• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

すぎりんのブログ一覧

2013年10月13日 イイね!

京都船岡温泉に行きました

京都船岡温泉に行きました有形文化財の銭湯、京都市の紫野というところの「船岡温泉」に行きました。



京都特有の路地に、いきなり普通に唐破風造りの年代物の建物がポツンと建っています。



もっぱら地元のお年寄り御用達ですが、
外国人が時々入りに来ます。そこがまた面白い。

しかも、料金は大人410円って・・・すごい有形文化財。

中に入ってまたすごい!元気なご老人女将が迎えてくれます。
80前後???このおかあさん、外国人の対応に英語をぺらぺらしゃべりはります。

中に入ればこの通り!続けます。















あぁ混浴です。裸の娘さんがいはったえぇ!笑。




まぁ、内湯はお客さんが入浴中でしたので撮れませんでしたが、
数種類の湯船がありました。

タイムスリップ感覚に陥ること必至。楽しいですよ。
日露戦争を彫り込んだの欄間もすごいです。


近所に銭湯を改造したレストランカフェもあります。面白い町の空間です。




http://www.kyo1010.com/feature/funaoka/


Posted at 2013/10/13 12:18:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域
2013年03月23日 イイね!

タコの小旅

タコの小旅今回のドライブは、兵庫県明石市です。

関西に住んでいると、「明石と言えばタコ!」と言うほど
タコで有名なところですが、
年間の漁獲量で言えば、圧倒的に北海道の根室市がダントツ1位で
約4500トンの水揚げ量。 で明石市はベスト10にも入っていません。
でも、明石焼き(たまご焼き)は関西では認知度が非常に高いです。

明石海峡大橋は全国的に知られている本四架橋のひとつです。
それになんといっても、小学校の社会科で習った日本の標準時間を示す
東経135度を通る町でもある。
古くは源氏物語の舞台になった地で歴史ある町です。

江戸時代になると、四国、淡路島、本州を結ぶ海上交通の拠点で栄え
明石城なるお城(現在は城跡に公園)もある城下町です。

天守閣はもうありませんが、立派な櫓は残っていました。写真はお堀沿いの道路です。



今回の最大の目的は、大晦日にテレビでよく中継される台所
東京はアメ横、大阪は黒門市場、沖縄は牧志市場、
そして明石の!・・・ってそんなにメジャーじゃないけど「魚の棚商店街」です。
ここ、読み方は僕らは「うぉんたな」と発音します。

で、「魚の棚商店街」に出向きました。



関西では「タコフェリー」で愛され無念にも大橋で廃業となったフェリー乗り場跡の駐車場に
クルマを停めて、北方向へ歩きます。
明石の歴史を感じる一つにお寺・神社の多さがあります。
さっそく

光明寺があり、さらに北へ歩くと駅前が見えてきます。


そのちょいと手前が「魚の棚商店街」入り口です。

意外とおとなしい看板振付です(笑)



でも中に入るとこの活気!連続でアップしますので雰囲気をどうぞ!










タコだけじゃない!

あなごも有名。もちろん魚も



「ひる網」と言うのは、早朝だけでなく昼にも水揚げされ、午後からでも生きている新鮮な魚がゲットできるのです。




なかなかいいでしょ!で、やっぱりここまで来たら「明石焼き」です。


で、今回選んだ店は、老舗をねらって大正13年創業の「きむらや」さんを訪ねた。
商店街より南、海側に位置します。




店内には有名人の色紙がずらり!

しかし、一人前20個は・・・多すぎです。


老舗人気店で選んだつもりですが・・・・・たこ焼きの本場大阪人としては
少々不満の残る大味な食感でした。正直なところ・・・。







気分をとり直し、海へ出てみました。漁船団!ここは潮の香り満点!




こーんな近畿最古の旧灯台がありました。お城の石垣のような造りです、いいじゃん!






現在の灯台は


で、じっちゃんたちが釣れもせんのに・・・



赤いのもあった


ジェノバラインという淡路島を結ぶ高速渡船が行きかいます。
遠く明石大橋が見えます。

こういうまったりとした雰囲気が好きなんだなぁ。時間を忘れてしまいます。





とろろんとしているうちに、陽はどっと傾き・・・・・・

こんな風情もいいでしょ、小旅している感じです。あぁ!民宿にでも泊まって美味しい魚が食べたい!



という訳にもいかず帰路に向かいました。
でも阪神高速は一番混んでいる時間帯です。神戸でちょいと寄り道時間つぶしです。
定番ハーバーランド、ポートタワー、ポーアイ北公園!








こんな都会のイルミネーションも好きです。心癒されます。
あぁ楽しかった!
今回もナスビー号にお世話になりました。


・・・・・・・・・・・・・・おしまい。
Posted at 2013/03/23 06:14:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2013年03月07日 イイね!

室津・またもや牡蠣の小旅

室津・またもや牡蠣の小旅またもや牡蠣を食べに行きました。
2月の事ですが・・・
今度は兵庫県はたつの市室津。ここも牡蠣の名所です。


室津も歴史ある町の様です。約2000年前に港が開かれ(これは定かでない話)、「室の様に静かな津」だったので室津と名付けられたそうです。


江戸時代には、西方の参勤交代の大名たちの寄港地となり
本陣も6軒ほど陣取られ、宿場町としても栄えたけっこう有名地です。









そして、ここにもお城があって今は室津城跡の公園になっていました。




高台に登って入り江を眺めると・・・

逆方向は瀬戸内海播磨灘も・・・







そしていよいよ港に行くと
坂越より鄙びていて、しっとりした漁村の風情が濃いでした。
漁船のガレージ?に軽トラが身を寄せる。いいねぇ。

港に出てもこんな感じの風景です。









で、さっそく牡蠣を求めて直販店の並ぶエリアへ行きました。




どの店も試食はタダで焼き牡蠣を振舞ってくれます。




焼き牡蠣、牡蠣味噌汁を頂いて牡蠣三昧。
で、ちょっと遅い昼食は、牡蠣はおいてアナゴ丼といきました。

わりと有名な料理屋さんらしく、こちら方面のマイミクさんもご存じな店でした。








お腹が満腹になりコーヒーが飲みたくなって
クルマを東に少し走らせました。


そこには穴場のようなひっそりしたおしゃれなホテルがあります。御津町新舞子浜。
http://www.seashore.co.jp/index.html

ここのラウンジでコーヒーを頂きました。すばらしいロケーション。




ホテルのチャペルがまた素晴らしい!









天候もよく、楽しいドライブになりました。
いいことは帰宅後まで続く。ふっふっふっ!
お土産に買った殻付き牡蠣をさっそく焼きました。



レモン汁をかけてツルン!と頂きました。サイコーーーーです!
皆さんもぜひお出かけください。牡蠣がお好きならばネ!





今回も、悪友トスボウとナスビー号で出かけました。ナスビー号ご苦労様。


Posted at 2013/03/07 00:40:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2013年02月11日 イイね!

坂越・牡蠣の小旅 by ナスビー号

坂越・牡蠣の小旅 by ナスビー号1月末日、兵庫県の牡蠣の名所「坂越」に牡蠣を食べに行きました。
前々から一度行きたいと思っていたのです。

坂越の町は想像以上に歴史がありました。
坂越浦城というお城もあったのですね。もっとも常時殿様がおった城ではなかったようですが。
裕福な商人もおったようで、立派な町並みも残っていました。





この日は旧車のミーティングがあったのか、
行きの高速でやたら国産旧車に出くわしました。これは初代ジェミニ






坂越の駅前に着いたのは11時過ぎ。
いい感じの寂しーーーい駅舎です。田舎にきたなぁぁぁという感じね。







時間があったので、チトうろうろしてみました。お寺です。




そして、坂越浦城跡




坂越浦と町並みが一望できます。いい場所です。





茶臼山に登ると、さらに美しい海が広がります。いいねぇ!






さて、いよいよ牡蠣です。
お目当ては鎌倉水産








大きいのと焼いても縮まないので有名です。
しかし、テレビで紹介されすぎて、ありつくまで20分も待たされました。
う~~~ん、日曜日は混みますわ。
まぁプリプリにありつけたから、よしとします。






今回、牡蠣と同じくらい町が素敵でしたね。
春にでももう一度出かけてみたい癒しの土地柄でした。



帰りは、坂越街道をゆくと、旧い建物を利用したカフェがありました。




素敵な御嬢さんがいろいろお話ししてくれました。







今回は、ナスビー号ががんばってくれました。
Posted at 2013/02/11 17:29:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブ | クルマ
2012年08月17日 イイね!

萩・津和野(後編)

萩・津和野(後編)さて、間が空いてしまいました。すみません後半です。

実は、今回ちょっと歴史の復習旅でもあるのです。
もちろん、土地の遺産や文化・料理etc・・・など「な~る!」と感心する旅でもあります。

そうくればやはり「萩城!」といきたいですが
「指月城」と呼ばれたこのお城。実は建物たちはない!

明治7年に廃城令で取り壊してしまった。
石垣が残り、公園として開放されている。
それでも、北側を海に面している萩城跡は眺めがいい。




日本海が大きく見える。空がきれい。
海を一画に持つ城は、防備上どうなんだろう?
まぁ海側から攻めて来ても、城郭から丸見えだし
そちら方面には大砲での攻撃もし易いのかもしれない。





菊が浜。指月山。

萩城は街の中心というわけではない。
菊が浜の最端にある指月山の麓にある。
南東に城下町が広がるが、幕末の志士たちは、チト城から離れた所に住んでいました。


こんな感じでシンプルに区画されたエリアに・・・

高杉晋作の生家があった。石高は200石のボンで(坂本家は170石)500坪の邸宅に住んでいた。
この写真は現存する半分の敷地。
坂本家の総資産は30億円とも言われるので、高杉家はそれを越える資産を持っていたのでしょ。

晋作の母親「雅子」さんです。口元そっくり!


近くに、木戸孝允生家もありました。やはり大きな構えの屋敷。
今回、久坂玄瑞旧邸までは、時間的に行けなかった。

しかし、幕末を転覆させた志士たちはけっこうお金持ちが多い。
剣術や学問で腕を磨いたり見聞を広めるには、そこそこお金が要ったと言うことですね。




トス坊は奥方に萩焼のお土産を買っていました。

すまそん。僕は焼き物に深い興味はない。
大学で一年間泥だらけになり単位を所得したが、土を捏ねるのは夏場は拷問に近い授業でした。パス!

長州藩にも、大きな藩の塾があったようです。

それが、いま小学校の敷地に保存されておりました。
で、その小学校もたいがい時代物で今も現役らしい。ほんとかなぁ・・・。驚き!






この晩は萩のお祭りでした。

笠山(萩城の東方向)にまで行くと漁港が大にぎわい。

笠山を上り詰めると、日本海が一望出来ます。いいじゃん!



ここの展望台は、ちょっといいよ。なんせ周りの樹木より高い塔なんですから、風もあり見晴らしサイコーね!

夜は夜でまた大大と山車も出る。






僕だけちょっと夜遊びして、今夜店でてんやもんを買って食べる。夜はビジホが宿。




3日目は、さすがに僕はクタクタ。なんせトス坊は、早寝早起き優等生。
旅行スケジュールをこなすのに、朝は6時起床。7時には朝食完了!なんです。
これ、僕にはつらい!僕はその日ばったり、朝は8時くらいウダウダ寝ていたい。

けど、トス坊が運転で、松江に向かう。僕は助手席で熟睡。トシ坊お怒り!

途中、プチ・ストーンヘンジに遭遇。イイじゃん!少し目が覚める。


まぁ・・・オブジェということで・・・目的は・・・問わない。












んで、・・・・・松江。


きれいな城下町だし、小泉八雲の地だし宍道湖・中海があるし、八重垣神社や玉造温泉もあるが、ほぼ熟睡。






知らないウチにクルマは帰路についていました。
久坂玄瑞の奥方は、吉田松陰の妹だったとからしい記憶があったのだが



大山が見える・・・。


ちょっと寂しい旅の終わりの雲でした。


萩・津和野・・・おっさん旅・・・おしまい。
Posted at 2012/08/17 13:45:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブ | 旅行/地域

プロフィール

「ENTHUSIAST・Vol.17 http://cvw.jp/b/1419922/39169660/
何シテル?   01/13 13:46
すぎりんです。よろしくお願いします。 国産車・ドイツ車・イタリア・フランス車に乗ってきました。 マツダ、VW、ルノー、フィアット、シトロエン、プジョーです。...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

ヤッシーMGさんのプジョー 208 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/11/05 08:18:12
インター・ラピスさんのフィアット フィアット500 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/09/15 23:28:03
代官山へ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/06/30 10:23:14

愛車一覧

フィアット パンダ サビーニ (フィアット パンダ)
45のカタログには無い最終1986年モデルのみの、ターコイズブルーです。 ちょっとくすん ...
プジョー 2008 マルハチ (プジョー 2008)
フランス車、ルノー、シトロエン、プジョーをこれで2台ずつ乗ったことになりました。
シトロエン BX シトロエン BX
シトロエン BXに乗っていました。 1985年式16TRS、MT。2台目のBXです。 オ ...
ルノー メガーヌ (ハッチバック) ナスビー (ルノー メガーヌ (ハッチバック))
AT車を探していました。で、パトリック・ルケマンのリアデザインに惹かれて、買いました。 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.