• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

タケラッタのブログ一覧

2019年06月14日 イイね!

タケラッタ的 スープラ考

タケラッタ的 スープラ考先日、スープラに関するブログを書きました。


新型スープラに感じる違和感について述べたのですが、それじゃ、スープラってどうあるべき車なのか? って言うのを書いてみたいと思います。


あ、トヨタが考えるスープラが、今、まさに形になっている訳で、このブログで述べるのは、タケラッタが個人的に考えているだけのスープラ考ですのであしからず。








まず、今回のスープラが17年ぶりの復活であり、メーカーであるトヨタがわざわざ復活させたのですから、それはかつてのスープラからのヘリテージであり、歴代モデルから受け継ぐべきものがある事を意味しています。


では、歴代のスープラがどんなモデルであったのかを確認してみましょう。


スープラを語る前に、まずセリカから始めなくてはいけません。(スープラは、セリカの派生モデルとして生まれた)


初代セリカは、私も何度かブログに取り上げていますが、日本初のスペシャリティカーとして生まれました。







1977年、初のモデルチェンジを受けたセリカはA40/50型となります。



私、正直言って、この型のセリカは好きではありません。先代セリカの精悍さが微塵も感じられず、ダルな印象しか感じません。


デザインはトヨタアメリカのデザインオフィスであるキャルティ(CALTY)が担当しているのですが、アメリカではこのデザインがスポーティと評価されヒットしたそうです。(この時、アメリカ人とは美意識が違うのだなと痛感しました)


話が逸れましたが、この型のセリカをベースに初代スープラが誕生します。


それがセリカXXです。



日本ではセリカXXでしたが、アメリカでは「Xの列記」が映画の成人指定を意味するため、セリカ・スープラを名乗りました。(まだセリカの名も付いていました)


そもそも、この車はアメリカの販売店側から、日産のフェアレディZのような車を要望されて誕生したのですが、写真でも分かる通り、Zのようなスポーツカーではなく、ラグジュアリークーペでした。





2代目(A60)スープラも、国内ではセリカXXと言う名でした。



先代が、いかにもラグジュアリークーペ然としていたのに対し、グッとスポーツ度を増したスタイリングになりました。


これは、同時期に誕生した初代ソアラが、高級ラグジュアリークーペのポジションを引き継いだ為、スープラはスポーツカー寄りの車にすることが出来たのです。


当時は直6エンジンを積んでいればハイパワー&スポーティだった時代、ライバル(先代セリカで「名ばかりのGT達は、道を開ける」と言って挑発していたスカイライン)が125ps、ターボで145psだった頃、2.8ℓDOHCエンジンで170psと言うのは衝撃的でした。(もっとも、国内で売れたのはソアラの方でしたが)




3代目(A70)からは、国内でもスープラを名乗る様になります。



この代からは、外板パネルもセリカとの共通部品は一切なくなります。(まあ、セリカがFFに変わったので、共通化のしようが無かったのですが)


フロント周りに先代のイメージを残したデザインですが、名前を変えた事もありキャッチコピーは「TOYOTA 3000GT」として、セリカ派生のイメージを払拭し、往年の名車トヨタ2000GTのヘリテージを利用した戦略を取りました。


この代からグループAレースにも参戦、スポーツイメージも高めました。(意外なところでは、トヨタでラリーと言えばセリカのイメージがありますが、このスープラでラリーを戦っていた事もあります)




4代目スープラ(A80)は、スープラ史上初めて5ナンバーから決別したワイドボディで登場しました。



ワイドになっただけではなく、全長やホイールベースも詰められ、よりスポーツカーらしいディメンジョンとなりました。


3ℓ直6ターボの2JZ-GTEエンジンは、自主規制上限値の280psに達します(トルクは44.0kgf・m)。


但し、2JZ-GTEエンジンの実力はこんなものではなく、チューニングの素材として800psだとか1000psだとか信じ難い数字を叩き出していて、チューニング業界ではいまだに現役バリバリのエンジンです。(なんでも、アメリカでは新型スープラにこの2JZ-GTEを載せ替えるなんていうショップもあるそうです)


A80は、生産中止以後も長らくトヨタを代表するスポーツカーの座にあり、SuperGTも暫くは生産を終了したスープラで戦っていました。


また、映画「ワイルド・スピード」で、今は亡きポール・ウォーカーがA80スープラに乗っていた事もあり、北米でもカルト的な人気もあります。








こうして振り返ってみると、日産のフェアレディZが初代のS30からスポーツカーとして人気だったのに対して、スープラは初代のラグジュアリークーペから、代を重ねる度に段々とスポーツ度を増していったのが分かります。


スープラの開発責任者である多田CEが、スープラのヘリテージを語りますがそれはA80スープラのものでしかないと思います。(新型スープラにA80以外の車のヘリテージが有るとしたら、それはA70ではなくトヨタ2000GTでしょうね)


それが間違っていると言うつもりはありません。実際、A80開発時には、A70から踏襲する事よりも、新しいスポーツカーを作る事を考えた筈ですから。


ただ、A80と同じ程度の車でしかないのはどうなんでしょうか?


スープラの語源はラテン語で「超えて」や「上に」を意味します。


実際、歴代のスープラは、先代を大きく超えた車でした。


今回のA90スープラはA80と同じ3ℓ直6ターボです。数字上は280ps→340psで大きく超えていますが、これはA80の280psが自主規制上カタログ数値を抑えているだけで、実際は大して変わらないのでは?


それを、多田CEはあたかも「A80と合わせました」とでも言いたげにヘリテージを口にします。


しかし、本来なら先代を超える事こそがスープラの伝統ではなかったのか?


BMWの有り物が3ℓ直6ターボしかなかっただけで、多田CEの言うヘリテージは言い訳にしか聞こえないのです。


ま、だからと言って M5のV8ターボを積めとは言いませんけどね。(大きく、重くなってしまうし、それではスープラではない)


私は、同じ3ℓ直6ターボでも、M3/M4に積むS55クラス(次期M3/M4に積むと言われるS58?)のエンジンを積んでほしかったと思います。


考えても見てください。最新のスポーツカーなのに17年も前に生産を終了した車のエンジンである2JZ-GTEに載せ替えるなんて商売が成り立つんですよ?


それって、新型車―――それもスポーツカーの開発者にとって屈辱的な事じゃないかな?








環境性能が声高に叫ばれる昨今、スポーツカーを出してくれた事自体は称賛に値すると思います。


ただ、17年の歳月を越えて復活したにしては、あまりにも物足りない車、それが新型スープラです。


最後に、タケラッタ的に納得できない点が1つ。


何でMTが無いんや!
Posted at 2019/06/14 01:47:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「イギリスGPでのベッテルの追突。
あまりにも情けない。

https://www.youtube.com/watch?v=-KUixlLrO6c

最近のベッテルはどうしちゃったんだろう?」
何シテル?   07/15 12:26
タケラッラです。 子供の頃からの夢、ポルシェを手にしただけでは飽き足らず、遂にロータスまで買ってしまいました。 実用性はないかもしれないけれど、運転する事自...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

ブログタイトルの背景画像をランダム表示にする方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/24 15:25:40
快適性ゼロ!これぞ本物のスポーツカー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/17 23:54:00
デジスパスⅢの使い方 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/23 22:00:50

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
ついに憧れのポルシェを買ってしまいました。
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
ポルシェ乗りになってから、ずっと興味のあった空冷ポルシェを、遂に購入してしまいました。
ロータス エキシージ ロードスター ロータス エキシージ ロードスター
アルファロメオ4Cスパイダー、ポルシェ・ケイマンと乗り継いで、遂にロータスへと辿り着きま ...
BMW M5 BMW M5
前々から気になっていたE60 M5ですが、病気を機に、楽しめる物は楽しめるうちにと考える ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.