• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年08月26日

2気筒と12気筒

2気筒と12気筒 「2気筒と8気筒」というブログをUpしたのが2017年4月。フィアット500を4気筒から2気筒に変えたのに伴い、ジャガーXJの8気筒との2台体制が始まったときでした。
そして、ジャガーXJをアストンマーティンDB11に変えたのが2017年12月。少し間が空きましたが、2気筒と12気筒の2台体制について思うところを。








まずは、両車のスペック






フィアット500(2気筒)
875cc 85ps 14.8kgm
車重1040kg パワーウェイトレシオ12.23kg/ps






アストンマーティンDB11(12気筒)
5204cc 608ps 71.4kgm
車重1770kg パワーウェイトレシオ2.91kg/ps





ちなみに、DB11の排気量は、5204÷875=フィアット500の5.95倍



そして、フィアット500の馬力をDB11並みに換算すると、85×5.95=506ps
トルクは、14.8kgm×5.95=88.8 kgm





ということは、DB11のV12は、フィアット500ベースで見ると、馬力はかなり出ているけど、トルクはそうでもない??? 否、フィアット500(ツインエアー)のトルクの出方は結構イイ感じ???





確かに、ツインエアーは、低回転域の粘りが特徴的で、エンストするかなってくらい、あぶなかっしい息づかいをしながらも、徐々に力がモリモリしていきます。普段は“ボコボコ”ですが、このときは“ポコポコ”って音がして、とても愛らしいのです。全般にディーゼルエンジンに近い印象であるものの、やや軽い感じ、言い換えると頼りない感じ。でも、“ガンバッテル”・・・なんか人間臭くてとっても好きです。





たまに走る高速道路でも、私の感覚では決して遅いとは思いません。こっちは、ターボが効いて、もっと言うと、若干乗せられてという様相でスピードを上げていきます。操舵系の話になりますが、ホイールベースの短さによる、前後の揺すられ感はあるものの、左右のふらつきは少なく直進安定性も十分です。




山岳路に持ち込んだことはありませんが、デュアロジックのタイムラグにより、そのままの状態ではギクシャクするので、マニュアル扱いで走るといいと思います。そうすれば、トルコンよりも、エンジンとタイヤの直結感が心地いいはず。初めて乗る方は、デュアロジックの機械的な粗さに“ダメ車”の烙印を押すかもしれませんが、エンジン同様“息づかい”と捉えれば、やみつきになりますよ。













次に、DBのV12。XJのV8はNAだったので、大排気量の割にはシュイーンと回って、車格に似合わず“さわやか”な印象でしたが、DB11のV12はターボ付きということもあり、マッチョ系。私の感性だと、ターボが付いちゃうと、素のエンジンのほうの特性までは容易には語れません。強いて言うなら、1個1個のピストンが上下している感じは分からないかわりに、エンジン総体が一塊で動いている感じ。かなり精緻に作り込まれ、相当に滑らかなんだと思います。音こそデカイものの、ちょっと鈍く言うと、モーターチックなのかとも思うのですが、そこはそれ、プロのモータージャーナリストによれば、“芳醇”だと。確かに、“もっと回したい”と思わせる麻薬、“もっと乗っていたい”と思わせる媚薬みたいなものに毒されています。それに、オートマのセッティングも影響しているでしょうが、力の出方が一直線ではなく、適度なM字カーブ、特有のリズムがあります。回転域ごとにアクセルワークをアレンジする楽しみが、こっちもやみつきに(笑)
音色の変化も微妙で、エンジン音だけでイケちゃいます。ホント、オーディオを付けずに運転する時間が長くなりました。






エンジンの気筒数が対極だけでなく、イメージやドラポジなど、違うところだらけの2台。




DB11では、007のごとく、
フィアット500ではルパンのごとく。




なんか、そういうことです。




乗って楽しいのは同じなんです←わっ、ざっくりし過ぎるまとめ(爆)

ブログ一覧 | Aston Martin | クルマ
Posted at 2018/08/26 16:50:18

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

2018 フィアット500 MC ?
伊達:左馬さん

2気筒と8気筒
JJB007さん

[試乗インプレッション]フィアット ...
ezoflatさん

また限定で登場手(チョキ)
MOGUL-Mさん

続けてフィアット500S納車してま ...
R8ノーブルさん

人気ないのかな?
MOGUL-Mさん

この記事へのコメント

2018/08/26 21:25:34
昨日はお疲れ様でした、大変貴重なお話をありがとうございました。

2気筒の車があることは初めて知りました。そのうちハイブリッド車もでてきそうな感じがします。

あと007の話題に感化されてXJ350か358を狙おうかなと思い始めましたw
コメントへの返答
2018/08/26 21:55:39
パナメーラの話もタメになりましたよ。
リアサイドのベンチレーションは知らなかったです・・・

昔の軽自動車は2気筒が多かったですよね。
今、(クルマで)2気筒はフィアットだけかな。

X350、358のエアサスのフィーリングは最高ですよ。ただし、故障も多かったようですが・・・
2018/08/28 20:04:04
こんぱんは。
ちょっと細かい話で恐縮ですが、すっきり確認できる資料が見つけられないので、教えてほしいことがあります。
ブログに記載されたDB11の1770kgは「乾燥重量」ではないかと思うのですが、いかがでしょうか?
教えていただきたいのは、DB11の「車両重量」と「車両総重量」です。車検証に記載があると思います。
私の予想では、前者が1865kgぐらい、後者が2085kgぐらいではないかと思うのですが。
コメントへの返答
2018/09/03 08:46:00
ちょっと説明不足でしたね。

車両重量はカタログ値です。
車検証上だと1910㎏、車両総重量は2130㎏です。
2018/09/03 22:45:09
ご教示ありがとうございました。
以前、アストンマーティン東京でもらった小冊子には、「V8はV12よりもエンジン単体で115㎏軽く、車両重量は65㎏軽い1705㎏」との記載があるのと、先日のカーグラフィックTVでDB11 V8の車両重量が1800㎏となっていたのを組み合わせて考えてみて、V12モデルの乾燥重量は1705+65=1770㎏、車両重量は1800+65=1865㎏ではないかと推測したのですが、実際には車両重量は1800+110=1910㎏だったんですね。ちなみに私の手元にあるDB11 V12のカタログには、乾燥重量1770㎏と記載されています。(車両重量の記載は無し)
コメントへの返答
2018/09/06 22:16:30
いろいろと計測値があると混乱しますね。
まぁ、私の腕からすれば、重さがどれだけのものであるにせよ、過分なパワーであることには変わりがないです(笑)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「とある渋谷の施設で、たまたま居合わせました。私が仕事をしている会場の真ん前です。審査は①概要説明→②お着換え→③オーディションという流れになるようです。何次選考かは分かりませんが、50~60人の応募者が来ています・・・仕事が手につきましぇん(*_*)」
何シテル?   12/19 17:57
任務の性格上、各地に行きますので、その前後に見かけたクルマ、立ち寄った場所、ならびに関連する情報を記録しています。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

アストンマーティン DB11 アストンマーティン DB11
気分は007ですが、実態はいかに・・・ ⇒007シリーズとジェームズ・ボンドに憧れ、手 ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
2008年式の1.4ラウンジからの乗り換えです。とにかくスタイルが好きなので、同じモノを ...
ジャガー XJシリーズ ジャガー XJシリーズ
「いつかはクラウン」というキャッチコピーが似合った1980年代後半のバブル期に社会に船出 ...
ジャガー XF ジャガー XF
はじめてのジャガー。バックスタイルはXJより好きかも。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.