• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

JJB007のブログ一覧

2012年09月30日 イイね!

イギリス車乗りから見たイタフラ車

イギリス車乗りから見たイタフラ車今日は、近所で開かれた「さいたまイタフラミーティング」に行ってきました。会場はさいたま水上公園で、子供がまだ小さかった頃、自転車で泳ぎに行ったところです。いわば、それくらい近い場所でのミーティングということで良い機会と思い、我が家のチンクに乗って参加してきました。



主催者のカウントによると270台ほどの参加があったそうです。旧車から最新車まで、バラエティに富んだイタフラ車が集合していました。ただし、フェラーリ、ランボルギーニ、マセラティといったところは参加してなく、イケイケというより、ホノボノ感が漂っていましたね。


気になったクルマを何台か紹介します。



 



アルファロメオ・スパイダーヴェローチェ



1960年代にデビューしたスパイダーがポートテールで尻下がりだったのに対し、1970年に入ってからのマイナーチェンジにより、カムテールと呼ばれる、切り落としたようなテールを持つ時代のスパイダーです。私は、1982年に免許を取得したのですが、当時、XJと並んで憧れのクルマでした。



 



アウトビアンキA112アバルト



ジャガーXJとアルファロメオ・スパイダーヴェローチェは憧れでしたが、このクルマは現実に、って思ったクルマです。1973年にデビューしていますから、当時、中古で買えば何とかなる範囲でした。でも、故障が怖いのと、それに対応する腕と根性がないので諦めました。



 



ランチャ・デルタ・インテグラーレ



クルマもさることながら、熱く語るオーナーさんが印象的でした。ボンネットのマークが自慢だとか。



 



ランチャ・デルタ(新型)



これは新型。名前は同じでもちょっと系統は違いますけど。。。会場では気が付かなかったのですが、帰り際、ちょうど私の前を走っていました。リアランプが何となくXJに似ています。



 



 



フィアット・ムルティプラ



なんじゃこりゃ、というマスクで、一目見たら忘れられないクルマです。でも、マイナーチェンジで一般受けする顔(右)に整形しちゃったんですね。整形後のバージョンは初めて(?)みる感じです。街ですれ違っていたとしても印象に残ってなかったのだと思います。



 



アルファロメオ SZ



これも奇抜ですよね。お堅いトップなら「とても売れない」と却下されそうです。



 



 



フィアット・パンダ・バン(初代)



この後付け感がたまんなくいいです。



 



フィアット500



みん友のpatapata500さんと偶然、かつ初めてお会いしました。pikapikaで、とっても大切にされているんだな~と思いました。



 



シトロエン2CV



これは実車の色分けがキレイで目を引きました。007ユア・アイズ・オンリーでは、ロジャー・ムーア扮するボンドが2CVを運転するシーンがありました。



 



シトロエンCX25 IE



脇に置かれた椅子とのコンビネーションがいい雰囲気を出していました。リアがハッチバックではなく、ワゴンタイプになっているのは珍しいのではないでしょうか。



 



シトロエンDS



たまにしか見かけませんが、目に焼きつく形のクルマですね。



 



シトロエンC3ピカソ



これは正式ディーラーネットワークで売られていないのかな? 初めて見ました。C4ピカソより一回り小さいようです。デザインはこっちのほうがまとまっていると思います。



 



シトロエンC4クーペ(先代)



先代C4にクーペがあったことは知りませんでした。ホンダCR-Zっぽい感じがします。



 



シトロエンDS5



早くも最新型が来ていました。フロントセクションに厚みがあって、写真で見るより固まり感が。タマゴッぽい???



 



アルピーヌA610



1991年デビューのクルマです。ひとつ前のV6ターボは1986年登場。私の社会人デビューと同じであり、気になる存在でした。バブルの香りがするのは私だけでしょうか。



 



アルピーヌA110とルノー・スピダー



最近、A110の復刻をイメージしたコンセプトカーが発表されました。レースカーのようですが、市販バージョンが出るのかどうか楽しみです。



 



プジョーRCZ



お尻の張りと背中のうねりがそそります。。。



 



気になるクルマを写真に収め、さらにブログを書く段階で、印象に残るクルマをピックアップしてみると、シトロエンが多かったようです。無意識でしたが、シトロエン・フリークなのかも。



 



ところで、イギリス車になく、イタフラ車にあるイメージといえば、、、



 



奇抜



 



ドイツ車を基準とした場合、イタフラ車は奇抜さで勝負ってのが多いと思います。デザインはもちろんのこと、シトロエンの足回りなど、枚挙に暇がないですよね。イギリス車は逆に奇を衒わず正統を貫く感じかな。ある意味、つまらないのかも。戦略的に見ても、イギリス車はドイツ車と同じ土俵で勝負しているように思いますが(ポルシェへの対抗心むき出しのF-タイプが好例)、イタフラ車は、「俺たち違うもん」という声が聞こえてきそうな独創性がありますね。ブルーオーシャン戦略でしょうか。こっちのほうが見方によっては高度です。



 



もっとも、イタフラ車って一括りにされるのは、オーナーさんに対しては失礼かもしれません。



 



ってことだと、



フランス車からは、



 



優しさ



 



を感じます。



 



イタリア車からは、



 





 



を感じます。



 



イギリス車は、



 



気品



 



かな。




Posted at 2012/09/30 17:06:40 | コメント(13) | トラックバック(0) | クルマもろもろ | クルマ
2012年09月23日 イイね!

二人だけのヘッドマーク

二人だけのヘッドマーク

学生時代の合コンで

家内と出会ってから30年。


明知鉄道で記念列車が運行されました!



 



 



 




結婚してからは23年。中途半端なんで「出会いから30周年記念 特別アイシテル号」にしてもらいました。


ですが、この話を家内は知りません。



この場を借りて、



 



○○○~見てるかぁ



ヘッドマークにオレの気持ち込めたぞぉ



…失礼…



 



そうなんです。一人で乗っていました。仕事の途中だったんです。。。



何度もヘッドマーク名の車内アナウンスがあり、気恥ずしかったです。。。



 



8月のときと同じく清里→(移動日)→三河安城というビジネス・スケジュールだったのですが、前回やった「長野・愛知・静岡…県道1号を走る」と同じじゃつまらないので、地図を見て明知鉄道に目を付けました。



 



でも、最初に目を付けたのは、食堂車のほうです。ヘッドマークの命名権は後で知りました。



 



 



JRのカシオペア、北斗星、トワイライトエクスプレスくらいしか残っていない食堂車が明知鉄道で走っているのです。食堂車が連結されている列車には、時刻表を見るとナイフとフォークのマークが付いています。ちなみにJR九州のゆふいんの森という列車にはビュッフェが連結されているのですが、時刻表のマークはコーヒーカップです。ビュッフェは食堂車の簡易版という位置づけです。ナイフとフォークのマークこそ食堂車の証なのです。



 



 



しかし実態は、車内には調理設備がなく、料理人の方が最後の仕上げをするだけです。結局、乗り合わせた人たちとお弁当を一緒に食べるイメージですね。。。





今日は満席に近かったのですが、ほとんどがご年配の夫婦連れ。中年男の一人モンをどんなふうに思ったでしょう。鉄ちゃんのご酔狂だと思っていただければ幸いですが。



私が乗ったのは季節限定のきのこ列車です。お味のほうは可もなく不可もなく、、、まぁ、雰囲気を楽しむのと、話のタネに、ってところでしょうか。



 



終点の明智駅(明知鉄道なのに明「智」駅?)には、日本大正村があります。昨年(2011年)は大正100年だったそうで、あちこちにポスターが貼ってありました。去年どれくらい盛り上がっていたかどうか知りませんが、今回は、休日にも関わらず閑散としていました。大正というニッチな時代で話題が少ないうえ、ムード作りが全体に地味かな。



 

















またまた、仕事で家を空けているのか、遊びで家を空けているのか・・・という1週間の途中報告でした。



 



参考までに→明知鉄道のホームページ



Posted at 2012/09/23 18:52:48 | コメント(9) | トラックバック(0) | 鉄道 | 旅行/地域
2012年09月20日 イイね!

イアン・カラムデザインのジャガーFタイプ デビュー

イアン・カラムデザインのジャガーFタイプ デビュー当初、9月27日のパリ・モーターショーで公開される予定だったジャガーFタイプが、写真のみですが、一足早くオープンになりました。






以下、AUTOCAR JAPANより

リークされた写真は、3つのFタイプが登場している。それぞれ「S」のバッヂがフロント・グリルに付けられているが、これが最上級モデルと想像される。ちなみに、FタイプにはRモデルが存在しないということは、以前ジャガーに確認したとおりだ。

12ヶ月前のフランクフルト・モーターショーで登場したC-X16クーペに忠実なカタチで、Fタイプは登場した。2014年夏にクーペ・モデルは登場する予定だが、その前にコンバーチブルは2013年春に発表される。

卵型のフロント・グリルは、ジャガー・スポーツの特徴であったが、今回はより現代的なルックスに併せて、その採用は見送られ、四角いグリルとなった。そのフロント・グリルは、ヘキサゴンのメッシュで覆われ、その奥にグロス・ブラックのホリゾンタル・バーが見える。

ボンネットには、膨らんだバルジがあり、ヘッドランプにはLEDストリップが入れられる。

このFタイプのデザインについては、ジャガーのデザイン・ディレクター、イアン・カラムがどれほどEタイプに影響を受けるかであった。しかし、その影響は僅かだったといえるだろう。唯一影響が見られるのは、そのテールの処理だろう。

Fタイプのエンジン・ラインナップは、全て新しいスーパーチャージャー付の3.0リッターV6と、お馴染みのスーパーチャージャー付の5.0リッターV8だ。前者は335bhpと375bhpという出力になると予想されるが、V8の出力は今のところ不明だ。

3つのエンジンは8速オートマティック・ギアボックスが組み合わされ、アイドリング・ストップの標準となる。

FタイプのシャシーはXKのアルミニウム・モノコックのショートホイールベース版が基本となる。エントリー・レベルのFタイプであっても、XKR-Sよりもドライバー・フォーカスされたクルマであると社長はコメントしている。

そのサイズは、ポルシェ・ボクスターとポルシェ911の間で、価格もその中間となろう。おそらく55,000ポンド(700万円)からのスタートとなる。




カッコイイ!


フロントデザインを見る限り、
コンセプトカーCーX16のまんまじゃないですか!




貯金しようっと

Fタイプ



C-X16
Posted at 2012/09/20 22:09:35 | コメント(12) | トラックバック(0) | Jaguar | 日記
2012年09月16日 イイね!

あれっ? イアン・カラム同好会

あれっ? イアン・カラム同好会

アストンマーティン、ジャガー、ランボルギーニ、ロータス、


あれっ? イアン・カラム同好会・・・


イアン・カラムの話は5秒くらいしか出ませんでしたが、


カッコイイクルマつながりの輪は楽しさいっぱいでした!



 



このブログは、

【夏のJagaur会@京都 連動企画】イアン・カラム同好会@埼玉のご案内の開催報告として書いています。



 



まずは、集合場所。



ここでの注目は、akilamboさんとmarisashoさんのランボルギーニ・ムルシエラゴ2台。



 

 



akilamboさんとは、奥様がXFからXJに乗り換えるのをきっかけに私のブログにおいで下さったのが縁でお友達になりました。昨日、NewXJが納車されたものの、即、ドレスアップのために入庫中とのことで、今回はムルシエラゴでおいでいただきました。このマットブラックのムルシエラゴ、凄いの一言。うーん、いいよなぁ、こういうのも・・・



 



ガラス張りの12気筒



 

 



 



主催者の役目を忘れて童心に帰るオヤジ。



 



 

 



聞いてみると、お住まいがいろいろあるそうですが(?)、そのうちの一つは私の近隣らしく、ドレスアップ後のNewXJをぜひ拝見させてもらおうと約束した(?)つもりです。。。よろしくお願いします。



 



arisashoさんは、akilamboさんのつながりでおいでいただいた方です。オフ会のご案内にイイね!を付けてくださっていたので、もしやと思っていましたが、ブログよりもリアルなつながりが先にできました。なんと、同じ市内。よろしくお願いします。



 

 



それと、大阪のj-completeの社長さんの呼びかけに応じて来ていただいたX350乗りのSさんと、ご友人のKさん(ベンツ乗りだそう)の二人。みんカラはやってないそうですが、今回を機会にぜひ始めてくださいね。



 



それから、私にとってのオフ会アドバイザー、虎丸@みんカラさんと、お友達でロータス・エリーゼSのタケ@1119さん。ロータス・エリーゼは昨日納車とのこと。納車後の初オフ会が当会とは光栄です。今後ともよろしくお願いします。and 虎丸@みんからさん、JAGUARのバイブル本ありがとう、勉強させていただきます。 



 



さらに、XF乗りのJuliana'sさん。あまりブログとか投稿されたりしない方なのですが、以前からお友達登録させていただいていたので、直メ送ったら、釣れちゃいました(^^)。そしたら、きれいな奥様もご一緒に! これぞ、エビでタイを釣るということか・・・ Juliana'sさんはHNが過去を物語っている方です。私とはほぼ同世代。バブルの残像が忘れられない二人でした~



 



そして、主役登場、みんてぃーさんと、みんてぃーJr君。今回の集まりの発端は、「輝くおめめ」のお披露目ですもんね。その前に、何とも言えないきれいな色目のXF、オリジナルの2トーンが、さらにおしゃれ感・好感度をアップしているように思います。



 



 



いきなりテンションがあがって話が盛り上がりましたが、ここでランボのお二方は所用にてお別れ。



英国車軍団となり、昼食場所に移動しました。



 



和食処そうまで「すったて」を賞味



これは、つけ汁を自分で作るのがいいんですよ



 


 




夢中になって、ゴマを摺る参加者の一コマ







 



おっと、ここから、アストンマーティンDB9のこだわりさんが合流しました。東京都内が大渋滞だったようです。こだわりさんとは007つながり。仕事も近いような? 年末のスカイフォール公開に向けて、今まで以上にコメント交換できるとうれしいです。




 

 



ん~、ここで、X350乗りのSさんと、ご友人のKさんがお別れ。



さて問題です。現在、イアン・カラム同好会オフに参加しているのは何人でしょう?



 



次に、向ったのがホンダエアポート。



いきなり、スカイダイビングの方々がお出迎えです。



 

 



少し、雲行きが怪しくなり、車中待機の時間もあったのですが、クルマ談義を中心に時間を過ごしました。結局、飛行機はあまり見ていない。。。



 



ここで、メインイベント。みんてぃーさんの輝くおめめ、動画でご覧ください。





 



忘れちゃいけない、今回のマスコット。Juliana'sさんとのランデブー。



 

 



ロータスの運転席で悦に入るオヤジ。



 

 



こだわりさんのDB9は、007カジノ・ロワイヤルの広報車だったそうで、ダッシュボードに刻印が。よだれが出そう。なので、運転席に座るのやめときました。ってか興奮して、座らせてもらうの忘れてました。今度よろしくです。



 

 



これも12気筒。いつかここまで行っちゃおうかな。



 

 



 



ここで記念撮影。



 

 



 



最後は、榎本牧場にてジェラート。


結構混んでいて、地元民としても驚き。



 

みなさん、お味のほうがいかがだったでしょうか。



 

 



 



いやー、今回も楽しかったー。なんか、波長が合うなって思ったのは気のせい???



交流するにはこれくらいの人数がちょうどいいかな。



参加いただいたみなさん、また、よろしくお願いします。名前だけ浮いたイアン・カラム同好会ですけど・・・



 



さて、さいたまからの実況はこれで終わりです。



 



明日(9/17)の【夏のJaguar 会@京都】にエールを送りますよオ~



盛り上がってくださいねっ!



Posted at 2012/09/16 20:27:45 | コメント(15) | トラックバック(0) | オフ会 | クルマ
2012年09月12日 イイね!

【夏のJagaur会@京都 連動企画】イアン・カラム同好会@埼玉のご案内 ②

【夏のJagaur会@京都 連動企画】イアン・カラム同好会@埼玉のご案内 ②

9月16日(日)は、<イアン・カラム同好会@埼玉>に



9月17日(月)は、<夏のJagaur会@京都>へ



 



【夏のJagaur会@京都 連動企画】イアン・カラム同好会@埼玉



再度のご案内をします。



 



日時 9月16日(日)



 



集合時間 10:30~11:00



 



集合場所 カインズモール川島 駐車場(埼玉県比企郡川島町大字上伊草 210



 



立寄り先



 



・和食処そうま(第9回埼玉ご当地B級グルメ王優勝「すったて」を賞味)




  ・ホンダエアポート(一家に一台がクルマからヒコーキに変わるか否かを議論)




・榎本牧場(ジェラートで甘い気分に)



 



解散時間 14:30~15:00



 



イアン・カラムデザインのクルマにお乗りの方


興味・関心がお有りの方

   

日本では生息数の少ない希少種を見てみようという方





飛び入り、途中合流、途中分流OKです。


近くにいらしたら、見るだけよりもお声掛けください。





ご参加お待ちしています。



 



集合場所の駐車場が広く、パッと見分かりにくいかもしれません。



目印です






 

 



 



現在のところ、アストンマーティンやジャガーにお乗りの方から参加表明いだいています。



クルマ好きの方々の出会いの場にしたいので、車種は限定していません。



カッコイイクルマについて語り合いましょう。




 


Posted at 2012/09/12 17:32:15 | コメント(5) | トラックバック(0) | オフ会 | クルマ

プロフィール

「ここのオーナーさんのポルシェは、きっと'空冷'だと思います。@大阪府門真市」
何シテル?   11/06 16:48
任務の性格上、各地に行きますので、その前後に見かけたクルマ、立ち寄った場所、ならびに関連する情報を記録しています。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

メカのことはよくわかりません。弄り方もあまり知りません。乗って楽しむ派です。といってテクニックもありません。
こんな私ですが。。。
116 人のお友達がいます
気まぐれトンボ気まぐれトンボ * ossan5005ossan5005
ぼうんのうぼうんのう 虎丸@みんカラ虎丸@みんカラ
犬牛犬牛 BLUEぜっとんBLUEぜっとん

ファン

58 人のファンがいます

愛車一覧

アストンマーティン DB11 アストンマーティン DB11
気分は007ですが、実態はいかに・・・ ⇒007シリーズとジェームズ・ボンドに憧れ、手 ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
2008年式の1.4ラウンジからの乗り換えです。とにかくスタイルが好きなので、同じモノを ...
ジャガー XJシリーズ ジャガー XJシリーズ
「いつかはクラウン」というキャッチコピーが似合った1980年代後半のバブル期に社会に船出 ...
ジャガー XF ジャガー XF
はじめてのジャガー。バックスタイルはXJより好きかも。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.