 20:43
任務の性格上、各地に行きますので、その前後に見かけたクルマ、立ち寄った場所、ならびに関連する情報を記録しています。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

アストンマーティン DB11 アストンマーティン DB11
気分は007ですが、実態はいかに・・・ ⇒007シリーズとジェームズ・ボンドに憧れ、手 ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
2008年式の1.4ラウンジからの乗り換えです。とにかくスタイルが好きなので、同じモノを ...
ジャガー XJシリーズ ジャガー XJシリーズ
「いつかはクラウン」というキャッチコピーが似合った1980年代後半のバブル期に社会に船出 ...
ジャガー XF ジャガー XF
はじめてのジャガー。バックスタイルはXJより好きかも。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.