• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

FFD4649のブログ一覧

2014年08月31日 イイね!

機械遺産捕獲~

機械遺産捕獲~旧車オーナーの皆様!並びに旧車ファンの皆様。
本日は早朝から埼玉県某所にベレットで機械資産を
捕獲に行って来ました。
この機械遺産を初めて見かけたのは昨年12月の
TCDにて・・・・みん友『銀狼さん』のコレクションの1台
それから欲しくて欲しくて~遂に譲って頂けるとの事で。



昨年12月のTCD画~ベストコンディションの(規制前)昭和50年3月車です。



欠品無しのオリジナル車です。



元々九州に有った個体を埼玉→長野へと渡ります。



エンジンもオリジナル88222(2TGR)です。
そのうちに、夜な夜な#22さんエンジンをパクってスワップ予定でつ。助っ人大募集(^○^)
いつの間にか27太郎さん用語が〜


ほんでもって、本日の画~約8ヶ月ぶりの再開。
足は、TOSCO&86用が色々と〜


速攻で契約書にサインして帰還しました~。
銀狼さん大切に引き継ぎます。!(^^)!

ご静聴有り難うございました。
Posted at 2014/08/31 16:50:37 | コメント(18) | トラックバック(0) | TE47トレノ | 日記
2014年08月30日 イイね!

噂のSさん(エンジン製作№6)進捗状況です。

噂のSさん(エンジン製作№6)進捗状況です。旧車オーナーの皆様!並びに旧車ファンの皆様。
本日2本日のUPでございます。
オープニング画像はG200ブロックです。



ほんでもって、コンロット・クランクもJUNオー○さんへ加工依頼に~



知る人ぞ知るJUNオー○さんのロービーの画~
今回の依頼メニュー
ボーリング87→88.5㍉へボアUPボーリングクリアランス6/100㎜
コンロット大端部施削加工・ブッシュ入れフルフローティング加工(小端部オイル穴シングル)
ブロック面0.5㎜研磨



でもって、FFD工房で側面調査~2TGリセス角度33°挟み角66°



ここで問題発生!G200のリセス角度30°挟み角60°2TG鍛造ピストンは圧縮比の関係上
加工は避けたいので組立時にバルブ最接近値を測定し加工可否を判断する事にします。



亀さんから加工完了品が送られて来ました。



メタルはWPCモリブデン加工を施しました。



合間に地味な作業を~フロントプレートをアルマイト塗装に~



オイルフィルタブロックもアルマイト塗装に~



この様に大事なことはオイルポンプを分解してこのエンジンのヒストリーを知る事ですね。
キズ多の場合はレイシャフトメタル・カムメタル等、ダメージが有ると想定出来ます。



小生、部品洗浄はスズキのキャブクリーナーを浸け置きしてラッカーシンナーでゴシゴシと~



ほ~らピッカピッカでしょ。
仕上げは、CRC336で防錆処理を~
今後の進め方は、来年1月~3月迄実車を預かり完成予定です。

ご静聴有り難うございました。
2014年08月30日 イイね!

エンジントルクダンバーを取り付けました。

エンジントルクダンバーを取り付けました。旧車オーナーの皆様!並びに旧車ファンの皆様。
久々の自分ベレットいじりで~す。
でもって本日は、汎用エンジントルクダンパーを
取り付けます。



これがヤフオクで購入した汎用エンジントルクダンパーで長さ約30㌢です。



取り付け場所は、エンジン側をメンバー部分(キャブ側)に決定。



取り付けにあたり5㍉厚のアルミアングルでブラケットを作成致します。



先ずは、6㌢にジグソーでカットして~



台形にカットして~穴を3カ所開けて~



こんな感じで仕上げて~



エンジン側取り付けの画~(ここまで試行錯誤2時間経過)



ボテー側はフレームに近い位置に取り付けて~



こんな感じで完成で~す。



全体像~この位置に取り付けました。



何時ものテストコースで試運転~タコ足等長に交換してからトルクバンドが4500rpmと以前より
約1000rpm上になりました。
最近の傾向としてバルタイを遅らせて低回転からの仕様がメジャーなのですが、小生はやはり
カッキーンエンジンが好きです。

ご静聴有り難うございました。

Posted at 2014/08/30 15:04:48 | コメント(10) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2014年08月24日 イイね!

もはや駆け込み寺状態で~す。

もはや駆け込み寺状態で~す。旧車オーナーの皆様!並びに旧車ファンの皆様。
残暑お見舞い申し上げます。
早速ですが、オープニング画像は我らベレット三兄弟の
長男の哀愁漂う背中で~す。



でもって長男のサンタオレンジ殿、エンジン慣らしを完了すべく本日は、早朝4時過ぎに新潟県を
スタートして我が家に早朝6時過ぎに到着・・・・G161W改エスコートピストン・G180クランク
280/272°カム等々で挑戦状?勝ち誇った(デレデレの笑み)後ろ姿でございます。



次男=小生、三男=噂のSさんとは、若干価値観が違いまして~



開口一番『クロモリフライホイルを入れたら軽自動車の様なセルの音だ~』と怒られました。
この件は、噂のSからちゃんと説明願います。



そんなこんな3時間程説教を頂いたところへ~新潟県長岡市からS本さん来場~
このデフ2コを1コにして~と『えっ手品を?』と言う事で



早速、ベレットのデフ専用治具?に取り付けて~



を・・・・2ピニオン?



でもって、S本さん曰くピニオンギアのフランジ部分のねじ山がデメになったので~



このドナー側のピニオンギアを移植してとの事です。



まぁ、その前にデフパッキンをワンオフで~(純正新品はマスター用です。)



チャチャっと製作して~



ベレット自慢オールアルミのデフケースを~



アルマイト塗装して~



ここから真剣勝負~先ずは元々入っていたピニオンギアシム1.37㎜で~



トライしましたが~規定トルク18㎏へ到達する前の6㎏時点でピニオンギアがロック・・・・



再度1.37㎜に0.62㎜を足してトライしましたが~ピニオンギアの回転はOKでしたが~
デフのバックラッシュが取れず再再度1.37㎜に0.54㎜を足して~



デフをケース挿入して~



サイドベアリングカラーを取り付けて~



バックラッシュ規定0.13~0.18㎜ですが、0.10㎜に設定完了。



ギアの当たりは若干フェイスアウトですが、想定の範囲内(経年摩耗)です。



ボルト類も新品に交換して~



良い感じに~



完成致しました~。
新潟県より今から引き取りに来るそうで~す。

ご静聴有り難うございました。
Posted at 2014/08/24 17:26:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2014年08月23日 イイね!

噂のSさん(エンジン製作№5)加工前の下処理です。

噂のSさん(エンジン製作№5)加工前の下処理です。旧車オーナーの皆様!並びに旧車ファンの皆様。
豪雨の被害に遭われた方におかれましたは、
心よりお見舞い申し上げます。
でもって、噂のSさんG200W改の分解の続きと
各種加工を施す前の下処理を行います。



先ずは、オイルパンを外しますがこのエンジンのヒストリーが徐々に解って来ました。
ウォータージャケットの錆び詰まりを見る限り小生のベレット同様20年近く不動車だったと
想定します。しかし、エンジン内部は非常に綺麗ですが外部の錆びを見る限り野ざらし車?と
想定致します。



小生今回で2機目の117クーペ用エンジンですが・・・・ベレット搭載エンジンと明らかに違うのは
117クーベのオーナーは大切に乗っていた事が理解出来ます。



コンロットジャーナル部分も大変綺麗です。定期的にオイル交換をしていた形跡ですね。



コンロットメタルは同一方向がこんな感じです。
しかし、変なキズは見受けられません。



相変わらずのアホトルクで締め付けております。



意外と知られて無いCRC336です。錆び・汚れ除去&防錆処理~



でもって、何処のご家庭にもある高圧洗車機で~濡れ鼠・・・・(>_<)Sさん手伝って~



続いて、オイルプラクを抜いて~フロント部分



リア部分のオイルプラグも抜いて~



リア部分の様にミッションと接続して見えなくなる部分は、タップを立ててイモネジ式に交換します。



ウォータージャケット内部は先ほどのCRC336を乾燥後塗布します。



クランク・コンロットは軽量バランス致します。



洗浄品のオンパレード



この辺は、ラメラメ塗装に噂のSさんに送ります。

来週も公私共に多忙の日々で~す。

ご静聴有り難うございました。

プロフィール

「@マア坊 さん、ごちそう様でした。」
何シテル?   07/28 06:02
FFD4649と申します。 宜しくお願い申し上げます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/8 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ファン

216 人のファンがいます

愛車一覧

AMG Cクラス AMG Cクラス
最終V8NAです。
トヨタ スプリンタートレノ トヨタ スプリンタートレノ
2014.8.31購入。憧れの一台
いすゞ ベレット いすゞ ベレット
1971年式GTRです。
マツダ RX-8 マツダ RX-8
普段乗り機械遺産
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.