• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Y商会@古タービン7のブログ一覧

2016年09月28日 イイね!

ツインデスアタック!!(※出費的な意味で)

ツインデスアタック!!(※出費的な意味で)古タービンFDをより良い状態にする為には未だ多少手間を

掛ける必要があるので、部品の収集を再開しました・・・|||orz

現在欠品になっているFD用のスロセンは製造メーカーにて

再生産の準備が進んでおり、B/O分より順次出荷されます。

9月28日(今日)に注文した場合は10月19日に入荷される

混雑程度なので、ACVよりは遥かに短納期で済みます。

かと言って1~2年後に購入したいタイミングであってくれるのかは分からないので、今回は2個オーダーしました。


スロットルボディを近日中に交換する為、細工して遊びを無くしレスポンスを上げているスロットルケーブルも

流石に必要かどうかは別として被覆がボロボロになっており都度修理している有様なので交換予定です。

因みにスロットルボディ本体とシャフト部はスロットルボディAssyしか設定が無いので、本当にアウトだと

残念な調査結果が出ました・・・|||orz


今考えているO/H方法としては、一旦ガタが出ているスロットルボデイからバタ弁及びシャフトを抜き取り

摺動する部分のみ肉厚の硬質クロムめっき加工処理でシャフト径を増やしてガタを無くす方法です。

街乗りでのデリケートなコントロールで影響が出るのは下側のシャフトのガタなので、やるとしたらこの1本を

加工してガタを無くす程度で充分かなと思ったり・・・。


FDにもFCにも予算を掛ける方針に転換する必要があるので、色々と悩ましいですね・・・|||orz
Posted at 2016/09/28 19:41:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | 修理&補修 | クルマ
2016年09月27日 イイね!

18万kmオーバーだと、流石に消費期限切れのようです・・・|||orz

18万kmオーバーだと、流石に消費期限切れのようです・・・|||orzアクセル全閉~回転数が上がるか上がらないかの微妙なチョイ開け

レベルでのハーフスロットル操作に対してエンジンを載せ換えるより

前から追従性が普通だったり悪かったりしていたので、今日は

考えられる原因を電話にて発生した条件を加味して審議しました・・・。

①アクセルを一定以上開けた場合のコントロール性は殆ど問題無し

②症状が出るのが負圧で-0.7~-0.8といったアクセル全閉に等しい

微妙なコントロール下での巡航~やや減速での条件や殆どアクセルを開けない発進時に集中して起こる

①②の問題から以前から不具合が疑われていたスロットルボディを改めて一番磨耗する下側のバタ弁のシャフトを

力を入れて揺すってみると・・・前回疑った際には見抜けなかったものの完全にガタガタになっていました・・・|||orz


6月にオーダーしていた筈のスロットルボディAssyは知らない間に生廃(連絡も無かったので流石に怒りました)と

なっており、これもまた暫くは程度良好な中古品を見つけ出して保たせるしかないようです・・・(- -;)


写真のスロットルボディは程度が良くシャフトに全くガタが無いので、現在摺動面の注油及び全体の錆落としを

実施していて実験がてら近日中に交換してみる予定です・・・因みにFC用も既に無いみたいです。


Posted at 2016/09/27 20:18:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 修理&補修 | クルマ
2016年09月26日 イイね!

雇う側のセンスもどうかしているよ、この事件・・・

先日の某殺人事件の詳細が明らかになってくるにつれ、「これ、正直雇う側にも問題あるんじゃないの??」と

思うようになってきました・・・|||orz

幾ら人手が足りない分の穴埋めとは言えこれだけ酷いのを採用時に見抜けなかったとなると、表沙汰には

ならないでしょうが採用した担当者や直属の上司の方あたりは大分心理的に堪えるというか暗黙でペナルティが

課されそうです・・・犯人は再犯しそうなので死刑で良いとして、被害者の方は本当に無念だったと思います。


「そんな奴ばっか働いて(働かせて)いるんじゃないの??」と思われるのが当たり前になるでしょうし、採用時は

学力云々ではなく「人殺しをしそうか否か」ぐらいの最低限以下レベルの判断は面接時に見抜ける体制にしないと

また同じ様なことが起きそうですね・・・まあ、普通の人間ならお金に困っているとは言えそんな発想にならないと

信じたいですが、現実に起きている上にフィクション以上に現実の方が変な事件が多いので、そこら辺の性善説な

固定概念は日本にもう残っていないと頭から消し去って殺伐と生活した方が気が楽なのかも知れません・・・。


いや、成人まで生きていて人を殺してまで現金を奪い取って自分の貯蓄(借金返済)に回した上に平気で犯行後に

遊びに行っているとか人として更生の余地など微塵も無いと思うので、税金で刑務所暮らしするのもコスパが悪く

その食い扶持も我々が支払っている血税なので迅速に即刻死刑台に送れば良いんじゃないの?と思うんです。
Posted at 2016/09/26 19:48:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月26日 イイね!

表舞台から消えましたが、必要な整備は継続中です・・・

表舞台から消えましたが、必要な整備は継続中です・・・現在はクルマに掛けられる予算をほぼ全部FCへ振っていますが、

総走行185,000kmを既に超えた御老体となっている古タービン

FDの方も現車セッティング時や他のタイミングで不具合が疑われる

指摘のあった箇所を非常にゆっくりですが修理中です・・・f(^^;)

チャコールキャニスター不良はパーツフェニックス計画で部品が

再生産されない限り解決不可なので温間再始動時にカブり易い

(ACVやレモンバルブ等、中村屋交換推奨品は全て交換しているので呆気なくストールするほどではなし)

傾向以外は特に大きな問題も無く3500rpm&+0.3kのブースト制限下での加速力も相変わらず激速で、

ほんの少しでも超加速の足しになればと今日はメインリレーBOX内のリレー&銅ヒューズを全て交換しました。

=ヒューズ&リレー交換前=



60Aのヒューズ×2個は結構青錆が進行していました・・・f(^^;)

=ヒューズ&リレー交換後=



普段からエンジンルームの清掃ついでにボックス内も拭いているので、銅バー以外はあまり変わり映えしませんw


※バッテリーマイナス端子側のヒューズ1式はBOX毎アセンブリ交換で対策済。


欲を言えば1500rpm以下の安定性がもう少し欲しい所ですが、低域に影響してくるアース対策等未だ改良

出来る点が残っているので(コアサポート両端部にアース配線が集中している箇所は未対策)考えられる

不具合は本当に全て潰し切る不退転の気合が全てが終わった後も継続して必要です・・・|||orz
Posted at 2016/09/26 17:43:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 修理&補修 | クルマ
2016年09月24日 イイね!

「27年落ちの新車」を目指して・・・

「27年落ちの新車」を目指して・・・完成には程遠いですが、取り敢えず本日の修理は無事に終了。

突発で運良く作業応援を得られたので、作業完了後の回転数を

上げた状態でのVベルトの張り調整も行うことが出来ました♪♪

ベアリングが軟弱と聞いていたエアポンプのVベルトのみほんの

少しばかり緩めに張ったのが裏目に出て回転数を上げた際に

ベルトがビビッたので直ぐに修正し、オルタネーターのプーリーも

組み方は問題無かった筈ですが若干傾いた回り方をしていたので、ハンマーで多少シバいて傾きを修正しました。

Vベルト&プーリーが両方とも新しい時はVベルトの外側がプーリーのフランジよりも出る状態です。



交換前(Vベルト破断前)はVベルトの外側がプーリーのフランジよりも相当内側に喰い込んでいたので、

プーリーの錆浮きに拠り納車前に交換されていた痕跡があるにも関わらず早期に磨耗してしまっていたようです。

改めて思うとエンジンルーム清掃後に暫く走った後でゴムの削りカスのような細かい粒が万遍なくエンジンルームに

飛散しており、その際に異常磨耗していることに気付ければ良かったのですが・・・|||orz



5000rpmまでは回して数十キロ程度走行テストをしましたが、新品のVベルトは緩み易い傾向があるとの事

なので後日様子を見て微調整しようと思います。


「アイドルプーリー以外は全て人力でVベルトを張って下さい」と言わんばかりにオルタネーター及びエアポンプの

プーリーはボルトに拠るアジャスト機能を備えていないので、バールやプライヤ等を利用して張り具合の調整が

必要であり、人力だけで張った場合は絶対に張り具合が足りずベルトが暴れて早期磨耗の原因になります。

※FDはこの問題が対策されており、オルタネーター&アイドルプーリーのアジャスト機能で普通は対応出来ます。
Posted at 2016/09/24 20:07:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | 修理&補修 | クルマ

プロフィール

「製作版のワンオフメーターデザイン完了!! http://cvw.jp/b/1393401/41980005/
何シテル?   09/23 19:23
馬耳東風・柳に風・馬の耳に念仏・糠に釘 対向車が意地でも来ない様な林道を走るのが趣味です。 小さい頃からFD一筋でしたが、フィーリングに惹かれたFC...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

伝手は足りているので特に募集してません、以上。

同じ車種に乗っていても主義や思想が違い過ぎる方も話を合わせる気が無いので遠慮します。
44 人のお友達がいます
ナナオナナオ * ゆうき@GF-FD3Sゆうき@GF-FD3S *
梅三郎@FDND梅三郎@FDND * RzRz
神原の鹿!神原の鹿! OmusobanOmusoban

ファン

112 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-7 参号機(TypeGT) (マツダ RX-7)
諸事情より先代FDが大破し復活を断念した為、格安だったⅥ型FDをベースに残存した部品をほ ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
旗艦は古タービンFDですが、FCへの憧れがどうしても断ち切れないことから購入を決意しまし ...
マツダ RX-7 古タービン研究機7号 (マツダ RX-7)
普段のアシ、遠乗り、林道攻略戦など多方面で活用中。中身は至って快適性重視の少し本気仕様。 ...
マツダ ユーノスロードスター 軽戦闘機 (マツダ ユーノスロードスター)
平成8年式 走行7.9万km 修復無 5MT車 FD3Sという金喰い虫を飼っていながら ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.