• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Y商会@古タービン7のブログ一覧

2018年03月04日 イイね!

悪運は未だ在庫一掃セールされていなかったようで・・・

悪運は未だ在庫一掃セールされていなかったようで・・・将来的に某M社リビルトエンジンに換装しようかと思っていましたが、

前々から良い噂を聞かないので真偽の程はどうであろうかと完全に

信頼出来るお店に打診した所、懸念した通りの問題点が色々と

噴出したので議論の結果、ブローさせて手遅れになる前に現在

快調なエンジンを再生させた方が良いという結論に達しました。

見通せないコストと納期こそ掛かりますが、1番ベストな案でしょう。

正直な例え話で、10年10万km保つエンジンが出来るのであれば入庫期間が1年であろうともそっちを選びますw

供給される純正部品の品質低下は実体験で身に染みていますが、一番肝心な所すらそれかとかなり幻滅しました。


正当な対価を支払ってもハズレを引けば2~3年程度でヘタすればブローする欠陥品に命を削って稼いでいる

予算を出す程に気前は良くなく、そんなリスキーな選択などしたくもありません。


大変恐ろしい現実として、ブローする等して工作精度の良かった時代に製造されたエンジンをパーにした場合は

工作精度が悪いハズレの要素が多分にあるジャンクエンジンを高い確率で高額で掴まされるという点です。

その点、未だ圧縮比も必要充分でありエンジン始動も楽々で快調に回るエンジンをベースに組める分、良い

エンジンとして再生出来る可能性が遺されているので未だ幸運なのかなと思います。


今の状態であれば運が良ければサイドハウジングや各シール類、オイルポンプ等の消耗品の交換で済む可能性も

あり、圧縮が下がってこない内に手を打てば再利用可能な部品が増える分コストも下がります。


寿命の限界を迎えて圧縮が下がり始めると始動性が悪化し(通常で予測するクランキングタイムから外れるので

始動に失敗する頻度が多くなる)、負圧領域でのトルクが痩せて加速するのにとにかく回さなければならなくなり、

燃費も悪くなり、アイドリング時の排気音も濁るので正直一々測定しなくても良いか悪いか程度の判断は出来ると

自負しており、この1年半は消耗品のリフレッシュに拠りコンディション的に良い方向に転がるケースはあっても

悪い方向に転がるケースは無かった為、納車前の前後8.5より然程変化はないと思っています。
Posted at 2018/03/04 22:13:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | FC3S | クルマ

プロフィール

「恐らく近日中には復帰する・・・かも?? http://cvw.jp/b/1393401/41747119/
何シテル?   07/21 19:17
馬耳東風・柳に風・馬の耳に念仏・糠に釘 対向車が意地でも来ない様な林道を走るのが趣味です。 小さい頃からFD一筋でしたが、フィーリングに惹かれたFC...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/3 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

お友達

伝手は足りているので特に募集してません、以上。

同じ車種に乗っていても主義や思想が違い過ぎる方も話を合わせる気が無いので遠慮します。
44 人のお友達がいます
たけ@RX7_ESSEたけ@RX7_ESSE ナナオナナオ
くろは@ALsくろは@ALs 梅三郎@FDND梅三郎@FDND
SUPER☆SEVENSUPER☆SEVEN たつまさ@赤8たつまさ@赤8

ファン

114 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-7 参号機(TypeGT) (マツダ RX-7)
諸事情より先代FDが大破し復活を断念した為、格安だったⅥ型FDをベースに残存した部品をほ ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
旗艦は古タービンFDですが、FCへの憧れがどうしても断ち切れないことから購入を決意しまし ...
マツダ RX-7 古タービン研究機7号 (マツダ RX-7)
普段のアシ、遠乗り、林道攻略戦など多方面で活用中。中身は至って快適性重視の少し本気仕様。 ...
マツダ ユーノスロードスター 軽戦闘機 (マツダ ユーノスロードスター)
平成8年式 走行7.9万km 修復無 5MT車 FD3Sという金喰い虫を飼っていながら ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.