• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Y商会@FD.FC&124のブログ一覧

2019年09月29日 イイね!

本家の派生モデル車として甘んじさせたくないんだよねぇ・・・

本家の派生モデル車として甘んじさせたくないんだよねぇ・・・これだけ気持ちの良い加速が出来るパワーがあれば必要充分

でしょうという評価も頂いている124ですが、残念ながら

EcoCpuやバランスの良いマフラー等で武装させていて

突き抜けて気持ち良くレブリミットまで吹け切るロータリーの

フィーリングに敵う程のものだとは個人的には全く考えて

いないので、何かしら細工出来ないものか日々考えていますw

足回りや補強、小物関係の良い部品はアフターパーツが豊富な本家からアレコレ簒奪して吸収出来るので

問題無いものの、やはり最大の魅力でもあり欠点でもあるのが1.4Lのマルチエアターボエンジン。

「ハイフロータービンは無いか?」「エンジンチューン事例は無いか?」「サブコンでのパワーアップは?」

本気で手段を選ばず格の違う誰が乗っても驚く124にしたい思いがあるので色々と探していました。

「エンジンはやたらとブン回るしタービンは凄く仕事熱心で加速するし本当に1.4リッターかっ?!」

・・・こんな感じでメーカーでやれなかったことは個人で実現させてしまえば良いのです(笑)


最終的にはECUがノーマル(ポン付け)でも27馬力強のパワーアップが可能なピュアスポーツ

カムシャフト(ハイカム)とROMチューンの併用でどのくらいのパワーアップが現実的に

可能なのかを打診してみる予定で、ROMチューン単品でパワー&トルクの向上がノーマル+20%

(200ps/30kgm以上)として考えると本来のアバルトらしいぶっ飛んだキャラクターを持った

124になってくれるだろうと期待しています。


しかし・・・どんなヘタクソ向けに設計したのか分からない商用車レベルなクラッチペダルの

やたらと長いストローク(しかも非調整式・・・)だけは本当にどうすれば良いんだろう・・・。
Posted at 2019/09/29 20:05:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | アバルト124スパイダー | クルマ
2019年09月29日 イイね!

自分では見えない意外な弱点が・・・

自分では見えない意外な弱点が・・・FDだけに乗っていた頃から比べると個人的なドライビング

スタイルが大分変わってしまっており、今はかなりFC寄りで

減速を終えて旋回に入る前~直後から軽くアクセルを踏む癖が

(※旋回に入る前に常に踏んで負荷を掛けないと安定しない)

ついていて気合が入った124の同乗走行の最中で体感するまで

気付かなかったこととして高速旋回時にアクセルオフで積極的に

曲げようとした時には背筋にゾクゾクくるシビアな動き(そろそろ危ないよ~というサイン)をすることが判明。


無補強時代の若干オープンカーらしさが残っていた車体が捩れる挙動と完全におさらばしたものの、

弱点が無い訳ではなく新しい課題が出来ましたが仕上げる側として燃えますw


最終的に「欲しいな~、コレ!!」と仰って頂けたのは凄く嬉しいことであり、本当に今年の受注分を以て

生産を終えてしまうのは寂しい限りです・・・。
Posted at 2019/09/29 18:44:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | アバルト124スパイダー | クルマ
2019年09月14日 イイね!

10年付き合えるか、ねぇ・・・124で良かった(笑)

10年付き合えるか、ねぇ・・・124で良かった(笑)FDは新免から乗り始めて11年以上、FCは乗り始めて3年が

経ちましたが特に後悔は無い選択でした。そして極最近ですが

124について鋭い指摘があり、「10年の間に飽きないかな?」

と指摘があったのですが、試乗車では全てのフィーリングに満足して

いたものの実際に所有すると要求性能に対して足りない部分が

少なからずアレコレ出て来てくれたので良かったと思いました(笑)

本家の方はエンジンが平凡なので、最初の車検くらいまでは乗れるレベルでも何れまあ飽きるだろうなと。



124は乗りこなしてくると本家の官能的では無くてもレスポンスが良く使い易いエンジンと比べて極低回転での

発進力の低さや本当に鋭いレベルでの加速が行えるパワーバンドの狭さ(タービンをフルに回す効率の

良い範囲の目安として2500~5000rpm)が気になってくる筈なので、レブリミットの6500rpmまで

3速以降でも難なく吹け切ってくれるレベルまで追い込むパワーチューンを練るのが楽しみです。



やる気にさせるマフラーサウンドと足に関しては元々完成されていることもあって、どちらかと言うと

量産車というよりはチューンドカーのベース車として見た場合に最初から美味しい部分が多いです。
Posted at 2019/09/14 10:41:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | アバルト124スパイダー | クルマ
2019年09月06日 イイね!

今更ながら124スパイダーのレビューを・・・

今更ながら124スパイダーのレビューを・・・個人的には事前にFCでグルグル周回して練習した峠を試乗車で

走り込んだ後に即決で買うくらいには気に入りましたが、

客観的に見て「買い」なクルマなのかそうでないのかを

真面目にレビューしていませんでしたf(^^;)

先ずこのクルマそのものがかなり特殊であり、そもそも

「クルマに何を求めるか?」で評価がかなり変わってきます。

「価格設定」については、妥当性を考えるにあたって下記を勘案しなければなりません。

①バッジを換えたOEM車でなく、ボディは本家と共用でも外板は全て異なるコストを掛けている点。

②エンジンそのものをイタリアからマツダに納入する手間まで掛けて乗せることに拘っている点。

③本家ではオプション品になる高価なブレンボキャリパーが元々採用されている点。

①②③を足した場合、オプション無しで約400諭吉の高額なクルマとは言え然程ボッタクリ価格でも

無いのは理解可能かと思います。個人的には絶対的に高額なことが595コンペと同様に減点対象で80点。



せめてこの価格で売るとなるとアルファの1.8Lターボで240PS・35kg-mくらいのブッ飛んだスペックで

武装させて本家と決定的に格が違うといったようなスペシャリティさが欲しいですが、量産車として

考えるとそのスペックに対応した駆動系の構築が面倒臭そうでコストが嵩みそうな気もします。



それが無理とすればせめてレコードモンツァは何が何でも595コンペの様に標準装備として欲しい所。



「品質」については日本での組立なので、特にこれといった不具合や不満点は出ません。

シートの座り心地はとても良く、皮シートながらクッション性に富んでいて座面が適度に

滑りにくく本家の安っぽく疲れるシートと別物なのでコストをしっかり掛けているでしょう。

ダッシュ周りのデザインが流石に完全な差別化を図れていない点を少ない減点対象として90点。



「実用性」についてはキョーリツの溝切機1台、2名の2日分の衣類を載せられる程度(笑)の

トランクの広さはあります。積み方の工夫では割と詰めるのでビックリ。

元々2シーターで実用性を求めるクルマでも無いので良いですが、グローブボックスが無いのは

本家と同様に物を手軽に隠せる場所が無いという致命的な欠陥なので90点。



「走行性能」については純正だとリアの落ち着きがほんの少し足りないくらいの欠点はあるものの

本家が4代目と進化しているのでその恩恵をそのまま受け継いだ優秀な車体が持ち味であり良好。

ストラットタワーバー、ロアアームバー、パフォーマンスバーを添加すると更に別格になりました。

手を入れていないストック状態なら90点。オプションの補強を入れれば100点。



ダンパー&スプリングに手を掛けずに最低限のボディ補強でこれ程良いバランスで走れてしまうクルマは

知り得る限りまあそうないので、近日中に親しい方には再試乗をお願いする予定です。

「経済性」については極悪燃費で12km/L、少し頑張れば16km/L、エコ運転なら下道でも

18km/Lをスポーツモードで実燃費として叩き出すので100点で良いでしょう。

ノンターボの本家とさほど変わらずハイオクも一緒なので、減点する所など有りません。


「総合評価」は90点で、「個性的で旋回能力に秀でた乗っていて楽しいオープンカーが欲しい」と

凄く偏った要求ならば100点です。


買うのを勧めるのに何ら恥ずかしく無いクルマですが、「価格だけがネックな名車」という結論でした。
Posted at 2019/09/06 19:18:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | アバルト124スパイダー | クルマ
2019年09月02日 イイね!

FDのツインターボくらい要らん存在だったんやなって・・・

FDのツインターボくらい要らん存在だったんやなって・・・FDで最も要らないモノを挙げるとすれば大金をドブに捨てる

羽目になったツインターボですが、124で最も要らないモノを

挙げるとすれば鈍臭さを極めたノーマルモードだったんだなあと

本当に今更気付く自分のセンスにガッカリでした・・・|||orz

昨日のテストと本日のソラカゼ氏の訪問からの突発ツーリングの

結果、燃費的に連チャンで18km/L台を叩き出すことにw

アクセルコントロールが本当に最低限マトモに出来るならスポーツモードでも素晴らしい燃費にするのはさほど

難しいことでもなく、エンジンスタート時に自動でスポーツモードになるような加工が出来れば良いですねぇ・・・。
Posted at 2019/09/02 22:14:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | アバルト124スパイダー | クルマ

プロフィール

「今年中には何とかしたいな~・・・ http://cvw.jp/b/1393401/43355547/
何シテル?   10/11 19:11
馬耳東風・柳に風・馬の耳に念仏・糠に釘 対向車が意地でも来ない様な林道を走るのが趣味です。 小さい頃からFD一筋でしたが、フィーリングに惹かれたFC...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

マツダ RX-7 参号機(TypeGT) (マツダ RX-7)
諸事情より先代FDが大破し復活を断念した為、格安だったⅥ型FDをベースに残存した部品をほ ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
旗艦は古タービンFDですが、FCへの憧れがどうしても断ち切れないことから購入を決意しまし ...
フィアット アバルト・124スパイダー フィアット アバルト・124スパイダー
2019年3月30日より稼働開始しました。
マツダ RX-7 古タービン研究機7号 (マツダ RX-7)
普段のアシ、遠乗り、林道攻略戦など多方面で活用中。中身は至って快適性重視の少し本気仕様。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.