• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Y商会@FD.FC&124のブログ一覧

2015年08月30日 イイね!

とても楽しい、こんなに楽しいのは、久し振りだ・・・

とても楽しい、こんなに楽しいのは、久し振りだ・・・引き取りが無事に間に合い、「これはとても丁度良い機会!!」と

生まれ変わったFDの試乗会を兼ねたツーリングへ。

最初の集合場所までは今回のツーリングに誘ってくれたカラシ君と

運転手をローテーションして向かうことにしました。

今回のリフレッシュを兼ねたセッティング変更で取り外したアッパー

マウントとアイバッハスプリングを移植しオーバーホールが完了した

白号のビルシュタインは良い仕事をしており特に問題無しでしたが、各部のブッシュ交換はやはり必須でした・・・|||orz

車高が下がってしまいフロントリップを早速ブツけてしまったということで凹んでいましたが、後々の林道アタックで

巧妙にカモフラージュされていた特大落石に愛機も大当たりしてしまい自分も少し凹むことになるのは後々の話(笑)



今回お初にお目に掛かった梅三郎さんとおきMAX君ですが、最初はやはりお互いに何も知らないのでに距離感が

あったものの、クルマを磨いたり一緒に山賊へ行ったりFDと乗り手を取っ替え引っ替えしての恒例ローテーション

ツーリングをしたりで一気に仲良くなれました♪♪



やはり操縦特性や出力特性が4台居れば本当にそれぞれバラバラなので、色々と体験出来て楽しかったです(^^)v

皆さんの意見を集約すると「操縦安定性(直進性&旋回力)」と「乗り易さ(扱い易さ)」はダントツに良かったとの

ことだったので、今後はとある公約内容を達成出来る様に邁進したいと思います。


梅三郎さんが機関車に興味があるとのことで、当初の最終目的地の津和野へと移動。



奇跡的にSLやまぐち号が出発の準備を整えつつあるタイミングで到着。

出発のダイヤを事前調査していた訳でも無かったので、ここはとても良い誤算でした♪♪



しかしながら撮影条件が制限される為に満足出来る写真が撮れなかったということで、林道アタック時の

出口付近にある穴場へと急遽移動することに。 そして・・・・・・・・



「凄く近いっっ!!(爆)」

人気の全く無い場所とはいえ、柵すら無い(大丈夫なのか?)ので背景がとてもスッキリしています(笑)

客車に乗られている方々が多数手を振ってくれたので、こちらも負けじと皆で振り返したりと暢気なものでしたが、

シャッターチャンスは一度きりなので大慌てでした(なので整列が間に合わず終いになっています)。


そしてその後は自分が同じ歳だった時よりも維持整備共に環境が厳しくなる一方の中、若い子が頑張っており

ヤル気に満ち溢れているのがとても眩しく感じ、自宅のストック品を少しでも活用して貰えればということで自宅に。



カラシ君には「ナルディ クラシック340φ(左)」、おきMAX君には「Ⅴ型純正ナルディ(右)」をそれぞれプレゼント♪♪



お二方の愛車はステアリングがボロボロなので試乗時に見かねたのもあり、「努力賞」として無料です。

他にも自宅のストック部品を見て貰ったりで、おきMAX君が一目惚れしたTE37SLを近々買い取って貰う予定が

出来たりと商売もキッチリやってたりしますが・・・(笑)


また近い内にオフ会という名のホイール交換大会?も行う予定です。 皆さん、今日はお疲れ様でした!!
Posted at 2015/08/30 21:13:51 | コメント(2) | トラックバック(0) | ミーティング&オフ会 | クルマ
2015年08月29日 イイね!

「物置」→「特等席」へ昇格♪♪

「物置」→「特等席」へ昇格♪♪干渉具合はSR-7と同様ですが、本日無事に取付けが完了♪♪

誤算だった内容としては考えていたよりも若干後ろに倒せるので、

長距離走行時に寝たい時は想像よりは楽になりそうな所でした。

ドアの開閉やシートスライドに不便を来す為、いずれは座面の

両サイドのサポート干渉防止改造(フラット化&スリム化)を

予算が取れた時にでもプロショップでやってもらおうかと思います。

「RS-G &SR-6 SUPER STARK」の2015年版拡販チラシ風に写真を撮るとこんな感じに。漸くマトモになりました・・・。



正面から見ると更に違いが歴然としており、「運転席が主役なんだ!!」といったアクの強さが薄れています。



個人的にはアクセント部分がカムイレッドだった2013年版の方が好みですが、再び出てくれたことに乾杯!!
Posted at 2015/08/29 18:43:46 | コメント(2) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
2015年08月28日 イイね!

三次試験場50周年マツダファンミーティングチケット到着と改装準備と・・・

三次試験場50周年マツダファンミーティングチケット到着と改装準備と・・・通知メールに気付くのが遅かった為に代金の振り込みが遅れて

いたので少し焦っていましたが、本日チケットが無事に到着。

誘って頂いた際、当日は仕事で既に埋まっていた為に絶対に

参加出来ない見込みだったのですが自分が抱えている仕事を

一部切り離す(慢性的なオーバーワーク緩和の為)方向で調整

した為、前日の土曜日に大方ケリをつければ何とかなる見込みに。

そして今日は相変わらず腰痛には優しくても財布にとても優しくないレカロ(笑)の取付けの為、外注先に出す前の

恒例行事でピカピカに仕上げたFDを預けることに・・・またしても試座してみましたが、やはり良い物は良いですね♪


「助手席(=物置)には勿体無いなあ・・・」というのが根本的にケチ臭い考えとしてあったのですが、試乗時に

自分が助手席に座った際に弱音を吐きたくなる頼りなさ(横Gに対しての恐怖感)が消えることが確実視される上、

クッションが硬いとメーカー側で謳ってはいますが実際はRS-G SSと同様に純正シートより遥かに快適なので

今後も使用頻度が低いとは言え長らく使うツールとしてやはり必須でした・・・|||orz


シャイニングメッシュの通気性が特に群を抜いており、汗を掻いてクルマに乗りたくない状況でもシッカリと

通気する為、純正シートの様に長時間乗車した際に蒸れる不快感が出ないのが本当に良いです。

(※FDの純正シートの出来が決して悪い訳では無く、比較対象のレベルが単に高いだけです)
Posted at 2015/08/28 20:18:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | ミーティング&オフ会 | クルマ
2015年08月27日 イイね!

16年間お務め御苦労、さようなら・・・

16年間お務め御苦労、さようなら・・・運転席側の純正シートは車両の高性能化に伴い役不足になり

早々と引退させて「セミバケ」→「フルバケ」と換装しましたが、

助手席側は同乗走行もしくは試乗以外は物置としてしか用が

無く、換装の好機だった2013年式のSR-6 SSを逃してからは

もう壊れる(破れる)まで交換に縁が無いものと思って過ごして

来たものの目出度く明日を以てSR-6 SSへ換装となります。

隠れていない本音としては助手席側もフルバケで良かったのですが、緊急時に4名乗車出来るという大きな

メリットをドブに捨てる所まで割り切るつもりは特に今後とも考えていないので最良の選択だと思っています。

(リアの皮シートはメンテが面倒ですが、神経質なので1回の利用完了直後は必ず再コーティングしています)


御披露目が急遽直近(週末)になり、またショップに出す前に少しだけ見映えをマシにしておこうとゲルコートが

くすんだまま長年(3年以上)放置しているサイドステップを付け焼き刃程度に磨き直しました。

アストロの高い(割と高性能)ガラスコートを5回程重ね塗りしたので三次のイベントまで保てば御の字ですね(笑)



助手席側後部の貴重な収納スペースとなっているポケットも無くなってしまう事は以前想定していた為、

比較的余裕のある場所へ物を移動しました。
Posted at 2015/08/27 20:08:49 | コメント(2) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
2015年08月25日 イイね!

三次試験場50周年マツダファンミーティングに向けて・・・

三次試験場50周年マツダファンミーティングに向けて・・・野呂山エイトDAY時においては様々な要因で間に合いませんでしたが、

(シートレールそのものの欠品、大改装+移動費支出に拠る金欠等々)

結構大規模な停電(自宅含む)が起きてしまい部屋に居ても暑い為、

エアコンの効くFDを利用してSR-6 SSの装着に向けた最終打合せと

⑨料の引き出し、そして給油を兼ねた暇潰しの旅に出発。

信号機も至る所で停電していたり変形していたりで機能しなくなって

いましたが、そこは全体的に速度がゆったりとした県民性もあって

互いに空気を読んだ譲り合い運転で交差点の通過も問題無くパス。



前金は幾らか積んでいましたが、SR-6 SSは台数が極端に少ない限定モデルで試座は当然不可の為、

マッハで全額を支払ってから試座することに(他に展示されていたSR-7は大幅に値下げされていました)。

「座面そのものはSR-6とSR-7は共用かな??」と前から気になっていたので全幅をメジャーにて測定した所、若干

サポートの形状が異なりますがメーカー値と一緒です。(純正:約480mm、SR-7:約530mm、SR-6:約530mm)。



各寸法はほぼ同じですが、SR-6の方がスポーツ志向になっていることもあり背面&座面のサポートが切り立った

形状となっているので、RS-Gをそのままセミバケにすると同じ印象(SR-7は割とゆったりしてます)になります。

助手席に配すパーツとしては干渉が原因でリクライニングがほぼ使えないという超スパルタ仕様となる上に現状は

物置きとして使用しているので少し豪華な気もしますが、巡航中の疲労度はかなり軽減されるのでこの点は○です。

(助手席側で言えば背面のサポートが良ければ踏ん張りが利くので、Fの設定があれば一番良いのですが・・・)



ミーティングに向けたエントリー料金も無事に支払い終えましたが早速深刻な金欠の為に改装料金が微妙に

足らず(残額10諭吉中、あと3諭吉もあればOKだったのに・・・)涙目でしたが今までの大型パーツ購入他の

実績の信頼から9月末まで待って頂けることになったので実質的にフライング実装なのが心苦しい所・・・|||orz
Posted at 2015/08/25 17:09:37 | コメント(2) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ

プロフィール

「少しアタマの体操を・・・ http://cvw.jp/b/1393401/43379565/
何シテル?   10/19 22:35
馬耳東風・柳に風・馬の耳に念仏・糠に釘 対向車が意地でも来ない様な林道を走るのが趣味です。 小さい頃からFD一筋でしたが、フィーリングに惹かれたFC...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/8 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

愛車一覧

マツダ RX-7 参号機(TypeGT) (マツダ RX-7)
諸事情より先代FDが大破し復活を断念した為、格安だったⅥ型FDをベースに残存した部品をほ ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
旗艦は古タービンFDですが、FCへの憧れがどうしても断ち切れないことから購入を決意しまし ...
フィアット アバルト・124スパイダー フィアット アバルト・124スパイダー
2019年3月30日より稼働開始しました。
マツダ RX-7 古タービン研究機7号 (マツダ RX-7)
普段のアシ、遠乗り、林道攻略戦など多方面で活用中。中身は至って快適性重視の少し本気仕様。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.