• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ロスレガのブログ一覧

2017年11月18日 イイね!

エキマニ スタッドボルト強化 排気漏れ修理タウンボックス

エキマニ スタッドボルト強化 排気漏れ修理タウンボックス仕事用のタウンボックス号がまた排気漏れでアクセル踏み込むとブリブリ鳴ってました。

原因は高熱の為、エキマニ変形(反り返り)でエンジンと接続するスタッドボルト抜け。

以前にはスタッドボルトが折れてクルマ屋さんに修理してもらっておりましたが再発です。
今回はシリンダーヘッドのネジ山をぶっ飛ばしてスタッドボルトが空回りする状態になってました。

(別の)クルマ屋さんにオーバーサイズスタッドへの打ち換え等を相談したところ、やりたくないようだった(ww)ので自家修理にチャレンジ!



赤矢印が問題のエキマニのスタッドボルト。
クルクルいくらでも締められます。(締まってない(笑))
奇跡的☆に一番アクセスしやすい場所です。

ナットを緩めるとあっけなくスタッドボルトごと抜けてきます。


手持ちのジャンクを探したところ、使えそうなワンサイズ上のスタッドボルトが出てきました!(上の細い方は今までの純正?)
これ(下の方)レガシィ/インプレッサのターボのやつです。
ナットが焼き付いてて外すとネジ山がダメになったりしましたが、2本あったうち1本は使えそうです。(写真はダメな方)

果たしてこのままエキマニを取り外さずにM8スタッドボルトからM10スタッドボルトに入れ替えられるのか?!


エキマニのボルト穴を10mmのドリルで少し拡げたがM10のタップはギリギリで通らない。
10mmをちょっと超える鉄工用のドリル刃は手持ちが無いのでドイトに行って10.8mmドリル刃買ってきた。結構高価で勇気が必要でした!(笑)

ところが買って帰ってから、、、

ん?うちの電気ドリルのチャックって10mmまでじゃなかったっけ?
買ったドリル刃は10.8mm。
わー!使えないよこれ!(><)
(10.5mmだったらギリ使えたかも?)

この電気ドリルもう長年使ってるし、これを機に大きなチャックの電気ドリル買うj?
いや13mmまで対応のって大型、高価なやつばっかじゃん!

タップは途中まで入るのであとほんの少し拡げるだけ。
リューターで少々削ったらタップが入るようになった。
ドリル刃買わなくてよかったんじゃぁ…?(汗)


8.5mm下穴を開け、M10, P1.5タップを切る。


ねじ山出来たかな?


M10スタッドボルト。焼き付いたナットを外すときにネジ山が痛み、ダイスで修正するのも咥えるところがないのでネジ山が痛み・・・、なんとか使えそうなところまで持ってきました。(新品買えよ!って?ごもっともw 勢いというのがありまして…)
ナットもタップで整えます。


ダブルナットにして、焼き付き防止のカッパグリース塗って。


周りが狭いのにナットが大きくなり、スタッドボルトを入れて、ダブルナットを解放するのも一苦労。


出来ました!!
ひかえめに締め付けて200mばかり試走。排気漏れのブリブリ音は出なくなりました!

そこでそのままタウンボックスに乗って先ほど買ったドリル刃(未開封)を返品。(ホッ)
帰ってきてすぐにエキマニが熱いうちに増し締め。
うん、これでOKでしょう!
何しろM8からM10にサイズアップしてるので強度的にだいぶ心強いです。
ヤッタネ(^o^)v

Posted at 2017/11/18 21:35:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | くるまいじり | 日記
2017年05月28日 イイね!

水切りモールリフレッシュ!



ロスレガ号の水切りモール、かなり劣化して斑点状に腐食し?かなりボロっちくなって気になっていました。
新品部品に交換したいところだけど、純正部品はもう出ません。

このモールは(たぶん)ステンレスにゴムを成型したもので塗装しても剥がれやすいだろうし、マーキングフィルムを貼ってもはがれる心配があります。
ネット上を調べても水切りモールを交換した記事はいくつもありますが交換する部品のない水切りモールを綺麗にしたという記事はほとんど見あたりません。
どうしたものか・・・。

失敗してグダグダになったらいやだし、と思って予備で1枚だけ持ってるドアで実験しようと思ったのですが、発掘して見ると意外にも水切りモールはツヤツヤで割と綺麗な状態で実験台になりません。
しょうがない、ロスレガ号でトライしてみますか。


メラミンスポンジで磨いてみたものの斑点模様は取り切れず、思い切って2000番のペーパーで磨いてみました。
ほぼツヤ消し状態。ツヤは戻せるのか??


KUREラバープロテクタントを吹きかけて拭いてみたもののツヤにムラがある感じだったのでブルーパール(ブラウンソフト)で磨いてみたところ、しっとり半ツヤぐらいのなかなかいい感じに!☆
よく見れば細かい点々はあるけどよーく見ないとわからないレベル。

とりあえず右サイドリアドアのみやってみた。






数週間放置後、特に変化は見られないのでフロントドアも同様に(メラミンスポンジは使わずに)作業することにした。


びふぉー。


アフター。


新品同様とは言えないけれど特に汚さ、痛みは気にならないようになった!!(^^)v

(長期的に後々どうなるかは未知数です。Lサイドはまだやってません)



追記
Lサイドもやりました。


Posted at 2017/05/28 21:43:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | くるまいじり | 日記
2017年04月23日 イイね!

○E・スパークマーク

○E・スパークマーク
レプリカモデルとなるMANXラリーに出場していたナンバー「H187GUD」のマクレー車。この車両には他の車両には見られない独特なシンプルなデザインの消火器、カットオフスイッチマークが付いてるのです。アップの写真が無くイマイチ詳細不明。こんなところ誰も違いを気にしないというわけで優先順位低く、今まで汎用の消火器、カットオフスイッチマークでお茶を濁してました。

貼ってから14年も経っているようです。


「H187GUD」はRACラリーにも出ていて山海堂WRC'91-'92誌にこんな写真があるのを発見。RAC
での転倒後に予備になっていたMANXの時のボンネットを付けたっぽい。(でもちゃんとタバコ広告禁止仕様になってますね)
Eは○が無いのか…。
割とディテールがわかるのでこれを再現を決意。


はがす。糊を落とす。
ウオッシャーノズルの周りのしつこい汚れも気になり、ウオッシャーノズルを外してペーパー掛けまでしてこれを除去。(片側だけ(^^;;))


カッティングステッカーです。
本物も誰かが間に合わせで手作業で作った、そんな気がする。



また一歩本物に近づきました!♪
Posted at 2017/04/23 20:32:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | くるまいじり | 日記
2017年04月11日 イイね!

長年の夢、ついに装着!

長年の夢、ついに装着!クリア塗装は特に剥離することもなく大丈夫そうでとりあえず良かった☆


コストパフォーマンス抜群!の定番アジアンタイヤ、ピンソタイヤ到着ww


モノによってはかなり入ってしまったゴミ取り、場所によりザラついたところも結構あるので部分的にペーパーがけ&磨き作業を行い、ロゴを貼り付けた。

写真ではとても綺麗に見えますが、綺麗っぽいところを綺麗に見える角度で撮ってるからです(笑)
ステッカーをクリアの中に閉じこめるのは後で変更が効かないのと、傷ついて塗装補修が必要になった場合に塗装をほとんど全剥離する必要が出てくるのであまり好まない。


そしてタイヤ屋さんへ持ち込み。

やはりあのバルブは傘部分が小さくてエア漏れしやすいということでやむなくゴムバルブに。(-。-;
中古金属キャップはサービスしてくれたww

それにしてもMONOタロウに確実に適合しそうなの無かったぞ?!
合いそうなのは取り扱い中止になってたり、穴径が誤表記ぽかったり。。。なんだか釈然としない。
固着してたとはいえバルブ破壊して外したのは失策だったか。



タイヤが付きました!


裏はこんな感じ。あちこち垂れたり塗装が薄かったりしますが気にしません。

早速付け替え。


じゃ~ん!(笑)
ついに長年の夢、7本スポーク、ゴールドのテクノマグネシオ装着!!
レプリカとしてほぼ完璧になった☆♪
(8本スポークのスピードラインホイールは93年ポルトガル以降)


タイヤサイズはほんの少し大きめの205/55R16 91V。





当時のボクサーサウンド誌より。グラベルでも16インチだったのか?!
Posted at 2017/04/11 23:36:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | くるまいじり | 日記
2017年04月06日 イイね!

ホイールクリア塗装!

ホイールクリア塗装!いよいよ塗装最終段階クリア塗装!
2丁目のガンを下ろした。
下ろしたてをいきなり本番で使うと油分が混入したりして失敗するようなので先に油分を洗浄。








塗る前のホイールに塗料がポタッと垂れた時にはアウトか!!Σ( ̄ロ ̄lll)
と思いましたがそのへんをやや厚塗りして誤魔化した(笑)
結果少し盛り上がってるけど後で磨けばOKかと。
塗料カップとガン本体との接合状態があまりよくないみたいでそこから垂れちゃったのです。
2丁目のガンはトリガー(エアバルブの作動)のフィーリングもよくないし、、、ちょっとハズレなのかも。男前モノタロウ、安価な製品なのでしかたないか…。


クリア塗料いっぱい余った!もったいない…。

所によってゴミが多かったり、クリアこってりだったり、ゆず肌ぽかったりはありますが、致命的失敗はなく済んでホントに良かった。

と思ったら・・・

知人から

「もしかして、昨日色を塗って今日クリアー塗りました?時間あけ過ぎるとクリアー剥がれる可能性が・・・。」
「通常は色の表面が乾いたらすぐクリアコートします。
時間を空けすぎるとベースの色が完全硬化してしまいクリアが密着しないんです。
剥がれない事を祈りましょう。」

との一報が!

マジか!?
聞いてないよ~!
祈るしかない。。。

Posted at 2017/04/06 21:28:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | くるまいじり | 日記

プロフィール

カーグラフィック コーディネーターです。 ステッカー、デカールチューン大好き!?
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

masaoのオフィシャルWEB 
カテゴリ:音楽系
2012/11/02 21:48:03
 
鈴木ゆき 
カテゴリ:音楽系
2009/03/13 01:05:40
 
浅見ユウコ公式ブログ 
カテゴリ:音楽系
2009/03/13 01:00:23
 

ファン

71 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィ スバル レガシィ
もうだいぶ古い車になりましたがGC8中期エンジン(Ver.4ターボ),ミッション&デフに ...
カワサキ ZX-4 カワサキ ZX-4
1990年、2年落ちの新車で購入。現在まで乗り続けているワンオーナー車です。 ■'88 ...
三菱 パジェロミニ 三菱 パジェロミニ
1992年 パリ~モスクワ~北京 ラリー パジェロプロト ロスマンズ アーウィン・ウェバ ...
トヨタ スープラ トヨタ スープラ
稀少な初期型、2リットルツインターボ。 新たな○○○○デモカーベース!? TTEサファリ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.