• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2021年01月06日

変速機の話

変速機の話 昨日のブログで取り上げた、ゴードン・マレー・オートモーティブの「T.50」。


この車に採用されているトランスミッションは Hパターンの6速MTでした。


今や絶滅危惧種と言えるMT(Manual Transmission)。


フェラーリやランボルギーニの車からも姿を消して久しいMT。


ドライブを楽しむ層には今も需要はある筈ですが、性能(変速スピード)を理由に姿を消しました。


そんな “時代遅れの” MTをあえて採用した「T.50」。


これまた絶滅危惧種の高性能NAエンジンを、MTを駆使して自らの意思で操る……楽しいだろうなー。


もっとも、MTが絶滅危惧種になってしまうにはそれなりの理由がある筈です。


そこで、MTを含めたトランスミッションの種類を、今まで乗ってきた愛車で感じた感想と共に述べたいと思います。







トルコンAT(搭載車:アルファロメオ・ジュリア)



私が免許を取得した頃は、ATと言えばトルコンATの事でした。


トルコンとは「トルクコンバーター」の略で、流体による動力伝達を行う機構を持ちます。


流体による伝達の為、変速ショックが少なく、高級車には向いている変速機と言えます。


その一方、ダイレクト感に欠けたり、パワーロスによる燃費悪化などの欠点もありましたが、ロックアップ(直結)する事でダイレクト且つパワーロスの抑止が可能になりました。


また、最近は多段化が進み、10速なんていうATも存在しています。


もはや、効率の面でもMTを凌駕している感のあるトルコンAT。


私の愛車の中でトルコンAT搭載車は、最初に自分のお金で買った愛車のアコード2.0Si、そして 一番新しい愛車のアルファロメオ・ジュリア クアドリフォリオ の2台です。


大昔のアコードは4ATでしたが、ジュリアは8速ATです。


ジュリアは、DNAシステムで 選んだモードにより変速スケジュールが変わります。


Dynamicモードにすれば、極力低いギアで高回転まで引っ張りますし、Raceモードにすれば『マニュアルシフトが最適です』とまで言われます。



イージードライブだけでなく、スポーツドライビングも出来るミッションと言えます。


しかし……


やっぱり、どこかにトルコンATによるダイレクト感不足を感じるんですよね。


変速スピードなど性能は十分なのでしょうが、変速フィールなど感性の部分がスポーツドライビングには向いてないんじゃないかなーと思います。






シングルクラッチAT(搭載車:BMW M5)



MTと同じ変速ギアとクラッチで構成されるものの、車がクラッチを操作して自動的に変速するのが シングルクラッチAT です。


ちなみに、シングルクラッチAT という名称は私がそう呼んでいるだけで、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)に対するシングルとしてそう名付けました。


一部でセミATと呼ぶ人がいますが、「自動的に変速するのだからセミATじゃねーだろ!」って思いがありまして。


この手のミッションはフェラーリの「F1マチック」やアルファロメオの「セレスピード」が有名ですが、元祖はいすゞの「NAVI5」って知ってました?


(1984年8月、いすゞ・アスカに搭載)


BMWの場合、この手のミッションはSMGと呼びます。


SMGの事を『サド・マゾなギア』と言う人がいるほど、普通のユーザーには評判の悪いミッション。


ATと思ったら変速ショックは大きいし、変速スピードもイマイチ。


でも、パドルを操作して自分で変速すれば意外と気にならない……2ペダルMTと考えれば、ダイレクト感もあって楽しいミッションでした。


結局、セミATとして使ってるじゃん。(汗)






DCT(搭載車:アルファロメオ 4Cスパイダー)

alt

その名の通りクラッチを2つ持つのが特徴で、変速時にあらかじめ変速先のクラッチを繋いでおき、変速元のクラッチを切るのとほとんど同時に変速、ロスタイムがほとんどない変速を実現しているミッションです。


MTではどんな名手でも、このミッションの変速スピードには敵いません。


それ故、ヨーロッパのスポーツカーは軒並みMTからDCTへと変わっていきました。


なお、ポルシェはPDK、アルファロメオは TCT(ツインクラッチトランスミッション)と呼んでいます。


4CのTCTは、スポーツドライビングには向いていましたが、自分で操る自由度はHパターンのMTの方が上だと思います。


クラッチを切り、ギアを選んで回転を合わせ、クラッチを繋ぐ……この面倒臭いひと手間がまた楽しい!


この辺、PDK乗りのお友達と話すと意見が分かれる点ですね。


まぁ、どう考えても速いのはPDKですし、速い=楽しい という人にはPDKの方が上でしょう。


あと、PDKは渋滞時には絶対的に楽ですし。(クソ重いクラッチを繋ぐのもまた楽しいのですがねー)


なお、DCT/PDKでクリープを再現させているか否かで、イージードライブ度が変わります。


4Cはクリープが無く、車を動かすにはある程度エンジンを吹かさねばばりません。


「そんなの、アクセル踏めばいいじゃん」とお思いですか?


それが違うのですよ。


普通にドライブするならそれでいいのですが、車庫入れなどで少しずつ動かしたい時は、微妙なクラッチワークが使えません。


車を動かすために少し多めにアクセルを踏んでブレーキで調節する、但し、ノーマルでほぼ直管マフラーの4Cでは、多めにアクセルを踏んだ時点で結構な爆音になります。


これが閑静な住宅地では、ご近所の目が痛かった…💦


自分でクラッチワークを調節できるMTだったら、今でも4Cに乗っていたかもしれません。






CVT(搭載された愛車:なし)

今や、国産の小型車の主流となった感のあるCVTですが、CVT車を愛車にしたことはありません。


運転した経験も、一時期、足車として購入を考えて試乗したインプレッサくらいのものです。



CVTと言えば、無段変速で一番効率の良いエンジン回転数をキープ出来る事が一番の利点です。


ただ、その理想をそのまま具現化した初期のCVTは、エンジン回転が変わらず車速のみが伸びていく不思議な感覚が違和感となり、なかなか受け入れられませんでした。


試乗したインプのCVTは、無段変速のCVTながら段のある変速を再現させていて、あまり違和感はありませんでしたが、最近のCVTはどんなドライブフィールなんでしょうね。


なお、CVTが『無段変速で一番効率の良いエンジン回転数をキープ出来る』と書きましたが、効率がいいのは『変速時』です。


日本の様に、渋滞の多い市街地でストップ&ゴーが多ければCVTの変速効率の良さが生きますが、ヨーロッパの様な高速巡行が多い使い方では変速は発生せず、むしろ常に油圧を掛ける必要がある(油圧ポンプ駆動によるエネルギーロスを伴う)為、却って効率の悪い変速機になってしまいます。


欧州車がCVTを採用したがらないのは、ヨーロッパでは効率が良くないからでしょうね。






さて、ここまで変速機について書いてきましたが、将来的に車がEVに置き換わると変速機も必要なくなります。(ポルシェ・タイカンは2速のトランスミッションを採用していますが)



こういう点も、EVになったらドライブが楽しめないと思うところなんですがね。


タイカン、メッチャ速いようだけど、速いだけがドライブの楽しさじゃないと思うんだけどなー。


やっぱり私はMTが好き!

alt
alt


alt
alt
alt
alt


alt
alt

alt
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2021/01/06 23:56:09

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

ポルシェPDK 対 M DCT < ...
しゅうぞうだねさん

ETG5について
konioさん

ポルシェPDK 対 M DCT < ...
しゅうぞうだねさん

色んなメーカーが出したけど難しかっ ...
ウッkeyさん

トルコンレスAT
とみ~☆かいらさん

ノークラに乗ってみた
レン@さん

この記事へのコメント

2021年1月7日 15:03
こんにちは。

今年もよろしくお願いいたします。

私もMT大好きです。

MTの操作って、誤魔化しが効かないですが、
それが逆に楽しいですし、
車と会話できている感覚があります。

一番は、エンジンと会話できるってところでしょうか。

MT車がない生活は考えられません笑
コメントへの返答
2021年1月7日 20:12
こんばんは。
本年もよろしくお願い致します。
たまには大黒にいらして……緊急事態宣言が出たから無理か💦

やっぱりMTですよね!
最近、周りのPDK乗りに「MTには戻れない」って言う人が多くて、スポーツカー乗りの間でもMTが少数派になりつつあって寂しいのですけど…。

私もMT車がない生活は考えられません。
2021年1月7日 15:36
明けましておめでとう御座います🎍

SMG2→TCTに乗り換え組みですが、乗り方変わりましたね。
SMG時代は変速時にアクセル抜いたり煽ったりと合わせてましたが、TCTでソレやるとギクシャクでした😅

TCTは車任せですよね。
それでもダイレクト感やオートだとイージーに使えるので重宝はしてます。
ただ…現エキシージのMTや過去ではS2000のMTの感覚は忘れられなく今でも乗りたい気持ちです。

流石に3台持ちは厳しいので諦めですが…💧
4Cの御近所対策はマフラーにバルブ付けて改造しました。

本年も宜しく願います
コメントへの返答
2021年1月7日 20:25
明けましておめでとうございます。

>SMG時代は変速時に…
まあ、BMWもSMGの事をATとは言っていませんでしたからねぇ。
2ペダルMTだったかな?
実際、ブレーキペダルはMT車の物でしたし…

TCTは車任せに出来るとも言いますが、自分で操ってる感が感じられないのが寂しいです。

>4Cの御近所対策はマフラーにバルブ付けて
あ、やっぱり?💦

こちらこそ、よろしくお願い致します。
2021年1月9日 2:33
変態仲間のタケラッタさん、こんばんは😁

ハイ、我々ど変態は左足でペダルを踏まないと生きては行けない人種です。

速さだけを求めるなら、そりゃPDK!
電光石火でシフトチェンジ!
でもね、我々ど変態は自分で手漕ぎして操ってナンボの人種な訳ですから😊
速いだけのクルマが欲しいなら、GT-R乗っときゃいいですわ(GT-R信者に殺される⁉️)

CVT、前に乗ってたスイスポがそうでした。
1.6NAのツインカム、昔のイメージで期待してたのですが、まぁある意味CVTは期待通りでもっさかったですね。
その点、同じATでも今月末に納車予定の新型スイスポは普通のトルコンに戻ったのでターボと相まってキビキビ走ります。
まぁ、嫁号なので仕方なかったとは言え、やはりMTで乗りたかったです😙
コメントへの返答
2021年1月9日 11:40
ややこしさん、こんにちは。

>変態仲間のタケラッタさん
変態じゃないよっ、車変態だよっ!(←どこが違う?)

最近、ポルシェ仲間でもPDKが多くて…
大黒でもPDK派に圧されています。
ややこしさん、大黒に来てっ!
(コロナが治まってからで良いので💦)

CVT…日本で普段使いするなら良い変速機なのでしょうが、車変態には…(かむちゃるぶさんがCVTのWRXを買ったのが意外でした)
トルコンAT…ジュリアに試乗した時は「これはこれでアリだな」と思ったんですが、いざ所有すると…💦
フィーリングの問題で、性能的には優れているんですがねぇ。
2021年2月4日 17:15
コメントしますm(_ _)m
トルコンATマスタング、低速トルクあり過ぎて街中走行は危ないです。峠での全開V8は恐ろしく速い
NAのマニアルtypeR、運転してるって気になります。エンストしたりギヤ鳴りさせて嫁さんから怒られる
CVTのNone、楽ですホッとします。踏むと引っ張りますが加速しません
みんな違って乗りこなし甲斐があります
コメントへの返答
2021年2月4日 21:50
コメントありがとうございます。
私は、自分でコントロールするのが好きなので、MTを選んでます。
ATだと簡単に性能を引き出せちゃうので、却って危ないかもしれませんね💦
楽するならATですね!

おすすめアイテム

プロフィール

「最近、愛車レビューをしている方が多いなーと思っていたけど、キャンペーンをやってたのか。
キャンペーンと関係なくレビュー書いたのは俺くらいかな?💦

https://minkara.carview.co.jp/userid/285744/blog/44847041/
何シテル?   02/27 08:00
タケラッラです。 子供の頃からの夢、ポルシェを手にしただけでは飽き足らず、遂にロータスまで買ってしまいました。 実用性はないかもしれないけれど、運転する事自...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/3 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

ブログタイトルの背景画像をランダム表示にする方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/24 15:25:40
快適性ゼロ!これぞ本物のスポーツカー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/17 23:54:00
デジスパスⅢの使い方 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/23 22:00:50

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
2014年に買った997 GT2。 購入時にはオレンジ色のラッピングを纏っていましたが、 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
ポルシェ乗りになってから、ずっと興味のあった空冷ポルシェを、遂に購入してしまいました。
アルファロメオ ジュリア ジュリアちゃん (アルファロメオ ジュリア)
2台目のアルファ・ロメオ、アルファ・ロメオ ジュリア クアドリフォリオです。
ロータス エキシージ ロードスター ロータス エキシージ ロードスター
アルファロメオ4Cスパイダー、ポルシェ・ケイマンと乗り継いで、遂にロータスへと辿り着きま ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.