• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

zymol 初心者のブログ一覧

2013年07月31日 イイね!

その後の蚊

今朝、右目の中の蚊の件で総合病院の眼科へ。にわか仕立ての予備知識どおり、完璧な飛蚊症と確定。
2時間待ってる間に10分ほどの視力検査を終え、さらに目ん玉の動きに合わせて動き回る鬱陶しい蚊に効く殺虫剤なんてのは、こんな大病院であっても2時間待とうが3時間待とうがあるわけないよなーと思いながらひたすら待つ。

目ん玉ん中にいて視界の邪魔をするのは、本当は蚊ではなく黒い糸くず。これがまた鬱陶しいったらありゃしない。こんな視界のど真ん中に来ずにもっと端っこの方に寄ればいいものを。図々しい。
あんまり暇なもんで、糸くずのスケッチしようかとも思ったけど、つまらんのでやめた。

ドクターとの会話も、事前学習の甲斐あって極めてスムーズに運び、「老化です。治りません。薬もありません」との冷たいあしらいにも無駄なあがきひとつせず、「この糸くずは網膜から1mm離れたあたりにあるのでしょうか?」とすでにランチタイムに入っているので、計測器の動きから最小限の「高度な質問」ひとつだけしたところ、ピンポン♪

一生、この鬱陶しい糸くずと付き合う覚悟は出来ているというのに、ドクターは問わず語りに「俺は高校生の時から蚊を飼ってる。今は慣れたよ」と。まあ、なんと優しいドクターなんでしょ。

2時間半後に診察代だけ払って出てきました。昨夜書いたとおり、お薬も次回の診察もなし。

カメラのファインダ用の利き目、無事な左目でよかったよ。

体中にボルト・金網その他が入ってて、これまで足し算だったけど、これからは引き算で、ひとつふたつとパーツが壊れてゆく。

さよならだけが人生なのさ、ふ。



POST SCRIPT: ・飛蚊症【ひぶんしょう】

          ・釣魚島【魚釣島】

どっちも動詞が先に来るんだな。
        
Posted at 2013/07/31 22:15:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | aging | 日記
2013年07月30日 イイね!

しつこい蚊

土曜日の晩に花火撮ろうと、犀川南岸の土手の草むらに陣取ったはいいけど、運悪くそこは蚊の団地だったみたいで、露出した肌は当然のこと、靴下の上からメス蚊が束んなって刺していきやがり、今日になってようやく痒みが収まったというのに蚊の奴まだいたよ。

どこにいるかというと、右目の中!

今朝から黒い糸くずみたいなものが右目を開けている限り、目ん玉の動きに付いてくる。邪魔でしかたがないからといって殺虫剤目ん玉にかける訳にもいかず。

さっそくググってみると、『飛蚊症』というのがヒット。
明日、眼科に行ってくるけど、医者からはたぶん『飛蚊症です。気にしないでいいですよ。え、原因?えーっと老化です』との診断結果がググって得た予備知識を確定させるに違いない。クッソー、まだ若いつもりで生きてきたのに。

『あのー、治るんでしょうか?』と一応セオリー通り聞いてみる。

『治りません。慣れてください』

慣れてくださいといわれても、こんな邪魔なもの簡単に慣れるわけないじゃん。

『お大事に』との看護師の定型句に診察室をあとにすることになるんだろうが、きっと金だけ払わせて薬一つくれないんだよなー。
Posted at 2013/07/30 20:03:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | aging | 日記
2012年11月18日 イイね!

そろそろ来たかも

私が2階にいると、下から家人が、
「田○さん、おいでたわよー!」と大声で呼ぶもんで降りてみると、玄関には
鶴○さんが!

本人を目の前にして、その人の名前を目一杯間違えるなんざ、失礼以前に老化も甚だしいと思うけど、私も漢字が書けなくなってきたり、簡単なことを間違える自分に気づく今日この頃。

ヒコーキとPCばっかり相手にしていると、ボケるの早いかも知れないなー。やっぱり、人と話す機会を作らなきゃ。

何が恐しいかといって、ボケるほど恐ろしいことはない。

ニヤついている、そこのあなたも、決して例外ではないのだよ。 ふふふ。
Posted at 2012/11/18 18:52:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | aging | 日記
2012年04月23日 イイね!

誰でも歳はとる

誰でも歳はとる特別リポート:中国で「第二の人生」歩む、日本の熟練技術者たち

[東莞(中国広東省)/東京 23日 ロイター] 1980年代の日本企業の世界的な躍進を支えた日本人技術者が、中高年期になって経済が高成長する中国に渡り、「第二の人生」を歩むケースが目立ち始めている。

会田政行さん(59)は、30年にわたって東京の会社で金型製造を手掛けたベテラン技術者だ。その後中国に渡り、50代のほとんどは「珠江デルタ」地域にある製造業の集積地、広東省東莞で過ごした。

東莞の工業地区の町並みや雰囲気は、東京や大阪のそれと大きく異なる。辺りにはクラクション音が絶え間なく鳴り響き、化学薬品の臭いが立ち込める。ほこりっぽい通りのあちこちで工事が行われており、物乞いする人の姿も多く見られる。

だが、会田さんをはじめ、日本企業の多くが定年とする60歳が間近に迫った人々にとっては、年金受給年齢に達するまでの数年間を全く無収入で過ごすか、中国本土や香港の企業で働くかという、単純な選択だ。

会田さんは、中国に来た理由をこう振り返る。「私の職業は日本では無くなりつつある。日本でモノづくりが行われなくなってきている。30年金型(づくり)をやってきて、苦労して手に入れた技術を(次の世代に)伝えたかった」

20年間にわたって経済が停滞状態にある日本の技術者が中国に流出することは、「メード・イン・ジャパン」ブランドを築き上げた技術力がライバルの中国企業に流れてしまうことを意味する。

日本政府の統計によると、人口800万人余りの東莞市には現在、2800人の日本人が居住している。

経済産業省経済産業政策局の知的財産政策室の石塚康志室長は「日本側から見れば、新興国に日本が長年培った技術をフリーライド(ただ乗り)されている。これは当然問題」だと指摘した。

日本からの「頭脳流出」が初めて問題になったのは約20年前。サムスン電子<005930.KS>やLG電子<066570.KS>といった韓国企業が、日本の大手電機メーカーから多数の半導体や白物家電の技術者を引き抜いた時期だ。こうした人的資源の流出も手伝って、韓国企業はその後、世界のトップメーカーに躍り出た。

対照的に、日本の電機大手は不振続きだ。テレビの主要メーカーのソニー<6758.T>、パナソニック<6752.T>、シャープ<6753.T>は、韓国勢との競争などを背景に、2011年度の損失額が計210億ドルに上ったとみられている。

<西を目指すメード・イン・ジャパンの技術者たち>

アナリストらは、中国で「第二の人生」を見出した日本人技術者の多くは、日本企業に即刻、致命的な打撃を与えるほどの先端技術を有しているわけではないとの見方を示す。しかし、彼らの流出は高品質の製品を効率的に生産するノウハウを中国企業に与えることにつながり、長期的なインパクトは深刻なものになる恐れがあると警告する。

中国政府は国内企業による技術革新を奨励しているものの、専門家の間では暗記学習を重視した教育システムがその障害となっていると見る向きも多い。このため、社内で人材を育成する代わりに、そうした資質を社外から「買う」ことで当座の解決を図る中国企業が多いという実態がある。

東京の経営コンサルティング会社、アーサー・D・リトル(ADL)ジャパンのアソシエート・ディレクター、川口盛之助氏は「(金型製造など)生産にかかわる技術は企業の長年の失敗や経験から得たもの」だと指摘する。

川口氏自身も日立<6501.T>で家電製品づくりを担当した経験を持つ元エンジニアだが、金型のほんのわずかな違いでさえも大量の欠陥商品を作り出す原因となり得るのだと説明。「(日本人)技術者の流出は当然、中国製の商品の質と生産性の向上につながる」と警鐘を鳴らした。

会田さんも「10年前に初めて中国に来たときは、モノは壊れなければ良しとされた。その頃からと比べるとかなり成長した」と、中国人技術者のレベルがこの10年間で向上したことを認めている。

それは最近の貿易統計でも一目瞭然だ。統計によれば、第1・四半期の中国の高付加価値機械・電子製品の輸出額は前年同期比9.1%増の2530億ドルで、伸び率は前年同期の7.6%から加速している。

中国の製造業へとなびく技術者の流出に歯止めを掛けるのは不可能かもしれない。

大手重機メーカーの三一重工<600031.SS>や自動車メーカーの吉利汽車 <0175.HK>、比亜迪(BYD)<1211.HK><002594.SZ>はロイターに対し、技術面でのノウハウ向上のために日本人技術者を雇ったことを認めたが、それ以上のコメントは控えた。

大手企業だけでなく、中国には本土全体で何千、何万もの中小企業が存在する。すべての企業が移住してきた技術者を雇い入れられるだけの資金力を持っているわけではないが、技術の輸入コストがかつてほど高くないことに一部の企業は気づき始めている。

供給があり余っていることがその一因だろう。日本の人口の10分の1近くを占める数百万人の「ベビーブーム」世代は定年を迎え始めており、その中には多くの技術者も含まれる。

金銭的理由だけではない。日本での定年を迎えた後も働き続けたいという思いから、多くの技術者が中国に移り住む誘いを受け入れている。

会田さんは中国企業の簡素な会議室で一服しながら、「日本にいた時より長時間働いているが、給料は日本より今は少ない」と打ち明けた。

金型技術者の岡富夫さんは、東莞にある台湾企業で働くため、1998年に松下電工(現パナソニック<6752.T>)の子会社を退職した。

岡さんは「家族全員が反対した。当時、松下電工という世間からすれば立派な会社に勤めていて、安定した収入もあった。妻は離婚するとまで言った」と当時を振り返った。

それでも「自分の運命の扉は自分で開けたかった。人が敷いたレールの上の人生を歩むのが嫌だった」と言う。

<海を渡った技術者の胸の内>

中国の輸出ハブとして機能する広東省で第二のキャリアを始めるに当たり、何も問題がなかったわけではない。

日本の大半の都市ではありふれた快適さや利便性は、岡さんや会田さんが住む東莞郊外の工業地区ではめったにお目にかかれない。

公共輸送機関はバスだけ。ほとんどのタクシーは営業免許を持たずに走り回っており、外国人はぼったくり被害に遭いやすい。すりや空き巣は日常茶飯事だ。

ただ会田さんは「私は戦後の混乱が残る日本で育った。その頃の環境とさほど変わらない」と納得顔で話した。

東莞に住む日本人の多くは家族を国に残してきている。日本では決して高級とは言えないアパートに居を構え、空いた時間をゴルフや街中に点在する日本料理店での日本人同士の飲食に費やす。

掃除や洗濯をしてもらうため、そうした店で働くウエートレスをパートとして雇う日本人もいる。

また、日本人男性目当てに若いホステスを置いているカラオケクラブ(通称KTV)も数多く存在する。

ソファやカラオケセット、ビリヤード台に囲まれた薄暗いKTVラウンジに腰掛け、日本の焼酎をすすっていた日本人男性は自問する。「7時に仕事が終わってから友達と飲むかカラオケに来る以外、どうやって過ごせばいいのか」

傍らで仲間の技術者がタイトスカートをはいた若いホステスの腰に手を回し、日本のヒットソングを歌う中、この男性は「独りで家でDVDを見るのって寂しいですよ」とつぶやいた。

日本には、韓国へ渡る日本人エンジニアについてライバル国に技術を売り渡す「売国奴」などと呼び、批判する向きもいる。中国へ渡る技術者たちはそうしたそしりをさほど受けていないものの、中には技術者らの動機に疑問を投げ掛けるブログも存在する。

これについて岡さんは、大半の移住者が家族の生活を支えたいだけだと話す。「60で定年を迎えて、年金が出る63とか65までどうすればいいのか」

日本の抱える債務は10兆ドルと、経済規模の2倍に相当。政府は年金の受給開始年齢を60歳から徐々に引き上げざるを得ない状況に追い込まれており、定年後、一時的に収入のない状態に置かれるサラリーマンも少なくない。

岡さんは「罪悪感というのはあまりない。罪悪感より、誰か声を掛けてくれた方に行くでしょう」と語った。

一方、日本企業は政府と同様、技能やテクノロジーの流出阻止に向けてできることはほとんどないと口をそろえる。

経団連産業技術本部の続橋聡本部長は「技術は上流から下流へ流れる」と指摘。「日本もそうやってアメリカなどから習得したとも言える」と話した。

会田さんは、製品に完璧さを求める日本の文化に多くの技術者が疲れ切ってしまったと言う。

「日本は過剰品質を求める。仕事がしたくなくなる」

会田さんの本音だ。

(By 高田 和典;Additional reporting by Samuel Shen in Shanghai; Editing by Jason Subler and Alex Richardson; 日本語版翻訳編集 植竹 知子・関 佐喜子)



こっちは、技術者を受け入れる側人民日報の日本語版です。



引用文が長いので私のコメントは簡単に。

いや、むしろ本文の下方にあるコメント群をお読みください。人間誰しも歳をとります。
ですが、高齢になってから、単身見知らぬ他国に職を求めざるを得なくしたのは誰のせいでしょう。
ここに登場する方々の責任ですか?え?政治や経済は「苦手」ですか?あすは我が身かもしれませんよ。
久しぶりのコピペブログでした^^;
Posted at 2012/04/23 19:12:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | aging | 日記
2011年10月30日 イイね!

待つ身

10/7に小松基地所属F-15の燃料タンク落下事故を起こしてからもう3週間、防衛省側からは未だに原因究明完了のアナウンスがありません。
したがって、我がフォトギャラリーは更新を滞ったままです。

こんな状態がいつまでも続き日本海上空での訓練がないと、シナやロシアのヒコーキが海岸線を舐めにきます。



除湿庫の中のカメラやらレンズが退屈しきっています。




こちらは、ドイツの白とフランスの赤の入ったワインセラーです。
ワインたち、時々早く飲んでくれと夜中になると騒ぎ出しますが、こちらはミンス党が崩壊した暁にどんちゃん騒ぎするため、今は静かに寝かせてあります。


今や、この日本、前門の虎(アメリカ)と後門の狼(シナ)とに挟まれたうえ、内部から侵略者を誘い入れるかのような国賊・売国奴が充満、我がストレスも貯まり爆発寸前となっております。

そんなこんなで、もうすぐひとつ歳を重ねます。あ~あ。
Posted at 2011/10/30 23:29:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | aging | 日記

プロフィール

「ご報告と御礼 http://cvw.jp/b/141103/35978669/
何シテル?   07/02 11:21
洗車が趣味のホンダ党員です。 zymol 製品と出会ってから9年、まだ安いときに、一生使い切れないほどのワックスを 1個だけ買い込んだんですがね、もとも...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

二十四節気の雨水の日の京都 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/26 23:45:08
DAY 1 (04/08)   part 1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/23 10:41:33
Smoke Test 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/22 12:28:31

お友達

気軽にお声がけを。
17 人のお友達がいます
あゆちーこあゆちーこ * こあらこあら *
NPおんちゃんNPおんちゃん * お~い皆の衆お~い皆の衆
jawayjaway Heero YuyHeero Yuy

ファン

38 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ CR-Z ホンダ CR-Z
2010年5月21日に前車CR-Z ZF1に乗り始め、2014年3月4日までに45,72 ...
ホンダ CR-Z ホンダ CR-Z
4年9ヶ月乗った前車ABA CL9、総走行距離48,341kmで未練を振り切ってCR-Z ...
ホンダ アコード ホンダ アコード
2005.8に、わけあって同じアコードに乗り換える。フロントグリルだけユーロRもどきに交 ...
ホンダ アコード ホンダ アコード
これまでの車歴でもお分かりのとおり、ほぼ完璧なHONDA党員です^^。 この時点での使用 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.