• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Y商会@FD.FC&124のブログ一覧

2019年04月29日 イイね!

平成最後のベイサイドオフに参加♪♪

平成最後のベイサイドオフに参加♪♪かなりアメリカナイズされたタイヤの張り出し具合に頭を抱えた

参号機でしたが、連休開始初日(昨日)に突貫で装着をどうにか

間に合わせたBBS-LM改は厚かましい理由ながらどうしても

皆さんに見て貰いたかったので出撃しました(笑)

即アウトでも無いですが、見方に拠ってはリアの車軸後方側が

微妙なので汎用のお洒落なフェンダーモールで対策予定です。



写真のカーボンモールであればオシャレなので良さそうだなと思いました。



現行法のリム端部基準なら問題ないですが、余計なことで指摘されるリスクは極力無い方が良いので・・・。

先代FDに着いていたおきMAX君のTE37SL(写真左)のオフセットが個人的には理想です。

キャンバーを少しつけて楽勝で逃げられる範囲なので、車検までに見咎められない状態にしたいものです。

引っ込んだ状態での1mmのオフセット違いはどう転ぼうが気にもならない程度の価値しか無いですが、

フェンダーより出るか出ないかかなり微妙だったりする場合はこうも響くのかと反省した次第です。



在庫を切らしていたレザー/タイヤワックスを最近補填したので皆さんのタイヤをコッソリと?艶々にしたり、

排気ガスや普段の使用で汚れがちなナンバープレートをピカピカにしたりと従来の趣味全開でした(笑)



FCや124スパイダーに向けている狂ったような情熱がなくなって久しい参号機でしたが、オフセット的に

失敗した経緯が相当マヌケながらも変態的な拘りを投じて製作したBBS-LM改を履いて佇んでいる姿を

見るとやはりダントツで格好良いので絶対に手放したくないなと思いました。
Posted at 2019/04/29 09:24:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | ミーティング&オフ会 | クルマ
2019年04月27日 イイね!

望み通り超格好良くなったけど・・・う~ん・・・

望み通り超格好良くなったけど・・・う~ん・・・今日まで履いていたBBS・RS-GTをパージして遂に導入した

BBS-LM改ですが、オフセットが引っ込んでいて内心超ダサいと

思っていた前者と違い、予想より多少マシでしたが相当際どい

張り出し具合になりました・・・もう2mm程度削れれば元々が

GTーR用の段リムのLMで格好良いので安全マージンも確保した

ツライチ具合で完璧だったのですが・・・極端な結果に(笑)

再塗装して生まれ変わったスポークが映えて見える画像は明日のお披露目ネタなので本日のみ無しです。



走行性能の変化については予想以上にかなり良い方向に転がり、正直何故こうなったのか理解出来ていません。

直進安定性・・・悪化傾向無し(ディレッツァZⅢの特性の良さから??)

乗り心地・・・・悪化傾向無し(シットリとしたセダン風味な乗り味に変化、ロードノイズも減少)

加速力・・・・・悪化傾向無し(逆にDRBより発進が軽快になりました)

旋回性能・・・・比較にすらならないレベルで向上(限界を引き出すのが無理)

初期操舵の反応の鈍化は予想通りでしたが想像していた程の悪化傾向もなく、このタイヤの限界を引き出すのは

自分の腕では正直無理で今の状態でのタイマンなら124スパイダーですら参号機に追い付けないでしょう。

優秀なABSを除いてアナログで無普請なクルマでこの速さと信頼性はエグいですね・・・。
Posted at 2019/04/27 21:30:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
2019年04月26日 イイね!

変態の中でも超ド変態・・・

変態の中でも超ド変態・・・明日は本来の予定よりもかなり遅延したものの、本来装着

出来ない品に手を入れて物理的には装着可能()になった

BBS-LM改を参号機に投入する日となりました。

装着した翌日が某所でのお披露目予定なので、どうにか

マトモに着いてくれることを願うばかりです・・・。

出来得る限りの改造を施した結果も9J+23という微妙な

値であり、見方に拠ってはリアが絶妙にアウトな気もします。走行上で支障があれば124かFCが代打になりますw
Posted at 2019/04/26 19:22:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
2019年04月24日 イイね!

半年でどうにか使い切って捨てよう・・・

半年でどうにか使い切って捨てよう・・・乗り慣れてきたことでそれなりに限界を使い切れるようになった

124スパイダーですが、NDロードスターがベースなだけに

重い純正ホイールの弊害が如何ともし難く試乗時から絶対に

タイヤを丸坊主になるまで練習用に使い切って早急に換えようと

真っ向から否定していて車格に合わず重過ぎると断じた

17インチホイールと旋回性能一点張りで勝負するには

貧相な幅しか有していない205幅のタイヤについて225幅化するのが1番手堅いだろうと再度結論付けました。

純正の205/45R17タイヤを外径基準とした場合、225/45R16タイヤが外径差が少なく且つ幅を稼げる上に

タイヤ価格差もディレッツァⅢではほぼ無かったので良さそうな感じでした。

予算を潤沢には掛けられないのでホイールはENKEI SPORT RC-T5 16インチ 7.5J +37で。


色はブレーキダストを考えるとダークシルバー、ラリーカーっぽさを出すならホワイトで悩み所・・・。


純正でもバランスそのものは決して悪くなく、FCのように割と唐突に来る限界を探るようなことをわざわざ

しなくても滑ってからのコントロールは容易でスポーツモードでのESCやTCSは最低限事故らない程度の

アシストに徹してくれるので余計な介入でガッカリしたり、或いは逆に曲がらず危険といったこともないです。
Posted at 2019/04/25 06:31:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | アバルト124スパイダー | クルマ
2019年04月21日 イイね!

やっぱFCが1番だねぇ、個人的には(笑)

やっぱFCが1番だねぇ、個人的には(笑)二週間前にダートに持ち込んだり桜とのコラボ写真を撮ったり、

先月だけで2000km以上を駆けたりしたので自重して全く

動かしていなかったFCでしたが、本日二週間振りに稼働。

ダートで埃塗れになったままなので、今晩洗車予定です。

パワーと旋回力と外観の良さに長けた参号機やあらゆる

性能にソツがなく非常に優秀なアバルト124スパイダーと

いった逸材と比べたとしても個人的にはFCが何だかんだでフィーリングが合うので1番だと思いました。

足りない要素があるとしても、後天的に改良出来る多少のスタビリティ不足とパワー不足くらいのものなので。



まあFDに飽きたんだろうとか言われますが、ある意味では当たりである意味では外れです。

そもそも本気で手放す気であればBBS-LMの加工と再塗装に17諭吉も投じません(笑)



辛辣なことを言えば時代遅れのFCの諸性能がFDに対してどの程度の乖離があるかを常にリアルに知って

おくには役立たずと断じたツインターボを捨てて本来在るべきシングルターボに「戻した」だけだと個人的に

思っている参号機を常に手元に置いておく必要があるという歪んだFC愛の形と言っても良いでしょう。



そしてFCのエアポンプの件でブチ切れていたことが割と本気で本来邂逅程度で終わる筈だった

アバルト124スパイダー試乗に端を発して購入するに至る引き金となり、FCの過度な稼働頻度を

かなり減らすことが出来た上に楽しく経済的にオープンカーを楽しめるという良い材料になっています。


10年前の自分に今の状況を聞かせたとしたら、「何がどうしてそうなった?!」と喚くだろうなと思います。
Posted at 2019/04/21 13:05:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | FC3S | クルマ

プロフィール

「ああ、天才的なアイデアだと思う・・・ http://cvw.jp/b/1393401/43373919/
何シテル?   10/17 21:01
馬耳東風・柳に風・馬の耳に念仏・糠に釘 対向車が意地でも来ない様な林道を走るのが趣味です。 小さい頃からFD一筋でしたが、フィーリングに惹かれたFC...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

愛車一覧

マツダ RX-7 参号機(TypeGT) (マツダ RX-7)
諸事情より先代FDが大破し復活を断念した為、格安だったⅥ型FDをベースに残存した部品をほ ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
旗艦は古タービンFDですが、FCへの憧れがどうしても断ち切れないことから購入を決意しまし ...
フィアット アバルト・124スパイダー フィアット アバルト・124スパイダー
2019年3月30日より稼働開始しました。
マツダ RX-7 古タービン研究機7号 (マツダ RX-7)
普段のアシ、遠乗り、林道攻略戦など多方面で活用中。中身は至って快適性重視の少し本気仕様。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.