• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

JJB007のブログ一覧

2017年05月29日 イイね!

近所でDB11試乗

近所でDB11試乗先日のブログを担当のスタッフがご覧になられたようで、気を利かせて「試乗車」を持ってきてくださいました。






プロフィール画像でもお馴染み(?)の地元の公園です。






実車はホントーにカッコイイ!!!
特に、サイド(ドア付近)絞り込みの凄さは相当なもので、クルマも○○○も、出るところ出て、引っ込むところは引っ込んでいるスタイルはソソルな~とつくづく思いました。
写真には撮りませんでしたが、運転中、サイドミラーに映るリアの膨らみ(お尻の横っちょ)を見ると、逝っちゃいそうになりました。






この、フロントボンネットの開き方もワクワクもんです。ちなみに、フロントボンネット1枚のデカさについては、今までの最大・・・ポルシェ・マカンを凌いでNo.1だとか。石ハネや、いたずらに遭ったら、涙が止まらなくなりそうです。






フロントボンネットを開けたとき、タイヤがこんな風に見えるのも、オオっと感があります。タイヤの銘柄はブリジストン・ポテンザのS「007」で、DB11のために開発されたとのこと。ニクイ演出です。




内装のハイライトは、天井の革張りとステッチとブロークディテールです。スタンダードはアルカンタラですが、オプションで、この仕様をチョイスしました。実際にはステッチの色がオレンジになります。ちょっと目立たせたかったので。
内装色は試乗車と同じで、ダークナイトというブルーブラックです。天井が濃色だと、息苦しいかなと思いましたが、短時間の試乗では、そうは感じませんでした。






シートは、XJより若干tight。逆に、XJよりも触り心地はしっとり感があり、座り心地はソフトでした。革のグレードも選択できるので、それにもよるのでしょうが。






操作系は、XJのドライブセレクターと違い、フロントパネルのプッシュボタン。使いにくいのではと想像していしたものの、パネルが前側にセットされているので、容易く手が届き、杞憂に終わりました。ただし、パーキングブレーキのセット&リリースの位置がハンドル右下で分かりづらい上、手を少し伸ばさなければならないので、不便に感じました。





ナビは、タッチコントロールという手許で操作可能なもので、慣れれば楽そうです。これはメルセデスの技術の移植だそうですね。XJはタッチパネルで、少し遠い位置にある画面をなぞる必要があったので、こちらは利便性向上です。






と、違いはいくつかあるものの、違和感といえるほどのものはなく、すんなりと馴染めました。




その印象は、走り出してからも同じで、いつもの道を、担当スタッフとおしゃべりしながら、いつものように運転できました。
(アストンマーティンから出る新たな車種の情報や、日本市場における販売戦略、ならびに東京のあるDの状況など、興味深かった~)



ボディが軽い感じ(実際の重量はほぼ同じ)、ハンドルはやや重く、乗り味は少しだけ硬いかなーという程度です。サスはGTモードというDB11の中で一番ソフトな状態で走っていました。その状態で、XJのスポーツモードと、ほぼ同じ硬さです。




ただし、音はかなり違います。XJのV8も、ガオって唸るのですが、DB11のそれは、2倍増しでうるさく迫力があります。室内での音は3倍くらい差があり、XJではアイドリング時、「あれっ、エンジンかかっていたっけ?」と思うくらい静かですが、DB11だと、「あれっ、アクセルに足乗せたてたっけ?」って感じです。クルマの性格が出ていますね。





外寸は、DB11が4739×1940×1280、XJが5135×1900×1455と、DB11のほうが短く、幅広で背が低いというスペックですが、運転中は、ほとんど差を感じません。逆に言うと、新しいクルマ乗ってるなー、違うクルマ乗ってるなー、スポーツカー乗ってるなー感が薄いのは、一抹の寂しさもアリかと。。。
いつもの景色がいつもと同じように見える・・・





パフォーマンスはDB11がV12:5.2ツインターボで608馬力、XJがV8:5.0NAで385馬力。この点については郊外路ではほとんど違いを感じようがなく、これは、納車後の楽しみにということで。




ひとつ気になっていたことがあったので、確かめてみました。それは、DB11のチンスポ。随分と前にせり出していて「これは擦るよ~」と懸念していました。




痛風発症経験を数多く持つ私が最近愛飲している「PA-3」を置いて目視してみる限り、XJ(3cmローダウンしています。)よりも高さの余裕がありました。XJでは擦ったことがないので、これは安堵。ただし、前述のとおり前方への張り出し量はDB11のほうが大きいので、気を付けなくちゃと思った次第です。

XJ


DB11




脱線しますが、明治の「PA-3」、効果あるでしょうか。




今年前半、花粉の季節に明治の「R-1」を飲み続けたところ、市販薬で制御可能程度の花粉症だった私が、ほとんど薬ナシで乗り切れたんですね。これは効果ありと見込んで、花粉の季節終了後「PA-3」を飲んでいるわけですが、効果は如何に?




来年の花粉の季節の前には納車になるはずです。それまでに痛風が発症しなければ、自分にとっては効果ありとしましょう。




しばらく「PA-3」を飲み続けて、気長に待つことにします。
Posted at 2017/05/29 18:11:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマもろもろ | クルマ
2017年05月25日 イイね!

婚前交渉、しましたか?

婚前交渉、しましたか?今回、婚前交渉しませんでした。





実は、前回も。




ふと思いまして。





結婚契約するとなると、婚前交渉試乗する人、多いんじゃないかな。。。と。
みんカラをやっている人は特に。





まずは、試しに乗ってみて、パートナーとの相性を確かめ合うってことですよね。





乗ってみないと分からないものだから・・・





だけど、私、次期愛車のDB11、現愛車のXJともに婚前交渉試乗せずに結婚契約しちゃいました。





このブログでも紹介しましたが、愛車愛妻以外は試乗婚前交渉経験が数多くあるんですけどね。





ちなみに、婚前交渉のデータを調べてみると、









60代と20代の割合がほぼ同じというデータは昨今の世相を表していますね。開放的になると思いきや、最近の若者はマジメなんでしょうか。
クルマ離れ同様、セックス離れか。
あるいは、これは既婚者のデータなので、セックスはすれども結婚はしないのか。
試乗しても契約しない人は、たくさんいるように。





逆に、「できちゃった婚」というのもありますよね。婚前交渉試乗したら我慢できなくなって、思わず出し契約しちゃった・・・とか。無防備のまま。





みなさんは、婚前交渉、しましたか?




Posted at 2017/05/25 19:47:48 | コメント(4) | トラックバック(0) | つれづれ | 日記

プロフィール

「@てん♪ さん 86のお披露目、鮮やかなブルーに目眩がしました(いい意味で)。 青い出口のマフラーとのコーディネートもステキでした。本日は、そそくさと退散してしまいましたが、 またよろしくお願いします( v^-゜)♪」
何シテル?   02/17 11:54
任務の性格上、各地に行きますので、その前後に見かけたクルマ、立ち寄った場所、ならびに関連する情報を記録しています。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/5 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

愛車一覧

アストンマーティン DB11 アストンマーティン DB11
気分は007ですが、実態はいかに・・・ ⇒007シリーズとジェームズ・ボンドに憧れ、手 ...
フィアット フィアット500 (ハッチバック) フィアット フィアット500 (ハッチバック)
2008年式の1.4ラウンジからの乗り換えです。とにかくスタイルが好きなので、同じモノを ...
ジャガー XJシリーズ ジャガー XJシリーズ
「いつかはクラウン」というキャッチコピーが似合った1980年代後半のバブル期に社会に船出 ...
ジャガー XF ジャガー XF
はじめてのジャガー。バックスタイルはXJより好きかも。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.