• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ek-10stとやまの愛車 [日産 マーチ]

K10マーチアーカイブNISSAN MARCH SUPER TURBO 専用カタログ89/1/解説

投稿日 : 2006年12月19日
1
1、表紙。
日産・マーチスーパーターボ
専用カタログです。発行は1989年1月。
オリジナルサイズはB4サイズ変形版です。
ページ数は表紙も含めて8ページになります。
掲載車種はターボ、スーパーターボ、Rです。
スキャンの都合上、多少色味が異なります。

画像無断転載禁止。
2
2、ページ2~3、見開き。

画像無断転載禁止。
3
3、ページ4

画像無断転載禁止。
4
4、ページ5

画像無断転載禁止。
5
5、ページ6
後期(2型)マーチターボ(略称、E-K10ET)と
マーチスーパーターボ(略称、E-EK10ST)。
・車種記号は、
ターボ、5速フロアシフト車は、K10GFTP、
3速オートマチック車は、K10GATP。
スーパーターボ、5速フロアシフト車はEK10GFR、
3速オートマチック車は、EK-10GAR。

画像無断転載禁止。
6
6、ページ7
マーチR(略称、K10R)
車両形式は、E-EK10、車種記号は、EK10FR。
(※写真はフル装備のタイプ1)
アルミロードホイールはディーラーオプション。
タイプ1以外のマーチRのカラーリングは車体色が白、
バンパーは黒。内装色はすべてグレー。

無断転載禁止。
7
7、裏表紙.
Equipment and Specifications.

※他参照、K10後期型オプショナルパーツカタログ
http://minkara.carview.co.jp/userid/139692/car/61409/234090/photo.aspx

画像無断転載禁止。
8
◆日産・マーチスーパーターボについて◆
*生産時期、1989~1991年。
*概要
1988年に発売されたラリーベース車
「マーチR」をベースに1989年に発売開始
された一般向けモデル。型式はEK10。
国際モータースポーツ規約の過給係数レース規約1.7倍/ラリー規約1・4倍を掛けた際に1600CCクラス内に収まるよう、敢えて自然吸気エンジンモデルよりも排気量をダウンさせて930CCとなっている。

「マーチR」と同じMA09ERT型エンジンを搭載し、最高出力110ps/6400rpm、最大トルク13.3Kgm/4800rpmを発生するエンジンは、量産車には珍しくターボチャージャーとスーパーチャージャーの2種類の過給器を直列搭載していた。

これにより低回転域ではスーパーチャージャーによる瞬発力を、高回転域では余裕のある最高出力を得る事に成功している。
ビスカスLSDを標準で搭載。

K10型マーチの自然吸気エンジンでは電子制御キャブレター(ECC)による気化器が採用されていたが、スーパーターボではECCS(EGI)集中式電子制御のインジェクター仕様であった。

補機類装着スペースの関係でマーチR/ST(スーパーターボ)はパワーステアリングが省略されている。


*主要諸元/エンジン/特記/解説
(型式E‐EK10)略通称、EK10ST
ミッション、5MT(GFR)3AT(GAR)

*主要緒元
全長 : 3735mm、全幅 : 1590mm、全高 : 1395mm
室内寸法、長×幅×高 1715×1305×1145mm
ホイールベース、2300mm・トレッド前/後、1350/1335mm
最低地上高、120mm
車重、770kg
乗車定員、5名
最小回転半径、4・7m
燃量消費率 : 10モード 16・0km/L、60km/h定地走行26・5km/L
ステアリングギア方式、ラック&ピニオン
懸架方式前/後、独立懸架ストラット/4リンクコイル
ブレーキ前/後、ベンチレーテッドディスク/リーデリングトレーリング
タイヤ前/後、175/65R13
ビスカス式LSD、F/RスタビライザーΦ26/Φ18
トランクアクスル、5速MT、3速AT
・STトランスミッション

・変速比。※( )内はマーチR参考。
第1速 3.063 (2.938 )
第2速 1.826 (2.095 )
第3速 1.286 (1.538 )
第4速 0.975 (1.133 )
第5速 0.756 (0.810 )
後退 3.417 (3.417 )
減速比
第1速 4.167 (4.353)
第2速 ----- (-----)


*エンジン
MA09ERT型、OHC水冷直列4気筒
シリンダー内径×行程、66・0×68・0
総排気量、930㏄・圧縮比、7・7
最高出力 : 110/6400PS/rpm、最大トルク : 13・3/4800kgm/rpm
燃料供給装置、ニッサンECCS
使用燃料・タンク容量L、無鉛レギュラーガソリン・40

*ボディカラー
クリスタルホワイト、アクティブグリーン、トワライトブルー、ブラックメタリック

*K10マーチ後期型全般仕様車種構成
マーチスーパーターボ仕様車E-EK10以外は、
下記の車種構成である。
3ドア/5ドアハッチバック、4MT車/5MT車、3AT車、
車名形式E-K10、エンジン、MA10S/MA10ET
・3ドアHB車、
R、  MA09ERT E-EK10 5MT 
E、  MA10S  E-K10 4MT/3AT 
i・Z、 MA10S  E-K10 4MT/3AT 
i・Z-f、MA10S  E-K10 4MT/3AT 
パンプス、MA10S E-K10 5MT/3AT 
コレット、MA10S E-K10 5MT/3AT 
ターボ、MA10ET E-K10 5MT/3AT 

・5ドアHB車
i・Z、 MA10S E-K10 4MT/3AT 
i・Z-f MA10S E-K10 4MT/3AT  
FT、  MA10S E-K10 5MT/3AT 
FV、  MA10S E-K10 5MT/3AT 

*特記
STのヘッドランプは
60/55wのイエローバルブ標準装備
リフレクター可動式
フォグランプ55wは無色バルブ装備

*解説
MA09ERTエンジン:基本構造はMA10ETと同じ水冷直列4気筒OHC、V型弁配置クロスフロー吸排気ポート、半球型燃焼室。燃料噴射システムはシーケンシャルインジェクション。最大の特徴はその加給システムにある。スーパーチャージャー+ターボチャージャーの「ダブルチャージ」。この複合過給機システムは市販車として日本初である。低回転域から高回転域まで全域にわたり、高トルク、ハイレスポンスが得られる究極の過給システムといえる。即ち、TCが効きにくい低回転ゾーンで主にSCが過給、低速トルクとレスポンスを向上させタイムラグなしの加速性能を引きだす。一方、TCは高回転ゾーンでの過給を受け持ちハイトルクとハイパワーをもたらす。この両者はバイパス制御弁によって滑らかに繋がり、過給効果を最大に発揮。圧倒的な動力性能でドライバーを魅力する。
最高出力110ps/6400rpm(NET値)、
最大トルク13・3kgm/4800rpm。リッター当たり出力は実に118psをマークする。
またパワーウエイトレシオ(注、
車重÷出力での数値でその数値が小さい程、高い高性能車。スポーツカータイプで約8.0くらい)は7.0(STの5MTフロア車。Rは6.72)。このデータを比較してみても、ポテンシャルの高さと優れた運動性能を知る事であろう。
フロントビスカスLSD : STの5MT車は、フロントデフにビスカス・カップリングを用いたLSDを標準装備。ビスカス・カップリングは多数の薄いプレートと
高粘度シリコンオイルで構成、このオイルの粘性によって、トルクの伝達度合いを最適に制御する。例えば、ハードなコーナリングを強いられた時、フロン
トの左右輪に回転差が生じても回転差に応じ、ビスカストルクを低回転側に伝達。トルクは再配分され路面をしっかりグリップ。パワーオン時のコーナリン
グもドリフトアウトしにくく、限界性能を高める。又、低μ路でも(雪道や濡れて滑りやすい路面)走行でも左右輪の回転が急変しないので、ステアリングをと
られることがなく姿勢は安定。リニアな操舵感覚で駆け抜ける事が可能。
スタビライザー付きサスペンション : STはその高度な動力性能に応えるポテンシャルの高いサスを用意している。フロントストラット式独立懸架、リア
は、4リンク式である。前後輪共にスタビライザーを装着(Rとターボはリアのみ)スタビライザーは車体の揺れや傾斜を制御する装置で、コーナリング時には
ボディのロールを防ぎ又、高速走行時には操縦安定性を高める働きをする。更にバネ定数やブッシュ類を最適にチューニング。あらゆる走行状況下で軽快な
フットワークを発揮するサスペンションである。

------------------------------------------------

*付帯特記。
STの加速と最高速度(発売時の実測で)。

●発進加速―距離
-------------------------
・・速度 / 時間 (到達速度) 
・0-50 m  4.5秒 (71km/h)
・0-100m  6.6秒 (92km/h)
・0-200m 10.0秒 (117km/h)
・0-400m 15.5秒 (141km/h)
・0-1000m 29.1秒 (169km/h)

●発進加速―速度
--------------------------
・・速度  /  時間
・0-40km/h 2.3秒
・0-60km/h 3.6秒
・0-80km/h 5.2秒
・0-100km/h 7.7秒
・0-120km/h 10.0秒
・0-140km/h 15.6秒
・0-160km/h 23.1秒

●最高速度<7000rpm
--------------------
・5速 ― (リミッター作動)
・4速 173km/h
・3速 131km/h
・2速  93km/h
・1速  55km/h

●追越加速
---------------------------------------
・・・・・・・・・2速  /3速 /4速 /5速
・20-40 km/h 2.2秒 4.1秒 5.8秒 10.1秒
・40-60 km/h 1.8秒 2.8秒 4.2秒 7.5秒
・60-80 km/h 1.7秒 2.7秒 4.1秒 6.0秒
・80-100 km/h ―― 2.6秒 4.2秒 6.6秒
・100-120km/h ―― 2.9秒 4.2秒 7.7秒
・120-140km/h ―― ―― 4.9秒 8.8秒
・140-160km/h ―― ―― 7.3秒 12.1秒


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・原文、出稿、2006
ダブルチャージクラブ
ek-10stとやま

------------------------------------------------
・開示規約
Wikipedia GFDL OK
条件1、公的機関投稿条件。
 「GFDLによる使用」のみ容認。
付帯、当方が原文出典元である事を明確にする事。
条件2、(a)原作本人のみ原文使用及び、投稿可。
条件2、(b)該当事項に必要なる追記、加筆に至っては奨励容認。又は同原作本人容認の元による転載可。
条件3、利己的無断2次使用は不許可。
出展元の明記規約によるリンクをする事。

ダブルチャージクラブ
@首謀者、ek-10stとやま

En - About original article De.

・Indication rule

・Wikipedia GFDL OK ・1 and public organization contribution condition of condition. Only "Use with GFDL" is allowed. ・Thing that accompanying and I describe thing that is source origin of original clearly

・Only condition 2 and the (A) original person in question can use the original, and contribute.


・It allows it the encouragement as for the postscript and the retouch that needing becomes condition 2 and (B) correspondence matter. Or, it can be a reprint by the origin of this original person in question allowance. ・Use of condition 3 the second without permission self-regard is not permitted.
※Things linked by rule of describing clearly of exhibition origin.


Double charge club @ mastermind and ek-10stToyama


イイね!0件




タグ

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

注目のオークション

 

おすすめアイテム

 

プロフィール

「K10マーチYオクチェック!2019年2月19日 http://cvw.jp/b/139692/42526756/
何シテル?   02/19 16:08
Welcome!! To a Double Charge Club. ,board to hold by WEB text translation in...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

日産 マーチ 日産 マーチ
2014年1月30日夕方に 私こと、ek-10stとやまの もとに新規愛車の CBA‐A ...
日産 マーチ 日産 マーチ
過去の足車です E-EK10マーチスーパーターボに乗る前は 日産E-K10マーチ中期1型 ...
日産 マーチ 日産 マーチ
March Super Turbo Nissan E-EK10GFR(5MT)    ...
日産 マーチ 日産 マーチ
10年以上連れ添った、 1990年式黒スーパーターボを追突され廃車後、 1991年式最終 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.