• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

タケラッタのブログ一覧

2019年07月15日 イイね!

変わりゆくマツダ

変わりゆくマツダこの3連休、神奈川はずっと雨模様でした。


事前の天気予報では、土曜日は曇りの筈でしたが、午前中からどんよりとした雲に覆われ、2時ごろには降り出しました。


今日だって、雨は朝のうちという予報だったのに、昼近くまで降っていました。


早く止んだら、富士スピードウェイに行って、クレフさんがCUPカーのテストを行う様子を見学に行こうと思っていたのですがねぇ。


お蔭で、3連休はドライブもせず、インドアで過ごす事に。


昨日開催された、F1 イギリスGPのリピート放送を見たり、批判したばかりの自動車雑誌のWeb記事なんか眺めたりしてました。


そんなWeb記事にこんなのが。


【クルマはいいのに販売現場は苦戦中!!】マツダ高級路線は「地獄」を終わらせられるのか!??


「地獄」とは、値引きしないと車は売れず、値引き販売による中古車価格下落で下取り価格も安くて、買い替え時は値引きがあるマツダ車しか買えない、マツダから抜け出せなくなるという「マツダ地獄」の事です。


今、マツダは値引きに頼らず、店舗も高級感を出すなど「ブランド価値向上」を図り、結果としてユーザーの愛車の価値を高めることに成功しています。



まぁ、そうすると、次は他社の車に乗り換える事も出来てしまうのですが(笑)、ユーザーに満足していただいて、次もマツダ車に買い替えてもらうという、本来あるべき好循環になっていけば良いのです。








ただ、記事では結構批判的に書いていますね。


日本国内の販売台数は、2010年が22万3861台、2018年は22万734台で、増えていないじゃないか、と。


でも、売れてさえいればいいのでしょうか?


今、国内でぶっちぎりで一番売れているN-BOXを持つホンダですが、会社としての営業利益率は4.6%ですが、主力の4輪事業では 1.9%だったそうです。(19年3月期決算)


まあ、利益率でいえば、マツダも2.3%と低いのですが、これは、中国、そして最大市場の北米での不振が原因と言えます。


何と言っても、日本で成功した「ブランド価値向上」がまだ道半ば、依然として販売奨励金という“値引き”で勝負という状態になっている為です。


今、マツダは米国で、次世代ブランド店への刷新を計画しており、目標とする300店舗のうちすでに265店舗が次世代ブランドへの投資を決定、既に完成した65店舗では、1店舗当たりの年間販売台数が着実に増加してます。


いずれ、この努力が実を結ぶ?









しかし、記事中では、「ブランド価値向上」の一環である店舗の高級化も批判しています。


「黒っぽい店内は、ソウルレッドのボディカラーは映えるが、マシングレーは思い切り沈む」


「家族連れで行く店舗なのに、店内が暗いため、子供が何をしているか分かりにくい」


全国統一で開始した黒っぽい店舗には不都合が多いと。


じゃ、コッチの方が良かったのか?









車名変更も否定的。


この度、マツダは、アクセラをマツダ3に、アテンザをマツダ6に変更しました。



今後、デミオもマツダ2になるでしょう。


記事では「アクセラやアテンザのファンに対して失礼だ」と言っています。


でも、アクセラやアテンザにしても、以前はファミリア、カペラという、長年愛されてきた車名を変更したもので、歴史的にはファミリア、カペラの方がずっと長いです。


世界共通車名にするという建前上の理由もあるし、アクセラやアテンザへの変更の時よりも、ずっと理にかなっていると思いますがね。(ちなみに、昔の輸出名は、それぞれ 323、626でした)








記事では、


『マツダの昔からの良さは、商品開発に対して愚直に、正直に取り組む姿勢だ。ちょっと不器用なところも魅力に感じた。クルマがカッコ良くなっても、マツダの本質は変わっていない。

 だからこそスカイアクティブ技術を達成できた。余計なことは考えない方がいい。今も昔も変わらない、マツダの良さを素直に表現して欲しい。』


と、結んでいます。


しかし、私はそうは思いません。


マツダという規模のメーカーで、トヨタやホンダがするようなことをしていてはダメだと思います。


例えるなら、スーパーマーケット。


同じ業態なら、規模の大きな店舗には敵いません。


さらに利便性を図ったコンビニに変わるか、そうでもなければ、専門店化や、高級路線にシフトするなどの変化が必要です。


ただ、コンビニはフランチャイズ展開している経営側企業は儲かるものの、店舗オーナーは厳しいですよね?


そう考えた時、売れ筋のミニバンをスッパリやめてSUVにシフトするとか、直6&FRの高級路線というのはアリだと思うのです。


愚直なだけでは、この先、乗り切っていけません。


マツダ3は、アクセラから比べると、だいぶ価格が上昇したようですね。


北米などで台数を追うにはかなり辛いかもしれません。


それでも、安直に販売奨励金に頼らずに、商品価値を高める努力をしていれば、いつかはプレミアムメーカーと呼ばれる事もあるかもしれませんよ。


ジャーマン3と呼ばれる、メルセデス、BMW、アウディですが、メルセデスやBMWはともかく、アウディは、中身はVWだったんですから。(←ちょっと暴論?)


クワトロ技術や、アウディ100などの空力ボディなど先進イメージ、シングルフレームグリルでメーカーの顔というかアイデンティティを表現した手法が、今のプレミアムメーカーとしての確固たる地位を築かせたと思うのです。




だから、マツダにだって出来ると思うのです。


頑張れ、マツダ!
Posted at 2019/07/15 21:52:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | MAZDA | 日記
2019年07月15日 イイね!

ポルシェは投機対象?

ポルシェは投機対象?昨日、何シテル? に 997GT2 の販売車両の価格について投稿しました。


みなさんは、この投稿をどう思いましたか?


愛車のリセール価格を常に気にかけている男?








実は、昨日、とある みん友さんからメッセージがきて、購入候補の1台に 997GT2 を挙げていて、GT2 に関するアドバイスを求められていたのです。


その時、みん友さんが提示していた 997GT2の価格が気になり、自分でも調べてみた、という経緯でした。


調べてみると、みん友さんが提示した金額よりも安い、しかもポルシェセンターの認定中古車が有ったのです。



残念ながら保証は付かないようですが、それでもポルセンで販売される車ですから、他の店舗で買うよりも安心度が違います。


そんな好条件の車が、思ったよりも安い金額で売りに出ている、という驚きが、何シテル? へ投稿させたのです。








勘違いして欲しくないのですが、私は、決して所有している車のリセール価格の上下に一喜一憂してはいないという事。


私は、ポルシェが、GT2が欲しくて買ったのであり、投機目的で買ったわけではありません。



だから、「高い時に売れば良かった」などとはこれっぽっちも考えた事はありません。


GT2は、体力的に乗れなくなるまで所有し続けるつもりです。(もちろん、経済的に持ち続けられなくなった場合は、この限りではありませんが)








まー、投機目的で買うなら、高止まりしている空冷ポルシェなんて買いませんよねー。(笑)

Posted at 2019/07/15 07:22:51 | コメント(4) | トラックバック(0) | Porsche | 日記

プロフィール

「ここ数戦のF1、面白いなぁ」
何シテル?   08/05 00:02
タケラッラです。 子供の頃からの夢、ポルシェを手にしただけでは飽き足らず、遂にロータスまで買ってしまいました。 実用性はないかもしれないけれど、運転する事自...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/7 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

ブログタイトルの背景画像をランダム表示にする方法 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/01/24 15:25:40
快適性ゼロ!これぞ本物のスポーツカー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/17 23:54:00
デジスパスⅢの使い方 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/23 22:00:50

愛車一覧

ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
ついに憧れのポルシェを買ってしまいました。
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
ポルシェ乗りになってから、ずっと興味のあった空冷ポルシェを、遂に購入してしまいました。
ロータス エキシージ ロードスター ロータス エキシージ ロードスター
アルファロメオ4Cスパイダー、ポルシェ・ケイマンと乗り継いで、遂にロータスへと辿り着きま ...
BMW M5 BMW M5
前々から気になっていたE60 M5ですが、病気を機に、楽しめる物は楽しめるうちにと考える ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.